韓流研究室

ARTICLE PAGE

民進・安住代表代行、安倍トランプ非公式会談に「朝貢外交でもやっているつもりか」

★民進・安住淳代表代行
 「朝貢外交でもやっているつもりでは」

 産経新聞 2016.11.18 17:36
 
http://www.sankei.com/politics/news/161118/plt1611180036-n1.html 
民進党の安住淳代表代行は18日の記者会見で、
安倍晋三首相がトランプ次期米大統領と
米ニューヨークで会談したことについて
「当選して1週間後に飛んでいくというのは、
 朝貢外交でもやっているつもりではないか。
 私は評価しない
と述べた。

 安住氏は
「世界で最初に会うことが
 本当に正しい外交姿勢なのか極めて疑問だ」と述べ、
トランプ氏が新政権の人事構想を固めていない段階で
会談した首相を批判。
「日米安保もTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)も、
 体系だったものをしっかり捕らえた上で
 話し合うべきものだ」と強調した。

 日本政府が会談内容を明らかに
しないことについては
「公務として行っている以上、
 しっかりと説明責任を果たして
 もらわなければならない」と述べた。

(引用ここまで)

azumi686073b8-s.png





民進党って・・・つくづく政治センスが無いなぁ。
イギリスやメキシコの首相も、
この後トランプ氏と非公式会談をする予定ですが何か?













本物の朝貢外交
★小沢訪中団
  https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%B2%A2%E8%A8%AA%E4%B8%AD%E5%9B%A3

 ozawa80540b63556407b35c1f52312345112.jpg

 ozawa8e9077abcf4a85c01df9719fa37ef546.jpg

  ozawa30389248.jpg

  ozawaplc0912170122000p1.jpg

ozawaimg_1.jpg
 


★ゴーマン大臣安住淳(財務相)
 「コンプレックスだらけの青春時代」

 現代ビジネス 2011.11.05
 http://gendai.ismedia.jp/articles/-/25460
「お前らになんか、
 首相との話し合いの中身を
 言えるわけねーじゃねーか」


 10月初旬のある日、
不良のような悪態が首相官邸の廊下に響き渡った。
野田佳彦首相(54)との第三次補正予算の打ち合わせを
終えた安住淳財務相(49)は、
話の中身を聞こうとぶら下がる記者たちに、
冒頭のように言い放ったのだ。

余りに横柄な物言いに、官邸の警備員もア然とした表情で
財務相を凝視していた。
その場に居合わせた財務省詰記者が憤る。

「安住は歴代の中でも最低の大臣ですよ。
 権力を手に入れて増長したのか、
 チンピラのような物言いで勘違いも甚だしい」


 財務相担当記者たちに対し、
「お前らがチョロチョロするから忙しい」と暴言を吐き、
野党議員ばかりか、年上の官僚を摑まえて
〝あいつら〟呼ばわりする。

 こんな彼のゴーマンな精神性は、
いったいどのように育まれたのだろうか。

(中略)
安住氏は、一浪の末、当時は夜間学部であった
早稲田大学社会科学部に進学。

卒業後はNHKに入局し、秋田放送局勤務などを経て、
東京の政治部記者となると、
彼の態度は尊大さを増していった。
(中略)
周囲の記者に
「オレが政治家になったら、お前たちには絶対話さない!」
とも発言していたという。安住氏の父・重彦氏は、
宮城県牡鹿町(現石巻市)の元町長である。
安住氏には、若い頃から
二世議員になるという野望があったのだ。


(続きはリンク先で)

★週刊新潮の報じる
 ちびっこギャング「安住淳」

 2011年09月09日
 http://blog.livedoor.jp/ussyassya/archives/51865119.html


★改革の1丁目1番地に
 「脱世襲」 民主・安住氏

 日本経済新聞 2012/11/18
 http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS18002_Y2A111C1000000/


★蛙の子はやはり蛙か…
 軍事評論家=佐藤守のブログ日記
 2011-01-27
 http://d.hatena.ne.jp/satoumamoru/20110127/1296098636
今朝の産経一面に、自分らの政権批判を封じた
悪名高い「防衛次官通達」を主導したのは、
安住淳防衛副大臣(当時)
だという記事が出た。
“犯人”についての情報は入手していたが、
やはり「蛙の子は蛙か」と慨嘆した。

お断りしておくが「親蛙」のことを言っている
のではない。「子蛙」の生い立ちに影響を
与えたであろう『環境』を言っているのである。
(中略)
…1993年退職し、同年7月18日の
第40回衆議院議員総選挙に
無所属(日本新党・新党さきがけ推薦)で旧宮城2区
から立候補した。政治改革を争点としたこの選挙で、
旧宮城2区は候補者が乱立し、落選
その後、日本社会党出身で郵政大臣などを務めた
日野市朗との間で候補者調整、選挙協力を実現した。


1996年10月20日の第41回衆議院議員総選挙では、
民主党公認で立候補し、初当選した。
当初は、日野との間に小選挙区と比例区に
交代で立候補する予定であったが、
以後、小選挙区は安住、比例区は日野という
棲み分けができた。

民主党では、党副幹事長、常任幹事、宮城県連代表を務めた≫

とあるから、政治家としての出発点である
「旧社会党」の影響を「親蛙」に例えたのである。
(中略)
平成6(1994)年3月23日付で、松島基地司令に
着任した私は、8月7日の牡鹿町クジラ祭りに
招待され、当時牡鹿町長だった彼の実父・
安住重彦氏と面談した。

沿岸捕鯨で成り立ってきたこの街は、世界的な
クジラ保護運動の渦中にあって、厳しいかじ取りを
迫られていて、クジラの骨の在庫もなくなり、
骨で作る工芸品もままならず、伝統的産業が衰退して
どんどん町民が出ていき、
当時すでに人口6700人を切る状況だと嘆いていた。


同じ『町』でも基地がある「矢本町(当時)」は3万人を
超しなお増加傾向にあり、その落差に驚いたものであった。
安住町長もIWC(国際捕鯨委員会)に出席して
実情を訴えてくると真剣だった。
それほど町は困窮していて、それを何とか打開しよう
とする安住町長の姿に感動したものであった。


その後、
息子が国会議員に出たいというが、
 それには国家安全保障と防衛問題が
 最重要だから、ぜひご指導を受けたい
といわれ、
二人で基地を訪問されたことがある。

私は外務省時代の体験を踏まえて国際情勢の
基礎的事項についてその概略をお話ししたが、
熱心に反応したのは父親の方であった。
(中略)
小さな町の町長だったとはいえ、
町民の生活と、地方の活性化に心血を注いだ
父・安住重彦元牡鹿町長の意思を
再度学んでほしいと思う。

32歳当時、私はまだまだ国を代表するほど
成長していない、と見たのだったが、今やすでに49歳、
この間何を学んできたのか知らないが、
安全保障問題を担当するのはまだ早い。

せめて捕鯨問題解決に精進して、
父親が果たせなかった夢を実現し、寝食を忘れて
町民の安寧確保に苦慮した父親譲りの「蛙の子」に
なってほしいものである。

(引用ここまで)





お父上は、地元の主要産業だった捕鯨問題に
尽力した町長で、お兄さんは東北大出身の歯医者さん。
次男の安住議員は一浪してようやく早稲田の夜間学部。
NHKに入社できたのも、お父上のコネ
しかも、旧社会党との選挙協力
国会議員に当選できた旧民主党のちびっこギャング。
国政には何ら役に立ちそうにないが
こちらとの選挙協力は惜しまない。





何でこの人が、
民進党で冷や飯食わされているのか解らない・・・






政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 2

HN

バカぞろいの民進党

やっぱり民進党はバカぞろい。朝日もグルになっている。
早稲田の社学は底辺学部。チビ男が劣等感で強がっているだけ。

2016-11-19 (Sat) 12:24 | EDIT | REPLY |   

弓取り

永遠のおたまじゃくし安住

>トランプ氏が新政権の人事構想を固めていない段階で (安住)

これからの人事に好影響を与えれば政治的成果ですよね。
>民進党って・・・つくづく政治センスが無いなぁ。


小沢訪中団600人の媚びっぷりは情けなかったし、売国姿勢が露骨でした。実態が見えていなかったわけだし、両国の先の見通しもできていなかったわけですね。
あの600人は、絶対に支持してはいけないなと思います。

2016-11-19 (Sat) 12:32 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply