韓流研究室

ARTICLE PAGE

毎日新聞の天皇譲位後の称号「前天皇」記事に政府首脳否定→菅官房長官「どっちもどっち」

★【天皇陛下の譲位】 政府首脳、
 毎日新聞の「前天皇」報道を否定

 産経新聞 平成29(2017)年1月12日
 
http://www.sankei.com/politics/news/170112/plt1701120016-n1.html
政府首脳は12日、毎日新聞の同日付朝刊が
天皇陛下の譲位後の称号をめぐって
退位後『上皇』使わず」
「政府 称号『前天皇』など検討」

と報じたことについて
元天皇、前天皇は検討しておらず間違いだ。
 上皇に関しては、過去の上皇とは異なる
 意味合いで称号とする可能性はある」

と述べ、明確に否定した。

(引用ここまで)




まっ、政府の正式発表が全てだよ!
という事でしょうね。
スクープ合戦をやっても意味が無い!




毎日デマ記事
退位後称号  「上皇」使わず 
 政府、「前天皇」など検討

 http://mainichi.jp/articles/20170112/k00/00m/010/124000c
(引用開始)
上皇は平安時代後期から鎌倉時代中期にかけ、
政治に関与する「院政」を敷くことがあった。
政府の有識者会議では
「現行憲法下の象徴天皇と結びつけるのは
 飛躍がある」として、懸念は不要という意見もあった。


 しかし、
上皇は歴史的な称号で権威を与えかねず
新天皇に即位する皇太子さまとの
「国民統合の象徴の分裂」が起こる懸念がある。
「二重権威になっていさかいが起こるイメージがある」
(有識者会議関係者こともあり、
使用を見送る判断に傾いた。

(引用ここまで)



「権威を与えかねず」ね・・・
毎日新聞の田中裕之記者は、
この部分を強調したかったのかな?

英語版で、日本女性を侮辱する下劣な記事を
掲載し続けた変態新聞は、
天皇陛下に対して、憎悪を感じる発言もしている。


★「天皇が来る意味って?」
 毎日記者発言ネットで騒動

 J-castニュース 2006/10/31
 http://www.j-cast.com/2006/10/31003629.html
毎日新聞の記者が記者会見の場で
佐賀県知事に「かみついた」ことが、
インターネット上の掲示板2ちゃんねるを中心に、
話題になっている。
天皇皇后両陛下の「来県」の出費について、
知事を批判する内容だったが、
佐賀県で配信している記者会見の動画が、
この記者の発言に絞って加工・編集され、
動画投稿サイトYouTube(ユーチューブ)にもアップされた。

2006年10月29日に佐賀県で開かれた
水産振興と海の環境保全について考える
「第26回全国豊かな海づくり大会」に
天皇皇后両陛下を招待することを発表する
佐賀県知事の臨時記者会見での出来事だ。
知事のパワーポイントを使った説明のあと、
毎日新聞記者は、

“ 「今回の行事にですよ、
  天皇と皇后が佐賀に来ることの
  意味って何ですか」
 「非常にこうなんかいろいろと
  お金も人もかかりそうなんですけれども、
  このお2人は、
  このお2人が佐賀に来るということで、
  そこまでする価値があるんですかね」 ”


などと発言し、知事に「かみついた」。

知事も、度重なる追及に苛立つ

さらに、記者は
天皇皇后両陛下の「来県」の出費について追及。
「私が言いたいのは、
 天皇皇后、2人の関係で
 いくら経費がかかっているのかということです」
 などと発言。

(続きはリンク先で)


★毎日新聞佐賀支局記者 
 朴鐘珠の発言

 http://blog.goo.ne.jp/slash_2004/e/5ffae22aa308f033c42b32693b628190





毎日新聞は、前身の東京日日新聞の頃から
スクープ狙いの飛ばし記事がお好き・・・

★光文事件
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%89%E6%96%87%E4%BA%8B%E4%BB%B6
  m382c3389-s.jpg







誤報というか、マスゴミの故意の印象操作か?
先日の講談社社員の妻殺人事件
朴鐘顕容疑者が「進撃の巨人」を担当して育てた!
大ヒットさせた立役者などと、
マスゴミはヨイショ報道をしていたのですが・・・
ファン達がネットで「違う!」と呟いていて
案の定、






平気でデマを飛ばすクセに、
痛い所を突かれると
「ヘイトだ!」などと差別問題にすり替えて
言論弾圧を繰り返す
「表現の自由」「報道の自由」を謳うマスゴミ・・・
先日の「ニュース女子」の沖縄問題を取り上げた回を
沖縄タイムスが「沖縄ヘイト」だと・・・。









政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply