NHK「べっぴんさん」の闇市の歴史と共産党・小池晃の掲げる 「大義の旗」

★共産党・小池晃
 「安倍暴走政治と対決する
 「大義の旗」を掲げる」

 
https://twitter.com/koike_akira/status/790169245757812736
日本共産党は野党統一候補が安倍暴走政治と
対決する「大義の旗」を掲げるとともに、
野党が互いに信頼と敬意を通わせた「本気の共闘」に
取り組んでこそ勝利できる
と訴え、
そういう立場で努力してきました。
選挙戦の全体を通じて、
こうした点がつらぬかれたのかどうか、
真剣な総括が必要だと考えます。


★衆議院補選、野党共闘完敗
 日本共産党・民青同盟悪魔の辞典
 http://kinpy.livedoor.biz/archives/52173645.html




★韓国民団創団70周年記念式典
 小池書記局長のあいさつ(大要)

 しんぶん赤旗 2016年10月22日(土)
 http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-10-22/2016102204_02_1.html
在日本大韓民国民団の創立70年
おめでとうございます。
日本共産党を代表して心からのお祝いを申し上げます。

 民団の皆さんは長年、在日韓国人の生活と
権利の擁護・向上
民族の文化、日韓両国の友好などのため、
心血を注いでこられました。
深く敬意を表するとともに、ますますの発展を願っています。

 国会では、皆さんの強い後押しもあり
超党派の取り組みでヘイトスピーチ対策法が成立しました。
大きな一歩です。しかし終着点ではありません。
7月の都知事選挙では、あの「在特会」の前会長が立候補し、
ヘイトスピーチを繰り返しました。

(中略)
永住外国人の地方参政権も、
大きな課題です。

もともと、日本でこの要求が広がったのは、
戦前、日本の植民地支配によって一方的に「日本人」
とされ、戦後は、国籍の選択権すら与えられず
再び一方的に「日本国籍」を喪失させられた
朝鮮や中国の人々が声を上げたからです。

この歴史を踏まえて、日本国憲法のうたう地方自治の精神、
世界の流れを見れば、地域社会の同じ一員である
永住外国人への地方参政権の付与は、当然です。
日韓議員連盟の総会でも、日本側が実現に向けて
「いっそう努力する」と確認されています。
あらためて超党派で力を合わせ、
実現をめざしたいと思います。


 未来に向けて韓国のみなさんと心の通う交流を
すすめるには、過去の歴史に真摯(しんし)に向き合い、
韓国の人々が被ってきた苦難を理解し、
誤りは認めて教訓とする、歴史を偽造し美化する逆流を
けっして許さない。
このことが日本には求められると思います。

日本共産党は、戦前、朝鮮独立のたたかいと連帯し、
日本の軍国主義による侵略戦争と植民地支配に
反対を貫いた政党として

皆さんとの交流・協力をこれからも大事にしながら、
日韓の友好、北東アジアの平和のために
力を尽くしたいと思います。

 本日は本当におめでとうございます。
カムサハムニダ

(引用ここまで)


★共産党小池晃事務局長
 「戦没者追悼式」を欠席して、
 韓国民団の「復光節」記念式典に出席!

 2016-08-17
 http://blog.goo.ne.jp/yomogiinu/e/19b694b5ad042e704ffc21f7fef94a41




共産党・小池晃議員の言う
「大義の旗」とは・・・誰に対する大義だろう。
共産党だから、明治維新の時のような
尊王攘夷の「錦の御旗」ではない。


>戦後は、国籍の選択権すら与えられず、
 再び一方的に「日本国籍」を喪失させられた
 朝鮮や中国の人々が声を上げたからです



ちょうど、NHK朝の連続ドラマ「べっぴんさん」では
戦後の闇市が舞台になっているので
当時の本当の姿を振り返ってみましょう。


★【べっぴんさん】潔とゆりが暮らす闇市は
 大阪・梅田(大阪駅付近)

 http://locatv.com/beppin-yamiichi/


 NHK9e95885651a7146c2002fb7abd1b0e.jpg


★終戦直後の闇市を仕切っていた
 朝鮮人の実態を隠すNHK

 徒然なるままにエッSAY!2012年05月01日
 http://blog.livedoor.jp/wildhorse38/archives/51878627.html
(引用開始)
ここに闇市の実態を表す証言がある。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■三国人の暴力から日本人を守ったのは
 警察官ではなくヤクザだった。

 「大阪・焼跡闇市」 昭和50年 
 大阪・焼跡闇市を記録する会編 夏の書房


戦後の大阪で実力制覇をほしいままにした集団に、
土地を不法占拠したまま店をはる、
暴力的な闇商人の一群があった。

彼らは戦前の繁華街、梅田、難波、心斎橋筋をはじめ、
市内各地の焼跡に一夜づくりのバラックを構え、
人の私有地であってもその管理人や地主の承認なしに
家を建てていった。


そして店をはり、地主が建物の取り除きや立ち退きを
要求すると逆に法外な立退き料や賠償金をふっかけたり、
実力沙汰で暴行脅迫したのである。
また取引をめぐっても、恐喝・暴行による強盗まがいの
不法が絶え間なかった。
まさに恐怖と隣り合わせの無法地帯であり、
おまけにこの闇商人の中に、当時三国人といわれた
台湾省民や中国人・朝鮮人が加わっていたことが、
民衆の感情をよけい複雑にさせた。

三国人に痛めつけられる
日本人元北区・曽根崎防犯部長はこう回想する。
『敗戦の傷跡もいえない曽根崎で、
 今日もまた、同胞一人が三国人の手で
 後ろ手にしばられ街頭を引きずられて行った。

 明日はどうなることか、
 町の人たちは誰もがこの情景をながめて、
 歯をくいしばり涙をためて見送っていた。』

(「そねざき」曽根崎防犯協会 昭和41年)

(引用ここまで)


★大阪駅前ビル
 忘れ去られた「梅田村事件」

 大阪DEEP案内
 http://osakadeep.info/umedamura-jiken/


★梅田で起こった「梅田村事件」
 http://senzaikumoranu.jimdo.com/2014/07/16/%E6%A2%85%E7%94%B0%E3%81%A7%E8%B5%B7%E3%81%93%E3%81%A3%E3%81%9F-%E6%A2%85%E7%94%B0%E6%9D%91%E4%BA%8B%E4%BB%B6/
梅田を形成する数々のビルが建てられる前、
この場所にあったもの、
それは戦後間近の闇市の時代から残る
三国人による不法占拠のバラックでした。


そして、大阪市の行政は、何食わぬ顔で
人の土地に居座る彼らに対し多額の立ち退き費用を
血税から支払い、これらのビルを建設したのです。

しかし、そのような無法状態の三国人の不法占拠を
力で押し退けた人物がいました。

かつての「大阪マルビル」オーナーだった
吉本晴彦氏。またの名を「ドケチ社長」です。

昭和27年12月のクリスマスの朝、
現在マルビルが建つ土地に、
60件のバラックが一夜にして建てられていました。

この土地は引揚援護局という公共の施設の跡で、
その隣で商売をしていた男が不法占拠したのです。


この土地の地主である吉本晴彦氏は弁護士と相談し、
12月26日、60人もの建設会社の労働者を率いて、
ブルドーザーを使い強制的に三国人のバラックを
わずか25分で潰してしまいました。

当然土地の不法占拠には暴力団も絡んでいましたが、
そこは「力には力を」。

敢然と三国人ヤクザに立ち向かったことで
吉本氏は自らの財産を取り返したのです。

しかし、これがラジオで
「梅田に暴力団あらわる!」と大騒ぎになります。
その騒ぎで
晴彦氏は建造物損壊罪容疑で逮捕されたのです。


民事訴訟では勝訴しましたが、刑事裁判では
一審で懲役4ヶ月執行猶予2年という有罪判決が出ます。
不法占拠に対する法律の不備が露呈した判決でした。
しかし高裁において無罪が言い渡され、
この裁判をきっかけに、
「人の土地に勝手に建物は建てたらダメ」という
「不動産侵奪罪」が新たに施行されることになります。

(続きはリンク先で)




★3-1 形成-ヤミ市から
 http://www.geocities.co.jp/Milano/1765/m2/3-1.html


★上野 珈琲 「王城」 高級喫茶「古城」
 カフェブックマーク

 http://www.gonzoshouts.com/place/4247/
(引用開始)
この上野の闇市で主力商品となったのは芋飴だ。
(中略)
実は「アメヤ横丁」の“アメ”はこの芋飴から来ていたり。
そして、この最初期のアメ横を押さえたのは朝鮮人達だ。
この辺はいわゆる“三国人問題”として繰り返しとなるが、
要する日本国から解放された“戦勝国民”である自分達は
日本の法律なんか関係ない!
統制なんか無視無視っつーわけだ。

何故終戦後上野に朝鮮人達が多く集まってきたかには
諸説あって(戦中、下町地域の工場には朝鮮人が多く
働いていた等)ハッキリしないが、
ヤクザ勢力の狭間で強力に街を押さえる組が存在せず、
中国系の勢力もそれほど強くなかったから
といった辺りだろう
(横流し物資の入手に関しては中国系の方が優位だった)。

  uenos021.jpg

こうして三国人が闊歩するアメ横に
警察はちょぼちょぼと手入れに入るものの
横流しの拳銃等で武装する彼らに
逆襲されたりする始末で、

三国人の天下は一年ほど続くことになる。
こういった状況は上野だけではなく、
三国人による警察官殺害警察署襲撃みたいな事件が
日本の各地で結構起こっている。

三国人サイドは自分達の商業行為を“邪魔”する警察を
新選組」と呼んでいたらしい。

なお、日本の警察は戦前サーベルか短剣のみで
拳銃は基本所持していなかった。
よく反権力方面から
「日本の警察は拳銃を持っていて威圧的だ!」なんて
声があったりもするが、

日本の警官が拳銃を所持するようになったのは
こういう治安問題に手を焼いた進駐軍が方針
(日本人の非武装化)を転換して、
昭和23年に正規に支給し始めてからなのだ。
終戦からその間は警官は基本木製警棒のみで混乱する
治安の中で頑張ってたんである

(重大犯罪の場合は一時的に拳銃が支給されたり、
 武装したMPが同行したりした)。
というか頑張れなかったから拳銃が支給されることなった
わけだけどね。

(全文はリンク先で)


★ニュー新橋ビル 「喫茶室 ポワ」 
 カフェブックマーク

 http://www.gonzoshouts.com/place/6640/
林歳徳・著『抗日天命 ある台湾人の記録』
“抗日天命”って時点で公平性ないんじゃ無いんじゃね。
と、お思いのあなた。正解です!
なんだけど、コレはこれで面白い記述もあったりするので、
チョイとお付き合いよろしく。

すでに、本のタイトルで分かっちゃってるんだが、
新橋事件(とそれに続く渋谷事件)での“三国人”ってのは
在日台湾人(旧台湾省民)のことである。
終戦直後は在日朝鮮人よりもこっちの方が元気だったのは
駐日代表団が一本化していたというのが大きいんだろう、
と思う。多分。
(中略)
連合国からの配給プラス生活のため
以下のように商売を始めたという部分~


そのころの知り合いに、
大阪の鶴橋からいろいろなものを仕入れてきては
売りさばく朝鮮人がいた。

私もそれをまねて、新橋駅周辺にあった焼け跡の闇市で
商売を始めてみた。今の新橋鳥森口の桜田小学校の脇で、
私はゴム長靴をならべて売り始めた。
台湾人は連合国の一員ということで
連合国車両に乗って大阪に行けたから、仕入れは容易だった。

当時の日本の列車には、
10両に1両の連合国専用の車両があり、
これには連合国の人間しか乗れなかったのである。
長靴は仕入れるだけどんどん売れた。
当時の私たちは、税金も取られなかった。
だからお金がどんどんたまった。


注)
「新橋事件」
1946年6月、新橋駅西口の闇市の利権に絡み
松田組と台湾人露天商の間で抗争が発生、
松田組側は機関銃を用いて台湾人を排除

「渋谷事件」
1946年7月下旬、闇市の取締をめぐる
高橋岩太郎(國粋会落合一家と
日本警察官と在日台湾人の衝突事件。
この事件の解決をめぐって、国民政府と
連合国最高司令官司令部の間に、
一時期外交交渉が行われた。
一方、事件をきっかけに戦後の台湾社会では初めて
反日運動が起こった。

http://www.gonzoshouts.com/place/7894/




>日本共産党は、戦前、
 朝鮮独立のたたかいと連帯


小池晃氏は、共産党の戦後の連帯
きちんと触れるべきなのですが・・・
民団の式典だから言えないでしょうね。
戦後の共産党が連帯していたのは
朝鮮総連の前身の在日本朝鮮人連盟、
在日朝鮮統一民主戦線との連帯だからねぇ。

闇市の三国人の台頭にはGHQの優先配給があるが
朝鮮人の方々は、共産党と連帯した
旧日本軍の隠退蔵物資摘発運動がありましてね。
そこで様々な連帯と利権が発生している。


★児玉誉士夫とは何者であったか二十四 
 闇市の仲介役 (4)

 http://plaza.rakuten.co.jp/junksai/diary/201001190000/
(引用開始)
隠退蔵物資摘発運動と朝鮮人の協力
遠藤 敗戦から一九四七年の二・一闘争まで、
 たとえば、国鉄労組の立場からだと、
 隠退蔵物資摘発運動というのがあったんです。
 仙台にも航空廠があって、その倉庫には大豆が
 いっぱいあったりしましたが、それを摘発しました。
 また、日本陸軍が、蔵王のふもとの農家の蔵などに、
 建築資材と称してバターや缶詰などの食料物資を
 隠していました。
 その情報をよく知っているのが朝鮮人だったんです。
 釘などの建築資材は、国鉄が引き取って、その後の
 鉄道建設の基本材料にしましたが、
 報せてくれた朝鮮人たちには、食料などの物資を、
 ある程度まとめてポンと渡すということはよくありました。


高橋 共産党が最初に手をかけたのは、
 隠退蔵物資の摘発でした。
 全国的にやりましたが、それを一生懸命
 手伝ってくれたのが朝鮮人たちでした。


遠藤 そして、情報をよく知っていました。

―M もしかすると、アメリカ軍が
朝鮮人に情報を流したということが
あるのではないでしょうか。

GHQが最初日本の軍事物資の処分についてやっていて、
実際の兵器になるものは破壊しているわけですから。

(引用ここまで)


★韓国大使館、東京の一等地の開設に
 朝鮮人の敗戦利権とGHQと共産党

 http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-2551.html
(引用開始)
闇市商店主の大部分は日本人であったが、
鶴橋では「戦勝国民」となった
韓国人が大きな力を持っていた。

(中略)
「団結と自制」に導いた人物が当時30歳の平田義夫であった。
韓国名が李煕健

闇市には食料品だけでなく、あらゆる日用品が出回っていた。
統制と公定価格で原材料が縛られていた時代に
どのように入手したのか定かではないが
「戦勝国民」である韓国人は
GHQをバックにさまざまなルートで仕入れをしていた。

(中略)
隠退蔵物資を摘発して、
 在日の商工業者へ
 原材料を提供することもやっていた


(全文はリンク先で)



さて、
NHKの「べっぴんさん」の主人公の父親は坂東五十八
大阪で「坂東営業部」という繊維会社を経営していた。
お姉さんの夫・潔は、闇市から這い上がって
「坂東営業部」の再興を目指す。


となると・・・当然、上記のリンク先で紹介した
14歳の時(1928年)に故郷の慶尚南道を離れ,
単身日本に渡ってきて、大阪の繊維商家に丁雅奉公に入り
戦後は軍需物資の売買で一儲けして
終戦直後に廃棄処分された紡績機を買い集め、
1948年3月に坂本紡績を設立。
1950年春には,泉南市にあった戦時中の川崎重工業の
工場を2000万円で買いとり第2工場を建設し,大阪紡績を設立。
「西日本最大の紡績王」となり、
一時は日本で高額納税者1位に躍り出たこともあった
坂本栄一こと徐甲虎(ソ・ガプホ)
について
   yami129454259271718750.jpg
触れなくては話は進まないと思うのだが・・・
NHKがそんな歴史的事実には触れるワケが無いか。
(民団側も不味いと思ったのか、闇市での自慢話は
 リンク先が削除されている)


東京都港区南麻布という都心の一等地に
何故、在日韓国大使館が建っているのか、
当時時価50億円とも言われた東京麻布の超高級住宅街に
位置していた広大な土地
(旧伊達藩の外屋敷,後に元米内光政海相の私邸)を
数億円で買い取って,駐日大使館用の土地として
韓国政府に寄付した坂本栄一こと徐甲虎(ソ・ガプホ)の
戦後の錬金術
なんて放送したら
お茶の間の、
戦中戦後の大変な時期を生きてきた
お婆ちゃん達はお怒りになってしまうかも。

共産党・小池晃氏が憎む「安倍暴走政治」とやらは
超党派の日韓議員連盟ではなく
永住外国人参政権に反対する
自民党内の保守勢力だからでしょう?

被害の歴史をことさら強調するのではなく
きちんと歴史の事実と向き合うべきは
日本共産党も同じだと思うのだけれど・・・



★靖国参拝で櫻井よしこ氏、
 小池晃(共産党)を撃破

.2013/7/26(金)
 http://blogs.yahoo.co.jp/nipponko2007/40201998.html
koikeimg_0.jpg






政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あや

  • Author:あや
  • 韓流に嵌った母と義母の為に
    韓国情報を調べていたら・・・
    韓流ブームに仕掛けられた
    怪しい罠に気付いてしまった。
    韓流の闇と、利権や陰謀
    仕掛け人を徹底研究!
ランキング
ランキングに参加しています!
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索