韓流研究室

ARTICLE PAGE

在日中国人「反アパホテル」デモと街宣右翼は反日プロレス!?

★在日中国人「反アパホテル」デモ 
 対抗団体も登場、休日の新宿が混乱

 産経新聞 2017.2.5 16:52
 
http://www.sankei.com/affairs/news/170205/afr1702050015-n1.html
china0e7bfb46-s.jpg

chinaimg_0.jpg

 ホテルチェーンのアパホテルが「南京大虐殺」などを
否定する書籍を客室に備えているとして、
中国当局が猛反発している問題で、
日本在住の中国人らが5日、東京都新宿区で
同ホテルへの抗議デモを実施した。
現場周辺にはデモに抗議する団体メンバー
多数詰めかけ、休日の新宿は混乱した。

 デモを行ったのは、このデモのために結成された
日本で生活している中国人企業経営者、会社員ら
で作る「中日民間友好委員会」
約300人(主催者発表)の参加者が午後3時から、
新宿中央公園から新宿御苑に近い同ホテル周辺まで
行進した。
「中日友好」「民族の尊厳を守る」などと書かれたプラカードや
横断幕を掲げながら道路を歩いたが、
シュプレヒコールを上げることはなかった。

 デモには抗議する右翼団体の構成員らが併走。
「JAPANが好きだ」と書かれた横断幕を奪い取ろうと
したほか、デモに飛びかかろうとして、
警戒に当たっていた警察官に静止される場面が
何度も見られた。


 デモを主催した来日10年になるという中国人女性は
「(周囲の)みなさんにはご迷惑をおかけした。
 今回声を上げたのは勇気ある中国人だ」
などとコメント。
年齢や名前などは明らかにしなかった。

(引用ここまで)




■H.S. Kim‏@xcvbnm67890
 https://twitter.com/xcvbnm67890/status/828220779623915521
 APAデモ、南京事件と同じ構図。
 日本軍の非道を世界に拡散しようと
 欧米メディアを配置した中国
 その罠にまんまと嵌った日本軍。
 「日中友好」で自らの好印象を世界にアピール
 しながら盗撮隊が日本右翼の醜態も晒す。

 80年たっても学習しない日本人。



■孫向文@sun_koubun
  https://twitter.com/sun_koubun/status/828167493462093827
 『大爆笑!中国人デモ主催者が
  アルバイト募集サイトで
 アパホテルデモ参加者を募集中だって!』
 ⇒ http://amba.to/2jObg0w #アメブロ @ameba_officialさんから

 正真正銘な中国工作員募集だよww





ほら・・・やっぱりだ。
シュプレヒコールを上げず「平和裏にデモをする団体」
「JAPANが好きだ」と書かれた横断幕を奪い取ろうと
したほか、デモに飛びかかろうとした日本のウヨク団体。

デモの主宰は「唐女史」という女性を前面に出し
 chinaC35zIx5VcAAXdcA.jpg
(中国メディアから取材を受ける唐さん)

「中日友好」「平和」を前面に出す。
主催者団体発表300人だという。
中国語サイトのアルバイト募集版に参加募集をしていた。
本隊は行進する方ではなく、路上撮影隊
ウヨク団体の行動を撮影し、微白に随時詳細を投稿。
ウヨクが「○○コロは帰れ!」とヘイトスピーチをする
”証拠映像”を撮影することが目的。
外国人記者も配置させ世界に発信と、
中国のプロパカンダにしっかり利用されている!


★在日华侨华人游行抗议APA酒店
 日本右翼分子全程围攻

 新華社通信 2017-02-05 20:00:
 http://news.xinhuanet.com/world/2017-02/05/c_1120413700.htm




★皆に知らせよう
 「支那国家総動員法」の危険性

 博士の独り言 II 2012/09/21(金)
 http://torakagenotes.blog91.fc2.com/blog-entry-1144.html
(引用開始)
一昨年(2010年7月)に中国共産党政府が成立させ、
施行した国家総動員法(国防総動員法)は、
同国の国防に関わる有事にいたった場合に、
国内外の支那(China)国籍者の財産の接収(没収)、
同国籍者の徴兵(国内・在外を問わない同国籍者の徴兵
(兵員化)と、および、同国内での外国資本の没収まで
含まれています。

 何故、このような法律を性急なまでに施行したのか。
その目的は、中国共産党政府がごく近い将来に有事
(および戦争)の発生を想定してのこと
で、
たとえば、対日政策の上では、侵攻による沖縄県尖閣諸島、
さらには沖縄本島の収奪・領土化とそのための有事を
視野に入れてのこと
であろうことは邪推の余地も有りません。
(中略)
留目すべきは、在日支那国籍者もこの法律の動員対象と
なっていることです。登録されている同国籍者だけでも
「687,156人(2010年12月末時点の統計)に上り、
他、“観光”などで一時的に渡航して来ている者や
15万人を超えたとされる同国の留学生も、
「有事」発生時点での動員対象になります。
さらに、後者の一時的渡航者、留学生の中から絶えない
「法律上は日本に存在していない」はずの不法残留
(オーバーステイ)者や、さらには、数値ではその掌握が
測りかねる不法滞在者(密航者)もその例外ではありません。

(全文はリンク先で)


先月、日本国籍を取得している李小牧氏が
「中国がGOサインを出した以上は、
 謝罪するしか(騒ぎは)収まらない」

と言っていたのがコレの事。

 紹介したブログにもあるように、
中国の国家総動員法は
”中国共産党政府のスイッチ「ON」一つで
 それまでの“文化交流”や“経済交流”“観光”などの
 名目下で、巧みなまでに日本に埋め込まれて来た
 時限装置が一気に同時多発的に爆発する。”


中国は、スイッチ「ON」で在日中国人を動かせる。

 今回の巧みな罠は、彼らが
「シュプレヒコールを上げなかった」という部分です。
この、計算された行動にヘイトスピーチを浴びせるウヨクと
APA会長が安倍首相を支援する側という情報拡散を
トランプ大統領との会談前に海外メディアに報道させる。
二人のツーショット写真は、反トランプメディアに利用。

 少し前のニュースで、「外務省がイギリスで中国脅威を
煽るロビー活動をしていた」報道も、関連がありますね。
中国政府は、
日本政府の数十倍いやそれ以上に宣伝工作費を
掛けていますから、「平和を脅かす危険な二人」と
安倍&トランプ会談を報道させるでしょう。
今年は、衆議院選挙がありますからね・・・

日中戦争の時も、国際世論操作の情報戦で
日本は、中国の巧みな情報戦に完敗していました。





★外交も戦争も全て情報戦が決める
 櫻井よしこ・コラム
 http://yoshiko-sakurai.jp/2015/01/22/5723
 

★心理戦~心に作用する戦争
 http://blog.livedoor.jp/rainbow_drop777/archives/50636253.html
 情報戦(information warfare)は、
対象や手段・目的により心理戦、宣伝戦(プロパガンダ)、
示威戦(デモンストレーション)など各種あるが、
「人間の心理に働きかける」ことについては共通している。

それが政治の場に使われた場合には、
「世論の操作」であり、戦闘の場で行われた場合には、
「敵の戦闘意欲の粉砕」を目的としている。

靖国問題においては、まさに日本人の心に作用し、
戦争についての贖罪意識を呼び起こすことで、
国内世論を操作し、世論の分裂・混乱を引き起こし
最終的には日本人の精神面の弱体化を目的としている。
(中略)
 古代中国の兵法書「孫子」では、その中の
“謀攻 第三”篇において、
「上兵は謀を伐ち、その次は交を伐ち、
 その次は兵を伐ち、その下は城を攻む」と述べ、
戦う前に相手を屈服させるのが最善の策である
と説いている。

また、その著書“Vom Kriege”(邦訳「戦争論」)で
世界的に有名なドイツの戦略家クラウゼヴィッツも、
「戦争とは、
 相手にわが意志を強要するために行う
 力の行使である。敵の戦闘力を撃滅し、国土を
 占領しても、敵の意志を屈服させない限り、
 即ち敵の政府及び敵の同盟国を講和条約に
 署名させるか、或いは敵の国民を屈服させない限り
 戦争は終結したとは見なされない」
と説いている。

そしてこの両者に共通していることは、
戦いに勝利するために敵(その同盟国を含む)の
政治指導者及び国民の意識と感情に対し働きかけること、
即ち「心理戦」を極めて重視していることである。

(引用ここまで)




前項でも指摘したけれど、
嫌韓デモに参加していたしばき隊・男組ら
shibakitai_zaitokukai-demo1.jpg

その後、
「ヘイトスピーチは止めろ!」とカウンター側で叫ぶ。
怪しいとは思いませんか?

しばき隊や男組などは、SEALDs防衛隊や
香山リカの用心棒のようなことをやったり
沖縄サヨクの用心棒に雇われウヨク団体と対峙したり・・・

でもねぇ・・・
在特会としばき隊の両者が、仲良く記念撮影なんて
現実もあるのですよ。
http://blogs.yahoo.co.jp/zombie_oheohehe_revenge/40474741.html
gaisenimg_0_m.jpg
左から元純心同盟本部長・山本雅人、しばき隊・徐泰雄、
元チーム関西(在特会)・西村斉、
しばき隊男組組長・高橋直輝、憂国我道会代表・山口祐二郎

gaisenimg_3_m.jpg
元在特会会長・桜井誠、しばき隊・徐泰雄、元在特会副会長・川東

そして・・・
有田芳生議員などが主導した差別撤廃東京大行進には、
しばき隊男組組長・高橋直輝らやしばき隊・徐泰雄が
参加している。
gonoi05_20170206001227c3a.jpg

在特会らウヨク団体の
ヘイトスピーチを繰り返すデモ映像は
英語の字幕付き
有田議員や人権屋により日本国内だけでなく
海外にも発信され、国連人権委員会にも利用された。
そして「ヘイトスピーチ規制法」が施行という流れ。

norikoentto3_20170205020803fe0.jpg



街宣右翼は、本物の保守ではない。
しばき隊も、本物の左翼ではない。
パヨクもウヨクも同質。
左翼でも右翼でもない。平和主義者でも保守でもない。

子供の頃、大音響で街中を走る街宣右翼
もの凄い嫌悪感を感じた。
彼らは勝手に「菊のご紋」を使用し、日本国旗を振りかざし
天皇陛下を利用した。
これは一種のほめ殺し作戦で、
こうした行為によって、元は旗日と呼んでいた祝日に
国旗を掲げる家々は見る間に減少していった。
同類に思われたくないから・・・


★日本の右翼団体、車で
 大阪の中国総領事館に激突(人民日報)

 2004年4月23日
 http://www.asyura2.com/0403/war53/msg/757.html


★中国総領事館の街宣車突入
 -韓国籍 高鐘守 逮捕

  2004年5月26 日
 http://www.asyura2.com/0403/war55/msg/769.html


★街宣右翼のほめ殺し急増「政局じゃ」
 :再確認する「街宣車右翼」の本質

 2012/8/18(土)
 http://blogs.yahoo.co.jp/kuretakenoyo/37013156.html


★皇民党事件
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9A%87%E6%B0%91%E5%85%9A%E4%BA%8B%E4%BB%B6


★似非右翼の正体
 http://81.xmbs.jp/piroshigogo-207795-ch.php


「自分が見た限りでは、
 デモ隊に突撃していたのは街宣右翼の方々で
 在特会の方々は並走していただけのようでした。」

というtwitterもあるが・・・コールはいつもの声!

デモ映像↓
https://www.youtube.com/watch?v=lSHlQYAN56E

例の「黒色中国」氏
「今回の日本右翼の行動は、
 「反中共」じゃなくて、単なるレイシストなんです。
 一から十まで人種差別。まるっきりの中国人排斥
 歴史問題を争点にするんじゃなくて、
 中国人全体を下品なやり方で侮辱した。
 日本人の品位も侮辱した。それが今回の真相なのです。」

https://twitter.com/bci_/status/828219252960145409
と呟いている辺りに、
またも、「賢い人達」の戦略が伺える。

「差別撤廃東京大行進」で
参加者を黒いスーツで固めさせて
C2Uh-NzXUAE1Gmf.jpg

アメリカの黒人公民権運動とソックリな印象を演出した、
gonoi05_20170206001227c3a.jpg
(「差別のダシに拉致問題を使うな」というプラカード
 総連系の意図を感じますねぇ)

BLw24WoCcAAA7IZ.jpg
しばき隊指南役の五野井郁夫教授
https://togetter.com/li/1056613
今回のデモをしっかりチェックしていたそうだ。

gonoiC3723gVVMAAhFSg.jpg

gonoiC3723gXVMAEyCwl.jpg


中国政府の広報御用達BBCは
「平和」「友好」を唱える中国人デモに対し、
南京大虐殺を否定し、旭日旗を振って
中国人に襲いかかる日本人という扱いで
映像を配信。
「被害者は中国の人々」
http://www.bbc.com/news/world-asia-38874458?ns_mchannel=social&ns_campaign=bbc_news_asia&ns_source=twitter&ns_linkname=news_central

しばき隊ぱよちん(反差別統一戦線東京委員会)も・・・
C37Rfj5UkAEbuvi.jpg

きっと、この後は
国連人権高等弁務官と入念に打ち合わせを
するのでしょうね。こんな風に・・・
http://www.mindan.org/front/newsDetail.php?category=0&newsid=21171

国連人権委員会は、日本政府に是正勧告しながら
また「女性天皇を認めろ」とか
口出ししてくるのかな?

中国の「行動するウヨク」の醜態を利用して、
日本の潜在的保守層の引き剝がしと分裂と無力化。
「危険な右傾化レイシズム日本」というイメージ戦略・・・

中国人観光客を激減させての経済悪化は
「中国政府の指示ではなく、自業自得ですよ」
という・・・
現在韓国でやっている報復作戦と同じ事を、
日本に仕掛ける!? 衆院選があるからねぇ。

これから訪米する安倍首相に、在米中国人市民団体は
2013年の安倍訪米反対デモのような【打倒日本】ではなく、
 china241919_photo_20170206114511ebe.jpg
「レイシスト」「差別主義者」「ナチ」といった
被害者風プラカードに変えるだろう・・・
反トランプの市民団体と連携して大規模デモも
画策しているかもしれない。




戦国時代の軍師達も、あのナポレオンも
来日した米国のマティス国防長官も、
古代中国の兵法書を熟読し研究している。


★孫子の兵法 
 謀攻編 謀を伐ち無理な戦いはしない!

 http://www.kazuhiro-nagao.com/suntzu/boukou.html
『上兵は謀を伐つ。其の次は交を伐つ。
 其の次は兵を伐つ。其の下は城を攻む。
 城を攻むるの法は已むを得ざるが為なり。』


「最上の戦い方は、敵の謀略、策謀を読んで
 無力化することであり、
 その次は、敵の同盟や友好関係を断ち切って
 孤立させることである。

 それができなければ、いよいよ敵と戦火を交える
 ことになるが、その際に一番まずいのが敵の城を
 攻めることである。城攻めは、他に方策がない場合に
 仕方なく行う手段に過ぎない。」


★中国の三戦(世論戦・心理戦・法律戦)
 http://blogs.yahoo.co.jp/umayado17/61153840.html
「三戦」とは…(防衛省09年版防衛白書より)

世論戦=軍事行動への大衆や国際社会の支持を築き、
      敵が中国の利益に反するとみられる政策を
      追求しないよう
      国内や国際世論に影響を及ぼさせる



心理戦=敵の軍人やそれを支援する文民に対する
      抑止や衝撃、士気低下を目的とする
      心理作戦を通じ、
      敵が戦闘作戦を遂行する能力を低下させる


法律戦=国際法や国内法を利用し、
      国際的な支持を獲得するとともに、
      中国の軍事行動に対し予想される反発に対処する



首相訪米前の今回の在日中国人デモは、
背後で、実に巧妙に統制されている。
習近平が・・・スイッチ「ON」・・・


今日の「そこまで言って委員会」
オバマ元大統領の無茶苦茶な外交・軍事戦略に
米メディアが批判しなかったのは、民主党支持や
人種差別と看做されるのを恐れたからかと思ったら
謎が解決。
批判報道は、明確なリーク先など根拠を示さないと
法律シバキで記者を拘束という言論統制があったと・・・
選挙も情報戦。

寛容で自由な国ねぇ・・・





政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 3

トマト

全部が一つに繋がっている… 世界にいる中国人はみなスパイっていってた意味がわかります 相手はこちらをよく研究してるからこそのデモ アパ騒動の後、中国人が泊まるかという事を調べていた人がいて、ほぼ香港人でした 冷静方が多くてびっくりしました 結局相手と同じ土俵に乗るななんでしょうね

2017-02-06 (Mon) 03:44 | EDIT | REPLY |   

銀の鈴

ヤラセ臭ぷんぷんですな

どうもいけませんなぁ。裏で全員が繋がっている可能性もある、となると、今後はますます「ド無視」が正解、という気がいたしますねぇ。

幸い、北京五輪の頃と比べると、日本国民の意識もかなり変わってきています。アチラさんがムチャな要求を掲げてきても、たいていの良識ある日本人は、「はぁ?」と怪訝な顔をしていますし…。

まぁぶっちゃけ、世界じゅうであまり評判がよろしくないのですよね。中韓の方々は。

とはいえ、ご指摘のように、中国は昔からとにかくイメージ戦略が巧みですから、片時も気を抜くことはできませんね。こちらもしつこく、しつこく、丁寧に、丁寧に、効果的に、効果的に、カウンターを仕掛けていかないと。まことに疲れますけど、こればかりはやらないと仕方がない。

2017-02-06 (Mon) 16:44 | EDIT | REPLY |   

西

デモに当局が関与か?

本来、個人主義で、当局も同胞も信用していないと言われる支那人が、所謂「愛国主義的」な動機で、ここまで集団的に行動するというのは、普通ならば、非常におかしな話です。

となると、彼らは当局の指示によって動き出した「工作員」ではないか?という見方が自然だと思います。

支那の「国防動員法」の実験で、小規模のデモに、日本の当局がどのように対処するかを見る為に、支那工作員を動かした可能性が高いのではないかと思います。

また、警察当局が支那人のデモを許可したのも、不自然な話だと思います。

何故、違法であるはずの外国人のデモを許可したのか?ヘイト法の動きと何か関連がある世にしか思えません。

国内にも、相当に支那の工作が浸透している事を彷彿とさせる事件だと思います。

2017-02-07 (Tue) 00:55 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply