「ニュース女子」叩きが左右対立の代理戦争に発展!

★DHC-MX「ニュース女子」叩きが
 左右対立の代理戦争に発展!

 
https://togetter.com/li/1077018
これは放送法や客観報道問題を建前にしているが、
その実態は左右メディアの生き残りを賭けた
戦争に変化しつつありますね。
地上波で沖縄左翼の実態が赤裸々に報じられる
ようになれば、
これまで「被害者」として祭り上げてきた虚構が
一挙に崩れてしまう。
そうなれば、地上波を牛耳ってきた左翼メディアの
覇権そのものも崩壊しかねない。

「視聴者の会」がテレ朝やTBSの偏向報道を放送法
違反として糾弾した意趣返しとして、
「ニュース女子」叩きは朝日新聞VS保守という
因縁の対決の様相を呈してきた。  

  okinawa138362.jpg

地上波テレビは左翼メディアによって
報道統制されてきた
が、
保守側の反撃として地上波に橋頭堡を築いたのが、
DHC-MX「ニュース女子」。
だからこそ、朝日、毎日、東京は、のりこえねっとや
沖縄二紙に加担し、
これを機に「ニュース女子」潰しをすべく
全力を傾注している。これは戦争ですね。


(続きはリンク先で)




★MXテレビ前では抗議活動
  「産経新聞ですが」に参加者は…

 産経新聞 2017.2.2 19:53
 http://www.sankei.com/entertainments/news/170202/ent1702020014-n1.html
 lif17020219570019-p1.jpg
MXテレビへの抗議に集まった人たち
=2日午後、東京都千代田区

東京新聞の長谷川幸洋論説副主幹が
司会を務めた東京MXテレビ「ニュース女子」
番組内容が同紙の報道姿勢や社説などと異なる
として、同紙が「深く反省」との見出しで見解を
紙面で明らかにした2日、
東京都千代田区の東京MXテレビ本社前に
数十人が集まっていた。

 警視庁からは人員が出て、
警戒や交通整理に当たる事態となった。

 MXテレビ前に集まった人たちは、
沖縄県東村高江の
米軍ヘリコプター離着陸対建設反対派。
問題の「ニュース女子」の番組が放送された
先月2日以降、反対派はこれまで3回
同社前に押しかけている
という。

 この日は、沖縄ヘリ基地反対協代表の
安次富浩氏が「沖縄の人間として許せない」などと
マイクを握った。
本紙記者が抗議活動に参加していた一人に
「産経新聞ですが」と話を聞こうとしたところ、
「右翼新聞だからダメだ」と断られた。

(続きはリンク先で)




いやはや・・・
「ニュース女子」が地上波で初めて
沖縄の基地反対闘争に、沖縄のサヨク団体だけでなく
県外のサヨク団体や韓国からも大勢終結していて
のりこえネットが、5万円を支給して市民特派員を
派遣している事や、辛淑玉サンなどの一部の在日が
「沖縄独立」を煽っているという事実
赤裸々に報道しただけで、
ハチの巣を突いたような大騒ぎ・・・

左翼メディアの既得権益である聖地「沖縄」には、
右派メディアの介入は絶対に許さない?


うちの組のシマを荒らす奴は叩き潰す!か?

  okinawaC3leMLcVcAA_xhU.jpg

sin2n.jpg

okinawa3b641760.jpg

okinawa9B.jpg

この事実を「沖縄ヘイト」だと騒ぐ。
okinawaC2hLzMFUcAIy0-y.jpg




DHCの会長メッセージを取り上げて
https://top.dhc.co.jp/company/image/cp/message1.pdf
「本物、偽似非ものを語るとき
 在日問題は避けて通れません。
 この場合の在日は広 義の意味の在日です。
 いわゆる三、四代前までに先祖が日本やってきた
 帰化人のことです。
 そういう意味では、いま日本に驚くほどの数の
 在日が住んでいます。
 同じ在日でも日本人になりきって日本のために
 頑張っている人は何の問題もありません。
 立派な人たちでです。

 問題なのは
 日本人として帰化いるのに悪口ばっかり言ったり、
 徒党を組んで在日集団作ろうとしている輩です。
 いわゆる、似非日本人、なんちゃって日本人です。

 (中略)
 似非日本人はいりません。 母国に帰ってただきしょう。」


共産党のしんぶん赤旗は
okinawaC3pT77eVYAAObis.jpg

DHC会長が、「在日は母国に帰れ」と言ったと
捏造しているのです。

そして、
「ニュース女子」を許さないとTV局前で騒ぐ・・・

 okinawaC3pSv5YVUAIcxds.jpg

平日の昼間に、集結出来る人達って?
夜までストーカーの如く、局前に張り付いて
スピーカーで抗議する人達って?

今まで、こうやって圧力を掛けて
言論封殺をしてきたんでしょ。

表現の自由、報道の自由を守れ、
多文化共生社会、差別は良くない、
人権を守れ・・・
多様性を認めろ!と言いながら

反差別の正体がコレ


★【閲覧注意 画像】ブサヨが
 いよいよヤバイ次元に向かい始めた件
 ‥普通に殺害予告なんだが

 もえるあじあ 2014年05月27日
 http://www.moeruasia.net/archives/38339409.html
 John Smith@パチキ統一戦線 @******
  2014年5月26日
 安倍死ね

 Bo37EmUIMAAgy0a.jpg


★「欅坂46」騒動を引き起こしたのは
 「しばき隊のK」と共産党の小池晃だった!

 なでしこりん 2016-11-06
 http://ameblo.jp/nadesikorin-fight/entry-12216462520.html
  o0290034613790178831.png



APAホテルの「南京否定本」騒動にも
絡んでいそうですね・・・

  okinawaC3gAHkhVYAAiW2D.jpg



アメリカも、全く同じ状況・・・

★【米国サヨク】トランプ支持の
 右派サイト編集者の講演に
 投石や放火で学生ら抗議…
 大学封鎖で講演中止に(動画&画像)

 正義の味方 2017年02月02日
 http://www.honmotakeshi.com/archives/50572119.html#QA4bUXl.twitter_tweet_count_m
米カリフォルニア州のカリフォルニア大バークレー校で
1日、トランプ大統領を支持する右派の
ニュースサイト編集者が予定していた講演に
抗議するデモが激化、
会場の建物前で物を燃やすなどの騒ぎになったため、
大学は封鎖され、講演は中止された。


(続きはリンク先で)








「多様性を認めろ!」という人達が
異なる意見は一切許さず、
暴動で言論を封殺する・・・

usaC3pfb21UkAA4HMj.jpg

異なる勢力は、全て「ファシスト」
usaC3pfdBBVYAQ-Fdt.jpg

日本のパヨクと全く同じ!
s146_30螳倬ず蜑・1-13

sayokuCrajknnVYAAmBiG.jpg


日本でも、
サヨクが自分達の既得権益を守るため、
従わない者はクビになる。
TBS7cc3158c_2017020302475432b.png

TBS01.png


『ニュース女子』の司会を務める長谷川幸洋氏が
謝罪を拒否したため
東京新聞論説副主幹をクビになる模様
極左の『リテラ』が報道している。

http://lite-ra.com/2017/02/post-2891.html
「こうした批判に、東京新聞としても
 見過ごすことはできなくなったということでしょう。
 おわびだけでなく、長谷川氏を論説副主幹から
 退任させることも決めたようです。
 もともと長谷川氏は会社はすでに定年になっていて、
 委嘱契約だったのですが、
 今年度限りで契約を更新しないというかたちに
 するのではないかと言われています

(東京新聞関係者)


「東京新聞関係者」って、
どうせ、佐藤圭記者でしょう?

長谷川氏の「ニュース女子」番組出演は批判され
佐藤氏の「のりこえネット」番組出演はOKの東京新聞!


satou8b3b7412-s_2017020302421630d.png

 d0044584_1217237_20170203024213395.jpg

だから、極端な左巻きばかりが残っていく・・・





政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

多分、これが決定的

いやはや、呆れました。
というより、後になって考えたら、「これで潮目が変わったんだな…」と多くの日本人が感慨深く思い起こす、決定的な案件になるのではないでしょうか。そのように予感します。

もう、こうなってしまっては、反日勢力もオシマイですよ。こうまでなりふり構わず、ヒステリックに正体を現わしてしまっては、ねぇ…。これで、政治に興味の薄かった人たちの関心までも、ググッと引いてしまいました。寝た子を起こしたのは、他ならぬアンタたちですよッ!(笑)。

連中もいよいよ余裕がなくなってきたんですね。ま、フツーに自国を大切にする、まともな人たちにとっては、まずは喜ばしいことではありますが。

プロフィール

あや

  • Author:あや
  • 韓流に嵌った母と義母の為に
    韓国情報を調べていたら・・・
    韓流ブームに仕掛けられた
    怪しい罠に気付いてしまった。
    韓流の闇と、利権や陰謀
    仕掛け人を徹底研究!
ランキング
ランキングに参加しています!
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索