韓流研究室

ARTICLE PAGE

政府 一時帰国の駐韓大使をあす戻す方針 有事に備え邦人保護準備か

★政府 一時帰国の駐韓大使を
 あす戻す方針

 NHK 4月3日 14時59分
 
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170403/k10010935341000.html?utm_int=news_contents_news-main_001
岸田外務大臣は3日午後、外務省で記者団に対し、
韓国プサン(釜山)の日本総領事館の前に
慰安婦問題を象徴する少女像が設置された
ことへの対抗措置として、一時帰国させている
韓国駐在の長嶺大使らを4日、
韓国に戻す方針を明らかにしました。
(中略)

岸田大臣は理由について、
「パク・クネ(朴槿恵)前大統領の罷免や
 逮捕といった状況が生じ、
 5月9日に大統領選挙が行われる予定だ。
 韓国が政権移行期にある中で、
 情報収集に一層力を入れ、
 次期政権の誕生に備える必要がある。
 また、北朝鮮問題に対処するうえで、
 日韓間の高いレベルでの緊密な情報交換を行い、
 韓国政府と緊密な連携を図る必要がある

と述べました。

そのうえで岸田大臣は慰安婦問題をめぐる
日韓合意について、
「長嶺大使から、大統領の職務を代行している
 ファン・ギョアン(黄教安)首相に対し、
 直接、合意の順守を強く働きかけ、
 次の政権に継承してもらう必要がある
 と判断した。政府として、韓国に対し、
 粘り強く合意の着実な実施を求めていく
 方針になんら変更はない」と述べました。
そして、
「日韓合意は国と国との約束だ。
 日本と韓国両国が国際社会の前で
 明らかにした合意であり、
 国際社会に対する責務がある。
 両国が誠実に履行することが大切だ
 ということは政権が代わっても変わりはない」
と強調しました。


韓国「緊密な意思疎通を期待」

韓国政府は公式の反応を出していませんが、
韓国外務省の関係者は、
「日本政府の決定は、すでに承知している。
 大使の帰任をきっかけに、日韓両国の
 意思疎通がより緊密に行われることを
 期待している」として、
日本政府の決定を歓迎しています。


官房長官「諸般の事情 総合的に検討した結果」

菅官房長官は午後の記者会見で
「諸般の事情を総合的に検討した結果であり、
 邦人保護に万全を期すとの観点も踏まえたものだ。
 政府として韓国側に対して、
 粘り強く慰安婦問題をめぐる日韓合意の着実な
 実施を求めていく方針に何ら変更はなく、
 帰任させる大使らを通じて、
 引き続き韓国側に働きかけを行っていきたい。
 わが国の合意順守に向けての強い意志が
 韓国にも知れ渡ったのではないか」
と述べました。

そのうえで、菅官房長官は
「韓国で極めて政情が不安な中において、
 選挙戦が行われようしている。
 そうした全体を考えた時に
 やはり邦人保護を考えることも当然、
 必要だと判断した。

 最終的に、安倍総理大臣が外務大臣などから
 さまざまな情報を収集したうえで、
 判断を下したということだ
」と述べました。

また菅官房長官は、
緊急時に通貨を融通し合う「通貨スワップ協定」
などへの対応について、
「今後、
 個別に判断をしていくことになると思うが、
 現時点において、少なくとも
 日韓のスワップ取り決めの協議を
 再開する考えは持っていない

と述べました。

(引用ここまで)


関連記事
★日米韓、初の対潜訓練
 =北朝鮮SLBMを想定

 時事通信 2017/04/03
 http://www.jiji.com/jc/article?k=2017040300851&g=pol
韓国国防省は3日、北朝鮮が開発を進める
潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の脅威
対応するため、日米韓が合同で
対潜水艦訓練を始めたと発表した。
海上自衛隊によると、
日米韓合同の対潜訓練は初めて。
訓練は韓国南部・済州島沖の公海で
5日まで行われる

日韓は昨年11月に
軍事情報包括保護協定(GSOMIA)
締結しており、これまでも米軍を含めた
弾道ミサイルの探知・追跡訓練などを通じ、
軍事的な連携強化を図っている。

(引用ここまで)




文在寅氏が
反日反米親北派「共に民主党」の大統領候補に決定した。
5月の大統領選挙まであと約1か月。
北朝鮮は、近々
再び弾道ミサイルの実験をするといわれている。
韓国国防省は
反日反米親北派の文在寅政権が誕生する前に、
対北防衛に関して出来る国防策をやっておこう・・・
という事なのだろうな。

トランプ大統領は、自国に向けての
長距離弾道ミサイル完成は絶対に阻止したい。
(当たり前だよね)


★トランプ氏、北朝鮮への
 単独行動示唆 中国を牽制

 朝日新聞 2017年4月3日19時47分
 http://www.asahi.com/articles/ASK435SYYK43UHBI024.html?ref=tw_asahi
トランプ米大統領は3日付の
英フィナンシャル・タイムズ紙のインタビューで、
北朝鮮の核・ミサイル問題について
「中国が解決しなければ、我々がやる」と述べ、
単独行動も辞さない考えを示した。
米中両国は6、7日に首脳会談を控えており、
中国を牽制(けんせい)する狙いがあるとみられる。

トランプ氏は
私の任期中に、北朝鮮が核ミサイルで
 米国を攻撃できるようになる現実的な恐れがある

と強調。
「中国は
 北朝鮮の問題で大きな影響力を持っている。
 我々に手をさしのべれば中国にも良いことだが、
 そうでなければ、誰にとっても良くないことに
 なるだろう」
と中国側の協力を強く求めた。

 トランプ政権は、
北朝鮮政策で、軍事力行使も含めた
あらゆる選択肢(ティラーソン国務長官)を
検討中だ。
ただ、トランプ氏は北朝鮮への制裁に関し
「中国はほとんど貢献していない」と不満を持っており、
今回の発言は単独行動を示唆して、
中国に対北朝鮮で強い行動を取るよう
迫ったものとみられる。


(引用ここまで)


★Trump: US will act unilaterally on
  North Korea if necessary

 CNN
 http://edition.cnn.com/2017/04/02/politics/donald-trump-north-korea/index.html


★北朝鮮の核開発問題、
 中国の助けなくても解決 トランプ米大統領

 BBC 2017年04月3日
 http://www.bbc.com/japanese/39476040
レックス・ティラーソン米国務長官は、
先月東アジアを訪問した際、
先制的な軍事攻撃も選択肢に含まれると述べた。

その1カ月前には、
ジェイムズ・マティス米国防長官が
核兵器のいかなる使用にも、
「圧倒的な対抗措置」を取る
と語っていた。

北朝鮮の唯一の同盟国である中国は今年2月、
最近相次ぐ北朝鮮のミサイル実験を受け
対抗措置を取っている。中国は今年2月、
北朝鮮からの石炭輸入を年末まで禁止するとした。
石炭の輸出は北朝鮮にとって主要な収入源と
なっている。

しかし、トランプ氏は習主席との会談で、
対応の拡大を中国に促すとみられており、
貿易問題がてこに使われる可能を示唆していた。

インタビューでトランプ氏は、
「貿易がインセンティブだ。貿易が全てだ」と述べた。
しかし、首脳会議では関税は取り上げないと語った。

(引用ここまで)


先日、トランプ大統領が
対米貿易不公平だと中国と日本を非難したのは
こういう駆け引きの材料だったのね。
北朝鮮の核ミサイル開発阻止に協力と引き換えに
関税の話はしないよと・・・
首脳会談前の米中高官の電話会議は決裂したようで、
中国側は韓国に配備したTHAADの撤収要求一辺倒。

そこで関税を取引材料に?

アメリカが中国抜きでもやるぞと事前に漏らすのも
中国への牽制だし、有事になるかどうかは
米中の駆け引き次第か・・・




長嶺大使らを帰国させるのは、
菅官房長官が言うように
朝鮮半島有事の懸念から「邦人保護」を最優先にし
万全を期す
という事なのだろう。

駐韓米軍が、民間人脱出訓練をしたように
(自宅から基地まで行き、化学兵器に備え
 子供達に防毒マスクの着用訓練をして
 輸送機で沖縄の基地まで護送する訓練) 
イザという時に備え、情報を収集して
韓国にいる邦人を脱出させる準備も必要・・・
民間の航空機やフェリーなどと連携して
政府の特別機も用意して
邦人の脱出をさせなければならない。





★駐韓米軍の家族の避難訓練
 http://blog.livedoor.jp/japan_and_korea/archives/67021446.html
1998年インドネシア華僑暴動時のことである。
韓国人の数万人が脱出できず、
殺人と略奪・放火の修羅場に放置された。


その間、オーストラリア・日本人は
自国の政府が動員した特別機で避難した。
韓国人のためには1週間後になっての
航空特別機が到着したが、
わずか1台の料金も通常より倍増した。
また、現金を出した人だけが乗ることができた。

市民の生命と安全を守ることができない
政府の願望が大きくなるしかなかった。


外国での戦争・災害発生時
在外公館の最初の義務は、同胞保護だ。


安全を確保して、必要に応じて速やかに
母国や近隣諸国に避難させなければならない

(中略)
在韓米軍が北朝鮮の攻撃などに備え、
韓国居住米国の民間人を軍用機を利用して、
日本の米軍基地に避難させる訓練を
最近実施した。

この「非戦闘要員の疏開作戦」は、
毎年実施されますが、
実際に米国の家族を韓半島の外に
移動させたのは、7年ぶりのことだ。


ますます大きくなる北朝鮮の核・ミサイルの
脅威のせいかもしれないが、
朴槿恵・チェスンシルゲートで韓国の
安保危機対処能力に対する米国の懸念
反映したという分析も出ている。

米国中央情報局(CIA)で働いている
同胞マイケル・リーは、
米国が北朝鮮爆撃計画を立てた
1994年1次核危機の時も紹介
作戦直前まで行ったと述べている。

注目されるのは、この作戦の対象に
韓国人が含まれているという点である。

海外駐留米軍の新聞「セントジョージ」によると、
有事の際の避難対象者は韓国に居住する
米国市民14万人と日本、カナダ、ヨーロッパなど
友好国の市民と
「事前の許可を受けた韓国人」8万人
計22万人である。

在韓米軍は、事前許可を受けた韓国人に対する
基準や規模など具体的な内容を明らかにしないでいる。

このために韓国の有力家が許可を受けるために
米軍にコネを作っているという推測

絶えることなく続く。
(中略)
避難先を心配する韓国が、
半島有事の際の日本人避難に関しては、
のらりくらりと話し合いを避けて、
人質にしようとしているんですから、

いかにも自分さえ良ければいい
というのが良くわかります。

(引用ここまで)




マレーシア政府も頑張ったのだけれど、
結局、北朝鮮にいるマレーシア人を人質にされ
金正男氏の遺体と交換に、人質解放となりました。

今回の大使らの帰国は、
やはり在韓邦人の脱出準備計画を最優先かな。

それにしても、
1994年1次核危機の時の「非戦闘要員の疏開作戦」に
含まれている”許可を受けた韓国人”って
2017年現在でどれだけ存在するのだろうね。

日本政府の場合は
韓国には母国同胞と結婚した在日韓国人
特別定住許可を放棄しないままいて
韓国政府が韓国版子供手当を支給してくれないと
裁判を起こしていたのだけれど・・・
もしもこの家族が日本への脱出を希望した場合は、
邦人保護と同様の扱いになるのかなぁ???
受け入れる準備計画も大変そうだな。





★#韓国 『最悪の韓日関係は
 大使帰任で転機を迎えた』

 http://blog.livedoor.jp/japan_and_korea/
(引用開始)
次の転機は、4日後の米中首脳会談
トランプと習近平が北朝鮮の処置で折り合いが
つけられるかどうか。

まず折り合いは付かないと思いますが、
韓国大統領戦は一ヵ月後で、ムン・ジェイン当選は
ほぼ硬い。
韓国が
反米親北に転じる事がほぼ決定しつつある状況で、
アメリカがこの1ヶ月をどう活かすかどうか。

先日は麻生副総理が、
日本が考えているより北朝鮮状況は厳しい
と言っていましたが、本当にアメリカが
北朝鮮侵攻を考えているかどうか。

また米中が折り合えず、米単独で空爆のような
事になれば、北朝鮮が日韓に対抗してくるのも
確実でしょう。

もしそうなら政府が
『日本は戦争に巻き込まれる可能性が大きくなった』
と事前に日本国民に通告し、半島有事に備えて
在韓邦人の帰国を促せるかどうか。

韓国はずっと有事の際の邦人帰還の議論を
避けていると言われていますし、
日韓スワップ再開や慰安婦像批判中止を
条件にしてくる可能性も十分あるでしょう。


北の意向を汲んでいると言われるムン・ジェインは、
日本に対して折れるつもりは更々無いでしょうし、
国内の左派野党や過激派が北朝鮮に近い事は、
辻元議員をめぐる報道姿勢で証明され、

有事の際に
反政府活動で北に呼応することもあり得る。


共謀罪成立は間に合っても、
施行が間に合うかどうか。

トランプの任期や議会運営などを考えると、
4月有事は無いと思っていましたが、
官房長官の発言を考えると、
アメリカ側からの事前情報もあり得、
遂に始まる可能性もあるのかもしれません。

(引用ここまで)




なるほど・・・
菅官房長官の、あの「日韓通貨スワップ」発言は
次期文在寅政権が、
「有事の際の邦人帰還」に対して
北朝鮮がマレーシア政府にやったように
在韓邦人の出国禁止など人質作戦に出て

自衛隊の輸送機や護送船での保護を拒否とか
通貨スワップ交渉や漁業権交渉、
慰安婦だけでなく戦時徴用者個人賠償等々を
仕掛けてくる可能性が大きいという事ですね。

日本が、親北派の野党連合政権になると
駆け引きもせずに、ホイホイと、
文在寅政権の要求を呑んでしまいそう・・・
この難しい政局に、
蓮舫とか志位とか小沢とかが安倍倒閣のために
森友騒動を起こしたのも北の意向を忖度してか?


4月15日は金日成の生誕記念日。

この1カ月で、どれだけのことが出来るか・・・

世界が、北朝鮮とアメリカの動向を注目する中で

ロシアでも地下鉄テロが起きたり
 roC8frZC5VwAAi--b.jpg

未だテロ厳戒態勢中のフランス政府が、
ISに傾倒し、「テロ攻撃」の計画を立てた容疑
15歳と14歳の少女を逮捕し家宅捜索をしたり

http://www.afpbb.com/articles/-/3123619

そんな中で・・・
minsin149094808037443s.jpg

辻元議員と北朝鮮の関係について
マスコミに報道規制を掛けたり
テロ等準備罪に
「毒入りカレーを計画した際、
 カレーを作った段階で逮捕されるのか?」

などというアホな質問しかできない政党が
如何に、
国民の生命財産を守る政権担当能力が無いかを
国民はきちんと見ておくべきだと思う。

ピースボート等の左翼市民団体が北朝鮮で
GPPAC(武力紛争予防のためのグローバル
パートナーシップ)東北アジア地域協議会を
開催しておきながら、
http://peaceboat.org/oldsite/info/gppac/0422.shtml
北朝鮮の核ミサイル開発に、何ら抗議行動を示さず
日米ばかりを非難してきた歴史は、絶対に許さない。
エセ平和団体のいう「朝鮮半島の平和促進」が目的なら
何故、
北朝鮮の核ミサイル開発を止めなかったんだ?



この危機的状況を生んだのは、
間違いなく
親北派の、あなた達ですよ!



一連の流れを見ると、
あの突然の南スーダンからの撤退は
有事の懸念からの自国防衛強化なのかな・・・
4/6からの米中首脳会談は、
日本メディアの報道は信用できないので
米中メディアの報道に注目か。




政治ランキング
スポンサーサイト

Comments 1

銀の鈴

やっぱりなぁ

在韓日本人の、半島からのできるだけ早い帰国は、この数年、密かに囁かれてはきたんですが、とうとう…という感じですわな。少なくとも米国の認識では、今日の事態は明らかに予測可能でしたもんね。

いやね、私も個人的に、同胞たちの安全がすご~く気掛かりだったんですわ。そこへ突然の、大使・領事の帰任とな。こりゃあ、風雲急を告げとる!と反射的に思いましたわ。

日本のおバカなマスコミは、何でもトランプさんのトンデモぶりのせいにして、無駄に騒ぐんですわ。オバマさんの頃から、着々と練られていた作戦だったのにねぇ。騒ぐんだったら、もっと別の騒ぎ方があるってもんでそ。それに、トランプさんは特段、トンデモってわけじゃないし。

北のミサイル攻撃から目を逸らさせるための森友騒ぎかと、一瞬は私も疑ったんですが、それも過大評価かなぁ、と。連中は、あのツラ見てもわかるように、そこまで深謀遠慮をめぐらすタマじゃありませんぜ。どっからどう見ても、タダのアホでんがな(笑)。

2017-04-04 (Tue) 20:08 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply