韓流研究室

ARTICLE PAGE

中日新聞「新貧乏物語・子どもたちのSOS」、記者が想像して捏造記事を書く

★中日新聞記事に捏造、
 記者「想像して書いた」

 読売新聞 2016年10月12日 13時10分
 http://www.yomiuri.co.jp/national/20161012-OYT1T50066.html
     me305fec1.jpg

中日新聞は12日、5月に掲載した連載記事2本に
誤りがあったとして、同日付朝刊社会面で
「おわび」を掲載し、記事や見出し、写真を
削除すると明らかにした。

 架空のエピソードを盛り込んだ
記者の取材メモをもとに記事が書かれた
ことが原因としている。


今後、この記者や編集幹部を処分し、
同じ記者が書いた連載以外の記事についても
調査する方針。

 誤りがあったのは、5月17日付と19日付の
朝刊社会面に掲載された
連載「新貧乏物語 
 第4部 子どもたちのSOS」。


 おわびでは、19日付の記事について、
「教材費や部活の合宿代も払えない、
 などとした三か所の記述が
 事実でないことを確認した」
としている。

病気の父を持つ中学3年の少女が、
「教材費も払えない」
「バスケ部の合宿代一万円が払えず」
などと記述した部分を指すとみられる。


 また、17日付の記事には、
10歳の少年がパンを売るために
「知らない人が住むマンションを訪ね歩く」などとした
説明を添えた写真
が掲載されたが、
この写真は実際の販売現場ではなく、
少年の関係者の自宅前で撮影したものだったという。

 同紙によると、
8月末に少女の家族からの指摘を受けて
調査した結果、取材班の記者1人が
架空の取材メモを作成し、写真も記者が
カメラマンに指示して撮影していたことが判明した。
記者は
原稿を良くするために想像して書いてしまった
と話しているという。
取材班のキャップやデスクらは、記者が書いた
記事をチェックしたものの、メモは記事掲載時点で
誰も見ていなかったという。

 臼田信行・名古屋本社編集局長は、おわびの中で、
「記者が事実と異なることを自ら知りながら
 書いたことは到底許されません。
 深くおわび申し上げます」と謝罪した。
この連載が6月に掲載された中日新聞社発行の
東京新聞などでも当該の記事を削除する。

 ただ、おわびでは、
19日付の記事で誤りがあったという
「三か所の記述」が明示されていない。

平田浩二・編集局次長は読売新聞の取材に対し、
「関係者に迷惑がかかるので、
 これ以上は明らかにできない。
 デスクなど上司による圧力などがあった
 とは認識していない」と話した。
問題の記者の所属や年次なども明らかにしなかった。

 連載は1月に始まり、第6部まで掲載。
中日新聞は、今年度の新聞協会賞の編集部門に
この連載を応募していた。

同紙は、ほかの記事に問題はないとし、
連載を継続する方針。

(引用ここまで)


me2ce2ea78-s.jpg







こんな恥ずかしい事もやっていましたねぇ


ブンヤじゃなく、デマ屋とかしている新聞記者など
マスゴミ連中。

この、「子供の貧困」キャンペーンも
 demo2016-09-01-1472694965-9072368-31_karin1-thumb.jpg

「保育園落ちたの私だ、日本死ね」キャンペーンも
 demoibuuQ8FKmES7IJQH5kYpy0FJpMtHwRfZq_AbbJBoV0nC6vByPbxAFBg==.jpg
 
結局、「事実」なんてどうでもよくて
作り話で捏造してまで騒ぎを大きくしたい!
政治利用するためだけの世論操作。

反貧困も、反原発も反安保も反基地も反差別も・・・
反豊洲も!
毎回毎回、全て同じメンバーではないか!!!

「9条守れ!」「アベ政治は許さない!」と叫びながら
国民連合政府樹立を目指すプロ市民と弁護士や学者
野党連合の政治家達。




★貧困ジャーナリズム賞とは
 http://antipoverty-network.org/award
 
反貧困ネットワーク代表世話人宇都宮 健児
事務局長・湯浅誠、副代表・雨宮処凛

sibakiotoko-1_201610050248529ab.jpg
沖縄で逮捕されたしばき隊・男組組長の
添田容疑者と行動を共にして反安保、
「築地でええじゃないか!」デモ行進にも登場する
反差別の「のりこえネット」や「9条守れ!」の
元日弁連会長の宇都宮弁護士から表彰されていた
中日新聞の「捏造」記者か・・・

雨宮処凛さんも「のりこえネット」メンバーで
元赤軍派と一緒に北朝鮮に渡航して
公安のガサ入れを受けていましたねぇ。
amamiyakarin0828_ph1.jpg

 

前回の政権交代の前年も
急に「蟹工船ブーム」と騒ぎ、用意周到映画も公開され
年末には、年末派遣村で大騒ぎ・・・
政権交代しないと日本が壊れるかのように世論操作。


demo0903_fukushima_yuasa.jpg

★反戦・反貧困・反差別共同行動 in 京都・
 今後の取組みと集会等のご案内

 2011-10-20
 http://d.hatena.ne.jp/hansenkyodo_kyoto/20111020/1319113755
「変えよう!日本と世界 第5回・
 反戦・反貧困・反差別共同行動in京都」
「脱原発 どんな社会をめざすのか」

10・15シンポジウム

円山野外音楽堂(鎌田慧さん、瀬戸内寂聴さん、
ドイツ緑の党国会議員ヘーンさんはじめ950名が参加)

祇園八坂神社前(前列左から、
「しないさせない戦争協力関西ネットワーク」共同代表で
弁護士の中北龍太郎さん、社民党衆議院議員の服部良一さん、
「反戦・反貧困・反差別共同行動in京都」の代表世話人である
仲尾宏さん〔京都造形芸術大学名誉教授〕


★銀座周辺をパレードする
 生活保護受給者と支援者

 http://www.seikatsuhogoinformation.com/seikatsuhogo-20151029-03/


↑のブログ主さんが指摘しているように、
左翼団体が行っている「反貧困」の様々なデモや集会。
数万円もする横断幕や大量ののぼり旗や揃いのプラカード、
集めたカンパは、彼らの活動費になっても
貧困で苦しむ人達に分け与えられるのかしら???
八ッ場ダム反対運動をしていた市民団体が発行していた
月刊紙に
「生活保護は我々の権利だ!どんどん利用しよう!」
という特集で、自治労職員が手続きを指南する記事を
掲載しているのを見た時、
こういう人達がいるから、本当に救済しなければならない
月刊紙なんか購読出来ない真の貧困者に生活保護費が
回らないのだと怒りを覚えた・・・










しばき隊などのサヨク市民が火を付け、
マスゴミが大騒ぎして報道し
日本在住の反日外国人記者が世界に発信するという
毎度行われるマッチポンプ方式。



朝日新聞などが捏造した「慰安婦問題」
全く同じマッチポンプが延々と続いている。









ここまでくると、
「故意に基づく虚偽報道」以上の
報道テロだと思います!





★神奈川新聞が宣伝した写真展
 「戦争という名の狂気 知られざる事実
  南京事件」の写真がインチキ!

 http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6401.html




政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply