韓流研究室

ARTICLE PAGE

台湾桃園市、日本時代建設の旧桃園神社が修復完了!市長「憩いの場に」

★日本時代建設の旧神社が修復完了
 桃園市長「憩いの場に」/台湾

 フォーカス台湾  2017/03/20 18:26
 
http://japan.cna.com.tw/news/atra/201703200007.aspx
 taiwan20170320183138.jpg

(台北 20日 中央社)桃園市の桃園忠烈祠で18日、
日本統治時代に建設された旧桃園神社
本殿、拝殿の修復工事完了を記念した音楽会が
開かれた。

出席した鄭文燦市長は、市民の憩いの場にしたい
と語っている。

同神社は1938(昭和13)年に完成。
総ヒノキ造りだった。
戦後、
台湾各地に残っていた神社の大半が壊された中、
当時の社殿がそのまま残されていた
が、
近年は老朽化で雨漏りなどが深刻化。
修復作業が行われていた。


鄭市長は、
歴史、研究、観光などさまざまな面で価値がある
社殿修復の意義を強調。
今年2月には敷地内にカワヅザクラが植樹されたことに触れ、
開花に期待を寄せたほか、市内各地には日本統治時代の
建物が残っているとし、歴史的資産として活用する考えを示した。

(引用ここまで)


   taiwan500_10530335.jpg
 
  taiwan0457f875d83d44b0e0c7b6eca2a74381.jpg




★桃園神社
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A1%83%E5%9C%92%E7%A5%9E%E7%A4%BE


★往昔の神社-中華僅存日治時代
 台灣之桃園神社-漢文会舘

 http://dynasty.cc/han/m/art/tyjinja/index.html


★旧桃園神社(台湾・桃園忠烈祠)
 沖縄県神道青年会
 http://shinsei.okinawa/jinjatanbo/archives/2


★台湾の神社と忠烈祠(上) 
 -総統が祭典の主祭者に-

 http://www.nippon-bunmei.jp/topics/turedure/%E3%80%9059%E3%80%91-%E5%8F%B0%E6%B9%BE%E3%81%AE%E7%A5%9E%E7%A4%BE%E3%81%A8%E5%BF%A0%E7%83%88%E7%A5%A0%EF%BC%88%E4%B8%8A%EF%BC%89%E3%80%80%EF%BC%8D%E7%B7%8F%E7%B5%B1%E3%81%8C%E7%A5%AD%E5%85%B8.html


★【台湾新竹】
 おすすめ観光スポット50選【穴場】

 https://kaumo.jp/topic/36552





台湾も韓国も
「日本の統治時代」の歴史観に
これだけ大きな差異があるのだろう。
台湾は、韓国に掛けた予算に比べ、はるかに少ない。
日本統治時代の建造物を打ち壊し
憎しみを煽る教育を熱心に行ってきた韓国と
台湾総督府や日本人の建てた建造物を残し
冷静に「自国の歴史」を見つめる姿勢。
台湾と韓国の違いは何なのだろうか・・・



★親日の台湾・反日の韓国
 (韓国のキリスト教と共産主義)

 http://www5b.biglobe.ne.jp/~korea-su/korea-su/jkorea/nikkan/crist.html
(引用開始)
韓国と台湾を比較すると、違いが目立つのは
キリスト教信者の比率である。


 韓国ではキリスト教信者が約30%を占め、
宗教的には最大勢力である。

その内、プロテスタントが約18%、カソリックが11%である。
(ウィキペディア)カソリックはフランス系、
プロテスタントはアメリカ系が多い。
カソリックは大東亜戦争中も日本と国交を維持したことにより
明らかな如く、中立的であったのに対し、
プロテスタントは終始、反日的であったように感じる。


 それに対し、台湾ではプロテスタントは3%以下であり、
台湾に反日が少ない理由の1つのように思われる。


韓国の歴史書を読んで気づくのは、
神社参拝の強制に対する非難が非常に強いことである。
1931年満州事変において、平安北道の安武知事が
戦没者慰霊祭にミッションスクール関係者の出席を
要請したことに始まる。
戦争の拡大、激化と共に、要請から強制に変わった。
所がキリスト教は一神教であり、他の宗教の神に祈ることは、
今まで築いた神との信頼関係を失うこととなり、
絶対認めることが出来なかった。

(中略)
この神社参拝問題が根にあるのか、
韓国の反日の最大勢力はキリスト教プロテスタントと
共産主義者のように思われる。

これはプロテスタントは法理論から言っても、
原理主義であり、共産主義に走りやすい点が
あるように思われる。


(続きはリンク先で)


★キリスト教共産主義
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E6%95%99%E5%85%B1%E7%94%A3%E4%B8%BB%E7%BE%A9




プロテスタントの中の反日思考を持つ人々が
何故、執拗に「日本の蛮行はナチと同じ」という
キャンペーンを世界中で行うのか????


この疑問に、キリスト者であった故澤田昭夫教授の
プロテスタントの「左傾化」史の分析が興味深い。


★カトリック教会の左傾化 (第1回)
 「君が代」反対から「沖縄米軍基地」反対
 そして環境問題

 東京純心女子大学教授 澤田昭夫
(月曜評論平成12年5月号掲載)
 http://christ-ch.or.jp/5_torinashi/back_number/2007/2007_04/2007_04_report.html
昨年12月初頭、関西の私的団体
「カトリック学校の日の丸・君が代・元号を考える会」から
全国のカトリック系小学53校、中高208校、大学・短大44校に
「日の丸・君が代」反対の文集とアンケートが送られた。
反対運動の震源地は箕面の聖母被昇天学院の教諭だが、
反対文執筆者には小樽、清瀬、川崎浅田、玉造などの神父、
京都ノートルダム教育修道女会の修道女から松山や
箕面の高校教師だけでなく、
(反体制「韓統連」系の)「在日韓国民主女性会」
大阪本部事務局長

「正義と平和協議会」(略称「正平協」については後述参照)
東京本部事務局長

そして大阪の松浦補佐司教と安田元大阪大司教、
東京の森補佐司教が含まれている。
実はこの反対運動は
プロテスタントの日本基督教協議会(NCC:後述参照)内
靖国特別委員会とカトリックの正平協との合意、
了解済みの「エキュメニカル」(後述参照)運動の一環だった。


(中略)
右旋回から左旋回したプロテスタント教会

プロテスタントにはルター以来、信仰は信仰、
政治は政治と聖俗を分離する傾向があり、
ナチスが政権を掌握するとそれに積極的に協力する
プロテスタント「ドイツ・キリスト者」(Deutsche Christen)
が生まれた。

(略)
政治分布地図を見ると、ナチス支持の多かったのは
プロテスタント多数の北と東で、
カトリック多数の西と南でナチスは少なかった。
プロテスタントに「告白教会」(Bekennende Kirche)と
いわれた部分もあったが、
反ナチを標榜するものではなかった。
ニーメラー牧師は戦後反ナチ抵抗者として英雄視されたが、
彼は実は33年当時積極的にナチスを支持。

ヒトラーとの個人的確執のゆえに38年に投獄はされたが、
獄中では特別優遇され、
39年には国防軍に従軍を志願していた。
ダハウの強制収用所に収監された2806名の聖職者の
95%はカトリック、プロテスタントは4%だった。


(中略)
戦争直後の1945年、ドイツの「福音教会」が南ドイツの
シュトットガルトで「罪責告白」を行ってから21年後の1966年、
「日本基督教団」は「戦責告白」を行い
大きく左旋回した。

「日基」は中核派の教会幹部たちによって、
天皇制反対、成田空港建設反対、部落差別反対、
資本主義反対、靖国反対などの
いわゆる「社会派」路線に乗せられた。

1969年秋には大阪万博(1970年)でのキリスト教館設置案に
反対するゲバ棒、ヘルメット姿の牧師たち
大阪、東京で教団集会を「粉砕」した。
(中略)

左傾化したエキュメニズム
(略)
ところでWCCは、アムステルダムの創立総会後、
数年おきの総会を重ねているうちに
本来の宗教的方向づけを失い始め、
わが国の用語でいえば、教会派から社会派へと
旋回し始めた。
1954年のエヴァンストン(米国イリノイ州)総会では、
「第三世界中心主義」(tiermondialisme)が、
1961年のニューデリー総会では「社会変革」
つまり革命が、
1975年のナイロビ総会では「ゲリラ闘争」が、
それぞれキーワードになった。
ゲリラ闘争というのは、人種差別反対、反植民地主義、
反帝国主義に名を借りた革命運動のことで、
世界中の教会から300万ドルを募って
アフリカ諸国のゲリラや世界中の親ソ反米闘争を援助する
ことになった。

70年代、80年代の東ティモール独立解放ゲリラ運動も
WCCの援助対象になっていた。

  銘記すべきは、
ソ連政府の御用教会であるモスクワ大主教区が
ニューデリー総会以来WCCに参加するようになったこと、
KGBのスパイでもあったソ連のニコディム主教
WCCの変身に大きな役割を果たすようになったことである。


(全文はリンク先で)


★1969年夏 反戦のための万国博
 http://blogs.yahoo.co.jp/meidai1970/31769169.html




■在日三世‏ @3korean
 https://twitter.com/3korean/status/843834892626538496
”昔。テレビでソウルの南山が映った時
 祖母「南山の神社に学校参拝(遠足?)で
 お弁当もってみんなで行った。
 若かったから階段も登れたけど、今は難儀。
 懐かしいねぇ

 「あなた(祖父)は田舎出身だから
  南山の神社には縁がないでしょうけど」
 祖父
 「平壌にも立派な神社があった、南山より立派」”


”祖父「平壌神社が一番立派!」と
 いつもの開城出身ソウル育ちの祖母と
 生粋の平壌っ子である祖父の不毛な争いに。
 でも最後は
 「あの頃は若かった、懐かしい。戻りたい」と回顧。
 「地獄の日本統治」と言われる時代を生きた当事者が
 これってどういう事?”


”下の記事を見ていて、
 ふと祖父母のこの会話を思い出した。
 どうしてこう台湾と朝鮮は違うんだろう。
 当事者の気持ちを無視して、
 無駄な憎しみ合い煽る勢力や本国。
 考えれば考えるほど、すごく虚しい。”


(引用ここまで)




>南山の神社に学校参拝(遠足?)で
 お弁当もってみんなで行った。
 あの頃は若かった、懐かしい。戻りたい



★遠足していた平壌の少女たち、
 いまはどこへ

 ハンギョレ新聞 2017.03.06
 http://japan.hani.co.kr/arti/culture/26710.html
1930~40年代、平安道の情景を「パチリ」 
米国の神父らが撮った写真集発行 
カトリック平壌教区90周年記念 

子どもたち・結婚式・建物など150点 
精巧な画質・生き生きとした現場性が際立つ

 korea148870797499_20170305.jpg
晴れた日、
教師の引率で遠足に行く平壌の少年少女たち。
明るく笑う彼らの顔の向こうに大同江岸と緩やかな丘陵、
わらぶき家がおぼろげに見える。
平壌郊外の西浦聖堂付近、1937年
=カトリック平壌教区・図書出版ヌンピッ提供


 korea148870797421_20170305.jpg
新式の結婚式を上げる新郎新婦。
彼らのそばに高級ウェディングカーが見える。
平安北道新義州進士洞聖堂、1937年
=カトリック平壌教区・図書出版ヌンピッ提供

(続きはリンク先で)



★95歳男「日本統治よかった」発言で
 殴り殺される 
 韓国ネットでは「死んで当然」
 「正義の審判だ」

 J-castニュース 2013/9/13
 http://www.j-cast.com/2013/09/13183859.html?p=all



自称「人類史上最悪の日帝の統治下の朝鮮」で
日本人の植えた桜並木の下で
「お花見に強制連行された?」朝鮮の人々の図↓

 korea_c_20170321134824ac0.jpg



政治ランキング
スポンサーサイト

Comments 4

春近し

韓国と国交を断って台湾と国交を回復したいです。台湾が隣にあれば、どれほど穏やかな気持ちで過ごせたことか❗

2017-03-21 (Tue) 18:42 | EDIT | REPLY |   

弓取り

南北朝鮮 変貌しすぎ

女学生らが遠足を楽しむピョンヤンの春。彼女らはダマされて連れ出され、この後誘拐されたにだ!、とか日帝統治を美化するために笑顔を見せろと強制された!
とかになるんでしょうかね。

在日一世の御老人夫婦。祖国の「神社」にまつわる想いでを懐かしむのか、ただ一般の高齢者と同じく若かりし頃はすべて爽やかな思い出なのか。
それはそれで幸せだったのでしょう。日本でご長寿でおられるわけだし。

だけど、忘れずに日本に来た経緯やその後の在日体験をちゃんと記録に残してほしいものですね。昔と今の祖国をどう思うか、とかね。
日本では殴り殺される心配はないから。


宗教についての紹介、興味深く拝見。政治的な「宗派」が多様で難しい。
近代文明は、伝統的宗教の価値観や世界観を否定したり疑念を伴って発展してきたと思います。特に西洋では。

無理に現代社会に参画しようとすると、教義や経典との整合性が難しいのではないでしょうか。その結果の親ナチや親ソとかわけがわからなくなるのではないでしょうか。宗教の庇護者を求めてとか。
こうなってくると、文明の衝突ならぬ、宗教の衝突です。

自己愛を救済されたい、生活を救済されたい、そのためにはプロテスタント(抵抗者)が都合がよくて、そのためにはウリは弱者だと強く強くいうにだ、みたいな矛盾を持ってつきすすむとウリスト教。
救済されたいという欲望が少ない台湾がおだやかでいいですね。

宗教は魂の救済に絞り込んで活動していただくのがよろしいかと思います。

2017-03-21 (Tue) 22:19 | EDIT | REPLY |   

Alicia

魂の無い神社

台湾のこうしたニュースを見ると嬉しい気持ち反面、実は「見せ掛け」だけの神社であり、彼らが大事にしているのは台湾の歴史の一部としての当時の「建造物」であって、神社は魂も神主も無いただの「歴史的建物」。

観光名所として現代では人寄せパンダでしかないことは、あまり日本では知られていません。

それでも歴史を振り返るきっかけにはなるので、南朝鮮と台湾では大きく日本認識は違うことがわかります。

2017-03-22 (Wed) 00:10 | EDIT | REPLY |   

山葵

併合時代の朝鮮の映像

日韓併合時代の記録映像がYouTubeにたくさんありますね。今の韓国人は「日帝のプロパガンダ映像だ」と言うんでしょうが、下の動画のように外国人が撮影したものもあります。

Siam To Korea 1931
https://www.youtube.com/watch?v=d_98jT7XmZw
1931年の京城(ソウル)-日本語字幕
https://www.youtube.com/watch?v=ih0VLGuP5MI

YouTubeにはチャンネルや再生リストもありました。下の再生リストはケントギルバートさんが作ったものです。

[チャンネル] MAX58589 - YouTube
https://www.youtube.com/user/MAX58589/videos
[このチャンネルにある動画]
必見!日本統治時代 1925 年 貧しさを脱し始めた朝鮮の庶民の姿
必見!1930年 驚くべき日本による近代化!日本統治時代の朝鮮
必見!幸せな子供たち 日本統治時代の朝鮮小学校運動会
必見!実写!「日本軍に志願した朝鮮人が年間8万人!」
必見!1937年シナ事変当時の朝鮮女性と日本女性
조선 사람들이 일본 군대에 지원 하 여 입 대 했다.韓国人の日本軍兵士

[ケントギルバート] REAL KOREA - YouTube
https://www.youtube.com/playlist?list=PLp6vf6fw1AQ8BMN8F297CbqJiKU3jSzds
[この再生リストにある動画]
日帝時代の朝鮮半島に関する映像
戦前の在日朝鮮人の実態 あてもなく漫然渡来する者が多く当局も大弱り
1931年の京城(ソウル)の映像
『危機に瀕する日本』第1巻: 文化略奪と歴史歪曲に関する一考察
韓国に竹島を描いた古地図は存在するか: 日韓古地図の比較
韓国人にとって特別な二つの場所 2012
韓国による日本文化略奪:ジャパン・エキスポ2011での偽サムライと偽剣道
韓国の秘密 - 朝鮮戦争大虐殺
Korea under Japanese rule before and after
1885 - 1908 Old KOREA photos before Japanese Annexation
일제강정기 1900-1930년대 한국사람들의 삶의현장
1925年の日帝時代の朝鮮半島の公立学校の様子
1930年代の韓国併合時の朝鮮

2017-03-22 (Wed) 18:34 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply