沖縄で金網に登ったり揺らす抗議活動反対派に機動隊員が不適切発言

★機動隊員が不適切発言…
 沖縄で抗議活動反対派に

 2016年10月19日 13時53分
 
http://www.yomiuri.co.jp/national/20161019-OYT1T50077.html?from=tw
沖縄県の米軍北部訓練場(国頭村、東村)の
一部返還を巡り、現場周辺の警備のために
派遣されていた大阪府警の男性機動隊員(20歳代)が、
抗議活動中の反対派に向けて
「触るな。土人」などと発言していたことが分かった。

 沖縄県警は19日、報道陣の取材に対して
事実関係を認め、「不適切な発言だった」と謝罪した。

 県警によると、機動隊員は18日午前、
同県東村の同訓練場周辺で抗議をしていた反対派に対し、
「どこつかんどんじゃ、ぼけ。土人が」などと発言した。
当時、反対派は訓練場沿いに設置されたフェンスを
揺らすなどして
抗議をしていたという。

 県警の調査に対し、
機動隊員は事実関係を認めているという。県警は
「(発言は)極めて遺憾。
 以後、このようなことがないよう、改めて指導する」
とコメントした。

(引用ここまで)


プロ活動家に対しての不適切発言
沖縄県民全般に対する発言と捏造し
県民の怒りを煽ろうとする沖縄メディア


★「土人」発言は沖縄県外の機動隊員か 
 「県民見下している」と怒りの声

 沖縄タイムス 2016年10月19日
 http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/67182
沖縄県外から派遣されたとみられる機動隊員が、
東村高江周辺の米軍ヘリパッド建設に反対する
芥川賞作家の目取真俊さんに発した「土人発言」。
市民らは「差別的な内容だ」
県外からの機動隊員は、普段から言動が荒い。
 県民を見下しているのでは」
と憤った。

(引用ここまで)


★市民を「土人」呼ばわり 機動隊員、
 沖縄のヘリパッド建設現場 
 識者ら差別発言と批判

 琉球新報 2016年10月19日
 http://ryukyushimpo.jp/movie/entry-377736.html
識者や市民らは
「沖縄差別の発言だ」などと指摘しており、
県民の反発を強めそうだ。

 18日午前9時45分ごろ、訓練場N1地区
ゲート横の丘に設置された仮設フェンス(金網)
沿いで抗議をしていた市民に対し
基地提供施設内のフェンスの内側にいた機動隊員1人が
「どこつかんどんじゃ、ぼけ。土人が」と発言した。
当時、市民数人がフェンスに上ったり
揺らしたりするなどして抗議していた。


(引用ここまで)


★目取真俊さんが国を訴える裁判
 琉球朝日放送 2016年7月1日
 http://www.qab.co.jp/news/2016070181403.html
 okinawametori.png

2016年4月、名護市辺野古でアメリカ軍に
拘束された作家の目取真俊さんが
国を相手に訴えた裁判が6月30日に開かれ、
目取真さんは「今回の拘束は異常だ」と訴えました。

目取真さんは2016年4月、キャンプシュワブ沿岸の
臨時制限区域に侵入したとして、
およそ8時間アメリカ軍に拘束。
憲法で保障された人身の自由などが侵害されたとして、
国に対し60万円の損害賠償を求めています。


★目取真俊がひき逃げ!
 芥川賞作家の暴走!

 狼魔人日記 2014-01-07
 http://blog.goo.ne.jp/taezaki160925/e/519354f52ea5dd8f06684064f30936b6
(引用開始)
米兵の起こした事故であれば軽微な接触事故でも
報道するのに「ひき逃げ」を報道しないというのは
なぜなのでしょうか?
-----------------------
三万人のための情報誌「選択」2014年1月号
「轢き逃げ」で窮地に陥った
沖縄反基地闘争の「広告塔」


 1997年に芥川賞を受賞した目取真俊氏は
名護市に在住し反基地活動家としても知られている。
自身のブログでは東村の高江地区を拠点に、
米軍北部訓練場のヘリコプター発着帯建設工事を
監視していることを伝えていた。

 しかしこの「高江報告」が11月末に突如途絶えた。
実は11月27日に目取真氏は人身事故を起こしたのだ。

当日、目取真氏は工事車両が訓練場に入るのを妨害。
諦めた車両が訓練場から離れると、同氏は車で執拗に
これを追尾した。工事作業員が車両から降りて
目取真氏の車に近づくと、
同氏は車を急発進させて作業員をはね、
そのまま逃走したという。

時間が経ってから目取真氏は現場に戻ったというが、
轢き逃げと認定されかねない。
はねられた作業員は両足の擦り傷と転倒した際の
打撲で軽傷を負っており沖縄県警に被害届を提出。
12月12日に業務上過失致傷容疑で書類送検された。


(続きはリンク先で)

  okinawamedoru.jpg
目取真氏は
 「革マル派の人脈と繋がっている」(公安関係者)人物で
 県外からの活動家を呼び寄せる広告塔の
 役割を果たしていた。





目取真俊氏は、元国語教師ですか・・・
沖教組?




