今村復興大臣記者会見録、想像以上に酷い西中誠一郎氏の質問内容

★今村復興大臣記者会見録
 (平成29年4月4日(火)1000~1015
  於)復興庁記者会見室)
 
http://www.reconstruction.go.jp/topics/17/04/20170405115121.html
(後半部分を引用開始)
(問)福島県、福島県とおっしゃいますけれども、
 ただ、福島県に打切りの、これは仮設住宅も含めて
 ですけれども、打切りを求めても、
 この間各地の借り上げ住宅とか回って、
 やっぱりその退去して福島に戻ってくるように
 ということが福島県の、やはり住宅設備を中心に
 動いていたと思うんですが、
 やはりさっきも言いましたように、
 福島県外、関東各地からも避難している方も
 いらっしゃるので、やはり国が率先して
 責任をとるという対応がなければ、

 福島県に押し付けるのは絶対に無理だと
 思うんですけれども、
 本当にこれから母子家庭なんかで路頭に
 迷うような家族が出てくると思うんですが、
 それに対してはどのように責任をとるおつもりでしょうか。

(答)いや、これは国がどうだこうだというよりも、
 基本的にはやはり御本人が判断をされることなんですよ。

 それについて、こういった期間についての
 いろいろな条件付で環境づくりをしっかりやって
 いきましょうということで、
 そういった住宅の問題も含めて、やっぱり身近にいる
 福島県民の一番親元である福島県が中心になって
 寄り添ってやる方がいいだろうと。

 国の役人がね、そのよく福島県の事情も、
 その人たちの事情も分からない人たちが、
 国の役人がやったってしようがないでしょう。
 あるいは、ほかの自治体の人らが。
 だから、それは飽くまでやっぱり一番の肝心の
 福島県にやっていっていただくということが
 一番いいというふうに思っています。
 それをしっかり国としてもサポートするということで、
 この図式は当分これでいきたいというふうに思っています。


(問)それは大臣御自身が福島県の内実とか、
 なぜ帰れないのかという実情を、
 大臣自身が御存じないからじゃないでしょうか。
 それを人のせいにするのは、僕はそれは……。


(答)人のせいになんかしてないじゃないですか。
 誰がそんなことをしたんですか。
 御本人が要するに
 どうするんだということを言っています。


(問)でも、帰れないですよ、実際に。

(答)えっ。

(問)実際に帰れないから、避難生活をしているわけです。

(答)帰っている人もいるじゃないですか。

(問)帰っている人ももちろんいます。
 ただ、帰れない人もいらっしゃいます。

(答)それはね、帰っている人だって
 いろんな難しい問題を抱えながらも、
 やっぱり帰ってもらってるんですよ。

(問)福島県だけではありません。
 栃木からも群馬からも避難されています。


(答)だから、それ……

(問)千葉からも避難されています。

(答)いや、だから……

(問)それについては、どう考えていらっしゃるのか。

(答)それはそれぞれの人が、
 さっき言ったように判断でやれればいいわけであります。


(問)判断ができないんだから、帰れないから
 避難生活を続けなければいけない。
 それは国が責任をとるべきじゃないでしょうか。


(答)いや、だから、国はそういった方たちに、
 いろんな形で対応しているじゃないですか。
 現に帰っている人もいるじゃないですか、
 こうやっていろんな問題をね……。


(問)帰れない人はどうなんでしょう。

(答)えっ。

(問)帰れない人はどうするんでしょうか。

(答)どうするって、それは本人の責任でしょう。
 本人の判断でしょう。

(問)自己責任ですか。

(答)えっ。

(問)自己責任だと考え……。

(答)それは基本はそうだと思いますよ。

(問)そうですか。分かりました。
 国はそういう姿勢なわけですね。責任をとらないと。

(答)だって、そういう一応の線引きをして
 そしてこういうルールでのっとって
 今まで進んできたわけだから、
 そこの経過は分かってもらわなきゃいけない。

 だから、それはさっきあなたが言われたように、
 裁判だ何だでもそこのところはやればいいじゃない。
 またやったじゃないですか。
 それなりに国の責任もありますねといった。
 しかし、現実に問題としては、
 補償の金額だって御存じのとおりの状況でしょう。
 だから、そこはある程度これらの大災害が
 起きた後の対応として、
 国としてはできるだけのことはやったつもりでありますし、
 まだまだ足りないということがあれば、
 今言ったように福島県なり一番身近に寄り添う人を
 中心にして、そして、国が支援をするという
 仕組みでこれはやっていきます。


(問)自主避難の人にはお金は出ていません。

(答)ちょっと待ってください。
 あなたはどういう意味でこういう、
 こうやってやるのか知らないけど、
 そういうふうにここは論争の場ではありませんから、
 後で来てください。そんなことを言うんなら。


(問)責任を持った回答をしてください。

(答)責任持ってやってるじゃないですか。
 何ていう君は無礼なことを言うんだ。
 ここは公式の場なんだよ。


(問)そうです。

(答)だから、何だ、無責任だって言うんだよ。

(問)ですから、ちゃんと責任……

(答)撤回しなさい。

(問)撤回しません。

(答)しなさい。出ていきなさい。
 もう二度と来ないでください、あなたは。

(引用ここまで)




栃木からも群馬からも
千葉からも避難されています。
判断ができないんだから、帰れないから
避難生活を続けなければいけない。
それは
国が責任をとるべきじゃないでしょうか。



★復興相の辞任求め抗議集会
 発言問題、議員辞職も要求

 共同通信 2017/4/5 20:35
 https://this.kiji.is/222313767520796681
 katudoukazPkrL1j8.png

東京電力福島第1原発事故に伴う
自主避難者への対応を巡る
今村雅弘復興相の発言を受け、
市民ら約20人が5日、
東京・霞が関の復興庁前で、
復興相辞任と議員辞職を求める抗議集会を開いた。

 参加者は
「被害者に謝れ」
「責任の取れない今村氏は即刻辞任し、
 責任の取れる大臣に代われ」
などと訴え、
3月末で住宅支援を打ち切られた
自主避難者への住宅支援の再開を求めた。


(引用ここまで)




katudoukaC8ppw6bVwAEnYV3.jpg

秘密保護法違憲《東京》訴訟の原告でもある
活動家・西中誠一郎さんは
「自主避難の人にはお金は出ていません。」
と言いますが、
自主避難の人にも
http://www.asyura2.com/15/genpatu43/msg/325.html
18歳以下の子どもと妊婦は1人につき68万円、
大人は1人につき8万円。

追加保証を含めて150万円。
住宅の無償提供のほかに
二重生活に伴う高速道路通行料金も
免除なんですけど?
そんな事も知らない「フリージャーナリスト」なのか
デマを流したい扇動家なのか・・・

例えばね、
避難指定区域の線引きで、すぐ近くの地域の人が
線引きの向こうとこちら側で保障内容が大きく変わる
それはどうなんだ?
という問題だけなら納得できる。

https://twitter.com/am_bad_ass/status/849432205562716160
”避難区域とは目と鼻の先ほど近いのに、
 線引きのお陰で避難指定から外れ、
 生活の利便性を考えて自主避難された方もいます。
 補償と言えるものはほぼありません。
 こういう方々にこそ、避難区域と変わらない
 補償があって然るべきだと思います。”


このような不遇な「自主避難者」と、
栃木から岡山に「自主避難」したような人と
同じレベルで語っちゃいかんのよ。


それにね
「東日本にはもう住めなくなる」「奇形児が生まれる」
という無責任で、とんでもないデマに騙されて

放射線量が香港とも変わらず
年間1ミリシーベルトにも満たない微量な
追加被曝による健康影響は疫学的に
検知されない現状で
https://twitter.com/kikumaco/status/849456052122910723

「判断ができないんだから、帰れないから
 避難生活を続けなければいけない。」

と、思っているのなら
福島県も毎日、県内の空間線量測定結果を
公開しているのですよ。
それなのに
「福島は放射線量が高くて戻れない」
と、思い込んでいる人は・・・被害者なのかなぁ?


fukusimaC12h7KlUsAAeXbz.jpg

「自己責任」という文言を使ったのは、
このサヨク活動家・西中誠一郎の方で
無理矢理、この言葉を大臣に言わそうと
誘導しただけじゃないか!

今村復興大臣は、
「自己責任」とは一言も言っていない。






★今村復興相を怒らせた
 フリージャーナリスト
 西中誠一郎のヤバイ正体

 http://netgeek.biz/archives/94937


★復興大臣を激怒させた男、
 辛淑玉シンパか?
 国会で奇声を発し
 衛視に連行された過去も判明

KSL 2017/04/05
 http://ksl-live.com/blog8361


■CatNA‏@CatNewsAgency
 2017年4月6日
 https://twitter.com/CatNewsAgency/status/849959544830570496
 今村復興相に抗議する自主避難者支援団体の中に、
 「避難の協同センター」なる団体の満田夏花がいる。
 この女性、辛スゴ&のりこえねっとが
 5万円払って活動家を沖縄に送り込む計画にも
 加わってますね。

 福島で、沖縄で、同じ活動家が騒ぎを大きくしている。

katudoukaC8ukD2XUwAE0Tft.jpg

katudoukaC8umb6xV0AAFS0b.jpg


★辛淑玉の指南動画流出
 「若者は死ね年寄りは捕まれ」
 福島瑞穂も登壇

 KSL 2017/02/03
 http://ksl-live.com/blog7551
のりこえねっと代表の辛淑玉(シンスゴ)氏が
講演で
「私は稼ぎます、若い者には死んでもらう、
 爺さん婆さん達は嫌がらせをして捕まってください

「山城(博治)には病気で死ぬな、米兵に殺されるな、
 日本の警察に殺されるな、私が殺してやるから

などと高江での行動を指南する動画が拡散され
話題になっている。
(中略)
出席者は、島崎ろでぃー・ 高橋直輝・
満田夏花
・ 横川圭希・辛淑玉・金平茂紀・
福島みずほ←国会議員

(全文はリンク先で)




北朝鮮の思いを忖度して
安倍倒閣運動をする皆さん。




政治ランキング
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

被害者ビジネス

まぁ、元共産党の筆坂さんが言ってたように、反原発とか沖縄の基地外活動とかは、生き残りを賭けた最後の砦なんでしょうなあ、としか。筆坂さんは「スキマ産業」って言ってたっけか。

そもそも、科学的データから安全宣言が出ているのに、なお帰らないのは本人の自由意志でそ。だったら誰かのせいにするわけには行きませんわなぁ。そんなん、子供でもわかりますがな。

まぁ私の見るところ、アタマの悪い「放射脳」が扇動に乗せられた憐れな事例か、あるいはもっと悪質な「私は被害者だーーー!」でカネ貰おうとする半島脳コジキか、そのどちらかでそ。あっ、コレってひょっとするとヘイトかな。それともデマかな。

もともと関係ない千葉だの栃木だの、群馬だのから「避難生活」ですか…。「アホ抜かせ」の一言で十分でそ。大臣も大変ですわな。

いついかなる時も、テメェの頭でモノを考えること。考えて決めた結果を引き受けること。それを称して、オトナの「自己責任」と世間では言うのだよ。





風評の責任

たちの悪い質問者ですね。

「自主避難」(自己責任)と「施策による強制避難」(菅政権)の区別をしない。
「帰れない人」と「帰らない人」の区別をするつもりがない。
帰る意志の有無、程度を問題にしていない。
ぐっちゃぐちゃ。

放射能が香港以下のゼロリスクを求めつつ、風評での避難者までゼロにしろと無茶な要求をする。
もちろん、大臣の暴言を引き出そうという挑発です。国の責任、大臣の責任と並べる。

被害者のための施策を促す目的ではないことが明らかです。
ここが一番たちが悪いところです。さすが辛すごの仲間だけのことはあります。

デモまでがセット やっぱりでした 本当の声を聞いたことないのに偽善者団体は本当に鬱陶しいです
プロフィール

あや

  • Author:あや
  • 韓流に嵌った母と義母の為に
    韓国情報を調べていたら・・・
    韓流ブームに仕掛けられた
    怪しい罠に気付いてしまった。
    韓流の闇と、利権や陰謀
    仕掛け人を徹底研究!
ランキング
ランキングに参加しています!
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索