韓流研究室

ARTICLE PAGE

石垣市の陸自配備反対派事務局藤井さんは大阪から移住の元共産党国政対策委員長

★「中国の脅威など難しくて分からない」
 「災害時にはまず自分が優先」
 石垣市で陸自配備めぐり公開討論会 
 反対派から飛び出す無責任発言

 産経新聞 2016.10.29 22:08
 
http://www.sankei.com/politics/news/161029/plt1610290022-n1.html
尖閣諸島を市域とする沖縄県石垣市で28日夜、
石垣島への陸上自衛隊の配備をめぐり、
全国初の自治体主催の公開討論会が開かれた。

反対派登壇者からは安全保障を顧みない
無責任ともいえる発言が飛び出した。
市外からの支援もある反対派は抵抗を強め
配備問題は大詰めとなっている。
一方、現職市長が部隊配備受け入れを表明した
宮古島市では来年の市長選をめぐり
曲折も予想される。
南西防衛強化は正念場を迎えている。


■拍手や怒号飛び交う

 「中国の回し者が!」
 「島を戦場にするな!」

 石垣市の公開討論会は、
聴衆から拍手や怒号が飛び交う、
白熱した集まりとなった。

 沖縄本島より西方の島嶼(とうしょ)部は
陸自部隊がいない防衛上の“空白地帯”だったが、

陸自は今年3月、日本最西端の与那国島に、
周辺海空域の艦艇や航空機を警戒する
沿岸監視隊を配備した。
続いて、有事で初動対処にあたる警備部隊や
地対空・地対艦ミサイル部隊を、石垣、宮古両島に
配備したい方針で、地元との調整が進められている。

 討論会には
推進派から市議や佐藤正久参院議員ら、
反対派から医師で反対派団体共同代表の
上原秀政氏や伊波洋一参院議員ら計6氏
が登壇した。

 尖閣周辺で挑発を強める中国への認識をめぐり、
反対派から「耳を疑う発言」(保守系市議)があった。

「中国(の脅威)が
 どうのこうのと(言われても)
 難しくて分からない」


 佐藤氏から中国の海洋進出への
認識をただされた上原氏はこう答えた。

 佐藤氏は「無責任だ」と批判した。

もう1つの論点である自衛隊の災害対応についても、
上原氏は医師としての経験に触れつつ
まず自分と家族の命。
 (医療で貢献するには)数日かかる。
 (だから自衛隊配備は)意味がない
と語った。

 東日本大震災では多くの自衛官が
家族の安否確認をできないまま救出・救援にあたった。
佐藤氏は
「家族よりも被災者を優先するのが自衛隊だ」
と反論した。

 中山義隆市長は討論結果を参考に配備受け入れを
表明するか検討するが、反対派も根強く、
難しい判断を迫られている。

■本土支援者も石垣に

 石垣島から東約80キロに位置する宮古島では
来年1月に市長選がある。保守系が分裂し
革新系候補者と三つどもえになる公算で、
保守系が敗れれば陸自配備に暗雲が垂れ込める。

 これに対し、すでに沿岸監視隊が配備された
与那国町では、住民投票にまで持ち込んだ反対運動は
見る影もない。

配備反対派として25年の町長選に出馬し落選した
崎原正吉氏は
「もう配備されたから反対運動は何もしていない」
と話す。

 崎原氏は配備前の反対運動について
東京や大阪から教職員や鉄道系の組合員が
 (支援者として)応援に来た。
 横断幕とのぼり旗も作ってきてくれた

と振り返る。
そうした支援者は
普天間飛行場の名護市辺野古移設や
北部訓練場(東村など)のヘリパッド移設の
反対運動に加え、
石垣市の反対運動にも転戦している
と明かした。

(引用ここまで)








★石垣自衛隊配備 
 「外交を」「備え必要」 
 初の市民討論会

 琉球新報 2016年10月29日
 http://ryukyushimpo.jp/news/entry-385092.html
(引用開始)
討論会は反対派から
石垣島に軍事基地をつくらせない市民連絡会の
上原秀政共同代表、事務局の藤井幸子さん

同会推薦の伊波洋一参院議員、
配備推進派からは石垣島自衛隊配備推進協議会が
推薦した佐藤正久参院議員、砥板芳行石垣市議、
漁業者の仲田吉一さん計6人が登壇し、
意見発表とクロストークを展開した。

 反対派の上原共同代表は
「万が一の有事に(自衛隊で)備えるのではなく、
 親善施設を造るなどの
 交流で備えた方が『安全』の成功率が高い」

と訴えた。

(引用ここまで)



石垣島に軍事基地をつくらせない市民連絡会の
上原秀政共同代表は、石垣市出身の医師ですが
事務局の藤井幸子さんは、大阪からの移住者。


★石垣市は移住活動家の巣窟
 狼魔人日記 2011-11-04
 http://blog.goo.ne.jp/taezaki160925/e/c6912452438f148b770ff4e411dbea79
石垣市には市民を名乗る活動家の夫婦が多い。

石垣市在住の九条会代表・藤井幸子氏は、
「ゾンビの会」の仲山忠亮共同代表らと共に
上京し文科省に抗議するなど石垣市の
「プロ市民活動」で大活躍。
(中略)
■藤井幸子⇒やえやま女性9条の会事務局長
 ⇒大阪で日本共産党公認で国政や市長選挙に
 立候補したバリバリの共産党員で、
 石垣移住後は市民を名乗って、
 こんな反日活動で石垣市民を扇動している
 本物のプロ市民。

(中略)
藤井氏はかつて日本共産党公認で、
大阪で衆議院選挙や摂津市長選挙に立候補した
バリバリの左翼活動家。


現在は「いしがき女性九条の会事務局長」という
肩書きで
自衛隊が休養のために石垣港に入稿しても、
市民を扇動し抗議活動の先頭に立っている。

さらには
「沖縄戦の史実歪曲を許さず
 沖縄の真実を広める首都圏の会
 (略称:沖縄戦首都圏の会)」や
「沖縄平和ネットワーク・首都圏の会」
そして
「子どもと教科書全国ネット21」などの
左翼団体と連携を取り八重山教科書問題では
「市民の声」捏造に大活躍をしている。

いくら活動家の旦那さんでも
日本弁護士会から懲戒処分を受けているのなら、
大きな顔して行政訴訟などで活動できないのだろう。

(引用ここまで)



★衆議院議員選挙結果
 (第41回以降) 大阪7区
 http://politics.free-active.com/document/hor/hor08/hor082707.htm

藤井幸子氏は
日本共産党大阪府委員、
党大阪7区国政対策委員長
として
http://www.jcp.or.jp/giin/senkyo/2003syousekyo/27-osaka.html
衆議院議員選挙では
1996年~2003年まで、3回
共産党から立候補して落選しています。
2004年9月26日の摂津市市長選では
無所属(共産党推薦)で立候補し落選。


一方、
夫の藤井光男弁護士は日弁連から派遣され
2001年4月、弁護士過疎地の八重山に
「石垣ひまわり基金法律事務所」を開設し初代所長。
3年間の任期満了の2004年に石垣に定住を表明。
http://www.asahi.com/area/okinawa/articles/MTW20999999480111161.html

石垣市字登美城に
「ふじい法律事務所」を開設するも
依頼者の事案を放置したまま手続きを行わず
2009年に懲戒処分
http://blogs.yahoo.co.jp/nb_ichii/30732133.html

大阪で政治家になる夢が
果たせなかった共産党員の妻

夫のいる石垣市に合流すると・・・

2006年には
共産党下部組織の新日本婦人の会「八重山結班」役員
http://www.y-mainichi.co.jp/news/6278/
2011年には
「子どもと教科書を考える八重山住民の会事務局」
http://blog.goo.ne.jp/awamori777/e/a37575056f09df5d9754740b2fc5fa42
http://blog.goo.ne.jp/taezaki160925/e/b6188854e33f85d2932dd03c124ad8ce
同年10月には
「いしがき女性九条の会事務局長」

 fujiwara2011101915_01_1.jpg
 (右から3番目の女性)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-10-19/2011101915_01_1.html
http://www.yaeyama-nippo.com/2012/04/22/%E8%87%AA%E8%A1%9B%E9%9A%8A%E9%85%8D%E5%82%99%E3%81%AB%E5%8F%8D%E5%AF%BE-%E7%B7%8F%E4%BC%9A-%E3%81%84%E3%81%97%E3%81%8C%E3%81%8D%E5%A5%B3%E6%80%A7%EF%BC%99%E6%9D%A1%E3%81%AE%E4%BC%9A/

2012年には
「9条の会やえやま」代表




藤原幸子さん達は、
基地反対運動や教科書採反対運動だけでなく
安全保障関連法案に反対する集会をしたり
fujiwara27873.jpg
http://www.y-mainichi.co.jp/news/27873/

慰安婦展を開催したり
 http://www.y-mainichi.co.jp/news/21062/


こちらの団体とも関連が???

★誌名『人権と部落問題』
 2013年2月号 (第65巻2号)  通巻839号
 http://burakken.jp/so-mokuji/2010/2013-02-839.html
八重山教科書採択問題と住民運動・・・・・・藤井 幸子

★誌名『人権と部落問題』
 2015年7月号 (第67巻8号)  通巻873号
 http://burakken.jp/so-mokuji/2010/2015-07-873.html
八重山教科書問題を考える・・・・藤井幸子


★復音と世界
  Gospel and World2014年6月号
 https://www.amazon.it/Gospel-World-June-2014-Japanese-ebook/dp/B00KG12UV0
 【特集】神の像(かたち)のごとくに−−人間を神学する 
 【 緊急寄稿】八重山教科書問題
 −−教科書は誰が選ぶのか / 藤井幸子 





>市外からの支援もある
 反対派は抵抗を強め


★「中国は脅威でない」 
 抑止力論捨てよと森氏
 
 八重山日報  2015年6月
 http://www.yaeyama-nippo.com/2015/06/26/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%81%AF%E8%84%85%E5%A8%81%E3%81%A7%E3%81%AA%E3%81%84-%E6%8A%91%E6%AD%A2%E5%8A%9B%E8%AB%96%E6%8D%A8%E3%81%A6%E3%82%88%E3%81%A8%E6%A3%AE%E6%B0%8F/




大阪から移住して以来、
日本共産党の指令を受けてなのか
石垣市の教育や防衛に積極的に介入し続ける
プロ市民の藤原幸子さん。

それにしても・・・
沖縄には大阪からのプロ市民の大量移住。
こんな恐ろしい市民団体も活動資金
援助しているのです。


★与那国島への自衛隊配備反対の
 地元紙意見広告に
 大阪安保として取り組む

 安保破棄・諸要求貫徹大阪実行委員会(大阪安保) 
 安保破棄ニュース 2012.9.18 426号 
 http://www.anpo-osk.jp/sokuhou/426-20120918.html
今回、八重山地区労が事務局になり、
呼びかけた地元紙意見広告
(八重山毎日新聞と八重山日報)の運動を聞きました。
この取り組みは、赤旗8月31日号にも取り上げられ、
共同代表には、吹田から移住した藤井幸子さん
(現;いしがき女性九条の会事務局長)も
3人の一人に入っておられます。

緊急ではありましたが、この取り組みに賛同を訴え、
個人賛同者27名37口、団体賛同4団体4口の
協力を得ました。現地からは
「2千名を目標に取り組んだが、届きませんでした。
 でも赤字を出さずに財政は確保できました。
 皆さんの支援は本当にありがたい

との声が届いています。

(引用ここまで)




石垣島のすぐ近くの台湾では・・・




政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 1

トマト

反日反対派が破滅して二度と立ち上がれませんように 石垣の市長さんがいい方なので大丈夫だとおもっていたのですが… そんなに理想を押し付けるな 迷惑甚だしいです

2016-10-30 (Sun) 07:08 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply