韓流研究室

ARTICLE PAGE

トランプ大統領就任式に私はたどり着けなかった。道を阻んだ反対派のデモ(現地ルポ)

★トランプ大統領就任式に、
 私はたどり着けなかった。
 道を阻んだ反対派のデモ(現地ルポ)

 The Huffington Post 執筆者: 津山恵子
 2017年01月23日
 
http://www.huffingtonpost.jp/2017/01/21/trump-inauguration_n_14295822.html?ncid=tweetlnkjphpmg00000001
歩いてばかりいた。
過去2回、米大統領就任式を取材したが、
いつも思いもよらないロジの変更を迫られ、
予定よりも多く歩かされる。
1月20日、トランプ新大統領の就任式は、
思いがけないことが起きた。

 なんと、就任式を大スクリーンで見られる
会場にたどり着けなかった。
トランプ氏就任に反対するデモ隊に阻まれたからだ。
考えてもいなかった。

 o-INAUGURATION-570.jpg
 ゲートを塞いでいたトランプ反対派のデモ参加者たち

(中略)
デモ隊は、ソーシャルメディアで連絡を取り合い、
集まったに違いない。
様々な手製プラカードにあふれている。

「トランプ、恥を知れ」
「偏見+嘘+プーチン=トランプ」
「トランプはホワイトハウスにふさわしくない」
「多様性は、アメリカを偉大にしている」

 白人、黒人、ヒスパニック、アジア系、同性愛者、
そして子供もたくさんいる。

(中略)
10丁目ゲートに近づくと、警察の鉄柵の中で列が
動いているのが、見える。
鉄柵の外では、再びデモ隊が殺到し、
「トランプ氏は大統領ではない」と、
会場に入っていく人々に叫んでいる。


 急いで後ろに並ぼうとしているうちに、
列の後ろが鉄柵で塞がれた。
警官に再び、質問をする。

「なぜ入れないんですか」
「知らない」
「では、どこから入れるんですか」
「知らない」

 すると、
横にいたトランプ派の白人女性が、こう言った。

「しょうがないわね。
 あなたは仕事をしているだけですものね」

 びっくりしたのは、ここに多くいた
7丁目から歩いてきたトランプファンが、
文句も言わず、踵を返したことだ。


(中略)
そうこうするうち、
通り沿いに設置された巨大スピーカーから流れる
就任式の実況放送で、ロバート連邦最高裁判事の
名前が呼ばれた。

 実業家でテレビ番組ホストのドナルド・トランプ氏が、
大統領就任の宣誓をする時が来てしまった。

 周りにいた数千人と思われるトランプ支持者の人たちが、
驚くほど静まり返った。

 さらに、驚いたのは、
宣誓の後も、トランプ氏の就任演説の後も、
わずかにいた若い人が「ヒューーーー」と
声をあげただけで、あとはさざ波のような拍手だけだった。

 トランプ氏の支持者は、過激で怖いと思っていた。

 昨年7月、中西部オハイオ州クリーブランドで開かれた
共和党大会の会場外には、見るからにおっかない
キリスト教至上主義者や、白人至上主義者が集まっていた。
イスラム教徒を悪魔呼ばわりし、Tシャツには
「星条旗の赤、青、白の血が流れていなければ、
 国を去れ」「英語が話せないなら、強制退去だ」
などと書かれていた。

 しかし、トランプ氏の就任式会場に来ていた支持者らは、
本当にフツーの人たちだった。
お祝いのため、犬にマニキュアを塗って連れてきた夫婦。
抱き合って、寒さをしのいでいた若い信心深い夫婦。

(中略)
一方、会場外では、トランプ反対派が、
100人も逮捕されていた。
若者の反格差運動「オキュパイ・ウォール・ストリート」
で知り合った知人が二人逮捕されたというメッセージが、
パレードの間、飛び込んできた。

 話しかけた中国人の母親は、
パレードを観に来る途中、銀行のフロントガラスが
割れているのを見て、ショックを受けたと言っていた。

ワシントンの中心街は、日頃はネクタイとスーツの
人ばかりで、器物損壊など考えられないことだ。

 就任式前日の夜は、
警察がデモ隊に対し、催涙ガスを使った。

 4年に一度の国家のリーダー選びで、
辛酸をなめたトランプ反対派は、
思いがけなく「過激化」していた。


(全文はリンク先で)




日本のメディアも、現地取材をしていたはずなのに
こうしたリアルな状況は伝わってこない。

「不人気のトランプ新大統領は
 オバマ大統領の時よりも
 就任式の人数が少なかった。」
と繰り返す。

C22_j9_UoAAvaL0.jpg

トランプ就任式の「スカスカ写真」は、
入場途中の写真で印象操作だった。
  C24WZejVIAEF_iZ.jpg


まさにコレ
CPHWLTqUkAAXlUx_2017012401531912f.jpg

日本のメディアも多数、現地取材していたのに
何故か就任式に参加しようとしていたトランプ派が
デモ隊に阻まれてたどり着けなかった事は
報道しない。
就任式当日に、大麻反対のトランプ陣営に抵抗し
大麻吸引派が、デモ隊に大麻を配っていた事も
全く報道しない。


先程のフジTVのニュース映像の女性団体の抗議デモ。
反トランプ派の50代の女性達は、
大学時代の同級生で全米各地から集まったそうだ。
「大学時代、皆で
 ベトナム戦争反対のデモをやったの。
 ほら、あそこにいるのはその時の事務局長よ!」

demo036e9545.jpg

日本のデモと全く同じ傾向だ・・・

反戦・平和・反核・反格差・反差別・LGBT・大麻賛成派
そして移民達・・・
プラカードには「民主主義って何だ!」





マスコミは
世界各地で「反トランプ」デモが起きたと報道。
東京で開かれた反トランプデモに参加した、
元SEALDsの女性の声を報道する朝日新聞。

SEALDsの親玉・中野教授が絶賛する・・・

C2vTgDfUcAAcC5Z.jpg

TBSは性懲りもなく、
またも「SEALDs称賛番組」を流したらしい。


★TBS「SEALDs礼賛番組」の舞台裏
 http://blog.livedoor.jp/catnewsagency/archives/3149951.html




世界各地で起きたのは
「反トランプ」デモではなく
世界各地のサヨク団体が、トランプに便乗して
声高らかにデモをしただけではないかと思う。
そして
彼らの叫ぶ「民主主義」というのは、
社会が彼らに従う事であり
彼らの思う通りの結果にならなければ
「こんなの民主主義じゃない!」と過激化する。

「多様性を認めろ!」と言いながら
相反する意見は絶対に認めない。
我こそは正義と雄たけびを上げる・・・

t223f057d-s.jpg

「反アベ」「反トランプ」のデモ行進はあっても
軍事化して他国を脅し、国内格差は酷く
少数民族の弾圧を行っている「反習近平」デモは
何故行われないのだろうぉぉぉぉぉ!





★マドンナ、
 「ホワイトハウス爆破発言は比喩」
 「私は暴力的な人間ではない」

 ロイター  2017年01月23日
 .http://toyokeizai.net/articles/-/154940
(引用開始)
米人気歌手マドンナさん(58)は22日、
首都ワシントンで前日に行われたトランプ大統領に
対する女性たちによる抗議デモ「女性大行進」の際に、
「ホワイトハウス爆破を考えた」
などと述べたことについて、
隠喩的に語ったものだと説明した。

マドンナさんの発言は、ソーシャルメディアで非難され、
テレビの複数のネットワークが
ライブ中継を突然中止するという事態を招いた。


「私は暴力的な人間ではない」と、
マドンナさんはインスタグラムで弁明。
「例えとして語ったのであり、
 (トランプ氏の大統領就任について)
 希望を感じる人もいれば、
 私が個人的に感じているように、
 怒りを感じている人もいると
 いうことを伝えたかった」
と述べた。

(引用ここまで)

日本のメディアも、
マドンナさんの部分は映像のみで音声無し
放送コードに掛からない部分だけを抽出して報道。
「ホワイトハウス爆破を考えた」だけではなく
TV局が中継できなかった
ソーシャルメディアで非難された言葉はコチラ


McLOVIN? @iMcLOVIN7
マドンナ、「トランプ、◯◯◯しゃぶれ」だって。
これが自称リベラルの実態。
リベラル以前に尊厳ある人間でいたいと
思わないのだろうか。

こんな下品な人間を有り難がる連中の気が知れない。
Pop Crave? @PopCravings
"Donald Trump suck a dick, I'm not your bitch!" - Madonna singing at #WomensMarch.
午前6:49 ・ 2017年1月22日
https://mobile.twitter.com/CatNewsAgency/status/822964681262252032


ロイター日本語版も嘘吐き・・・
★Madonna Tells Trump to
  “Suck a Dick”
  at Women’s March in D.C.

 http://pitchfork.com/news/71049-madonna-tells-trump-to-suck-a-dick-at-womens-march-in-dc/


子供連れで参加した人も多かった
抗議デモ「女性大行進」。
トランプ大統領就任に
「教育問題が~」と抗議していたけれど
こんなアジで良いのだろうか????

まるで、これと同じ・・・


★【衝撃画像】韓国の子ども、
 サムスン副会長の写真を標的に
 謎の物体を投げつけ抗議 
 どんな教育したらこうなるの...

 正義の味方 2017年01月23日
 http://www.honmotakeshi.com/archives/50501072.html
崔碩栄 @Che_SYoung

韓国で話題の写真。
サムスンの副会長の写真にモノを投げる少年。

私は子供に憎しみを教えるのは
「児童虐待」だと思う。

子供の人格形成にも悪影響。
これは親と先生の責任。

将来、この子はまた
何かに向けてものを投げる大人になっているだろう。
大統領写真?日本総理の人形?本当に可哀想

k2be5bb97-s.jpg
https://twitter.com/Che_SYoung/status/823383927947526145





政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 3

トマト

トランプは国内的にはいいんだろうけど、日本には悪になりそうなんですよね いつまでも昔のイメージで日本批判をしてるし ここは安倍さん日本の政府が総出で説得してもらわないと… 反トランプとそれに便乗している日本の左翼 笑ってしまうほど瓜二つデジャブ笑えます

2017-01-24 (Tue) 07:28 | EDIT | REPLY |   

日本国内投票権保持者

選挙に行かなかったのか?もしくは投票権を持っていないのか?

>「ホワイトハウス爆破を考えた」などと述べたことについて、隠喩的に語ったものだと説明した。

ある社会学者さんの「『日本市値』は比喩」という言葉を思い出しました。
米国の反トランプデモも、韓国の反朴槿恵デモも、後ろで煽動している勢力の種類は微かに違うのかもしれませんが、大元の考え方はほぼ同じに感じます。
また、自分達の思う通りになっていた頃は批判してなかったのに、思う通りにならなくなった途端に「ルール(もしくは人)がおかしい!ルール(人)を変えなくては!」と言い出すのも、すごく似てます。

2017-01-24 (Tue) 08:41 | EDIT | REPLY |   

みらい

トランプ非難の前に自分たちのひどすぎる暴言・偏見を直すべき

「トランプ派がデモ隊に阻まれてたどり着けなかった事は報道しない」 
本当に偏っていますね。人種差別主義、独裁者、女性の敵、など色々レッテル貼ってトランプの暴言や人間性そのものを非難しているけれど、自分たちの暴言は?行動は?と思ってしまいます。最近在日アメリカ人が書いた『アメリカ白人の闇』という本でも、著者がアメリカメディアは非常に左翼で偏った報道を繰り返しており、今回の大統領選前も、ニュースとはおよそ呼べない、ただの民主党びいきの「愛党精神」の書き物と説明していました。がらがら就任式の映像も、その下の絵も、このような偏見報道を本当によく表していますね。

2017-01-24 (Tue) 12:34 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply