韓流研究室

ARTICLE PAGE

中国、南シナ海で米潜水機を「違法に奪取」 、沖縄ではオスプレイ阻止隊が活発化

★中国、南シナ海で
 米潜水機を「違法に奪取」 国防総省

 AFP通信 2016年12月17日
  http://www.afpbb.com/articles/-/3111602
米国防総省は16日、周辺国の間で領有権をめぐる
係争が続く南シナ海(Soutn China Sea)の国際水域で、
米海軍の無人潜水機が中国に「違法に」奪取された
と発表した。
同海域における中国の軍事力増強をめぐる緊張が
高まることは必至だ。

 同省のジェフ・デービス(Jeff Davis)報道官によると、
同機はフィリピンのスービック(Subic)湾から
およそ50カイリ(約90キロ)沖で中国に奪われた。

 奪取されたのは、同水域で水温や塩分濃度、
透明度の情報を定期的に収集していた
「ネーバル・グライダー」と呼ばれる無人潜水機2機
のうちの1つ。
民間の乗組員が運用する米海軍艇ボウディッチ
(USNS Bowditch)号が両機の回収作業に当たって
いたところ、中国の潜水艦救難艦が同号から
500ヤード(約460メートル)以内に接近し、
うち1機を奪取。

もう1機は、ボウディッチ号によって無事回収された。

 デービス報道官は、過去にこのような出来事が
発生したことは記憶にないと説明。
米国防総省は中国政府に対する声明で、
「違法に奪取された」潜水機を「直ちに」返還するよう
要求したという。

(引用ここまで)












★オスプレイ墜落 沖縄 怒りの渦
 米兵が抗議船を妨害

 しんぶん赤旗 2016年12月16日(金)
 http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-12-16/2016121615_01_1.html
沖合に機体回収の米艦船が待機するなか、
機体周辺をウエットスーツ姿のレスキュー隊員が
シュノーケルをくわえ、海中に沈んだ破片を回収しました。

 現場海域で、オスプレイの墜落に抗議する
市民グループのカヌーや伴走するプレジャーボートに
猛スピードで接近、直前で急旋回して
「近寄るな」とけん制の“接触”を繰り返す
破片回収の米軍ゴムボート。

 カヌーやボートからは
「ここはアメリカの海ではない」
「抗議するのは県民の権利だ」との声を響かせ、
海上保安庁の警戒船は目の前での米軍の行為を
見ているだけでした。
(引用ここまで)


回収作業を妨害しているのは、
平日の昼間に抗議運動ができるプロ市民達でしょう?
オスプレイの技術情報が盗まれないように
回収作業をしているのだから・・・
プロ市民に破片を盗まれたら困るよ。





■反原発・反基地・反米・反アベの放射脳の人








■中国共産党を支援する日本共産党!?













★南シナ海の航行が脅かされる
 事態における経済的損失

―“Offshore Control”戦略の再考察と
 シーレーン安全保障への提言―

 秋元一峰,海洋政策研究財団海洋グループ主任研究員
 https://www.spf.org/oceans/analysis_ja02/b140630.html




沖縄の防衛力強化を反対する在日コリアンの皆さん


日本を貶めるのに躍起な
欧米の反日左翼学者集団が沖縄問題に介入。
「日本●ね●ね」団か?






政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply