すかいらーくグループ魚屋路 「広島産」表示のかきフライ、韓国産使用でリコール

★魚屋路 「広島産」表示のかきフライ
 一部 韓国産使用

 リコールプラス 2016年12月16日
 
http://www.excite.co.jp/News/recall/20161216/Recall_31545.html
2016/10/20~12/12に回転寿司「魚屋路(ととやみち)」
24店舗で販売した「かきフライ」で、
それまで使用していた食材の情報に基づき
一部の表示で「広島産」としていたが、
食材の変更に関する社内の情報伝達に不備があり、
実際には韓国産かきを使用していたことが判明。

該当する利用者に返金する。(R+編集部)

【発 表 日】2016/12/13
【企 業 名】株式会社すかいらーくレストランツ
【 販売期間 】2016/10/20~2016/12/12
【キーワード】回転寿司、回転ずし、かきフライ、
 牡蠣フライ、カキフライ、かき、カキ、牡蠣、すかいらーく
【 ジャンル 】食品


★「魚屋路 」における 一部 食材 の
 原産地 表示 に関する お詫び

 株式会社すかいらーくレストランツ 2016年12月13日
 
http://www.skylark.co.jp/company/news/pdf/2016/161213.pdf





★【アメリカ】韓国産のカキを食べて
 3人が死亡 ノロウイルスによる食中毒

 2011/11/07
 http://dametv2.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/post-135a.html


★韓国産の牡蠣から人糞とノロウイルス、
 米FDAが市場からの排除勧告

 2012-06-21
 http://blog.goo.ne.jp/a3513866z/e/27a63a1c357ad723af481f0678976004


★牡蠣好きの人、要注意! 
 「韓国産カキの対日輸出、130%増 !」 
 海上トイレ効果か!?

 2015年7月 3日 (金)
 http://dametv2.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/post-135a.html




>一部の表示で「広島産」としていたが、
 食材の変更に関する社内の情報伝達に不備があり、
 実際には韓国産かきを使用していたことが判明。


産地偽装は昔も問題になった・・・

★カキと食中毒
 http://www.puni.net/~aniki/O157/patho/Sonnei.htm
2001年11月下旬から12月にかけて、
ソンネ型赤痢菌(Shigella sonnei)による全国規模の
diffused outbreakが発生した。
例年、海外渡航者を除く赤痢の感染者は夏場がピークで、
11月以降の冬場は毎月数人程度であった。
患者からの聞き取り調査の結果、「生食用カキ」が原因として
浮上し、厚生労働省は全国の自治体に対し、
生カキの流通状況の調査などを通知した。
2002年1月30日までに30都府県で160人の赤痢患者が
発生した。生食用カキから0.2 cfu/g(MPN法)の赤痢菌汚染が
確認され、110人の糞便由来株とPFGEパターンが一致した
ことから、原因食材は韓国産輸入カキであることが確定した。
2001年12月、韓国では、ソウル市内の業者が
納品した弁当が原因の大規模な赤痢感染事件が
発生しており、患者数も200名を超えていた。
この事件の原因となった株と、問題のカキ由来株も
同一のPFGEパターンを示している。
この結果を受けて、2001年12月28日、
韓国産生食用生ガキの輸入が禁止された。


 事件の発端となったのは、
山口県由宇町のカキ加工業者(川徳水産・かき芳)が
出荷した生ガキ
で、山口、広島、島根、鳥取の四県を
含む31都府県に出荷されていた。
2業者は同一輸入業者から韓国産生食用カキを
仕入れており、これを山口産カキと混ぜて、
「広島産」生食用カキとして販売していた。
 
1998年4月30日の韓国産生食用かきの輸入解禁後も、
2国間協定により大腸菌数などをもとに指定された
海域のものしか輸入できず
、それまで輸入された
生食用カキも指定海域で採取された韓国政府の証明書
が添付されていた。
カキ仲買業者らによると、生食用カキの卸値は
国産が20kgで2万6000円。韓国産は同1万6000円と
大きく異なる上、もともと国産カキから養殖されているために、
DNA分析でも区別がつかない。


 翌2002年3月、松島湾などで採れる宮城産生ガキに、
韓国産が不正混入されて販売されている可能性が
強まったとして、宮城県が流通ルートや不当表示などの
調査に乗り出すことを決定。
8月に結果が公表された。輸入カキは広島県や兵庫県
等の輸入商社を通じて、主に下関港等に陸揚げされ、
その一部が、宮城県に陸送されていた。
詳細調査を行った54業者中16業者が産地を偽装または
表示せずに販売を行っていた。
(引用ここまで)


★カキの産地偽装疑惑で
 農林水産省が調査に着手

 January 20, 2005
 http://chuchu.tea-nifty.com/foods/2005/01/post_6.html
カキ偽装疑惑 広島産の流通調査 近く宮城産も 農水省

韓国産カキを広島産と偽る産地偽装疑惑が
西日本で浮上している問題
で、
農林水産省は19日までに、JAS(日本農林規格)法
に基づき、広島産カキの販売実態調査に着手した。
偽装が疑われている韓国産を輸入している
広島県内の商社などから、
韓国産の輸入数量と販売先などについて既に
説明を求めたとされる。

韓国産を宮城産と偽装するため、宮城産の産地表示
レッテルが悪用された疑惑も指摘されており、
農水省は「宮城産」をめぐる疑惑についても近く調査に
乗り出すとみられる。  
商社は取材に応じていないが、取引先に
「韓国産を輸入販売しているだけだ。
 産地表示は加工業者の問題だ」などと話しているという。
(続きはリンク先で)


★「宮城産カキ」の出生地はどこ?
 January 01, 2005
 http://blog.livedoor.jp/wpj/archives/11638763.html
12月の初め、宮城県のカキ仲買業者から
「宮城県産カキ」産地表示レッテルが横流しされた
疑いがあるという報道がありました。
その後、宮城県側の自粛にも関わらず、
ナゾの「宮城県産カキ」が流通しているようです。

ここのところ、ノロウイルスによる食中毒が
流行っていますが、その原因として
しばしば挙がって来るのが季節モノのカキ。
本当の産地側から見ると、偽装表示のカキによって
濡れ衣を着せられるのはとても迷惑な話。
(中略)
■関東の業者も関与か 宮城産カキ
 産地偽装疑惑
(河北新報)[2005年1月1日]

 宮城産カキの産地表示レッテルが流用され、
韓国産の産地偽装疑惑が西日本で浮上したことに伴い、
宮城県内のカキ仲買業者の組合が原料のままの
県外転売の自粛を申し合わせた12月初旬以降も、
関東の水産加工業者によってパック詰めされた
「宮城産カキ」が大量に出回っていることが31日分かった。

この業者は
西日本の輸入業者を通して韓国産を仕入れており

組合関係者らは産地偽装の疑いを強めている。
(引用ここまで)


★韓国産カキ混入問題とその対応について
 http://tnfri.fra.affrc.go.jp/tnf/news64/akiyama.htm




2015年の韓国産牡蠣の対日輸出が130%増!
でも、「韓国産牡蠣」なんて商品は見たことが無い。
という事は・・・こうした「牡蠣フライ」などの
業務用加工調理食材に化けているのだろう。
http://www.tasucallshop.com/search/detail.php?prod=00000016618

でも、消費者は
「韓国産牡蠣フライ」なんて表示を見たことが無い。
不思議だよねぇ~~

以前、韓国産ミニトマトが輸入増となっているのに
スーパー等で「韓国産」の表示を見た事が無く
一体どこに消えているのだろう?????
という不思議な現象があったのだが、

それにしても・・・
株式会社すかいらーくレストランツ の「魚屋路」は
2016/10/20~12/12という牡蠣のシーズンに
「それまで使用していた食材の情報に基づき
 一部の表示で「広島産」としていたが 」

どのような理由で
韓国産牡蠣に食材変更をしたのかな????
2カ月近くも気付かなかったのはどうしてかなぁ?


   side_logo.png



政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あや

  • Author:あや
  • 韓流に嵌った母と義母の為に
    韓国情報を調べていたら・・・
    韓流ブームに仕掛けられた
    怪しい罠に気付いてしまった。
    韓流の闇と、利権や陰謀
    仕掛け人を徹底研究!
ランキング
ランキングに参加しています!
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索