(読売新聞)
 反対派は、訓練場沿いに設置された
 フェンスを揺らすなどして抗議をしていた。

(琉球新報)
市民数人がフェンスに上ったり
揺らしたりするなどして抗議していた。


想像図・・・
wd045c2a9.jpg



確かに「土人」は差別用語ですから不適切ですけれど・・・


マスゴミは、抗議活動中の反対派プロ市民達が
フェンスの金網を勝手に切って逮捕されていたり

★反対派リーダーを逮捕 
 沖縄の米軍北部訓練場

 産経新聞 2016.10.17
 http://www.sankei.com/affairs/news/161017/afr1610170028-n1.html


日頃どのような違法行為をしているか
きちんと報道しないと不公平です。



okinawa_iWUsAAeFKG.jpg

日頃、機動隊員の人達が
沖縄に集結するサヨクにどんな目に遭っているか・・・



県の職員に対しても、暴言・暴行



名護署にも侵入して暴れるサヨク





サヨクさん達は、お仲間のしばき隊・野間さんが
「土人」発言をしても怒らないという不思議・・・





過激な反対派活動の
異常な行為を野放しにしていると


成田闘争での悲劇が繰り返されてしまう。


★東峰十字路事件
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E5%B3%B0%E5%8D%81%E5%AD%97%E8%B7%AF%E4%BA%8B%E4%BB%B6
過激派グループの間では、
「警察は権力の手先であり、すきあらば殺せ」
が合言葉になっていた[2]。
(中略)
完全に孤立した第1中隊第1小隊(福島小隊)は、
包囲する反対派から火炎瓶、角材、丸太などで
激しい攻撃を受け、総崩れとなり
本隊と反対の十字路北方へと退却した。
この衝突の中で逃げ遅れた小隊長福島誠一(警部補)、
第1分隊長柏村信治(巡査部長、神奈川警察署外勤
第一課主任、当時35歳)、
隊員森井信行(巡査、神奈川警察署外勤第一課、当時23歳)
の3名が殉職し、隊員20名以上が重傷を負った。

以下は当時の報道など。

隊員たちは火炎瓶を投げつけられ火だるまになり、
のた打ち回っているところを竹ヤリ、角材などで
滅多打ちにされた
[1]。

またその場から撤退する隊員たちには、反対派に
1人ずつ数人に囲まれて、わきの林や茂みに
引きずり込まれ滅多打ちにされた[3]。
福島誠一警部補は、
火炎瓶を投擲され火だるまになり、
炎を消そうと苦悶しながら転げまわっていたところへ
反対派の集団が襲いかかり、他の隊員から奪った
手錠を無抵抗の福島警部補にかけた上、
ゲバ棒や鉄パイプで滅多打ちにされて殺害された。

柏村巡査部長と森井巡査も、
倒れたまま滅多打ちにされ殺害された[4]。

その後、反対派の集団は隊員たちが血まみれで倒れ、
うめく中を入れ組んだ地形を利用して逃げ去った[4]。

(引用ここまで)

  hqdefault_20161019211130c65.jpg

★特進無き殉職
 http://ncode.syosetu.com/n3584bq/4/
(引用開始)
「風呂から出たら全員で慰霊碑へ参拝に行こう。
 そこでたくさんの殉職された先輩たちに逢って、
 腹を決めてくれ。
 警察官は消して花形の仕事ではないぞ。
 命の危険と常に向き合う。

 入校式が終われば君らは警察官だ。
 学生の間に脱落しても
 経歴には警察が着いてまわります。」

諭すように話しながら最後には
「やめるなら 今だぞ」
といつもの笑顔を皆にむけた。

 北寮と南寮、その間に中庭がある。
庭と言っても千人以上が優に入る面積である。
その奥に慰霊碑と慰霊館があった。
一般には公開されずその存在すら知る人は少ない。

(中略)
冷たく凛とした空気が学生たちを包んだ。
次の瞬間、一同が息をのんだ。

あまりにも
あまりにも生々しい殉職者の叫びが
それぞれの胸中に響いた。

 
館内の壁の上部には、取り囲む様に殉職者の遺影が
隙間なく祀られていた。
それぞれの写真の下には殉職年月日・年齢・殉職理由の
記されたプレートが付けられていた。
また、ガラスケースが館内の中央や壁際に
いくつも並べられており、
その中には多くの遺品が陳列されていた。
 
ボロキレの様になった血の着いた制服・
弾丸の貫通した警察手帳・
パッカリと割れた機動隊のヘルメットや
生々しく血痕の着いたジュラルミンの盾。
どれも壮絶な最後を思わせる遺品ばかりであった。


(中略)
部隊訓練にあって、脱落はを意味する。
これは全ての教官が口を酸っぱくし指導した
内容の一つである。
 
当時の教官たちの多くは
機動隊で成田闘争を経験していた。
部隊から遅れた者は、孤立し、
過激派学生たちにこん棒やバットでメッタ撃ちにされた。
事実、火炎瓶の炎に包まれ殉職した者も出ていた。

一度動き出した部隊から離れない、
これが訓練の最大目標であった。

(引用ここまで)




NHKの9時のニュースでは、
「機動隊員が不適切発言」報道で、
何故か、当時の現地の映像ではなく
プロ市民が平穏に腕を組んで歌う姿を映しながら・・・
オバサンが「人権侵害」と批判する映像を流す。
これは印象操作だ。

沖縄メディアは、プロ市民が撮影した映像を観て
「機動隊員が不適切発言をした」と確認しているのだから
どのような状況だったのか、その映像を流すべき。
訓練場沿いに設置されたフェンスに上ったり
金網を揺らす過激な行動をしている最中の映像
を流し、
革マル派の人脈と繋がっている人物で
県外からの活動家を呼び寄せる広告塔の目取真俊氏に
何故、機動隊員が不適切発言に至ったのかを
「事実を伝える」報道をすべきだと思う。




機動隊員だって人間なんだけど・・・
沖縄サヨクは、わざと機動隊員に罵声を浴びせて
挑発行為をしているのだよ。

隊員がキレて、先に手を出したり不適切発言をすれば
目的達成!
若い隊員は相手の挑発に乗らないように
冷静でいなければならないんだよ・・・

相手の罠に嵌ったら、
警察学校の指導教官に充分注意を受けたであろう
成田闘争の時のような、
「部隊からはぐれて孤立したら滅多打ちにされる」
事態になってしまう。

辛いだろうけれど、相手の挑発に乗ったら負けだ。
悔しいだろうけれど、今は耐えて欲しい・・・
(過激派に殺されるまで耐えろとは言わない!)

微力だけど、
あなた達が日頃受けているサヨク達の罵詈雑言は
ちゃんと、しっかり発信するから。










政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「異邦人」「違法人」と呼ぶべきだったか。

「本土人」はさべちゅ用語?

過激派の暴言は「市民の批判の声」
過激派の暴行は「少数派の抗議活動」 ・・・なわけない。

かなり悪質で挑発的で日本本土人には見えなかったんでしょうね。
それにたまりかねて一言、「土人(本土人?)」と口走るとスラップ訴訟。

地方自治が「沖縄独立マンセー」な違法人。
イコール「中華秩序」な人々ですね。
国会にも中華な違法人。

No title

この成りすましが殆どの沖縄活動家達が、今までに怪我させ、あるいは耐えがたい罵詈雑言を浴びせた被害一般市民や警察官の数は、優に2万人を超える。もっと多いかも知れない。少ない数が2万人。活動家たちに怪我・差別用語・法律違反をされた被害者、統計を取ってテレビで報じよ。裁判にかけて罰金を取るべし。翁長知事も国連まで行って、故意に日本人と日本国を貶めた罪は重い。尖閣や沖縄を中国から守る、知事としての仕事すらもおろそかにしている。法律で裁くべし。翁長も活動家も同じ罪状がある。裁け。
プロフィール

あや

  • Author:あや
  • 韓流に嵌った母と義母の為に
    韓国情報を調べていたら・・・
    韓流ブームに仕掛けられた
    怪しい罠に気付いてしまった。
    韓流の闇と、利権や陰謀
    仕掛け人を徹底研究!
ランキング
ランキングに参加しています!
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索