韓流研究室

ARTICLE PAGE

君が代不起立の教諭-大阪高裁二審も「減給処分は妥当」

★二審も「減給処分は妥当」
 君が代不起立の教諭-大阪高裁

 時事ドットコム 2016/10/24
 
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016102400564&g=soc
卒業式の君が代斉唱で起立せず減給処分とされた
大阪府立支援学校の奥野泰孝教諭(59)が、
府に処分取り消しなどを求めた訴訟の控訴審判決で、
大阪高裁(中村哲裁判長)は24日、
訴えを退けた一審大阪地裁判決を支持し、
奥野さんの控訴を棄却した。
 中村裁判長は一審と同様に、
君が代斉唱は「式典での慣例上の儀礼的な所作」
と指摘し、憲法の思想、信教の自由の侵害に
当たらないと判断。

奥野さんが不起立によって
重要な行事の秩序や雰囲気を損なうことを
 認識していた
と述べ、
減給が重過ぎるとは言えないとした。

(引用ここまで)




関連情報
★奥野泰孝
 「クリスチャンだから起立しなかった。」

 2013-09-28
 http://blog.goo.ne.jp/hf1514/e/56e809982ffe8883a57bee33781d65df
(引用開始)
大阪府立支援学校の卒業式で国歌斉唱の際に
起立しなかったなどとして減給処分とされたのは
違法として、同校教諭の奥野泰孝さん(56)が
24日、府を相手取り、処分の取り消しと
慰謝料200万円の支払いを求める訴訟

大阪地裁に起こした。

 訴状などによると、
奥野さんは昨春の卒業式で国歌斉唱時に起立せず
府教委から戒告処分を受けていたが、
今春も同様に起立しなかったところ、前年の不起立も
考慮して減給10分の1(1カ月)の懲戒処分を受けた。

 原告側は
「公務員としての非違行為はない上、
 減給処分も重すぎて不当」と主張。
奥野さんは提訴後に大阪市内で記者会見し、
私はクリスチャンであり、
 信仰上の理由から起立しなかった。
 不起立が誰かに迷惑をかけるとか
 反教育的だとかは思わない
と述べた。

この奥野泰孝という教諭は、2001年から卒業式での
「国歌斉唱」時の言動によって
教育長より口頭厳重注意を受けている。

奥野泰孝は、13年以上に亘って国歌斉唱不起立を
繰り返してきた可能性が極めて高い。


 cat1975ec479ea60eaa00571713c45b4a.jpg

▼芦屋福音教会について▼
http://fukuin.net/about/staff/
主任牧師 
沖胡一郎(おきえびす いちろう)
妻の母国韓国で学ぶ。
1998年 韓国オンヌリ教会日本語礼拝部の時、
「震災で被災した地に神の愛を伝えよ」との
主の命により、翌年関西に宣教師として来る。

大阪オンヌリ教 会、神戸での開拓を経て、
2002年から芦屋福音教会牧師、
2008年から主任牧師となり、現在に至る。


(続きはリンク先で)




「芦屋福音教会信徒」で、
日本同盟基督教団「教会と国家」委員会と関わりのある
奥野泰孝教諭を検索していると
革命的共産主義者同盟再建協議会の機関紙に
彼の活動報告が掲載されていた。


★未来・第121号
 2013年2月5日発行
 http://kakukyodo.jp/mirai13121.htm
(引用開始)
たたかう人びとの新年メッセージ

■私は弱い時にこそ強いからです
 大阪府立学校「君が代不起立」被処分者 
 奥野泰孝さん


若い時、同和教育推進校(府立高校)で人権を学び
生徒たちに「おかしいことはおかしいと一人でも
言っていこう」と言ってきた。
教会学校では青年に「偶像崇拝が信仰をゆがめる
と語ってきた。
天皇制は間違っている」と伝えてきた。

そのことに更に積極的になったのは、
日教組が、
「日の丸・君が代」に対する運動方針を転換した頃

(中略)
「大日本帝国憲法」下、「偶像崇拝」強要に反対して
迫害を受けたキリスト者がいた。また、国家権力に
屈服するキリスト教指導者が、朝鮮のキリスト者
「日本国民なら宮城遥拝しなさい、神社参拝しなさい。
 国家神道は宗教じゃない。日本国民として当然。
 抵抗して無駄な殉教はしないように。」
と指示したと知った時、
私はキリスト者として恥ずかしく思った。

だから、神の愛で動く。

(中略)
「君が代」処分に抗議
大阪府教委に署名提出


 can121fukyoui.jpg
 府教委前で抗議(1月18日 大阪市内)

昨年春の卒業式・入学式において、
「君が代」不起立を理由におこなわれた処分の
撤回を求め、大阪府教委に対して
〈「君が代」不起立処分および再任用取り消しの撤回〉
を求める署名の提出行動が、1月18日おこなわれた。
主催は、「日の丸・君が代」強制反対ホットライン大阪。
手交に先立ち、4時半から府教委が入った府庁別館前で
抗議集会がおこなわれた。
「日の丸・君が代」強制反対ホットライン大阪・黒田伊彦代表
があいさつ。日本キリスト教団の牧師は、
憲法20条「信教の自由」の大切さを訴えた。

(中略)
黒田代表が、戒告処分・再任用取り消し処分に対して
強く抗議し、その取り消しを求める要請文を読み上げ、
被処分者から分厚い4378筆の署名を手交。
続いて、〈奥野さんを支援する叫ぶ石の会〉、
〈君が代強制反対キリスト者の集い大阪実行委員会〉、
〈戦争と「日の丸・君が代」に反対する労働者連絡会・
 豊中・北摂〉が抗議・申し入れ書を読み上げて手交した。

(引用ここまで)


★革命的共産主義者同盟再建協議会
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%A9%E5%91%BD%E7%9A%84%E5%85%B1%E7%94%A3%E4%B8%BB%E7%BE%A9%E8%80%85%E5%90%8C%E7%9B%9F%E5%86%8D%E5%BB%BA%E5%8D%94%E8%AD%B0%E4%BC%9A
革共同系の日本の新左翼党派の一つ。

「反帝国主義・反スターリン主義」を掲げている。
2007年に革命的共産主義者同盟全国委員会
(党中央派、前進派、安田派)から分裂して結成された。
他称は中核派(関西派、革共同通信派、塩川派)など。
(中略)
警察白書では、「関西地方委員会」および
「党中央」の双方を極左暴力集団としている。




この
革命的共産主義者同盟再建協議会の機関紙にも
オスプレイ配備撤回や辺野古埋立反対など
「沖縄県民と連帯して闘おう」という記事や
三里塚闘争や狭山闘争、生活保護問題に
「フクシマ原発問題」等々・・・

国会前デモに参加する人々のスローガンが並ぶ。

沖縄・高江の反対派の動画に、関西弁が飛び交うのは
やはり・・・
この手の新左翼活動家が紛れ込んでいる証拠。


★沖縄ヘリパッド反対派リーダー再逮捕、
 公務執行妨害・暴行容疑で
 神奈川の牧師も逮捕

 http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-4501.html






さて、
奥野泰孝教諭に代表されるキリスト教社会派の
「キリスト教は偶像崇拝を禁止している」から
天皇制は反対、君が代・日の丸は反対という理論。

イギリス・スペイン・オランダなど
国王という「王制」は何故、偶像崇拝とされないのか。
帝国主義の植民地支配と、王制による戦争も
カトリックとプロテスタントという内ゲバも起こしている。

オランダ国歌の歌詞は

http://www.world-anthem.com/lyrics/netherlands.htm
スペインの圧政に対する16世紀後半の反乱
「八十年戦争(オランダ独立戦争)」を指揮した
オラニエ公ウィレム1世を題材としている。

”ウィルヘルム・ヴァン・ナッソウ
 我はオランダの由緒正しき血筋
 永遠に祖国に忠誠を誓おう
 オラニエ公 我は何ものにも臆せず自由なり
 スペイン国王への忠誠を誓う

 我が盾 我が望み
 それは神、いかなるときもあなたに他ならない
 我を見捨てることなかれ
 汝の導きに従い、敬虔な信者として
 永遠に汝の僕(しもべ)となろう

 我等を脅かす災厄と暴君を振り払いたまえ”


イギリス国歌の歌詞は
http://www.world-anthem.com/lyrics/uk.htm
”神よ我らが慈悲深き
 女王陛下を守りたまえ
 我等が高貴なる女王陛下の永らえんことを
 神よ我らが女王陛下を守りたまえ
 勝利・幸福そして栄光を捧げよ
 御代の永らえんことを
 神よ我らが女王陛下を守りたまえ

 おお主よ、我等が神は立ち上がり
 敵を蹴散らし、潰走させ、
 姑息な罠をも打ち破りたもうた

 我等の望みは汝にあり
 神よ我らを守りたまえ”


・・・と、王様が
敬虔な信者として、神の僕(しもべ)だったら
戦争をしても、植民地支配をしても
こんな国歌もOKだよ・・・という理論でしょうか?


★あるキリスト者の日本論
 http://www.nunochu.com/column/japan01.html
(引用開始)
日本人の祖先崇拝とキリスト教
(略)
日本人の死者への思いとして「恐れ」というものが
大きいのだとすれば、福音がするべきことは、
死者を恐れる思いは理解してあげた上で
「死者よりもおそるべきかた」を伝えていくことに
なるでしょう。

(略)
日本人はまだ
父母以上に、そして父母の先にいるご先祖以上に、
 敬うべき方
」が啓示されていないということです。

自分にとって「カミ」の存在である父や母やご先祖を
敬うことは知っていますが、それらの「カミ」以上に
敬うべき「神」がいるとは知らされていないのです。

(中略)
天皇とキリスト教

ところでこれらのことは、
いつか天皇がキリストを受け入れるためにも
かなり重要なことです。日本のキリスト者の中にも
「天皇もキリストの福音を受け入れますように」
と祈る方々がいますが、ただ祈るだけではなく、
教会が解決しなければならない重要な点がある
と思うのです。
というのは、皇室祭祀は数が多く筆者もまだ勉強しきれて
いないのですが、「豊作を祈り天災のない太平を祈ること」と、
仁徳天皇祭、孝明天皇祭などのように
先祖を拝礼するものとが
ほとんどを占めるようだからです。
前者は
「尋常(よのつね)ならずすぐれたる徳(こと)のありて、
 可畏(かしこ)き物」への拝礼であり、後者は
「父(と母と)を敬え」の究極なのだから、
これらは上述のとおり聖書にそって、
つまリキリスト教と対立せずに
むしろキリスト教によって完成させることが
できるはずです。


(引用ここまで)


★キリスト教徒による宗教的迫害
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E6%95%99%E5%BE%92%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E5%AE%97%E6%95%99%E7%9A%84%E8%BF%AB%E5%AE%B3


どんな思想を持とうと、どんな宗教を信仰しようが
それは自由です。憲法でも保障されています。
しかし、自己の信仰を他者に押し付け
生徒の、一生に一度しかない卒業式の式典で
わざと
「重要な行事の秩序や雰囲気を損なうことを
 認識していた」不起立のパフォーマンス

教師として失格だと思います。

君が代を歌いたくなければ、起立だけして
歌わずに、
心の中で聖書を復唱していればよいだけの事。

信仰の自由とは、
他者への信仰の強要の自由ではない。

他者にも、
思想の自由や信仰の自由が保障されている。
他者には「君が代を歌う」思想の自由もあって
自分達だけが「正義」というのは、信仰の強要だと思う。






政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 3

名無し

橋下さんが市長か知事時代に言った通り
公務員は服務宣誓してる
信教の自由を貫きたかったら、私立に行けばいいだけの事

憲法で保障する権利や自由も公益性との兼ね合いで制限されうるのが過去の判例の積み重ね

もひとつクリスチャンは国家を斉唱しない理由にはならない
君が代が天皇を讃える内容だとしても、現在の位置付けは国家の象徴
神と天皇を同一視してるなら、歌わない理由になるがそれならこの教諭の社会観が懐古主義の極右か、宗教観がキリストを騙った新興カルト

2016-10-26 (Wed) 01:06 | EDIT | REPLY |   

トマト

あるテレビでタイだったか1日二回、国歌を流すそうです その二回は国民は何をしてても手を止めて姿勢を正して国歌を聞くそうです それほど国歌は大事なものなのに日本のお馬鹿左翼教師の情けなさと来たら…悲しすぎます

2016-10-27 (Thu) 03:32 | EDIT | REPLY |   

名無しさん

No title

キリスト教国家である、アメリカは、長崎のキリスト教会に原爆を落としました。
原爆投下が神の福音でしょうか?

2016-10-28 (Fri) 05:59 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply