韓流研究室

ARTICLE PAGE

皇后陛下82歳 マスゴミ造語の生前退位報道に「驚きと痛み」

★皇后さま82歳 
 生前退位報道「驚きと痛み」

 産経新聞 2016.10.20 05:00
 
http://www.sankei.com/life/news/161020/lif1610200001-n1.html
皇后さまは20日、82歳の誕生日を迎えられた。
これに先立ち、
宮内記者会の質問に文書で回答し、
8月に天皇陛下が「生前退位」の意向を示された
ことについて理解を示す一方、
新聞報道に接し「衝撃は大きなものでした」とつづられた。
陛下のお気持ち表明について、
皇后さまが感想を述べられたのは初めて。

 皇后さまは、8月の陛下のビデオメッセージを
「現在のお気持ちのにじむ内容のお話」とご表現。
皇室の重大な決断が行われる場合に関われるのは
「皇位の継承に連なる方々」とし、
配偶者や親族であってはならないとの考えを示したうえで
「皇太子や秋篠宮ともよく御相談の上でなされた
 この度の陛下の御表明も、謹んでこれを承りました」
と記された。

 陛下は平成24年7月以降、月1回のペースで
皇太子さま、秋篠宮さまを御所に招き、
皇后さまと昼食をともにされている。
陛下は、皇太子さま、秋篠宮さまの2人には事前に
「生前退位」の意向を伝えたとされていたが、
こうした機会に意見交換を重ねてこられたとみられる。

ただ、皇后さまは、
新聞の1面で「生前退位」という大きな活字を見た際、
大きな衝撃を受けられたという。

その理由として
「歴史の書物の中でも
 こうした表現に接したことが
 一度もなかったので、
 一瞬驚きと共に
 痛みを覚えたのかもしれません」

と自らの心情を振り返った一方、
「私の感じ過ぎであったかもしれません」
とも記された。

(引用ここまで)




★「生前退位」と「譲位」
 http://blog.livedoor.jp/fortofour/archives/1060085253.html


★『天皇陛下「生前退位」表明
  マスコミは言葉遣いを知らない
  有本香解説』

 http://blog.livedoor.jp/ddmp/archives/1059384776.html







皇后陛下が
「歴史の書物の中でも
 こうした表現に接したことが
 一度もなかった」
と仰られたように、
本来であれば、「ご譲位」である。

そうした古くからある言葉を使わずに
わざわざマスゴミ造語を繰り返す。
しかも、今朝皇后陛下が宮内記者会の質問に
答えた文書の中に「驚きと共に痛みを覚えた」と、
ご心境を伝えているにも拘らず・・・
尚もマスゴミ造語を連呼する。

皇后さまは、
「私の感じ過ぎであったかもしれません」
と記されていますですが
感じ過ぎではございません。
「生前退位」などという造語は、
直接投げかけられる天皇陛下のご心情を察すると
皇后陛下が、
驚きと胸の痛みを感じるのは当然だと思います。
どれだけ深く、御心を痛めたでしょう・・・

有本香さんは、
NHKの第1報から報道された造語に
政府は、陛下がご静養中でお留守の事から
「ご真意を確認してから・・・」と見解を述べなかったのに
この造語を一番連呼していたのは、
民進党・岡田代表だった
と指摘している。

民主党政権時から、彼らの皇室に対する態度は
本当に酷かった。

習近平国家副主席が来日した際、
陛下との特例会見を強引に実現させた小沢一郎は
「内閣が判断したことについて、
 陛下がその意を受けて行動なさることは
 当然のことだ」と、公然と政治利用し
1か月ルールを無視した事に対し
「優位性の低い行事はやめればいい」と開き直る。

両陛下と閣僚の昼食会では、亀井静香が
「権力の象徴である江戸城(跡地)に
 お住まいになるのは立場上
 ふさわしくないのではないか。
 京都か広島にお住まいになってはどうかと、
 陛下に一方的に申し上げた」発言。

「議会開設百二十年」記念式典で、中井洽の
秋篠宮両殿下に対しての「早く座れよ」暴言

全閣僚が招待された宮中晩餐会では、
一川保夫は、宮中晩さん会を欠席して民主党議員の
政治資金パーティーに出席し、
「こちらの方が大切だ」と豪語。
川端達夫、細野豪志、山岡賢次も欠席する始末・・・

こうした思想の人達が、「生前退位」などという
造語を創りだしたのだろう・・・




政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 1

名無し

民進は関係ないからな 日本とは!

もし天皇が身体的に厳しすぎるなら「退位」より「摂政」の方がよい。
国民の目からは皇太子は公務は殆どしていない。海外に行っても不慣れな様子が写真や映像で流されたりと、国民は恥ずかしい思いをした。
そして皇太子側のスタップの怠惰、そんな夫妻のフォローは皆無だった。

そんな状況で次の天皇には国民にとっても容量し難い。
「退位」より「摂政」摂政の期間は見習い期間とすべきだ。今の内に父親を見習って訓練する機会が皇太子には必要だ

そして何より皇太子家には礼儀作法 国事に詳しいスタップを採用すべきだ。縁故スタップは国益に沿わない
特に外務署は避けるべきだ
そして何より病状の回復しない奥さんはこれ以上の病状悪化を防ぐためにも公務から解放されるよう取り計らうべきだ。 皇后ではなく 夫人で良いと思う。
「天皇夫人」あるいは「女御」でどうだろう。
きちんと位置を決めたなら国民はもうイライラしない

2016-10-21 (Fri) 09:39 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply