韓流研究室

ARTICLE PAGE

元反原連&しばき隊『日本会議の研究』著者・菅野完の性的暴行事件とカンパ着服

★性的「暴行」事件を起こした
 『日本会議の研究』の著者・
 菅野完氏をめぐる「運動体」の対応

 週刊金曜日 2016年12月27日
 
http://www.kinyobi.co.jp/news/?p=3692
本誌7月15日号で報じた
ベストセラー『日本会議の研究』で注目の作家 
 菅野完氏が性的『暴行』で訴えられていた

という記事について、記事中に登場する「運動体」
対応に関する記述は「誤解を与えるものである」との
訴えが「首都圏反原発連合」(反原連)からあった。
このため、関係各者に話を聞き、
あらためて詳細を明らかにした。(本誌取材班)
※なお、被害者の体調を配慮し、
 被害者への直接取材は8月以降していません。

同記事では、『日本会議の研究』で注目を浴びる菅野完氏
(ツイッターアカウント「@noiehoie」)が、
2012年初夏に性的「暴行」事件を起こしたとして訴えられて
いたことを報じた。
菅野氏は事件を「事実」と認め、
「反省」の意を示す謝罪文も書いている。
一方、15年12月に被害者は
「事件後の菅野氏の対応や、ツイッターなどでの
 発言を見ると、反省していると思えない」
として
損害賠償を求める民事訴訟を起こし、現在も係争中だ。
16年6月末に警察に出した被害届も受理された。


「運動体」から訴えがあったのは、
以下の記述についてである。

〈女性(編注、被害者)は同氏(編注、菅野氏)所属の
運動体に、ほかに被害が出ないよう周知を頼んだ。
だが、「運動を潰すわけにいかない」「運動と関係ない」
などと言われ、訴えを聞き入れてもらえなかったという

「同氏所属の運動体」とは反原連のことだ。
反原連のコアメンバーであるミサオ・レッドウルフ氏は、
「事件の周知については、
 さまざまな状況を懸念して断った。
 だが、ほかの面において、反原連ができうる対応はした。
 その部分が記事には書かれていない」と話す。また、
「この当時、反原連は12のグループと個人有志で
 構成されていた。
 『運動を潰すわけにいかない』『運動と関係ない』
 という発言は、
 反原連に所属していたあるグループの一部のメンバーが
 被害者を心配し、個人的なメールのやりとりをするうちに
 出たもの。個人としてどう対応したらよいのか、
 苦慮する中でのものだったようだ」と強調した。


「反原連に所属していたのは1週間ほど」

菅野氏が反原連に入ったのは事件後の12年7月25日。
ミサオ氏によると、
「菅野氏は毎週、官邸前抗議に参加しており、
 一部のメンバーとも面識があった。
 反原連に入りたいという話をされたので、
 25日に菅野氏を反原連コアメンバーの
 メーリングリストに入れた。
 脱原発運動には右派や保守層からの視点も
 大事だと思った」
という。

菅野氏は7月31日に初めて、反原連の会議に出席した。
しかし、菅野氏が反原連の会議に出たのは
これが最初で最後となった。
翌日の8月1日に、元反原連のある男性の仲介により、
被害者からの訴えがミサオ氏にメールで届いたからだ。

被害者からのメールには、
菅野氏から性的「暴行」を受けたことが書かれており、
「次の犠牲者を出したくない」ので事件を
できれば組織内で周知してほしいとの旨が記されていた。
「ただ、この時は、20万人もの人が集まるなど
 官邸前抗議が最も盛り上がっていた時期で、
 野田佳彦首相(当時)との面会も控えていたりと
 さまざまなことに手が回らない状態だった。
 私自身、体力の限界を感じながら、

 ギリギリのところで活動をしていた」(ミサオ氏)。

(中略)


菅野氏の依頼を受け、野間易通氏が個人対応

一方、ミサオ氏が組織対応を相談した反原連のコアメンバー
数人には7日、菅野氏から謝罪文の文面を相談するメールが
送られてきた。コアメンバーのうちのひとり、野間易通氏には、
菅野氏から「個人的に謝罪文を渡すための仲介をしてほしい」
との依頼がきた。
(中略)

野間氏によると、
10年に「在特会」(在日特権を許さない市民の会)の
排外主義行動に対する対策を考える取り組みを
していたころに、ツイッター上で菅野氏と知り合った。

(中略)

菅野氏、カンパ金を着服

しかし翌年の13年2月に差別・排外主義に抗する、
野間氏主宰の「しばき隊」が結成され、
メンバーには菅野氏も入った。
野間氏は
「しばき隊は男性のみで構成される組織なので、
 女性トラブルは起こさないだろうと考えた」と話す。
ただこれを知った被害者から
ツイッターのフォローを外され、
数カ月後にはブロックされたため、
菅野氏の謝罪文は渡せないままになったという。

野間氏は
「被害者のEメールや電話番号も知っていたが、
 被害者が謝罪文を受け取る気になるまで連絡を待つ
 という立場だったし、ツイッターをブロックされたので
 自分からは連絡しなかった」と説明する。被害者は、
「反原連の対応窓口が野間さんに変わったのだと
 思っていたので、野間さんが個人として対応していた
 ことは最後まで知らなかった。
 菅野氏がしばき隊に入った後も初めは野間さんを
 信じていたが、
 しばらくして野間さんと菅野氏のツーショット写真が
 ツイッターにアップされているのを見て、
 一気に不信感を抱いた」と話している。

その後、野間氏と菅野氏の関係も決裂。
菅野氏はしばき隊からも去ることとなった。
複数の関係者によると、菅野氏が同年夏までに、
反レイシズムの広報活動のために集められ、
「差別撤廃 東京大行進」のデモの制作費に充てるよう
考えられていたカンパ金の一部を着服し、
使い込んでいたことが発覚したためという。

菅野氏は界隈の運動に関わらないとの旨の誓約書を書き、
運動からパージされたという。
これに対して菅野氏は「コメントできない」と話している。

(引用ここまで)




★『日本会議の研究』著者で
 しばき隊元No.2菅野完氏の
 性暴力事件にみるしばき隊の正体

 韓流研究室 2016-07-15
 http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-4310.html







■菅野完(偽名)と野間易通
 nomaBGiWTuGCIAEYiru.jpg


■菅野完(偽名)と、
 沖縄で逮捕された男組・高橋直樹(偽名)
 安田浩一(自称ジャーナリスト)

 sibakiXUDiq_20161229015104c6e.jpg


暴力事件に、集団リンチ事件、名誉棄損事件
性的「暴行」事件にカンパ着服・・・
こんな連中ばかりだな。

「首都圏反原発連合」(反原連)のミサオ・レッドウルフ

misao1460642155_2.jpg


お仲間は
新大久保で中指立てたり

 misaovlnews067437.jpg

SEALDs防衛隊だったり
 misaoimg_9_m.jpg


■TVでは絶対に放送できない市民グループ
★大飯再稼働反対厨低能珍舞祭まとめ
 2012年07月02日
 http://blog.livedoor.jp/tagmog-koiinews/archives/10432491.html
  han9ff04ce9-s.jpg

  han1432f41.jpg

>絶対大麻やってるだろコイツら

(引用ここまで)





■2013年「差別撤廃 東京大行進」デモで
 http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-3115.html
 s190186177_624_v1404019031_20161229030634cbc.jpg

実行委員のメンバーや
 s190186177_624_v1404019031b_20161229031106350.jpg


新大久保で中指立てる
宇都宮健児氏の都知事選選挙応援メンバーが

 s44118c4_2016122903062977c.jpg

 sibakiotoko-1_20161229030632b64.jpg

男組のデモで
中国や韓国の国旗を持って行進していて

s167396a_20161229030631c77.jpg

  han.png

 
しかも、
カンパ金の一部を着服されていたなんて・・・




プロ市民って・・・怖いわぁ・・・

そういえば、しばき隊の集団リンチも
発端はお金の流用問題だったような・・・




政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply