韓流研究室

ARTICLE PAGE

赤旗「アベ政治を許さない」各地で抗議 、正月休み利用しデモ参加

★「アベ政治を許さない」 各地で抗議
 野党共闘で勝つ年に
 正月休み利用し初参加の人も

 しんぶん赤旗 2017年1月4日(水)
 
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2017-01-04/2017010401_04_1.html
「アベ政治を許さない」ポスターを一斉に掲げる行動が
3日、全国各地で取り組まれ、
東京都千代田区の国会正門前には
約150人が集まりました。
正月休みを利用した初参加の人もいました。

 
kyousan2017010401_04_1.jpg

 (写真)「アベ政治を許さない」と国会正門前で
 スタンディング行動をする人たち=3日、東京都千代田区

 毎月3日午後1時に取り組もうと、
作家の澤地久枝さんが呼びかけた行動です。
澤地さんをはじめ、作家の渡辺一枝さん、
コメディアンの松元ヒロさんが駆け付けました。

 松元さんは、安倍首相とともにハワイ真珠湾を
訪問した稲田朋美防衛相が帰国直後、靖国神社に
参拝したと指摘。
「あんな人が防衛大臣でいいのか?」と訴えると、
集まった人たちは否(いな)だ!と声を合わせました。

 澤地さんは、今年もポスターを掲げる行動を
しなければならないとして、
早く「アベ政治」を終わらせたいとあいさつしました。

 川崎市中原区の女性(68)は、
日本国憲法が施行され今年で70年を迎えることについて、
「憲法と平和な世の中は、自然にあるものだと思っていたけど、
 みんな必死に守ってきた」。その上で
「今年こそ戦争法廃止。野党共闘で選挙に勝つために、
 市民が声を上げ、後押しするしかない」と意気込みました。

 西東京市の女性(68)も、
「安倍政権打倒の年にしたい。野党には弱さもあるが、
 市民の力で変える以外に方法がない」と力を込めます。
今年は酉(とり)年です。
「政治家は、風見鶏のように風向きで態度を変えず
 信念を持ってほしい」と注文しました。

(引用ここまで)







見事に・・・お爺さんお婆さんばっかりですね。
去年の元旦にも、神社で初詣の列に並んでいる最中
神社の横の道路を、超低速走行で
共産党の街宣車が「アベ政治を許さない」と
スピーカーから大音響で流していて
行列に並ぶ参拝客のオジサンが
「共産党ってのは正月はやらないのかぁ?
 盆も正月も休みが貰えないとは可哀想に!」

と大声で叫んで、皆で「初笑い」をしたのだが・・・

この赤い高齢市民達は、
お正月に一緒に過ごす家族がいないのかな?
お正月に家族揃ってお節料理を食べたり、
親戚に新年のあいさつ回りをしたり、初詣に行ったり、
かわいい孫が来てお年玉を渡したりとか
お正月をお祝いしたりしないのかなぁ????

そもそも、
年末年始を楽しく過ごす「家族」というものが
存在しない
のかもしれない・・・





★澤地久枝
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BE%A4%E5%9C%B0%E4%B9%85%E6%9E%9D
早大二文卒業後、優れた能力を買われ
て『婦人公論』編集部へ移った。
将来の編集長と目されていたが、
既婚の身でありながら有馬頼義との恋愛事件を起こし
1963年に編集次長を最後に退社。
このとき夫と離婚し、退職金をはたいて
老母のためにアパートを建て、
身一つで有馬と再婚するつもりだったが、
この段階で有馬との仲が破綻[5]。

その後、五味川純平の資料助手として
『戦争と人間』の脚注を担当。
1972年の『妻たちの二・二六事件』以後、本格的に
執筆を開始し、『密約』(原案は西山事件)、『烙印の女たち』、
『あなたに似たひと』、『昭和・遠い日近いひと』、
『わが人生の案内人』、『道づれは好奇心』などを執筆。

(引用ここまで)


★学校で教えない歴史 16 
 (ゆがめられた二・二六事件 ②)

 http://blogs.yahoo.co.jp/bonbori098/28822805.html
(引用開始)
一方の澤地久枝です。

当時、二・ニ六事件に参加して服役した
池田俊彦は澤地久枝の思想についてこう書いています。

(文芸春秋63年5月号)
「澤地氏はかつて五味川純平の助手をしていた。
 五味川の思想に共鳴していたからであろう。
 五味川は、その『人間の条件』という小説の中で
 一兵士が軍隊という特殊な社会空間のなかで
 いためつけられ、ついには脱走して死に至る過程を描き
 軍隊そのものの非人間性をえぐり出している。

 その根底には、戦争を憎むとともに
 戦闘集団である軍隊そのものの非人間性を憎悪する
 感情に貫かれているように思われる。

 澤地氏は少女時代
 敗戦の満州から病身の父母と幼い弟妹をかばって、
 苦闘の旅を重ねて内地に引き揚げた苦い体験をもっている。

 そして長じてからは、共産党員と結婚した経験もある・・・」
(中略)
また、この日の法要には、野中大尉未亡人、
その他二、三の御遺族の方々が口を揃えて、

澤地の著書『妻たちの二・ニ六事件』を書くために、
その家庭を訪ねて取材に応じたことを
結局私たちは
 澤地さんに利用されていただけでしたね

と話していたという。

(中略)
澤地はこの後、親しい人にこう言った。
「私はこれで二・ニ六事件から足を洗うつもりでいる。
 渡辺さんにも義理が果たせたから・・・」

これを聞いた山口氏は、
「私はこれを聞いて言い知れぬ怒りとともに、
 このような物書きによって
 歴史のスタイルを装いながら、
 一つの読み物として世の人々の目に触れるものが
 書きのこされることを黙ってみている
 ことはできない」
と言った。

義理を果たしたという澤地のライフワークは
「二・ニ六事件」から
現在は「九条の会」へ転向しているようだ。

山口は先ほどの高橋との対談の中で
番組のあの匂坂資料について、
「いかなるかたちで、誰の手を経て、
 NHKにわたったか」
と聞くと、

あの資料は匂坂春平の子息の哲郎氏によって、
 澤地久枝の立ち会いの下にNHKに渡った。
 この際、NHKは一千万円を支払った
という。

しかし、本来どうだろう。
当時、軍法会議の主任検察官の職にあった
匂坂春平のこの資料は、
当時の職権で集め得た公共性の資料で、
どうみても国が保存すべきものであります。

NHKはこういう資料を買占めて
都合のよいところだけ掻い摘んで
利用するのはやめてもらいたい。

しかもNHKのその一千万円というのは
もともと誰が払ったお金なのか。

(全文はリンク先で)


★有馬頼義と澤地久枝
 http://d.hatena.ne.jp/jun-jun1965/20140928




澤地久枝さんは、早稲田大学時代に知り合った
共産党員の男性と結婚していながら
『婦人公論』編集部で知り合った直木賞作家の
久留米藩主有馬家の第16代当主・有馬頼義
W不倫をして離婚・・・
有馬頼義と澤地久枝はW不倫中に
「連絡ノート」を使用していたというから
昨年、文春が暴露し話題になったLINEを利用した
「ゲス不倫」の先駆け的存在

sawatiimg_1.jpg

都知事選で鳥越俊太郎を熱烈応援した
瀬戸内寂聴とは、共に家族を捨てた不倫作家。
老後は優雅な印税暮らしをしながら
「不倫は文化」的な人生なのですね。

2014年の都知事選では、
細川護熙候補を当選させたい為に
告示前に、宇都宮健児の自宅を深夜12時に訪れ、
立候補を降りるよう迫る異常行動もしています。
http://critic20.exblog.jp/21601643/#21601643_1

こんな澤地さんが
「アベ政治を許さない」と毎月3日の午後1時に
自分の創ったポスターを支持者に掲げさせ
野党共闘で勝つ年に!
ってのも・・ご都合主義だなぁ。









貧困や格差を煽っている
日本共産党は死去した党員の土地遺産寄付で
日本国内にかなり不動産をお持ちなようですが
(年金問題で日本の高齢者の不安を煽りながら
 日韓合意で解決済みの、韓国の元慰安婦や軍徴用者に
 個人賠償金を支払おうと活動もしているよね)

高給取りの大手マスコミも、かなりの国内不動産を保有。
不動産屋が、反日趣味で報道の仕事をしている?


★朝日新聞「東京創業の地」にビル建設 
 2017年秋、
 商業施設&ラグジュアリーホテル開業

 2015/3/30
 http://bg-mania.jp/2015/03/30128419.html







★ヒルトン最高級 「コンラッド大阪 」に決定、
 西日本初
 2017年夏に開業、大阪市北区の
 「中之島フェスティバルタワー・ウエスト」のホテル

 株式会社朝日新聞社 2016年3月31日
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000184.000009214.html 






「ひるおび」で、豊洲は危険と煽るTBSも
★TBS、豊洲に新劇場建設
  “アジア初”客席が360度回転

 http://www.oricon.co.jp/news/2070908/full/





政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 1

弓取り

右顧左眄  拝金メディア

マスゴミ様は・・・
カネが欲しい時はサヨクになります。
カネを使うときは、拝金資本主義者になります。
ダブスタ使いの「賢い」集団。

無道徳・無分別な男狂いを自由恋愛にしたい?作家。澤地さん。人生を肯定するにはサヨク思想しかなかったの。

(注)男も「自由恋愛」だの、心の隙間を埋めてくれた女性だのなんだのと自己正当化するらしいですけどね。
(これも書いとかないと叱られます)


世界情勢をにらんでお得な左にも右にもなります、エゴイズム万能ジャーナリズム。
将来、朝毎が右傾化することさえあり得るかも知れませんね。
老害サヨクが引退してしからだけど。

2017-01-05 (Thu) 21:48 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply