ノーベル医学生理学賞に大隅良典・東工大栄誉教授

★<ノーベル賞>医学生理学賞に
 大隅良典・東工大栄誉教授

 毎日新聞 10月3日(月)18時36分配信
 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161003-00000051-mai-soci
スウェーデンのカロリンスカ研究所は3日、
2016年のノーベル医学生理学賞を
東京工業大栄誉教授の大隅良典氏(71)に授与する
と発表した。
大隅氏は生物が細胞内でたんぱく質を分解して
再利用する「オートファジー(自食作用)」と呼ばれる
現象を分子レベルで解明

この働きに不可欠な遺伝子を酵母で特定し、
生命活動を支える最も基本的な仕組みを明らかにした。
近年、オートファジーがヒトのがんや老化の抑制にも
関係していることが判明しており、疾患の原因解明や
治療などの医学的な研究につなげた功績が高く評価された。

 日本のノーベル賞受賞は、
14年に物理学賞を受賞した赤崎勇、天野浩、中村修二の3氏と
15年の大村智氏(医学生理学賞)と梶田隆章氏(物理学賞)
に続き3年連続の快挙となった。
受賞者数は、米国籍の故・南部陽一郎氏(08年物理学賞)と
中村修二氏(14年同)を含め計25人
(医学生理学賞4、物理学賞11、化学賞7、文学賞2、平和賞1)
となる。
授賞式は12月10日にストックホルムで開かれ、
賞金800万スウェーデンクローナ(約9500万円)が贈られる。

 生物は飢餓状態になると、自らの細胞を作り替えたり
休眠状態になったりして乗り切ろうとする。
このことは、哺乳類の冬眠や、粘菌がアメーバ状態から
胞子を形成することなどを通じて古くから知られていた。
細胞の内部で自らのたんぱく質を分解する仕組みが
あることは1960年代に、
ベルギーのドデューブ(74年ノーベル医学生理学賞)が
マウスの臓器で見つけ、オートファジーと名付けていたが、
分子レベルでは未解明のままだった。

 大隅氏は東京大助教授だった88年、
微生物の一種・酵母を栄養不足で飢餓状態にすると、
液胞と呼ばれる小器官に小さな粒が次々とたまっていく
様子を顕微鏡で見つけた。
酵母が自らの細胞内にあるたんぱく質などを
液胞に運び込み、さまざまな酵素を使って分解する
オートファジーの過程だった。

 さらに93年、飢餓状態にしてもオートファジーを
起こさない酵母を14種類見つけ、正常な酵母と
比較することで、オートファジーを起こす遺伝子を突き止めた。
この遺伝子は酵母以外の動植物の細胞でも
相次いで見つかり、この分野の研究は大きく進展した。

 オートファジーは酵母のような単細胞生物から
ヒトなどの高等生物に至るまで共通して持っており、
生物が生き延びるための基本戦略となっている


近年はパーキンソン病やアルツハイマー病などに共通する、
神経細胞での異常なたんぱく質の蓄積を防ぐ働きを
していることが分かってきたほか、
がん細胞の増加や老化の抑制にも関与している
と考えられている。

 大隅氏の発見を機に、
年間数十本だった関連論文は今や同4000本にまで急増。
近年最も発展している研究領域の一つとなっている。

(引用ここまで)



★ノーベル賞  「苦労を見てきた」…
 大隅さんの共同研究者

 毎日新聞2016年10月3日 21時27分
 http://mainichi.jp/articles/20161004/k00/00m/040/053000c
















>80~90年代に基礎研究への支援が
 手厚かったから、今があるのだ


人気の”エース”的研究ではなく、
他人と違う事をやりたかったという大隅良典教授。
年間数十本だった関連論文が
今や年間4000本にまで急増・・・
如何に地味な基礎研究をコツコツとしてきたか
そうした研究にも、ご苦労が有っただろうけれど
予算が下りたということ。

「二番じゃダメなんですか?」と、うすら笑いを浮かべて
政治家が言い出すようでは、
 ren7400d9dc_201610040128229a9.jpg
一番どころか、
一生・・・二番にも三番にもなれないという事。




うちの旦那も、当初は基礎研究部門だったけれど
バブルがはじけて、円高が長く続くと・・・
儲からない会社は、徐々に体力は失われ
基礎研究部門の予算が削られていく。
夫と共同研究をしていた人は、見切りをつけて
会社を辞めてアメリカの大学に移っていったわ。

次世代の「種」は、儲けとは無縁な地味な研究に
落ちていることが多い。



勿論、芽が出ない種もある。
でも種を撒き続かなければ、花は咲かない。

そして、どんなに良い種を持っていても
土も水も栄養も無ければ芽は出ない。
手間暇かけてこそ、美しい花になる。

基礎研究の成果によって応用研究が産まれる。




★「科研費について思うこと」
 大隅 良典 東京工業大学 
 フロンティア研究機構 特任教授

 https://www.jsps.go.jp/j-grantsinaid/29_essay/no78.html
平成27 年度に実施している研究テーマ:
「オートファジーの分子機構の解明と
 細胞生理学への統合」(特別推進研究


助手になって初めて科研費を貰ってうれしかった思い出も、
はるか昔のことになった。
もちろん、私も若い頃は研究費の綱渡りで苦しい思いをした。
自分では、いい申請書だと思っていても不採択の通知をもらい、
落胆していると秋に補欠採択の連絡が届き、交付申請書と
次の申請書をほぼ同時に書いたという経験を2度もしたのを
今もよく覚えている。
私の研究のほぼすべてが科研費に支えられてきたこと、
とりわけ近年は特別推進研究のサポートを頂いて
ここまで研究を進めることができたことに心から感謝している。


文科省、JSPSには、基礎研究を支えるべく科研費に
ついて様々な工夫をして頂いているが、
私が特に生命科学の領域の研究に関して、科研費の制度
について日頃思うことについて述べてみる。

 科学研究費“補助金”とは、
元来研究ができる環境が整った上で、さらに成果が
期待できる研究をまさに「補助」して支援する制度であり、
従って補助事業に資さない什器の購入などには使えない。
以前は講座費という形で研究費があったので、
科研費がなくとも最低限の研究を進めることができた。

これは研究の裾野が拡がるという大きな意味を持っていた。
しかし、昨今の国立大学法人等に対する
運営費交付金の削減と、予算の競争的資金化によって、
大学や研究所の経常的な活動のための資金が
極端に乏しくなってしまった。

運営費交付金はほとんど配分されないため、
科研費等の競争的資金なしには研究を進めることは
困難である。すなわち、補助金が補助金ではなくなり、
「研究費」そのものになっている。
さらに、研究科や研究所の経常的な活動の費用を
捻出するためには、競争的資金の間接経費が
重要な比率を持つようになった。


科研費の基本が個人研究であるという考えは、
一見妥当なように聞こえるが、実は問題点も多い。
例えば、競争的資金の獲得が運営に大きな影響を
与えることから運営に必要な経費を得るためには、
研究費を獲得している人、将来研究費を獲得しそうな人を
採用しようという圧力が生まれた。

その結果、はやりで研究費を獲得しやすい分野の
研究者を採用する傾向が強まり、大学における研究の
あるべき姿が見失われそうになっているように思える。


このことは若者に対しても少なからず影響があり、
今はやりの研究課題に取り組みたいという指向性が強くなり、
新しい未知の課題に挑戦することが
難しいという雰囲気をますます助長している

結果的に、次代の研究者はますます保守的になって
新しいものを生み出せなくなって
しまうのではないだろうか。


(続きはリンク先で)



昔、
何の種も蒔いていなさそうな自称科学者は呟いた・・・





暇そうだ・・・


トレンチコートを着て、電子レンジを使いながら
「軍事研究は悪魔の所業!」
とか言っていそう・・・





未来に種を撒くことを忘れたら、滅びていくしかない。

小学生レべルの学級崩壊状態の予算委員会では
研究者の嘆きの声は届かないのだろうなぁ・・・
この人達の給料を研究費に回したい!

下らない野次、
一人に付き1回50万円程を徴収して
各研究機関に寄付すれば?






どんなに困難でも
前に進もうとしなければ何も生まれない。
批判しているだけでは何も出来ない!
どうやってパイを増やすか、
どうやったら未来の人材を育てるのか、
そういう建設的な議論ができないのかね・・・






政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あや

  • Author:あや
  • 韓流に嵌った母と義母の為に
    韓国情報を調べていたら・・・
    韓流ブームに仕掛けられた
    怪しい罠に気付いてしまった。
    韓流の闇と、利権や陰謀
    仕掛け人を徹底研究!
ランキング
ランキングに参加しています!
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索