韓流研究室

ARTICLE PAGE

安倍昭恵首相夫人と籠池泰典氏妻のメールやり取り「祈ります」

★【森友学園問題】
 「総理に失望しました」「祈ります」
 安倍昭恵首相夫人と籠池泰典氏妻の
 メールやり取り要旨

 産経新聞 2017.3.24
 
http://www.sankei.com/politics/news/170324/plt1703240009-n2.html
(引用開始)
昭恵夫人 
 私もマスコミに追いかけられて、
 ビックリしてます。
 神様は全てご覧になっています。

籠池氏妻 
 (略)私は鴻池議員の意地悪を攻めるより
 受けようと頑張っています。
 (略)あきえさんも協力して下さい。
 神様に感謝します。

昭恵夫人 祈ります。

(中略)
籠池氏妻 
 しつこいといったのは安倍首相のことでなく
 捏造(ねつぞう)してました。すみません。

昭恵夫人 
 何でこんなことになってしまったのか、
 神様は何を望んでいるのでしょう。


(全文はリンク先で)




★経済人列伝、森永太一郎
 http://blog.goo.ne.jp/masatoshi-nakamoto/e/988a8a485634e274d1d192eae1cb421f
森永太一郎はその名が示すとおり、
わが国最大製菓会社の一つである森永製菓の
創業者です。
(中略)
太一郎の生き方を決定した倫理は、
この叔父に教わった商人道と
後アメリカで入信するキリスト教(プロテスタント)です。
彼はこれらの教えを忠実に実行します。
(中略)
伊万里で借金に失敗した太一郎は、
有田屋の資金つくりのため、3000円分の九谷焼を
もって、単身渡米します。しかし売れません。
帰路の旅費もなくなり、やむなくコック、皿洗い、
スク-ルボ-イ(下男のようなもの)などをして生活します。
さんざん人種差別にあい、そのつど喧嘩になり、
勤め先を転々とし、一時は酒に溺れかけます。
この時ふと目についた、オ-クランド・メソジスト・
日本人教会に入りキリスト教に接し、やがて受洗し
クリスチャンになります。
彼は天上から来る神の声を聴いたそうです。

同時に公園で二日酔いを覚ましている時、
アメリカ人少女からもらった、キャラメルの美味に驚嘆し、
ここで太一郎は洋菓子職人を一生の仕事に選びます。

(中略)
彼は宣伝を重視します。あちこちに売り込む一方、
箱車を作り、ガラスの陳列台に諸々の菓子を並べ、
行商する傍ら、キリスト教の教えも伝えて歩きます。
「耶蘇の菓子屋」と評判をとります。

(中略)
駐日アメリカ公使夫人が噂を聴いて注文してくれます。
在日の欧米人は故国の菓子を数ヶ月経って
味わわなければいけなかったのです。
こうして上流階級にもコネができます。
皇室からも注文がきます。
太一郎はお上御用の商人になったわけです。

(中略)
松崎は近代的とはいえない、社会的地位も高くない
菓子製造に誘われ困惑します。
約2年太一郎の懇請は続きます。やむなく松崎は
懇請を受諾し、自分の会社をたたんで、森永に入ります。
この時松崎は太一郎に条件をつけます。以下の通りです。
   製造は太一郎、営業は松崎
   なるべく早く株式会社にする
   人物本位の採用(縁故採用の中止)
太一郎は松崎が提示した条件を承諾します。
またこの条件を終生守ります。
松崎は立教在学中に受先しており、
太一郎と松崎はクリスチャンコンビになりました。

 
同年、有名な商標ができました。
エンジェル(天使)の像です。

(全文はリンク先で)


★森永製菓の創業者 森永太一郎
 牛込教会 子どもメッセージ
 http://www.ushigomechurch.or.jp/kodomo/2011%204/2011%204%204.html
(引用開始)
苦労を共にした妻の死を契機に、
森永は自分の誤りを認め、神に立ち帰る
大正12年(1923年)、関東大震災で、
「本社、工場とも損害は殆どなく、従業員も無事」の
知らせを聞いた太一郎は、即座に被災者救援活動を開始、
菓子やミルクの庫品を全部無料で被災者に配った。
幹部が無謀だと反対すると
「これは神様とお客様にお返しするのです」と答えたという。
昭和10年、70歳で社長の職を退いた後は、
「我は罪人の頭なり」と、神の愛とキリストの赦しを語って
全国の諸教会を歩いた。

神よりもお金を愛してしまった自分の罪と、
こんな自分すら赦し回復して下さった神の愛を証しした。
京都の教会で、森永がキリストの罪の赦しを語ると、
突然、一人の男が前に出てきて泣き出し、「私は人殺しです」と
19年前の罪を告白した。森永がその男の手をしっかり握ると、
男は「はればれとしました。警察に自首します」と言って去った。
森永はその後何日もその男のために祈り続けたという。

1937年(昭和12年)、
持病で入院していた73歳の森永の唇から流れる
愛唱歌(賛美歌320番) は次第に薄れ、
家族に見守られる中、静かに天に召された。
森永製菓のエンゼルマークは、神の恵みを人間に伝える
天使をモチーフ
に、森永が自ら描き上げたものである。


御翼2010年4月号その4より  




昭恵さんのお父上は
森永製菓社長を務めた松崎昭雄氏です。
祖父の松崎半三郎は立教学院時代に受洗した
クリスチャンでした。
母の恵美子さん(1938年 - 、聖心女子学院
英語専攻科卒)は、森永製菓二代目・森永太平の次女。
昭恵さんは、第5代森永製菓社長・松崎昭雄の娘、
第3代森永製菓社長・森永太平の孫、
森永製菓創立者・森永太一郎は曽祖父なのですね。
家庭環境や学校教育などで
昭恵さんは「キリスト教の思想」により
「祈ります」といっているのだと思う。


籠池夫妻の「神様」と違うのではないかと・・・





★「米国訪問中の安倍昭恵夫人について、
  どういう印象を抱きましたか?」

 (海外の反応)
 2015年5月1日
 http://world-action.net/archives/8563
(引用開始)
>彼女のことは好きだよ。人となりが大好き。
 優しい心を持っている。
 ミャンマーのヤンゴンのデルタ地帯に
 小学校を建ててくれたしね。

 子ども達のために彼女がしてくれたことに、
 感謝しているよ!
 実に素晴らしいファーストレディーだね!!


★小林製薬様のミャンマーの寺小屋支援
 2011年11月21日
 http://blog.goo.ne.jp/dream-speaker/e/aea28ee2e780f288b1b48c21aa496809
(引用開始)
(1)ミャイン尼寺寺子屋小・中学校
 de283c45253e830868f363a61d43dce.jpg
住所 : ボジョ・アウン・サン通り、5/7ブロック、
シュエ・ピ・ター区、ヤンゴン。
生徒数 : 480名 (住み込みの孤児23名を含む)
2010年11月25日(木)、メコン総合研究所の安倍昭恵顧問
岩城事務局長、同研究所のヤンゴン事務所職員5名により、
ミャイン尼寺子屋小学校に学生480名分のノート、鉛筆と、
支援物資(熱さまシートとキズドライ)にお届けました。
学生1名につき、ノート2冊、鉛筆3本、熱さまシート1パック
(2枚入り)、キズドライ1パック(5枚入り)をセットして、
子供たち一人ずつに手渡しました。

(2)トゥカ・カミー尼寺子屋小・中学校
bce21783d79c580d918686e07cde3a26.jpg
住所 :ドタワディ通り、ティセインゴン、
ティンガンジュンジー村、パレーニュータウン、
ミンガラドン区、ヤンゴン。 
生徒数 : 420名

(中略)
日本では「熱さまシート」は知らない人がいないほど
ポピュラーなアイテムになっています。このような
「日本にとっての日常生活の象徴のひとつ」が
そのままミャンマーの人々に届き、
現地の保健活動に役立っていくこと。
これは日本にとって重要な意味があります。
当初、小林製薬の山根様、小林様にお願いしたことは
「共感と共有を育てる力をお貸しください」ということでした。
その種がおふたりの情熱によって芽生え、
メコン総合研究所の安倍昭恵顧問様をはじめとする
皆様の行動によって、寺小屋に通う900人の子どもたちの
笑顔と、その未来につながりました。


★メコン総合研究所(GMI)
 http://gmijp.net/aboutgmi.html
メコン総合研究所(Greater Mekong Initiative、GMI)は、
メコン地域の若者の未来を応援するため
2006年に設立された特定非営利活動法人(NPO法人)です。
ミャンマー、 中国西南部、ラオス、タイ、カンボジア、
ベトナム等のメコン河流域の国/地域を活動対象
としています。


GMI 役員
名誉顧問 : 安倍 昭恵


★ミャンマーの未来をつくる寺子屋支援:
 メコン総合研究所

 2013.10.01
 http://panasonic.net/sustainability/jp/lantern/2013/10/1.html


★安倍昭恵総理夫人、
 ミャンマーの僧院に文房具などを寄贈

 https://www.myanmar-news.asia/news_by3a9p1IR0.html
昭恵夫人は以前からミャンマーでの
寺子屋学校建設に力を入れており、
2006年にメコン総合研究所が設立されて以来、
同研究所の名誉顧問を務めている。

メコン総合研究所はメコン地域の若者を
応援するために設立されたNPO法人で、
ミャンマーでは貧困などにより学校へ通うことが
できない子どもたちのために、
寺子屋の支援活動を実施しているという。

すでに数校の寺子屋学校を建設・寄付しており、
校舎建築などのハード面だけにとどまらず、
給食や保健室など日本の学校では当たり前とされる
システムも導入し、ソフト面でも支援を行っている。

昭恵夫人はこれまでに十数回ミャンマーを訪れ、
寺子屋学校建設に深く関わっている。


(引用ここまで)


★増上寺でミャンマー祭り、
 安倍昭恵、中田英寿らがシンポなど

 http://ginzanews.net/?page_id=15791




マスコミには、ちっとも報道されないけれど
安倍昭恵さんの「森友学園」での活動も
メコン総合研究所のような活動の一つだったのでは?

だから、三宅洋平に誘われて
沖縄のヘリパッド建設反対派を訪問したのも


★安倍昭恵・首相夫人、
 沖縄のヘリパッド建設反対派を訪問 
 「愛と調和の世界にしていくため」
 とFBに書き込み

 http://www.sankei.com/politics/news/160807/plt1608070013-n1.html
FBで、訪問の理由について
対立、分離した世の中を
 愛と調和の世界にしていくための
 私なりの第一歩
と説明。
安倍晋三首相に訪問することを
事前には伝えなかったとも記した。


(引用ここまで)


と、実にクリスチャン的発言なんですね。
この行動を反対派は
“裏切り者・三宅洋平”の吊し上げに走る

http://www.mag2.com/p/money/20514

昭恵さんは野党の言う「極右思想」でも
「極右学園だけをエコヒイキ」でもなく

彼女なりの信念だったのではないかなと・・・
お嬢様育ちのクリスチャンゆえに、信じやすいというか
博愛の精神で動いてしまうというか。

曽祖父の森永太一郎氏のように
神に立ち返り、神の愛の証として行ったつもりの
行動が招いた騒動に
何でこんなことになってしまったのか、
 神様は何を望んでいるのでしょう。

と、困惑したのではないか
と思う・・・


野党やメディアが
昭恵夫人の森友の過去の活動や発言を取り上げ
極右だと批判するのならば
ミャンマーの学校建設にも深く関与している
活動
も紹介しなければ、フェアではないと思う。

経済産業省から出向している総理夫人付きの
谷査恵子さんは、
メコン総合研究所が携わった「東京ミャンマー祭り」の
実行委員もしているから、
昭恵夫人の全ての活動に、様々な形で
各団体との連絡など
膨大な補助的作業をしていると思われる。



★【森友学園】安倍昭恵首相夫人が
 名誉○○の役職を務めている団体
 【名誉会長・名誉校長・名誉園長】

 https://matome.naver.jp/odai/2148841300541125901
森友学園「瑞穂の國記念小學院」名誉校長(2017年2月辞任)
認可外保育施設「御影インターナショナルこども園」名誉園長
一般社団法人 「鈴蘭会」名誉会長
「80年代スキー復活実行委員会」名誉会長
「ミャンマー祭り実行委員会」名誉会長
NPO法人メコン総合研究所名誉顧問
古民家再生宿泊施設「田楽庵」名誉会長
おんなたちの古民家名誉会長
「東京宗像会」名誉会長
山口県の児童養護施設
「社会福祉法人中部少年学院後援会」名誉会長
NPO法人「アース・アイデンティティー・プロジェクツ」
(東京)の名誉会長
一般社団法人「スーパネスンスアカデミック」名誉会長
「ローズの会」名誉会長?(公式か不明)
「全国身体障害者ほじょ犬サミット」実行委員会 名誉会長
NPO法人「US-Japan LINK」名誉会長
「おなごの会」名誉会長
「FUJISAN 地球フェスタ WA 2016 発起人
 及び実行委員会」名誉顧問
一般社団法人「UKC JAPAN」名誉顧問
山口県長門市
「JAL向津具(むかつく)ダブルマラソン」名誉顧問
「全国棚田サミット」名誉顧問
一般社団法人 「日本障がい者雇用推進協会」名誉顧問
「女性未来農業創造研究会」名誉理事
「ハイスクール世界サミットin福島」大会名誉顧問
一般社団法人 「日本ヒートアイランド対策協議会」名誉顧問
「日本エシカル推進協議会」名誉顧問

山口県なぎなた連盟会長
公益財団法人社会貢献支援財団会長
社会福祉法人福田会会長
日本ホーリーバジル協会 理事
UZUの学校 校長


全部、忖度するのか?




政治ランキング
スポンサーサイト

Comments 1

都民です。

No title

 権力がある人には有象無象が寄ってきて利用しようとします。特に安倍総理のような岸元首相や佐藤元首相がいらした家の方には、なお一層それこそ国内外の勢力が罠を仕掛けてきたと思います。でも昔読んだジャーナリストの方の記事によると、生まれた時からそういう世界を見ていらっしゃるから騙されることがないということでした。そういう点では、政治家の2世3世は世襲と批判されても良い所があるようです。

 明恵夫人のように本当に物心両面で恵まれた純粋な方は、安倍総理を利用する人たちの真逆に生きている方だと思います。だからこそ、報道を見ていると、非常に結び付きの強いご夫婦だと推察しています。

 今回の大阪の騒動は、東京の問題があって良く見ていませんでしたが、どうやら明恵夫人の純粋さにうかつに寄ってきた魑魅魍魎が炙り出されてきたようですね。なんというか、安倍総理ご夫妻を侮ると痛い目に遭うという、自然界の摂理を知らない人が多いことに驚きを禁じ得ず、そしてこの問題がどういう展開を見せるのか(不謹慎ですが・・・)興味が湧いてきました。

2017-03-25 (Sat) 09:37 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply