韓流研究室

ARTICLE PAGE

福岡、長崎両県に寄港した大型クルーズ船客が次々失踪、審査簡素化悪用か

★クルーズ船客が次々失踪 
 審査簡素化悪用か

 西日本新聞 2016年10月07日 03時19分
 
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/280286
「爆買い」に代表される訪日外国人客が増加する中、
福岡、長崎両県に寄港した大型クルーズ船の
外国人乗客がいなくなるケースが相次ぎ、
昨年1月以降の失踪者が計37人に上る
ことが
両県警への取材で分かった。
入国審査の簡素化を悪用した不法入国が増えている
恐れがあるとみて、関係当局は警戒を強めている。


 国土交通省によると、
昨年の外国クルーズ船の寄港回数は博多港(福岡市)が
245回で全国1位、長崎港(長崎市)は128回で全国2位。
両県警の調べでは、博多港の失踪者は昨年13人で、
今年は若松港(北九州市)も含め7人。
長崎港は昨年11人で、今年は佐世保港(長崎県佐世保市)
も含め6人に上るという。
国籍別では37人中34人が中国人だった。

 福岡県警筑紫野署は今年5月、博多港から入国し、
行方が分からなくなっていた中国人の男を
入管難民法違反容疑で現行犯逮捕。
男は逮捕前日、ツアーバスで訪れた太宰府天満宮
(同県太宰府市)でいなくなっていた。
男は当時「腹痛でバスの集合時間に間に合わなかった」
と供述していた。両県警などによると、
37人のうち、発見できたのは13人しかおらず、
12人は寄港地の県外で見つかった。
不法就労していた中国人もいたという。


不法入国増加の要因とみられているのが、
入国手続きの簡素化。
買い物時間などが限られているため、大勢の乗客が
スムーズに入国できるよう、法務省入国管理局は
昨年1月、一部の船を対象に
入国時の査証(ビザ)取得を不要とし、
テロ対策として2007年から義務付けていた
顔写真撮影も取りやめた。


 これによって
以前より審査が甘くなり、低所得者でも
 気軽に旅行に来られるようになった

(捜査関係者)という。
クルーズ船の料金は1人数千円程度から。
ビザの取得手数料(約3千円)も不要なため
「不法就労目的で、クルーズ船を利用する
 手口が広まるのではないか」

との懸念が捜査関係者に出ているという。

 観光立国を目指す政府は
20年に年間訪日客4千万人を目標に掲げる。
九州・沖縄を管轄する福岡入国管理局の担当者は
不法残留がこれ以上増えると、
 観光立国を目指す制度の根幹を揺るがす。
 関係機関と協力して厳格に対応していきたい

と話す。

=2016/10/07付 西日本新聞朝刊=






大手メディアは、
中国人観光客の「爆買い」を宣伝しても
こうした実態は報道しない・・・
韓国の、このニュースも報道されないだろう。



(引用開始)
2016年10月8日、新京報によると、
国慶節の連休で韓国済州島を訪れる中国人が
入国を拒否され、狭い部屋に“監禁”されるケース
が相次いでいるという。
済州島を訪れた中国人観光客から同様の訴えが
相次いでおり、その数は100人以上にのぼるとみられる。

南京市在住の張(ジャン)さんは、
妻と共に4泊5日の済州島ツアーを申し込んだ。
海外旅行の経験がなかったため、距離的に近く
ビザも免除される済州島を選んだ。

しかし、6日午前に到着した現地の税関で、
宿泊予定のホテルの予約票を携帯していない
との理由でパスポートと帰国便の航空券を没収され、
空港内の小部屋に押し込まれた。
税関職員は張さんらに、帰国便を予約し直すか、
帰国便の日まで空港で過ごすよう指示したという。

(中略)
瀋陽から済州島を訪れ、同じように拘束された
ある観光客によると、部屋での食事は自腹で、
職員に注文すると持ってきてくれる。
布団はなく雑魚寝状態で、部屋の外の廊下には
出られるものの、その先には扉があり、
鍵が閉められている。
中国人観光客の出入りは激しいが、常に100人前後が
拘束されている状態で、最も長い人は2日から6日まで
5日間もそこにとどまり、帰国便を待っているという。

中国の総領事館の担当者は、
「済州島は
 中国人に対してビザを免除しているが、
 入国事務に関しては韓国の内政。
 どのような人物に入国を許可するかは、
 韓国側が判断することになる。
 主に入国目的が重要で、
 旅行の証明が不十分だったり、
 移民が疑われたりする場合は
 入国を拒否されることがある
と説明。
韓国側とこの問題について協議を行い、
適切に処理するとしている。

(引用ここまで)


★「みんなやっている」のに…、
 中国人男性が米空港で入国拒否、
 その理由とは?―米華字メディア

 Record china 2016年6月22日(水)
 http://www.recordchina.co.jp/a142562.html
(引用開始)
米国では中国系移民が年々増加していることが
問題となっており、

米国に家族がいる中国人の多くが米国行きの
ビザ発給手続きをスムーズに行うために
実際とは異なる家族構成を書いてしまうという。
2カ月前に米国に渡った呂(ルー)さんによると、
彼女の叔父と叔母は米国にいるが、
移民を希望していると疑われてビザが下りなくなる
ことを恐れ、周囲の人のアドバイスに従って
米国に家族はいないことにして申請したという。
呂さんは「みんなそうしている」と話している。

(全文はリンク先で)



先日の、テレ朝【ニュースを疑え】でのプレゼン
富阪さんの
「中国の不動産バブルは終わっていない!」
という嘘がよく解るニュース。

不動産バブルの実態・・・




(引用開始)
(3)毎月の住宅ローン返済額が月収を超えてしまう。
何十年もかけて負債を返し続けなければならない。
中国にはこうした「房奴」(住宅ローンの奴隷)と
呼ばれる人々がいる。

将来の値上がりを見込んで家を買う人もいるが、
中には農業戸籍を捨てるために借金を抱えた人もいる。
一部地域では発展が遅れた郊外で住宅を購入すると
戸籍を付与する政策を導入している。
いわば中国国内の投資移民だ。
戸籍取得というプレミアムがついているため、住宅としての
価値を超える値段がついている

戸籍を変えるために一生モノのローンを背負うことを
余儀なくされたのだ。
(中略)
(3)の戸籍取得のための不動産購入については
ポイント制導入によってむしろ煽られた感すらある。
例えば北京市では「持ち家に居住すると年1ポイント、
借家だと年0.5ポイントの加点」と規定している。
やはり家を買わないと北京市の戸籍は取れそうにない。

 農業戸籍の消失はまぎれもなく大事件なのだが、
改革案の詳細を見てみると、"残酷物語"
まだまだ終わらなさそうだ。

(全文はリンク先で)






蓮舫議員が、党首に就任した直後に
何が起きているかというと・・・早速、表敬訪問。







★多様性って何?
 アゴラ 池田信夫 2016年10月09日
 http://agora-web.jp/archives/2021974.html
(引用開始)
「二重国籍を問題にするのは排外主義だ」という人々は、
国籍なんか問わないで難民を無限に受け入れろ
と言っています。
それがドイツのメルケル首相のやったことです。
ドイツは昨年シリア難民を110万人も受け入れましたが、
暴動や犯罪などの事件が激増して、
メルケルさんは退陣を迫られています。

(中略)
ただ日本はこれから、
いやでも多様性を受け入れざるをえなくなるでしょう。
北朝鮮の人口は2500万人ですが、政権が崩壊して
戦争が始まると、その2割が難民になっても
シリア並みの問題になります。
船に乗って日本にやってくる人々もいるだろうし、
国連が日本に10万人ぐらい難民の受け入れを
割り当てるかもしれない。

そういうときにそなえて、
国籍の管理はむしろきびしくする必要があります。
世界では国籍は二重でも三重でも認める代わり、
不法入国や不法滞在をきびしく取り締まる方向に
なっています。

日本はそれを国籍という形で管理しているだけですが、
10万人という規模の難民は受け入れたことがありません。
政府は準備が必要だと思います。

(全文はリンク先で)






日本人は、警戒感が乏しいという現実・・





政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 1

弓取り

無軌道 「多様性」

二重国籍は「多様性」?。無国籍はもっと「多様」になるのかな。
密入国者が多いほど、日本は多様な国になれるのでしょうか。

違いますね。ただの国家破壊の無法地帯です。何も生まない破壊行為です。豊かさはもたらさない「多様性」。
管理されない「多様性」なんか無意味です。

いきなり寒くなりました。みなさま、ご用心。

2016-10-10 (Mon) 22:20 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply