韓流研究室

ARTICLE PAGE

日本カトリック正義と平和協議会やキリスト教教職員組合が沖縄・高江に積極介入

★正平協、28日から
 「沖縄を知り、祈り、行動する 伊佐育子さん
  スピーキングツアー 東村高江は、今」
 開催へ

  Christian Today 2016年10月24日
 
http://www.christiantoday.co.jp/articles/22378/20161024/takae-okinawa-ikuko-isa-speaking-tour-october-28.htm
日本カトリック正義と平和協議会は、
東京、仙台の学校、
カトリック教会グループ、プロテスタント教会の
協力のもと、
沖縄東村高江の米軍ヘリパッド新設工事をめぐる
現状について現地住民の声に耳を傾けるため、
高江住民でカトリック那覇教区信徒の伊佐育子さん
(ヘリパッドいらない住民の会)を招いて、
東京と仙台でスピーキングツアーを行う。




★「イエスは辺野古の現場にいる
 金井創牧師、基地のない沖縄をめざす
 宗教者の集い・
 東京集会で「不屈の精神」を強調

 Christian Today 2014年9月12日
 http://christiantoday.co.jp/articles/14025/20140912/jesus-is-in-henoko-okinawa-u-s-military-base-construction-rev-hajime-kanai-emphasizes-fortitude.htm
沖縄キリスト教学院・沖縄キリスト教平和研究所
コーディネーターの金井創(はじめ)牧師
(日本基督教団佐敷教会)
は、6日に講師を務めた
沖縄の辺野古基地反対などを訴える平和講演会で、
110人の参加者を前にそう結んだ。
(中略)
金井牧師は東京などで牧師を務めた後
2006年から沖縄県南城市にある佐敷教会の
牧師を務めている。そのかたわら、
名護市辺野古沖で進行中の米軍基地建設に反対する
海上阻止行動で、2007年から週3日のペースで
船長を務めている。

(引用ここまで)




慰安婦問題や”天皇の戦争責任”で暗躍してきた
日本カトリック正義と平和協議会が、
沖縄・高江に積極的に介入している。














五野井郁夫教授といえば
 gonoi02.jpg

沖縄名護署に逮捕・起訴された添田充啓容疑者
(しばき隊・男組組長の高橋直輝)
が手伝った
「差別撤廃・東京大行進」のデモの企画者ですね。
アメリカでの黒人の公民権運動をパクって
デモ参加者が全員黒スーツで練り歩いた企画。


★東京大行進 
 五野井氏もゲイも差別にNO

 http://ftp.tanteifile.com/diary/2013/09/23_02/body.html


 gonoi20130923075715c93s.jpg

 sayoku1113468a_20161027001522394.jpg

 gonoi7.jpg

sibakiad408147_2016102700012918f.jpg

gonoi05.jpg
五野井教授の2列後ろに、
サングラス姿の添田充啓容疑者が映っていますね。


si190186177_624_v1404019031_201610270015209f0.jpg






五野井郁夫教授の父親は、
 gonoiimg06.jpg
http://www.kyobunkwan.co.jp/xbook/archives/tag/%E4%BA%94%E9%87%8E%E4%BA%95%E9%9A%86%E5%8F%B2
キリシタン史の五野井隆史・東大名誉教授でしたか・・・
日本のキリシタン弾圧を描いた
遠藤周作の小説『沈黙』を映画化した
マーティン・スコセッシ監督の「サイレンス」
にも
韓国キリスト教会や日本カトリック正義と平和協議会と
一緒に絡んでいそうですねぇ。


★スコセッシ監督、
 遠藤周作『沈黙』を映画化
 20年越しの願いが実現へ

 Christian Today 2015年2月27日
 http://christiantoday.co.jp/articles/15442/20150227/endo-shusaku-movie-silence-scorsese.htm


台湾で撮影された、スコセッシ監督の
日本のキリシタン弾圧を描いた映画【サイレンス】
Christian Todayによると、20年越しの企画で
昨年、ようやく製作資金を確保できて撮影開始・・・
一体誰が、
巨額製作資金を提供したのでしょうかねぇ???? 

台湾の撮影中は、こんな事件も起きました。


★俳優・隆大介が台湾の入国審査官の
 足を骨折させる暴行

 韓流研究室 2015年3月22日
 http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-3553.html




キリスト教左派の方々は
「我々は弾圧され続けた」と仰いますが、
何故、豊臣秀吉が
「パードレ(宣教師)はなぜ神仏の寺社を壊すのか。
 僧たちと融和しないのか」
と宣教師コレリョを問いつめ
直後に「伴天連追放令」を出し、
宣教師たちの国外退去を命じたのか。

何故、当初黙認していたキリスト教を
徳川幕府が禁教令を出して弾圧に至ったのか・・・
その「何故」の部分を分析しようとはしない。
徳川幕府の禁教令直前の1613年には
蝦夷地まで布教の手が伸び
日本のキリシタンは37万人ほどいたと概算されているとか


★「階段遺構」13年ぶりに
 2014/07/13(日)
 http://maguro.2ch.sc/test/read.cgi/poverty/1405251928/l50
南島原市教委は、世界遺産登録を目指す
「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」の構成資産、
日野江城跡(同市北有馬町)の代表的な遺構で、
保護のため埋め戻されていた階段遺構を
13年ぶりに露出させ、公開している。
同城跡は、キリシタン大名、有馬晴信の居城
キリスト教の繁栄を示す史跡として、
構成資産に含まれている。
幅約6メートル、長さ約11メートルで、
22段ある階段の敷石は
五輪塔など仏教式の墓石を壊して転用された。

階段脇の石垣には外来系技法が用いられ、
国内の城郭では珍しい遺構という。


★日野江城跡階段遺構
 ~南島原市北有馬町

 http://himahima1.cocolog-nifty.com/in/2012/06/post-8fd4.html
この遺構はキリシタン大名有馬晴信時代の
ものとといわれ、
いわば仏式の墓を踏まなければ
入城出来ない事になるのです。



★「知られざるキリシタン王国、
  光と影。」 第4話
 ポルトガル人が絶賛した日野江城

 http://christian-nagasaki.jp/stories/4.html
仏教排斥の痕跡を残す遺構

日野江城には華やかな形跡だけでなく、
仏教排斥の痕跡も残されています。
晴信はキリスト教を急速に広めるのと同時に、
仏教寺院の破壊も進めました。

バリニャーノが口之津に滞在したわずか3ヶ月の間に、
領内の40を超える寺社が破壊されたという記録もあります。
そうした仏教勢力との対立を
最も象徴的にいまに伝えるのが、80メートルの
直線階段遺構の北側にある破壊した仏塔の一部を使った
階段遺構です。

仏塔の発掘時には、文字に漆が残っているもの、
金箔を施したものもあったため、
制作されたばかりの仏塔を破壊して
敷石とした可能性も考えられます。

日野江城にはこの仏塔の石を踏んでから入城せよ
・・・そういった晴信の意図を察することができます。

(引用ここまで)


★キリシタン史 江戸初期の大迫害
 http://www.collegium.or.jp/~take/christi/rekisi3.html
1610年デウス号事件と呼ばれる出来事が起こる。
キリシタン大名有馬晴信が、
マカオで家臣を殺された事の報復に
ポルトガル商船ノッサ・セニョーラ・デ・デウス号を
焼沈させたのだ。

この事件の結果、ポルトガル船が2年の間来航せず、
また、秀吉の頃からポルトガル商人との仲介を務め、
家康の信任も厚かった通詞ジョアン・ロドリゲス神父
マカオに追放された。
キリスト教布教のための幕府への重要な窓口たる
ロドリゲス神父を失うことは、キリシタン教界にとって
大きな痛手であった。
またこの頃オランダ商船が初来着し、
宣教師を介さない貿易への幕府の期待感も
生まれることとなった。


そして1612年、岡本大八事件が起こる。
岡本大八はキリシタンであり、主君の幕臣・本多正純を
通じて、キリシタン教界に便宜を与えてきた。
この岡本大八と有馬晴信との間に所領問題による
贈収賄事件が起こる。

幕藩封建体制の根幹たる所領問題で、
このような行為が行われ、またその当事者が二人とも
キリシタンであったことで、
家康は禁教令施行を決意したのであろう。
(引用ここまで)


★ハポンさんDNA鑑定!?
 http://ameblo.jp/k-araba/entry-11220591844.html
学問的には、彼らが真実支倉常長一行の
末裔であるか否かは未決着である。
(中略)
スペインだけではない。
例えば、支倉常長一行が太平洋を越えて
最初に到着したメキシコのアカプルコには、
既に日本人町があった
ことはよく知られている。
(中略)
また、それより前の16世紀
あの「クオレ」や「母を訪ねて三千里」で有名な
アルゼンチンに、ハポン姓を持つ日本青年
(Francisco Xapón)がいた。

記録に残る南米最初の日本人でもある。

1596年、21歳の彼は、
ポルトガルの奴隷商人に連れられて
アルゼンチンのコルドバ(同国第二の都。
首都ブエノスアイレスの西北、直線距離で
約650km)にたどり着いた。

彼は、コルドバの奴隷市場で、
同市の司祭Miguel Geronimo de Porrasに落札された。

800ドルという当時としては破格の値であった。


その翌年、青年は、コルドバの法廷に対して、
「自分は奴隷になるべき者ではない」として、
自由を求める訴状を提出し、その2年後、
自由の身となり解放された。

(引用ここまで)








キリスト教と鉄砲伝来による
戦国時代からの宗教戦争
現代の日本でも・・・延々と続いている感じ。


★島原の乱 ~
 持ち込まれた宗教戦争の種子

 http://www2s.biglobe.ne.jp/%257Enippon/jogdb_h18/jog435.html
益田四郎という16歳の少年(天草四郎)は
習わぬのに文字を読み、キリシタンの講釈を行い、
また海上を歩いて見せたという。
そして、次のような檄文が流布されていた。

キリシタンになり申さぬ者は、日本国中の者ども、
 デウス様(神)より左の御足にて
 インヘルノ(地獄)へ、御踏みこみなされ候間、
 その心得あるべく候。


島原・天草地域は、30年ほど前まで
有馬晴信、小西行長というキリシタン大名に統治され、
領民の多くはかつてキリシタ ンであった。
二人の百姓の布教で、10月23日の一晩だけで
7百人あまりの男女がキリシタンに「立ち帰った」という。

翌日、
代官がこの二人を捕らえ、島原城に連行して処刑した。
しかし、キリシタンたちは集会を止めず、殺された二人を
「天上し(天国に行き)、自由の身になった」と礼拝した。
この集会を解散させるために赴いた代官たちを、
キリシタンたちは殺害し、
「代官、僧侶、神官らを殺害せよ」と近隣の村々へ
触状を回した。

これに呼応して、各地で立ち返ったキリシタンたちが、
代官 はじめ、僧侶、神官、果ては行きがかりの旅人までを
惨殺した り、磔(はりつけ)にした。
「島原の乱」の始まりである。

(続きはリンク先で)


天草四郎こと益田四郎時貞は
祖父・益田宗右衛門は天草5人衆の大矢野氏に仕え、
父親の益田甚兵衛好次は宇土に渡り小西行長に
仕えていますから、
「習わぬのに文字を読み」は有り得ませんねぇ。
親から文字を習い、様々な文献も読みこなせる
素養を持ち合わせ、一揆軍が戦略的に
「ジャンヌ・ダルク」のような旗振り役として
適任だったかと・・・
現代日本でいうと、SEALDsの奥田愛基君のような存在。

上記サイトが参考文献としたと推測される
神田千里著『島原の乱』,中公新書,H17


★島原の乱
 http://keshiintokorozawa.web.fc2.com/faq11t19s.html


イエスは辺野古の現場にいる
日本カトリック正義と平和協議会のような
キリスト教左派にとって沖縄行きは・・・
十字軍の遠征のような感覚?

イエス様は、韓国の海軍基地にもいるようです・・・



★『海軍基地建設阻止』
 宗教界の動きが拡散

 カトリック、10月10日に『カトリック連帯』を発足..
 .組織的な活動を予告

 レイバーネット
 http://www.labornetjp.org/worldnews/korea/knews/00_2011/1317436645056Staff




政治 ブログランキングへ
 
スポンサーサイト

Comments 3

弓取り

聖戦か?

反日の宗教戦争めいたカルト体質がうかがえました。善悪の戦いに持ち込んでいるのですね。
(歴史は繰り返されるというか、時代を問わず人間の根本はたいして変わらないというか・・・)

「信者」は一種の神がかりヒステリになって、宗教上の敵は悪魔にしか見えないし、自分は死を恐れぬゾンビ兵になるんでしょう。
本人は、天に導かれて祝福を受けられるという至福でもって、敵に刃物でも銃弾でもためらいなく撃ちこめるんでしょう。怖いですね。
この手の人たちには、現実的な理知をわきまえた妥協も和解も期待できないかも知れません。

名前の出てくる扇動者は、逆に拝金主義で権威主義で現世利益追求の俗物かも知れませんけどね。

2016-10-30 (Sun) 01:20 | EDIT | REPLY |   

名無しさん

No title

徳富猪一郎著 近世日本国民史 豊臣氏時代 乙編
第二十章 342ページ以降 第二十一章 375ページ以降 必読
特に二十一章 戦後の復刻版は改変削除の可能性あり
国立国会図書館のデジタルアーカイブから読んでください。

2016-10-30 (Sun) 04:15 | EDIT | REPLY |   

ednakano

キリスト教と植民地

キリスト教が禁止された理由の一つは、宣教師がキリシタン大名を使って日本人を奴隷として売り飛ばしたからでしょ。
ヨーロッパに視察に行った日本人がジャカルタあたりで売り飛ばされる日本人奴隷を見て、報告していますし、船に積み込む現場も目撃されています。

キリシタンとして、純粋に進行していた人とは別に、植民地支配の手先だった宣教師を追い出すことが、日本という国を守る行為だったということです。

2016-11-08 (Tue) 15:35 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply