沖縄ヘリパッド反対派リーダー再逮捕、公務執行妨害・暴行容疑で神奈川の牧師も逮捕

★沖縄ヘリパッド  反対派リーダー再逮捕 
 公務執行妨害容疑

 毎日新聞 10月20日 21時11分
 
http://mainichi.jp/articles/20161021/k00/00m/040/114000c
米軍北部訓練場(沖縄県東村、国頭村)の
ヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)移設工事を巡り、
防衛省沖縄防衛局の男性職員(42)に
けがをさせた
として、沖縄県警は20日、
沖縄平和運動センター議長の
山城博治(ひろじ)容疑者(64)
=沖縄市海邦2=を
傷害と公務執行妨害の疑いで再逮捕した。
牧師の吉田慈容疑者(31)
=神奈川県大和市下鶴間=
も両容疑で逮捕した。

 山城容疑者は移設反対運動のリーダー。
逮捕容疑は8月25日朝、東村高江周辺の
工事現場近くで、侵入防止のフェンスを設置しよう
とした防衛局職員に対し
(1)山城容疑者は反対派が設置するテントに押し込み
 「今度来たら許さんぞ」と言って左肩をつかみ
(2)吉田容疑者は右腕を強くつかむ

−−などの暴行を加え
2週間の軽傷を負わせたとしている。

 山城容疑者は、有刺鉄線2本を切断したとして
17日に器物損壊容疑で現行犯逮捕されているが、
検察による刑事処分はまだ出ていない。【佐藤敬一】


★防衛省資料盗んだか 
 逮捕の反対派リーダー 沖縄県警が捜査

 産経新聞 2016.10.20 02:00
 
http://www.sankei.com/politics/news/161020/plt1610200002-n1.html

沖縄県警は19日、同県の米軍北部訓練場
(東、国頭両村)のヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)
移設工事に対する妨害で逮捕した
沖縄平和運動センター議長、
山城博治(ひろじ)容疑者(64)が
防衛省沖縄防衛局職員に暴行を加え、
内部資料を盗んだ
として、20日にも窃盗や
暴行容疑で再逮捕する方針を固めた。

 山城容疑者は17日、
ヘリパッド移設工事現場への立ち入りを禁じる
フェンスの上に張られた有刺鉄線2本を切った
として、器物損壊容疑で逮捕された。

一方、8月25日に沖縄防衛局職員が暴行を受け、
持っていた書類を盗まれる事件
が起きている。
書類には反対派の妨害に備えた警備態勢や
緊急連絡網が記載されており、
県警は山城容疑者が関与した疑いがある
とみて捜査していた。
.
(引用ここまで)




>牧師の吉田慈容疑者(31)=神奈川県大和市下鶴間

日本基督教団林間つきみ野教会の吉田慈牧師ですね。
 yosidaimage.jpg



カルト「幸福の科学」が配信している動画なんだけど
8/5の沖縄平和運動センター議長
山城博治(ひろじ)容疑者の暴力の全容が解る動画なので
観てみましょう・・・



プロテスタント教会の牧師さんが、
このような行為に加担しちゃうんだ・・・怖いわ。





★「沖縄の悲痛な叫びに耳を傾けて」 
 辺野古で抗議行う吉田慈牧師が訴え

 クリスチャントュデイ 2015年6月11日
 http://christiantoday.co.jp/articles/16273/20150611/ywca-okinawa-day-henoko-yoshida-shigeru.htm
吉田牧師は、
日本基督教団神奈川地区社会委員会に所属し、
基地・自衛隊問題小委員会の委員としても活動している。
これまでは沖縄の問題に胸を痛めてはいたものの、
抗議行動に参加するまでには至っていなかった。
先輩牧師に「一度、沖縄に行って、基地の移設問題に
ついて勉強してくるといい」と促され

昨年、初めて沖縄の地を踏んだ。

初めて見る沖縄の美しい海、そこに激しく響く抗議船からの
叫び声。それを取り巻く海上保安庁の巡視船。
異様な光景に「一体これは何なんだろう?
いつまで沖縄の人々は苦しみ続ければよいのだろうか?」
と強く感じ、
「自分も何かできることを」と、船舶の免許を取得し、
現在では月に一度、
辺野古を訪れ、抗議行動に参加している。


本紙のインタビューに吉田牧師は、
抗議行動というと、
 嫌悪感を示すクリスチャンの方も
 いらっしゃるかもしれません。

 私は、専門家でもなければ、
 ウチナンチュ(沖縄が地元の人)でもない。
 実際、私の周りでも、
 全員が私の意見、行動に賛成している
 わけではありません。

 しかし、イエス様を見てください。
 イエス様は、
 いつも迫害されている者と共にいました。
 常に弱い者の味方をしてくださいました。
 私はそういう人になりたい。
 牧師というより、神様に愛されている一人として、
 恥じない行動をしたいのです
と答えた。

(引用ここまで)


月に1回の、沖縄抗議行動の旅費や滞在費は
カンパで集めている模様・・・






本土から移住の沖縄サヨクと香山リカ氏の会話

北海道出身の”ちえぞう”こと
抗議船船長 横山知枝さん

「何やってるんですか?
 個人情報晒して
 ネトウヨですか?」


あなた達活動家は、
機動隊員の顔写真と氏名を公道に晒したり
隊員の顔写真個展まで開催したのに

容疑者の牧師の個人情報を晒すなとは・・・呆れる。



機動隊員が所属と認識番号を外すのは
okinawa_iWUsAAeFKG.jpg
沖縄平和運動センター議長の山城博治容疑者に
脅迫されて、家族に危害が及ぶ危険が有るからですよ!




★2015年度 キリスト教共助会 
 夏期信仰修養会

 2015年7月15日
 http://www.kyojokai.com/rally/2015080305.html
主題
「敗戦70年、
 キリストの十字架を仰ぎ見つつ省みる
沖縄・福島・在日そして平和への道―」


講師
主題講演 :高橋哲哉先生
 (東京大学大学院総合文化研究所教授)

(中略)
 吉田慈(よしだ・しげる)
 (日本キリスト教団林間つきみ野教会牧師)

早天礼拝 :角田秀明 氏

聖書研究 :金迅野(きむ・しんや)
 【在日大韓基督教会横須賀教会牧師・川崎ふれあい館スタッフ】


■日本キリスト共助会
 有事法制に反対し、
 日本国憲法・教育基本法を守り 平和を求める宣言

 http://www.kyojokai.com/about/sengen 
(引用開始)
敗戦によって神から与えられた恵み、
それが日本国憲法でした。

神は、この日本国憲法に拠って立つ
私たちの歩みを祝福しておられるのです。

(中略)
本会はキリストのために、キリストの恩寵に
浴したる者が、キリストの精神を奉じ、
キリストをわれら大学・高等学校の諸友に
紹介せんとする目的をもって組織
せられたる
キリスト者の団体である。


キリストの教訓と人格とに対して質実なる態度をもって
接近せられんとせらるる友の助力者ともなり、
かつわれらの日常寂漠たる精神生活を相互に慰め、
清き友情を結び、共に助け進まんこともまた、
本会の目的とするところである。

(中略)
韓国の共助会の友たちへ

基督教共助会は、1919年に創設され、
以後今日まで10名をこえる韓国の友を
与えられてきました。

創設の年1919年は、三・一独立運動の年であり、
その後の日本の苛酷な植民地支配の中にあっても、
韓国の友と主にある友情を結ぶことをゆるされた
ことは、主の恵みとして感謝にたえません。

さらに
1945年以後、日本の罪責を主にあってゆるし、
主にある友情の手をさしのべる新しい友を
与えられたことも、つきない感謝です。

(中略)
1945年以後私たちは、
日本もまたその責任を負っている南北分断
はじめとする諸問題に苦悩する、
韓国の友たちの祈りを共にすることがあまりに
少なくありました。

在日韓国人の人権や差別 の問題についても
同様であります。
私たちは韓国の友たちの忍耐と寛容に甘えてきたので
あると、痛切に思わざるを得ません。

(中略)
私たちの罪責を具体的に直視し続け
福音による日本の民主・平和・人権のために努力し、
韓国の民主・平和・人権、さらに南北統一のための
友たちの努力に祈りを合わせたく思います。


(引用ここまで)


★高橋哲哉
 takahasith364KEHZ9.jpg
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E6%A9%8B%E5%93%B2%E5%93%89
歴史修正主義や歴史認識論争、
戦後責任論における左派の論者の一人である。

(略)中国や北朝鮮による日本の歴史観に対する
批判にも歴史修正主義への批判として
条件付の賛意を示している。

(中略)
辻元清美らが主宰するピースボートの
水先案内人などを務める。

2004年には、徐京植らとNPO「前夜」及び季刊の
思想雑誌『前夜』を立ち上げたが、
2007年に理事を辞任した。

「九条の会・さいたま」呼びかけ人を務めている。
世界に先駆けて、
日本が韓国や北朝鮮に謝罪と賠償をし、
植民地支配を反省する世界的な流れを
グローバルスタンダードにしようと呼びかけ、
日韓併合条約は当初より不法無効であると
主張する「『韓国併合』100年日韓知識人共同声明」
に署名している。



★【SEALDs】7/26国会前
 「 安倍晋三から自由を未来を守れ!」
 /村山元総理・高橋哲哉のスピーチ

 異教の地「日本」 2015-07-24
 http://blog.goo.ne.jp/koube-69/e/652e4a546fb202beac2390f4ea03bec3
「自分たちは安全なところにいて、若者に血を流せという。
 戦争絶滅うけあい法案というのがあります。
 戦争がはじまったら10時間以内に以下の者を
 一兵卒として前線に送るというものです。
 まずは国家元首、賛成した国会議員、宗教指導者


「私はこれに
 軍需産業の経営者をいれて欲しいと思う。
 こういうことを見抜かねばなりません。
 私たちはこのような法案を持つ必要はありません。
 何故なら憲法9条があるからです。
 憲法9条があったからこのような法は持たずに済んできた。」

「そしてね、
 私はいいなと思ったアイディアがありまして。
 それはね落選運動をしましょうということなんです。
 1年後選挙のある参議院議員、
 法案が戻るかもしれないから衆議院議員も。
 一人ひとりに、一人ひとりが訴えていきましょう」


(引用ここまで)





>元聖心女子大教授

遠藤徹
1938年生まれ。東京大学大学院博士課程哲学専攻修了。
山口大学教授、聖心女子大学教授、
同大学キリスト教文化研究所所長などを歴任。
山口大学名誉教授、聖心女子大学キリスト教文化研究所所員


マルクス教とか9条教とかウリスト教とか・・・
何だか宗教戦争みたい。


★日本人の宗教と宗教心
 マッカーサーとキリスト教

 http://8606.teacup.com/meizireligion/bbs/231


★あるキリスト者の日本論 第1回
 天皇とキリスト教

 http://www.nunochu.com/column/japan01.html



政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あや

  • Author:あや
  • 韓流に嵌った母と義母の為に
    韓国情報を調べていたら・・・
    韓流ブームに仕掛けられた
    怪しい罠に気付いてしまった。
    韓流の闇と、利権や陰謀
    仕掛け人を徹底研究!
ランキング
ランキングに参加しています!
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索