韓流研究室

ARTICLE PAGE

韓国警察”STOP!テロ” ポスターに安重根の手、テロリスト認定に大騒ぎ

★”STOP!テロ” ポスターに安重根の手
 minaQのつぶやき  2017/2/12(日)
 
http://blogs.yahoo.co.jp/illuminann/14786469.html
 伊藤博文暗殺犯で知られる安重根(アン・ジュングン)
死刑囚の拇印がテロ予防ポスターに登場して、
議論になっている。
 役所で彼をテロリストとして認めたと
非難が続いているらしい。

この11日、ツイッターで、仁川富平(プピョン)警察署が
製作・配布した 'テロ予防ポスター' 写真が拡散された。
あるツイッター利用者はテロ予防ポスターに安義士の
拇印が使用されたとし、
'これ私だけ変なのか'と問題を提起した。


 
animg_1_m.jpg

▲問題のポスターには
  "テロ~!! 皆様の関心に予防することができます"
 というメッセージと共に安義士拇印の下に
  "STOP!テロ"
と書かれている。

"誰が見ても安重根(アン・ジュングン)死刑囚の手だが、
 これをテロ予防ポスターに入れるのが適切なの?"
と書いた。
旧韓末、ニホンの初代朝鮮総監伊藤博文を
中国のハルピン駅で暗殺した安死刑囚が、
テロリストということを直接的に認めたことだ。


これに韓国のネチズンは一斉に引火して
当局も消火に躍起になっている。
(中略)
仁川富平(プピョン)警察署は議論が提起されると、
ポスター収集に乗り出した。 富平で関係者は
"テロ予防広報目的で、昨年10月、
 職員が独自製作したポスター"とし

"専門家じゃないため、ミスしたようだ。
 安重根(アン・ジュングン)義士を卑下しよう
 とする意図はなかった"と釈明している。

(続きはリンク先で)




ありゃりゃ・・・
安重根、テロリスト認定ポスター
やっちまいましたね、正直者の韓国警察。
しかも・・・パクリ疑惑(笑)

★『ストップ!テロ』ポスターに安重根の掌印、
 テロリスト扱いニカ?

 特定アジアニュース 2017年02月13日
 http://specificasia.blog.jp/archives/1064323994.html

デザインはこれをぱくったのかな。
 an9a577512.png

(全文はリンク先で)


★一人の英雄を作るために、
 数百万の先祖をバカにする

 シンシアリーのブログ 2017-02-13
 http://ameblo.jp/sincerelee/entry-12247299583.html





さて、
トランプ大統領の政策を、
「レイシスト!」「多様性を認めろ!」と叫んでいる方々や

先日の「テロ等準備罪」反対集会に参加した市民の皆様。
http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-4697.html

【ウィーンの森の散歩道】さんからの情報です。

https://twitter.com/Wander_Weg/status/829964195974221824

C4SgCQKXAAEsVpy.jpg

オーストリア政府は「欧州文化への統合法案」で:、
テロリスト捜査のため公道や公共施設での
マスク禁止法の原案を固めたそうです。
イスラム教徒の他、日本人の風邪マスクも対象で、
150ユーロまでの罰金・・・

福島瑞穂議員らが
「話し合っただけで共謀罪」
「殺人集団桃太郎のお婆さんも、
 黍団子を作っただけで共謀罪」
などと、トンデモ珍説を出して反対している日本なんて
甘っちょろいですねぇ。

テロリスト捜査のためには
マスクをしてたら、罰金!





>欧州文化への統合法案

★オーストリアのベールの禁止、
 ストリートに出る3000人の
 イスラム教徒の女性

 Feb 7th, 2017
 http://japanese.newstime.jp/?p=17065


★オーストリア国防相 
 EUに難民受け入れ上限提案へ

 http://www.sankei.com/world/news/170106/wor1701060015-n1.html


★生活保護費、オーストリアが削減提案 
 難民対策で法案、「ブルカ」着用禁止も

 産経新聞 2016.8.18
 http://www.sankei.com/world/news/160818/wor1608180051-n1.html


欧州の「ブルカ禁止」風潮のきっかけを作ったのは
自称:人権に煩いおフランスだそうで
「人権」の名の下ならば、許される・・・



★フランスで「ブルカ禁止法」施行、
 違反者には罰金1万8000円

 ロイター 2011年 04月 11日
 http://jp.reuters.com/article/idJPJAPAN-20537920110411


★フランス:欧州人権裁判所が
 「ブルカ禁止法」を支持

 アジア女性資料センター 2014-07-09
 http://ajwrc.org/jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=861


★コラム:米国よりも深い
 欧州「反イスラム」の闇

 ロイター 2017年 02月13日
 http://jp.reuters.com/article/column-us-europe-anti-islam-idJPKBN15P0N5




アメリカの騒動ばかり報道されますが・・・
フランスで、また暴動が起きています。
警官4人が、
黒人青年を捜査中に性的暴行したのがきっかけ。


★警官が黒人男性に性的暴行、
 抗議広がり逮捕者も パリ

 CNN 2017.02.10
 http://www.cnn.co.jp/world/35096388.html


警官の暴力と差別に反対する抗議デモに
便乗して、暴れて車や店舗に火を付けたり
窃盗を働いたり、観光客のバスを襲撃したり
イスラム原理主義者も加わり・・・で、恒例の大暴動。
被害者の兄弟が
「抗議はいいが馬鹿なことをしないように」と
呼びかけたのに暴動に発展してしまう。
フランスも治安の悪化が深刻化。


★パリで黒人らが暴動 
 韓国人観光客のバス襲撃

厳選!韓国情報 2017年02月13日
 http://gensen2ch.com/archives/69054799.html



日本でも先日、19歳の母親と19歳の同棲相手が
幼児虐待で逮捕されたが、
フランスでも、白人底辺層の幼児虐待殺人が
深刻化しているらしい。

母親の彼氏が5歳の子供を折檻して殺人。
母親は、16歳の時に自分の母親の彼氏が
暴力をふるうので孤児院に入り
17歳で孤児院で出産した。
生物学上の父親とは2年間生活しただけ
次の相手が子供を折檻という連鎖。

フランス住みの「ジャスミン男」さんのTwitterを見ると
貧困・差別・移民問題などからくる社会の不満を
極右も極左も煽っていて、選挙戦の「トランプ現象」が
懸念されているフランスの現実が見えてくる・・・

https://twitter.com/echinodermes/status/830935947873222656


社会不安や不満を煽り過ぎると
社会は混沌と暴力に支配されてしまう・・・
テロリストや、テロリスト候補の若者が生まれる
要因に繋がってしまう。

フランスでも、マスク着用は
ブルカと同じような目線で見られるらしい。



★グローバリゼーションに耐えられなくなった
 英米社会――トランプ旋風と英国

 『問題は英国ではない、EUなのだ 
  21世紀の新・国家論』

 (エマニュエル・トッド 著/堀茂樹 訳)
 http://hon.bunshun.jp/articles/-/5200




政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 1

銀の鈴

通貨統合の前からムリだった

今後ユーロは解体に向かい、国境は元通りになり、昔のようなユル~イ連合体へと戻っていくと思われますな。それが必然。だって、そもそもの当初からムリがあったんだもん。

ずっと以前から、各国はそれぞれイスラム教徒との共存には苦しんでおり、何とか《騙し騙し》、本当に《騙し騙し》、ギリギリでやってきていたんだけど…。いまのように飛躍的に人数が増えてくると、もう、「騙す」ことも不可能になってくるのは、目に見えていたんだよね。

当たり前だよね。所詮、文化が違うんだもの。良い悪いではなくて、「違う」ってこと。双方の違いが尊重されるためには、やっぱり国境は必要なものなのよ。

欧州は過去の植民地政策の後ろめたさを払拭したいらしく、ひたすら「私たちは寛容なんです」のポーズをとりたがる。それがために、自分たちの限界をわきまえない偽善に陥ってしまった。そのツケを、いま払わされているんだろう。私はそう思うのよ。

しかし、「レイシスト」だの「ヘイト」だの、どこでもレッテル貼りの効果は薄れてきていますな。何でも「レイシスト」、何でも「ヘイト」と罵っていれば相手を黙らせることができるのも、もう限界ですわな。

あ、ちなみに私も、マンションのエレベーターホールでウンコしちゃうような人たちとは、共存する自信はまるでありませんです、はい。

2017-02-14 (Tue) 05:07 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply