雨宮処凛「入居審査に人生の壁を見た」

★入居審査に人生の壁を見た
 生きづらい女子たちへ

 雨宮処凛 2016/10/6
 
http://imidas.jp/column/L-60-055-16-10-G421.html
amamiya20130101_amamiyakarin_11.jpg

最近、リアルに
単身女性として、
 先の人生への不安を突きつけられる

出来事に遭遇した。
きっかけは、引っ越しを思い立ったこと。
仕事の合間にネットで賃貸物件の情報を見たり、
不動産屋をまわって気になるところを内見したり
していたのだが、なかなかいい部屋がない。
特に私は猫飼いの身。
「ペット可物件」となると、部屋探しはイバラの道だ。

 そんな中、
奇跡的に様々な条件がぴったりの物件と出合った。
「ここだ!」と、喜び勇んですぐに申し込んだところ、
翌日に不動産屋の青年から「大変申し訳ないんですが……」と、
沈んだ声で電話があった。
入居審査で「NG」だったというのである。
 なんで? どうして?
――混乱する私に、実直そうな青年は言った。
「おそらく、仕事が不安定だからではないかと……」
 確かに私はフリーの物書き。
しかし、今まで部屋を借りるにあたって
「ペンネームは何か?」「どんな媒体に書いているのか?」
などを根掘り葉掘り聞かれたことはあるものの、
ここまでの鮮やかな門前払いは初めてだ。

「それと、保証人になる予定のお父様の年齢が、
 65歳を超えているということもあるかもしれません……」

 自営業の父親は現在69歳。今も現役で働いているが、
そんなこととは関係なく、保証人の年齢は65歳で区切られる
こともある
のだという。

 単身女性、フリーの不安定稼業、父親が高齢――。
この3つが重なると「部屋を借りることもできない」事態
起きるということに、目の前が暗くなっていった。
 そうして、10年ほど前に取材した、
ある単身女性の言葉を思い出した。
高学歴だけど非正規雇用で、収入も不安定という
同世代の彼女は言ったのだ。
「今はまだいいけど、
 父親が高齢になったり亡くなったりしたら、
 単身で非正規で低収入の女性である自分は、
 部屋を借りることもできなくなるかもしれない……」
 頷きながらも、あの頃の私はどこかそれを「他人事」
として聞いていたと思う。当時の私は30代。
「賃貸物件を借りる」にあたっての苦労など、
一度もなかったからだ。
フリーターの時だって借りられていたんだから、
大丈夫に決まってる。そんなふうに思っていた。
思えば私がフリーターの頃の父は、今よりずっと若く、
収入も多かったのだが。


 そうして41歳単身、フリーの物書きで、父が高齢という
「三重苦」の身となった今、彼女の「悪い予想」は
まさに我が身に的中したというわけである。
 そのうえ軽く傷ついたのは、不動産屋に
審査に落ちたのは、(金融機関の)ブラックリストに
 載っているからではないか?
と疑われたことだ。
その場合、断られることがあるというのだが、
当然身に覚えなどない。というか、載りようがない。
なぜなら、これまで「不安定稼業」という理由から、
クレジットカードの審査にも落ち続けてきたのだ。

 よって、デビットカードなるものを使う羽目になっている
のだが、ネットの決済などでは使えない場合もあるし、
何より毎月会費を払わなくてはいけないので高くつく。
社会的信用がなければないほど、
なんだか余計な費用がかかるシステムになっているのだ。

 そんなことを考えていて思い出した。
今まで部屋を借りる苦労などなかったと書いたが、
物書きになってから、若干の苦労が生まれていた。
例えば連帯保証人がいればOKと言われていた物件なのに、
「あなたの場合、仕事が不安定だから
 保証会社もつけないと借りられない」などと言われ、
その費用として数万円を請求されたりしていたのだ。


 フリーターの時よりも、フリーの物書きという
自営業になってからのほうが、社会的信用が低くなっている
という現実。
入居審査が年々厳しくなっているなどの事情も
きっとあるのだろうが、明らかに
「正社員として勤めている安定層」よりも、
様々なコストが発生している気がして仕方ない。
(中略)

さて、気を取り直して未だ物件を探しているのだが、
「また審査に落ちないか」と連日ヒヤヒヤしている。
そして、たかが入居審査に落ちただけなのに、
「一人でそれなりに頑張って仕事してきた」
これまでの人生を否定されたような気分が、
私にずっとつきまとっている。
 これが結構、じわじわくる。ある程度の年齢までは
「一人で頑張ってる」ことが評価さえされたのに、
ある年齢を超えた途端、オセロの黒と白が反転するように、
すべてがマイナスとなってしまったような気分だ。
 
そんな時に、「女性の活躍」なんておなじみの言葉を
耳にすると、なんだか遠い異国の話のように思えてくる。
 いつの時代も、
「持てる者」には「持たざる者」の現実など、
見えないようである。


(全文はリンク先で)


雨宮処凛
1975年北海道生まれ。 
イジメ体験→不登校・家出→上京・2浪→フリーター(キャバクラ等)
ビジュアル系バンド追っかけ→自殺未遂→新右翼団体加入→
愛国パンクバンド結成→映画主演→左翼に転向し北朝鮮、イラクへ
→作家兼プロ活動家

★雨宮処凛
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%A8%E5%AE%AE%E5%87%A6%E5%87%9B
1999年以後、数回にわたって塩見孝也と北朝鮮に渡航し、
日本人拉致に関与したともされるよど号グループに
会った
ことから、雨宮が8歳の時に起った日本人拉致事件
とのかかわりで2003年、自宅に「ガサ入れ」を受けた


★雨宮処凛氏インタビュー
 http://www.jinzai-bank.net/edit/info.cfm/tm/142/
オウムが唱えていた物質主義批判、拝金主義批判にも
すごく共感しました。
(略)
もちろん実際にやったことは地下鉄にサリンをまくという
絶対に許されない犯罪行為なんですが、
当時の私は本当に死にたくて、
みんな死ねばいいと思っていて、
逆に「私の代わりにやってくれた」というくらいの
気持ちになったんです


(略)
『新しい神様』── 1999年製作。
反天皇派・土屋豊監督が、パンクバンド「維新赤誠塾」の
メンバー・雨宮氏が右翼を辞める最後の半年間を追った
ドキュメンタリー作品。




あのねぇ・・・「お一人様の老後」問題なんて、
私が独身OLをやっていた30年以上前から
警告は発せられていたよ。

だから、結婚しないで女一人で生きていくことを
決めた同期入社の知人は
生活費を切り詰めて頭金を貯め、マンションを購入し
コツコツとローン返済しながら働いていた。
入院や癌保険にもしっかり入り、貯金もして
不慮の事態に備え捲っていたわ。

10年前に取材先で聞いていたけれど「他人事」だった?
随分と呑気な人だなぁ。

この問題は、女子だけでなく
「単身男性、フリーの不安定稼業、父親が高齢」も同じ!
男女平等の三重苦ですよ。

2年前に、娘の就職先が決まってから、
入社式の前に神奈川県で賃貸物件を探しに行った時にも
同じ現象が起きていたよ。
気に入った物件の契約をする際、
大手不動産チェーンの物件だったのだけれど
連帯保証人ではなく、全て保証会社の審査が必要で
娘はまだ入社前の「社会的信用の無い」状態だったから
夫の会社、年収、持ち家かどうかなど詳しく審査された。
申し込みの際、夫婦で一緒に付き添った事もあり
我が家は、すんなりと審査を通過し無事契約を終了して
引っ越しをしたのだけれど・・・、
そうした手続きの最中、隣の席の若い男性と担当者の
ヒソヒソ声が聞こえてしまったのだけど
「単身男性、不安定な職業、親はスナック経営、実家は賃貸」
そして、本人もクレジットカードも銀行預金も無し・・・

当然、入居審査NGで・・・丁寧にお断りをされていた。

「入居審査が年々厳しくなっている」のは当然で、
賃貸物件のオーナーも、委託された管理会社も
慈善事業ではなく商売なのだから
家賃を滞納されたり、部屋を傷付け汚されたり、
滞納したまま夜逃げなんてリスクは避けたいと思って当然よ。

1ルームマンションに住んでいた入社3年目の娘は、
今春、もっと広い部屋にと新築の2LDKに引っ越した。
自分の「社会的信用」だけで、入居OKだった。

娘の会社の総務部に、
就職氷河期に大卒だけど就職できず
奨学金返済のためにキャバ嬢にもなっていたけれど、
昼間に経理や秘書検定などスキルを磨き続け
今の会社に派遣会社から派遣されて働いていたけれど
人材不足の折から、3年前に正社員登用という女性がいる。


★賃貸契約をスムーズに
 http://www.kumokiri.net/hitori/hikkos2.html




入居審査だけでなく、
病院に入院する際にも、書類は厳しくなっている。
昔は、「連帯保証人一人」だったけれど
「現役で収入のある連帯保証人一人」に変わり
去年私が入院した病院では
「現役で収入のある連帯保証人二人」だった。

同じ病室だった年金世代の奥様は、どういう事情なのか
娘さんが二人もいるのに保証人になって貰えず、
(娘夫婦達はお見舞いにも一切来なかった)
病院の規定で、「1か月分を先払い」して入院許可!

父が生前に入院していた病院でも、
同室だった59歳の独身男性が入院してきた時に、
保証人になったのは、この男性の甥とその奥さん。
男性の兄である父親は8年前に亡くなっていて
保証人がいないので未亡人の兄嫁に電話をしてきたそうだ。
「浮気して奥さんに逃げられて、あとは好き放題・・・
 親の面倒も見ない癖に、ちゃっかり遺産も貰って
 博打やパチンコや女に使っちゃってね、
 それでもって、うちの息子に
 保証人の印鑑が必要だから病院まで来てくれって
 電話してきたのよ、頭にきちゃう!
 入院に必要な物を嫁に買いにやらせたりして・・・」

と、私が父の見舞いに行く度に愚痴っていた。




amamiya26_karin1_20161008172130a21.jpg

amamiya4_karin1.jpg

amamiya14_karin1.jpg

amamiya1123demo03_20161008172127ec7.jpg

amamiyakarin0828_ph1.jpg

amamiya150504-20.jpg

雨宮さんが、
お洋服を買いまくってお洒落してデモ行進をしていたり
元赤軍派などの左翼のオッチャンらと飲み歩いている時
成金じゃない、普通の「社会的信用」を得ようとしている人達は、
コツコツ働いて貯蓄してきたわけですよ。


title_amamiya01.jpg

数年前、偶然見つけた学生運動をしていたお爺さんの
ブログの中に、昔一緒に安保闘争をしたという
学生運動のリーダーのお葬式に出席した話がUPされていた。
機動隊との衝突で検挙されて、就職できず
プロの活動家として生き続けて老後を迎えたらしいリーダー


「晩年は、
 生活保護を貰いながら、独り暮らしをしていたそうだ。
 苦しい生活の憂さ晴らしにアル中になっていた・・・」
と。

バブルがはじけて、円高不景気の中で
非正規のまま中年になってしまった単身者はいる。
高齢者人口増加とともに、この層がこのままだと
年金どころか、生活保護費など社会保障費はどうなる・・・

「自由万歳!」と生きてきた人の人生の壁は
政治や社会の責任だけでは無いと思うよ。


正社員だって「持てる者」ではないんだよ。
自ら「持たざる者」を選択した人の現実などは、
見ている余裕もない。


★中核派がまた渋谷で暴れる 
 首謀者は雨宮処凛

 http://blog.livedoor.jp/tonchamon/archives/52073343.html
amamiya396bdea1.jpg








夫が勤務する会社は、昔、
労働基準監督署の調査を受けて
長時間労働など社員の労働環境を
「改善しないと社名を公表しますよ」と警告され
改善計画を提出し、全社で残業など働き方をチェック。
管理職は部下のうつ病対策の研修を受けて
部長クラスは中間管理職のうつ病対策が評価対象で
定期的に部下一人一人と面談して、総務に報告義務
各事業所に医療カウンセラーも配置したのに・・・

電通さんは、
労働基準監督署にお目溢しされていたの




政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あや

  • Author:あや
  • 韓流に嵌った母と義母の為に
    韓国情報を調べていたら・・・
    韓流ブームに仕掛けられた
    怪しい罠に気付いてしまった。
    韓流の闇と、利権や陰謀
    仕掛け人を徹底研究!
ランキング
ランキングに参加しています!
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索