韓流研究室

ARTICLE PAGE

週刊新潮・小池百合子都知事、闇金業者によるパーティ券購入を未記載(五輪着物は闇金元愛人の物)

★小池百合子都知事に“政治とカネ”問題 
 闇金業者によるパーティ券購入を未記載

 デイリー新潮 12/20(火) 17:00配信
 
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161220-00515953-shincho-pol
 2017年夏の都議選を見据え、新党の立ち上げが
取り沙汰されている小池百合子東京都知事(64)に、
“政治とカネ”をめぐる問題が浮上した。
闇金業者に購入を持ちかけたパーティ券の売買が、
収支報告書に未記載であるという。

***

 小池知事が、自身の衆院議員時代の選挙区である
東京・池袋で闇金を営んでいた男(82)と知り合ったのは、
2012年のこと。
その年の6月ごろに、小池知事から
1枚2万円のパーティ券購入を持ちかけられたという。

その場に同席していた闇金業者の長男が明かす。

「父親は“わかりました。
 では、100枚いただきましょう”と快諾した。
 その日は、3枚だけを持って帰り、
 残りの97枚は、のちに200万円と引き換えに
 小池さんの秘書から受け取りました」


 以後、闇金業者はたびたびパーティ券を
引き受けてきたが、知事の資金管理団体の
政治資金収支報告書に、その記載はない。
政治資金規正法では、1回のパーティ券売買の
上限は150万円と定められており、
また20万円を超える購入者の氏名住所などを
政治資金収支報告書に記載することが
義務付けられている。

さらには、小池知事が
リオ閉会式で着た着物は、
元は闇金業者の愛人のものであるという。


 小池知事は
「政治資金現正法に基づき、
 適正に処理しています」
と未記載のブラックマネーの存在を否定。

12月21日発売の「週刊新潮」では、
闇金業者の素性と合わせ、本件を詳しく報じる。


「週刊新潮」2016年12月29日・
2017年1月5日新年特大号 掲載




小池都知事の“政治とカネ”問題。
これ、
都知事選の最中に、あちこちで聞こえていましたね。


★小池百合子に週刊文春!
 政治資金疑惑が報じられるも
 「記載漏れがあったと」釈明

 2016-07-07 
 http://light-shade.net/post-799
週刊文春のスクープから始まった舛添前東京都知事
の辞任劇でしたが、次の東京都知事選に正式に
立候補した小池百合子氏に早くも週刊文春が
身体検査を行っているようです。
本日発売の週刊文春によると、収支報告書に
記載のない政治資金パーティーがあった
と報じています。
それに対して小池百合子氏は昨日
「記載漏れがあった」と釈明しています。


(続きはリンク先で)




まあ、小池さんの場合
かなり以前からお金だけでなく色々ありました。
若い頃は、「ジジイ殺し」で有名な元キャスターとして
(おや、どこかの代表と同じ経歴)
大物爺を踏み台にのし上がってきた政界渡り鳥と囁かれ
「政治とカネ」問題も文春砲が撃たれても
都知事選の時は、TVは報道しないし
自民党東京都議連の「小池潰し」だと立ち消えし、当選。
それにしても・・・
今回の新潮砲は、パーティー券購入が闇金爺で
パーティー券問題よりも、あの着物が
   rio1608220030-p41_20161221043710bb3.jpg

「闇金業者の愛人のもの」となると・・・
かなりの大スキャンダルだなぁ。









ワイドショーは、無視するでしょうね。
豊洲移転問題は、都知事選で民進党が
出馬準備中の元日弁連会長・宇都宮健児氏を
引きずり降ろして、強引に鳥越俊太郎をゴリ押しした時、
「政策を引き継ぐ」と約束したのに反故にされた経緯があり
アレを引き継いだのは・・・なんと小池候補という事で
豊洲移転反対運動をしていた
共産党・社民党・中核派・のりこえネット・反五輪等
など
サヨクの分裂票もちゃっかりモノにしましたから・・・

(これ、反五輪の会がホームレス追い出し対策と
 デマを飛ばして
、担当者は
 「この狭い空間に樹木を植えていたが
  ゴミの不法投棄が酷いので植栽を止めて
  わざとゴミが見えるようにした」と言っていた場所じゃん)

「地下ピット」であれだけ大騒ぎしたTVは、
まだまだ小池百合子氏に頑張ってもらって
来年の都議会選挙や衆議院選挙までは延命させたい!?

オリンピック会場問題は、かき回しただけで空回り。





豊洲移転延期では、築地の業者が不満爆発。






この延期がもたらした影響は大きい。



保障問題などもあり、築地業者の損失は大きい。
ここで対応を誤ると、
マスゴミは、必ず手のひら返しをしてくる。



この女優のようにになってしまうか否かは、
今後の対策次第か・・・



女性票は騙せても、
この3カ月の騒動を収拾できないと・・・








実家のある沼津市、
30年以上前のキリンビール工場誘致反対運動をしていた
市民団体の、地元の労働組合のオヤジが、ポロッと
「地主は、キリンに土地を売って金が入るけれど
 俺達には1銭も入らないねぇーからなぁwww」

と、キリンビールが安全を説明する為に
彼らをバス送迎で工場見学させて、飲み放題させ
手土産をたんまり貰ってベロンベロンに酔って帰ってきた時に
本音を漏らした裏話は、沼津市民は知らないよなぁ・・・
ビール工事予定地だった場所には、今は
マルハンとマルハンの立体駐車場が建っているけれどね。

建築エコノミストが
「豊洲はカジノにすればいい」とTVで発言した時、
30年以上前マスコミに煽られた地元を思い出した私・・・





闇金業者の元愛人が営む着付け教室・・・


来年の都議選、
自民党都連は自業自得惨敗するだろうけれど
自民じゃなければ誰でもいいと、
よく調べないで投票すると・・・
こういう人が当選しちゃうというケース。


★富山市議選で
 ホメオパシー系活動家が当選
 上野ほたる氏、ブログ削除で逃亡

 やや日刊カルト新聞 2016年11月11日
 http://dailycult.blogspot.jp/2016/11/blog-post_11.html
政務活動費をめぐる不正で議員の辞職が相次ぎ、
11月6日に補欠選挙が行われた富山市議会
13議席を争う選挙戦で、ホメオパシー系の
反ワクチン活動家の上野ほたる(蛍)氏が当選しました。
上野氏は、インフルエンザ等のワクチンの
危険性を訴えるホメオパシー団体認定の講師活動を
していましたが、本人はブログからその活動を示す
投稿を削除。そのことをTwitter上で指摘され
本紙から見解を求められると、
ブログをまるごと削除して、さらなる隠蔽行為を
重ねています。







政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 1

名無しさん

No title

どういう人間とつるんでいるかでその人間の人となりが分かります
都知事選の際から小池百合子は胡散臭いと思っていましたが、やっぱりなという感じ
相当腹黒いし性悪な部分があるなぁと
青山繁晴さんの話では、以前、小池百合子が米国の国務省と国防省の方たちと会って話しをした際に、知らないことをさも知っているようなふりをし、相手に嘘を見抜かれていたそうです
分かる人には信用が出来ない人間だとすぐ見抜かれるんですよね
都知事選では多くの都民が彼女に騙されたと思います
豊洲の件、五輪の件、マスメディアには小池百合子のデタラメ都政にちゃんと切り込んで欲しいものです

2016-12-21 (Wed) 23:21 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply