安倍総理所信演説中の拍手批判と、鳩山元総理演説時に大絶賛していたTV

★安倍総理の所信演説中の
 スタンディングオベーションを批判する人達と、
 2009年・鳩山総理の演説の時、
 大絶賛していたコメンテーター達

 テレビにだまされないぞぉⅡ 2016年9月27日 (火)
 
http://dametv2.cocolog-nifty.com/blog/2016/09/post-9e4b.html
(引用開始)
鳩山総理大臣、昨日ですね、
就任後初の所信表明演説を行いました。
演説は、竹下内閣以降の歴代総理で最長の52分間。
文字の数も12,950字、

最近の二倍という異例の長さ。
得意の友愛のフレーズも交えて
政権運営の決意を力強く訴えました。

 hato014.jpg

ところが、夕方の報道番組、ニュース番組は
各局とも酒井法子被告の初公判のニュースが
大半を占め、埋没してしまった
と、、いう事なんですねぇ

(中略)
そして、えーコチラ自民党の谷垣総裁なんですが、
鳩山総理の所信表明演説の際、
衆議院本会議場の民主党の新人議員らが、
演説の節目節目で一斉に拍手と共に
『そうだ!』などと歓声をあげた
ことについて


『ヒトラー・ユーゲント(ナチス党の青少年組織)が
 ヒトラーの演説に賛成しているような
 印象を受けた』
と皮肉った。と

ただ大島幹事長もですね、昨日の会見では、
平成17年の郵政選挙の後、小泉総理に
若い自民党議員が拍手していたが、
それ以上だったと語ったという事で、

それ以上だったということは、
結局似たようなもんだという感じはするんですけどもねー、

(中略)
デーブ氏
「あとね、ヒトラーと比較すること自体、
 不謹慎ですよね。

 中身が全然違うし、オバマだって演説すると
 皆拍手するわけですから
、ところどころですね。

 それを言ったこと時点で、もうあまりにも
 次元が低すぎると思いますよね。

 そんな大した意見言えないんだったら、
 黙っていた方がいいと思うんですよね。」


(全文はリンク先で)






>ヒトラーと比較すること自体、
 不謹慎ですよね。


tv718025f7-s.jpg

sa2944680fc416dc51979a1267.jpg

tv2d45998c322235dd02176c15c5b1daf.jpg


★安倍さんは
 「粗野・無知の和製ヒトラー」になった

 サンデー毎日 2015年5月24日号
 http://mainichibooks.com/sundaymainichi/column/2015/05/24/post-90.html
GWの間、安倍晋三首相と日本に、
何か空恐ろしいことが起こるような
気がしてならなかった

 日米首脳会談後の共同記者会見。
安倍さんが下ばっかり見ながら「日米同盟の歴史に
新たな1ページを開いた!」と演説している最中、
突然の突風。「棒読み首相」の手から
カンニングペーパーが2、3枚、飛んでいってしまった。
不吉だった。

(中略)
米国議会で得意満面だった安倍さんに
ヒトラーとよく似た「粗野・無知・無教養」を感じた。
一般教育レベルの教養に欠けている。

(引用ここまで)


★池上彰の番組に見る、
 ヒトラーと安倍晋三の共通点

 2015-07-27
 http://ameblo.jp/usinawaretatoki/entry-12055185450.html
tvimages.png




★“ヒトラー安倍”にご用心!? 
 日本の「群衆」を操作してきたのは誰なのか

 窪田順生の時事日想 2015年01月06日
 http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1501/06/news029.html
毎週日曜日に放送されているTBSの『サンデーモーニング』。
1月4日には「群衆と戦後70年」をテーマに、
コメンテーターたちが議論していたが、
筆者の窪田氏はあるパネルを見て驚いたという。
(中略)
お正月のバラエティ番組に飽きてきた1月4日、
ザッピングをしていたらいきなりヒトラーが現れた。

 年明け早々に歴史ドキュメンタリーでも
やっているのかしらと思って見ていたら、
『サンデーモーニング新春スペシャル
  群衆と戦後70年』
なる番組だった。

『サンデーモーニング』という番組は、
なにかとつけては安倍さんや麻生さんを
ヒトラーと重ねることで知られている。

「またいつものやつか」とチャンネルを変えよう
としたところ、「ル・ボンの《群衆》キーワード」
なんてのを紹介しているが目に入って手が止まった。

(中略)
TBSへ舞い戻ってくる“ブーメラン”

ほら、どれかひとつは思い当たるでしょ、
 みなさんもヒトラー安倍に操られる
 群衆にならないよう気をつけましょうね

という結論へもっていきたい制作サイドの
あまりの露骨さもさることながら、なによりも驚いたのは、
これらがあまりに美しい曲線を描いて、
赤坂のTBSへ舞い戻ってくる“ブーメラン”
なってしまっている点だ。

 実はル・ボンの説いた群衆を操作する方法
というのを、現代において忠実に実践しているのは、
安倍さんでも自民党でもない。
「テレビ」なのだ。

(引用ここまで)





★ヒトラーと安倍総理は「個性的」か。
 ~ひ弱な総理が独裁者と呼ばれる理由~

 ハフィントンポスト 2016年03月31日
 http://www.huffingtonpost.jp/yoshifumi-nakajima/hitler-abe_b_9536144.html
安倍総理とヒトラーを重ねた批判は度々目にする。
安倍総理がそこまで批判されるほど凄い政治家だとは
思わないが、
強く批判するためにヒトラーと同じという
表現につながっているのだろう。


意見の違いは別にして、こういった批判は
個人の性格、性質、思想信条によって問題が起きている
つまり該当する人物(今の日本なら安倍総理)さえ
いなくなれば問題は解決する
という
無意識の発想が根本にある。


安倍死ねとツイッターで書き込んでしまう人
安倍総理を危険人物とみなしているのだと思うが、
自分から見ればこのような無意識の発想の方が
より無防備であり、危険だと言わざるを得ない。

(引用ここまで)

tvba8d1f81.png

s0bf1dd76_20160928120915bb8.jpg





この数年、
野党は「アベ政治を許さない」キャンペーンを
マスゴミ共々やってきたわけですが・・・
有権者が投げかける疑問
abeCjnBTiEUkAEuGC7_20160928124511359.jpg

その答えが・・・
「蓮舫党首」だったわけでして。

「アベを引きずり降ろして蓮舫さんに!」
と、政権交代を狙うのでは
有権者のガッカリ感を全く理解していない。

有権者が欲しているのは
まともな「野党」なのですよ!

「アベ政治を許さない」と言うのなら
アベ以上の有能な人材を連れてきて
国民に政権交代を呼びかければ良いだけの
簡単な話なのですが・・・。






蓮舫さんは党首になって、
色々と洋服を新調されたのでしょうが
党運営の様々な難問解決よりも
舞台衣装選びに懸命なのでしょうね。
女性の目線で申し上げれば
「所詮、キャンペーンガールだからね」と辛辣になってしまう。

安倍内閣の「女性の活躍」政策に蓮舫さんは、
「”女性”と言われないで
 能力で評価される社会にして欲しい」


一番、「女性だから」選ばれた人に言われましても・・・


小池都知事の所信表明中。
  AS20160928001861_comm.jpg

上品な濃い目のローズピンクに黒のインナー
黒色のネックレスという服装。
語り口の柔らかさと同調させた
「攻撃だけではない」というジャケットの色と
引き締めていきますよ!と言うインナーの黒色。

計算された自己プロデュース・・・。
小池さん自体は嫌いでも、
演出の上手さは評価できる。頭が良い人と印象付ける。

ヒラリーの強さを強調した上下赤色のパンツスーツ。
計算したけれど、ラインが美しくない。



女性議員のファッションは、お洒落をするためではなく
ネクタイとスーツの質だけでしか表現できない
男性政治家に比べて
全身で表現できる特権的な戦略ファッション。

今、蓮舫さんが選ぶべき服装は
自分を綺麗に見せるだけのファッションではなく
党を率いていく政治姿勢を表すメッセージ性が
一番必要なんだろうけれど・・・




政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

社会主義国は、独裁的で言論統制の全体主義ばかり

ヒトラーが、敵を明確にすることが目的であったとしても、手法は「誰が敵であるか」を限定するメディア統制でした。

アベしんぞうと仲間たちが、敵を限定する全体主義ならば、メディアをもうちょっとうまく使うでしょう。
それぐらいの知恵はあると思います。ほんとうに「ヒトラー」とその信奉者なら。

アベを必死に民衆の敵にしたてあげるのも、「思想統制」というより「情緒統制」。さらに低レベルですね。
悪質な印象操作をしているマスコミこそ「ヒトラー」に近い。
プロフィール

あや

  • Author:あや
  • 韓流に嵌った母と義母の為に
    韓国情報を調べていたら・・・
    韓流ブームに仕掛けられた
    怪しい罠に気付いてしまった。
    韓流の闇と、利権や陰謀
    仕掛け人を徹底研究!
ランキング
ランキングに参加しています!
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索