民進党・蓮舫代表、安倍&トランプ非公式会談に「何をもって信頼できるのか?詳しく説明する義務」と注文

★民進党・蓮舫代表
 「何をもって信頼できるのか? 
  詳しく説明する義務」と注文

 産経新聞 2016年11月18日
 
http://www.sankei.com/politics/news/161118/plt1611180013-n1.html
民進党の蓮舫代表は18日午前の参院議員総会で、
安倍晋三首相が訪問先の米ニューヨークで
トランプ次期米大統領と会談したこと関して
「首相は会談後、
 『信頼できる指導者だと確信した
 と発言された。
 何をもって信頼できるのか。
 ぜひ詳しく説明してほしい」
注文を付けた。

さらに
「首相は(大統領選後)トランプ氏と
 最初に会った先進国のトップなので、
 率直に評価はする」と述べた。ただ、
「今国会で無理やり審議を進めている
 環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)について
 確認はしたのか。駐留米軍の経費の問題など、
 わが国の国益にかかる話はどこまで主張し、
 どういう返事があったのか。
 非公式会談ではあるが、
 首相は説明する義務がある」
と強調した。

(引用ここまで)






今日のトランプ氏のゲストの面々。
キッシンジャーさんも会いに行ったのか。
このスケジュールの中で90分は長い。






外務省主導ではダメだと、官邸自ら動いて
ようやく実現した非公式会談。
外務省の失態をリカバリーする為に
かなり苦心したのでしょうねぇ・・・





まあ・・・少なくとも、蓮舫さんよりは
信頼できる指導者だ』と思えたでしょうね。




★二重国籍問題に揺れる民進党・蓮舫代表、
 過去には創価学会系雑誌でも
 「台湾を捨てるのは嫌だ」

 日刊サイゾー  2016年11月17日 21時0分
  http://news.livedoor.com/article/detail/12297611/
二重国籍問題では説明が二転三転し、
曖昧なまま逃げた形となっている
民進党代表の蓮舫氏
に、
またしても本人の説明と矛盾する
過去のインタビュー記事が出てきた。

 創価学会系の出版社、第三文明社が発行する
月刊誌「灯台」の2003年3月号で、
政界入りする前年の蓮舫氏
学生時代を振り返るコーナー「マイ・スクール・デイズ」
に登場。国籍の選択を迫られた際に
「自分のアイデンティティーである
 台湾を捨てるのは嫌だ」
と、
父親に反発して日本国籍の取得を嫌がった話をしている

(続きはリンク先で)


「子供のプライバシーを守る」と称して
未だに台湾の除籍が完了していない
自身の戸籍謄本を公開できない二重国籍状態の蓮舫さん
なんと、子供の顔を晒してバラエティ出演。
二重国籍問題を知らない視聴者を騙す気満々?
TBSは、何としても蓮舫首相になって欲しいのかな???




何故、台湾の国籍喪失に手間取っているのか・・・
台湾バナナの日本輸入会社を経営していた
蓮舫さんのお父様の財産相続問題か?



イメージアップをしたい蓮舫さんは、
国民が”次期首相候補”に全く期待していないのだから
http://fxya.blog129.fc2.com/blog-entry-31792.html

日本の外交の心配をするよりも、
御党の有田芳生議員と深い関係にあったしばき隊が
沖縄高江のヘリパッド工事妨害で続々と、
傷害罪や強盗傷害罪で逮捕されている事を
党の代表として国民に説明する義務がありますよ。
政権交代を狙う野党第一党の所属議員が
左翼過激派の暴力集団と繋がっている事を
きちんと説明してください。


★【沖縄】しばき隊カメラマンの
 島崎ろでぃーを傷害容疑で逮捕 
 有田芳生、野間易通、李信恵、香山リカ、
 SEALDsらと親交

 http://gensen2ch.com/archives/67225886.html


 rimg_31_m.jpg

沖縄高江で
強盗傷害容疑で逮捕された自称フリーカメラマンの
杉並区在住の島崎ロディーこと島崎巨章容疑者(43)。
この人も、刺青びっしりの素性の知れない人物。








主水さんリンチ事件のしばき隊関西・・・
★【何故か関西弁】ヘリパッド活動家、
 ミュートし忘れ機動隊への妨害活動の
 打ち合わせ内容をうっかり配信

じゃぱそく 2016年11月18日
 http://jpsoku.blog.jp/archives/1062506393.html

うっかり配信しちゃったのは仁尾淳史さん
福島みずほずんずん隊www





爆音訴訟を起こしたのは
何故か10年前に普天間飛行場近くに
わざわざ引っ越した
お弁当屋さん。



普天間の辺野古移設を反対して
爆音被害の賠償金の手数料を貰える弁護士と活動家・・・



社民党系全国爆音訴訟団連絡会は
名護署の前で爆音で抗議!




相変わらず、B級サヨクは「アベ下げ」に必死!






世界は大きく動いているのに、
目先の自己顕示欲しか考えない小童どもが
上から目線とは笑止千万!








なるほど・・・トランプタワーの自宅では、
米民主党も盗聴できないからなぁ。









政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

民進党を擁護しているのではありませんが・・。

よく考えてみて下さい。

トランプのような大富豪は、トリクルダウンと規制緩和(ニクソン・レーガンから始まる新自由主義ルール変更)によって税金をほぼ一切払わず(所得税すら払わず)、「優秀な(詐欺)会計士、弁護士」を雇い、破産させる報告とペーパーカンパニーによってタックスヘイブンを利用して資産を貯め込み、(ウォール街のポケットでもあるトランプなどの)大富豪たちはそれらの税負担や破産穴埋めにおいて中下流層国民にそのつけを払わせ、国民の生き血を吸いながら生きてきたような存在です。

トランプは、更に自身や富裕層のために、富裕減税によってアメリカ国内をタックスヘイブンにする計画ですが、格差が大問題となっている今、あまりにえげつない富裕層の連中が起訴すらされていない現実は(ルール変更によって合法化・逮捕されても億万長者にとっては、はした金ですぐ釈放される)おかしいと思いませんか?

「トランプは給料さえもらわない!いい奴じゃん」などとヒーロー化している日本人が多く、その見解に寒気がします。

またトランプヘイトデモについては、巷に出回っているような陰謀なのかもしれません。
デモをするなら大統領選で争点となった「富裕層増税」「大学無償化」「国民皆保険」「格差」「労働組合再建」「地球温暖化」「規制緩和」「租税回避反対」「戦争反対(軍需複合体権力)」「TPP反対」などの問題を挙げるべきです。
その多くの問題において、共和党・トランプ・民主党ヒラリーも曖昧(または反対)です。
ただのトランプヘイトデモでは、民衆はただ利用されるだけです。

トランプは政権移行チームに新自由主義者やウォール街関連者を採用しており、国務長官にミット・ロムニーを要請しています。

ミット・ロムニーは富裕層支持者パーティを開き国民を中傷したり、史上最も裕福な男であり、圧倒的なウォール街支持を得てきました。
ただ、所得税を負担しない家計の存在を批判したり(だが本人も非常に低い税率!更に減税を訴えている!)、国民皆保険には賛成していたこともあったようです(現在は反対)。

思想的にはレーガンなどの新自由主義(リバタリアン)であり、新自由主義ポール・ライアンを添えた経緯がある。
減税、規制緩和を支持し、金融機関の規制と消費者保護を定めたドット・フランク法案(Dodd-Frank Bill)に反対している。次世代の退職年齢を引き上げることで社会保障受給資格年齢をあげることを提案しています。

富裕層や産業界を支持母体とする共和党のリーダーとして30年君臨するミッチ・マコネルは、減税策を継続し、社会福祉より国防費(現在でも税金の6割以上!)を重視する政策を出してきました。今年もトランプと共同して富裕層だけのための政治行う予定であり、富豪コーク兄弟は共和党議員をほぼ買い漁るのに成功しています。

トランプ政権がどのように運営されていくのでしょうか。

Re: No title

> 民進党を擁護しているのではありませんが・・。
>
> よく考えてみて下さい。
>
> トランプのような大富豪は、トリクルダウンと規制緩和(ニクソン・レーガンから始まる新自由主義ルール変更)によって税金をほぼ一切払わず(所得税すら払わず)、「優秀な(詐欺)会計士、弁護士」を雇い、破産させる報告とペーパーカンパニーによってタックスヘイブンを利用して資産を貯め込み、(ウォール街のポケットでもあるトランプなどの)大富豪たちはそれらの税負担や破産穴埋めにおいて中下流層国民にそのつけを払わせ、国民の生き血を吸いながら生きてきたような存在です。
(中略)
> トランプ政権がどのように運営されていくのでしょうか。

私もトランプのような人間は嫌いですし、
彼がどのような政権運用をするのか全く解りません。
だからと言って、国交を断絶するわけにはいきませんよね。
だからこそ、会話を密にしながら日本の立場を説明していくしかありません。
トランプも共和党の主流派を味方にしなければ議会は動かない。
ワンマン社長として君臨できる自分の会社と違い、
共和党の上院・下院議員議員だって地元の支持基盤を失えば
次の選挙では大敗します。
だからこそ共和党議員だって中韓反日団体とだって手を組む。
猛獣を周囲がコントロールしていくしかないと思います。
しかし、それはアメリカが抱えた問題です。
トランプに投票した人だって、全てが差別主義者ではなく
左に寄り過ぎた社会を中道にしたいだけかもしれない。
日本だって”右傾化”や”軍国主義”の人ではなく、
多くの人は単に中道にしたいだけだと思いますよ。

変貌するかもしれないアメリカなど各国と
柔軟にバランスを取って外交していくしかないのです。
日本政府は中国に対してだって会話のドアは開いている。
だから親中派の二階氏を徴用しているのだと思う。
色々なチャンネルを作っておく、それが国策だと思います。
「最低な人間だから付き合わない」なんて事は出来ないし
そのようなタイプの人間を上手く利用しながら最善を尽くす
それしかないのでは?

プロフィール

あや

  • Author:あや
  • 韓流に嵌った母と義母の為に
    韓国情報を調べていたら・・・
    韓流ブームに仕掛けられた
    怪しい罠に気付いてしまった。
    韓流の闇と、利権や陰謀
    仕掛け人を徹底研究!
ランキング
ランキングに参加しています!
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索