韓流研究室

ARTICLE PAGE

領土や領海、領空の警備中の海上保安庁、警察、自衛隊に敬意を示す拍手に、異様な光景と批判する野党

★首相の呼びかけで自民議員が起立・拍手 
 衆院議長は注意

 朝日新聞 2016年9月26日17時21分
 
http://www.asahi.com/articles/ASJ9V5K7MJ9VUTFK012.html
安倍晋三首相が26日の衆院本会議で行った
所信表明演説で、
領土や領海、領空の警備に当たっている
海上保安庁、警察、自衛隊をたたえた際、
安倍氏に促された自民党の議員たちが
一斉に立ち上がって手をたたき続けたため、
約10秒間、演説が中断した。

大島理森議長は「ご着席下さい」と議員らを注意した。

 安倍氏は演説で
現場では夜を徹し、今この瞬間も
 海上保安庁、警察、自衛隊の諸君が
 任務に当たっている
と強調。
今この場所から、
 心からの敬意を表そうではありませんか

と呼びかけた。
これに自民議員らが呼応して起立。
安倍首相も壇上で拍手をした。

 安倍氏と自民議員らの行動について、
民進党幹部
「品がない。
 国会のルールを無視した最悪のパフォーマンス」

と批判。
日本維新の会の馬場伸幸幹事長
「ちょっと異常な光景だ。
 落ち着いて真摯(しんし)に議論をしあう
 という状況ではなく、
 自画自賛をするためにやっていると、
 言論の府ではなくなってしまう」

と懸念を示した。
生活の党の小沢一郎代表
異様な光景だ。
 今までも日本の議会では見られないと思うし、
 北朝鮮か中国共産党大会みたいなアレで、
 ちょっとますます不安に感じた

と語った。

 一方、
自民の高村正彦副総裁は同日夕の党役員会で
「所信の演説の最中のスタンディングオベーションは、
 自分の経験上も初めてのことだった」

と興奮気味に語ったという。
二階俊博幹事長が役員会後の記者会見で明かした。
二階氏自身は
「総理に対する信頼がああいう形になって現れた」
として、問題視しない姿勢を示した。

(引用ここまで)






民主党幹部は、品が無いだと???






生活の党の小沢一郎代表は
今までも日本の議会では見られないと思うし
 北朝鮮か中国共産党大会みたいなアレで、
 ちょっとますます不安に感じた


というが、年寄り特有の健忘症だよね。
ああ・・・国会議員なのに
滅多に国会に出席しないから

自分が所属した党が何したかは知らないのか・・・



民主党政権は、本当に気持ち悪かった!



>日本の議場では初めてでした。





アメリカでは、消火活動中に亡くなった消防官の
葬儀パレードで、街を守って殉職した消防官の棺に
市民達は街頭に立ち、黙祷をささげて見送る。





どっちが品が無いのかな?



★宮崎岳志
  minsu90872cddcd5c5e8250bf25eff6034be5_tn296.jpg
  https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%AE%E5%B4%8E%E5%B2%B3%E5%BF%97
 元上毛新聞社記者
第46回衆議院議員総選挙では、
自民党の佐田玄一郎に敗れ、比例復活もならず落選した。

2014年12月の第47回衆議院議員総選挙では、
再び佐田に敗れ、無所属の上野宏史(前職・落選)の
得票数にも及ばなかったものの、
比例北関東ブロックで復活当選した





民進・蓮舫代表
「安倍晋三首相の頭には夢の世界が広がっている」

一般国民
「民進・蓮舫代表の頭には
 夢の無い狂気の世界が広がっている」
 



政権交代して、首相の座を狙っている民進党・蓮舫党首。
次の内閣
▽法務・特定秘密 有田芳生(参)




真矢みきさんのコメントに、
思わず大きく頷いて拍手した私!


蓮舫が小池都知事に擦り寄ってきた事について
怖い。女性だし応援したいが
 都知事選の時に批判してた
 蓮舫の熱を見てると
 舌の根も乾かぬうちに2ヵ月で
 人を変えるんだなと。
 こういう人は友達は出来ません


「二番じゃダメですか?」の蓮舫さんは残念な女優。
主役を取れない二流の女優の臭い芝居。
政治家は夢を語れなければダメという武田鉄矢。





テレビ関係者いわく
「豊洲の話は今週辺りから沈静化。
 結局R4の二重国籍をやりたくなかった。
 そこにあったのが豊洲ってことです」







女性議員がファッションを楽しむ事には
反対しません。良い事だと思います。
スーツ姿の男性議員には出来ない特権ですから。
ただ、女性議員にとって、服装はセルフプロデュース戦術。
TPOで使い分けるセンスが大切。

イギリス史上二番目の首相となったテリーザ・メイさん。
昔からお洒落な靴や派手なファッションを好むので、
「ファッション番長」というあだ名が有りました。
im.png

首相就任の際には、お胸の空いた服も着ます。
imtheresa-may-cnn.jpg

下品に見えないのは
ドレスやジャケットの生地の高級感と仕立ての美しさ。
セレブな品格を感じさせます。
メイ首相は、就任後のファッションや表情は
自分の考えを表に出さず、政治家同士で馴れ合うことを
良しとしないため、「氷の女王(the Ice Queen)」と
呼ばれてきたイメージを変えるためか
知性と、女性の柔らかさと、品格
自己プロデュースしていますね。
im15297936-10-choses-a-savoir-sur-theresa-may-favorite-pour-succeder-a-cameron.jpg

im6EfZT336f62EI5U.jpg

is20160713004731_comm.jpg

国民を二分したEU離脱後のイギリスで
将来への不安を感じる国民に、
安心感とイギリスの品性を演出しているのでしょうか?

私が注目したのは、
バッキンガム宮殿へ参内し、エリザベス2世女王から
首相就任の承認を受けた時のシーン

imph160715-5.jpg

上流階級の女性の嗜みであるカーテシーが
以前に比べて、実に美しくなったこと!
im459678532.jpg
ヒールのあるパンプスのスーツ姿での
美しいカーテーシーはすぐに出来るものではありません。
 curtsey_201609270444057b7.jpg

かなり努力して練習したのだと思います。
ヨーロッパ伝統の女性のカーテシーという儀礼は
姿勢良く、深ければ深い程敬意を表します
cuthatcher-birthday-curtsies-to-queen.jpg

上手く出来るかどうかで、
品格が評価され、比較対象となります。
curtsey2.jpg

貴族出身のダイアナ妃のカーテシーの美しさも
世界一と謳われましたが
父はタイヤのセールスマン、母は秘書という
庶民出身の、エリザベス女王陛下の第3王子
ウェセックス伯爵エドワード王子のソフィー夫人の
カーテシーの美しさも洗練されています。
 cu0316060512177738896.png

メイ首相のカーテシーの変化をみると
保守党としては左寄りのリベラルなメイ首相ですが
「伝統を守る」という意志と
女王陛下への深い敬意を感じます。
生足のオープントゥは、正式な場ではマナー違反かと・・・
目立ちたいアピールだけでは、品性が有りません。

蓮舫さんも、カリアゲ頭に襟立て白スーツで
政治家的自己プロデュースをしていますが・・・
彼女のファッション・センスが
何故か、銀座の高級クラブなどで働く方の
【キャバスーツ】に見えてしまう
のは・・・如何なものか。

r41-1.jpg
 ren420100608181408.jpg

 bs2016-st_1.jpg
 http://shop-list.com/women/belsia/bs2016-st/


★欧州王妃さまたちのカーテシー
 http://blog.livedoor.jp/remmikki/archives/4970585.html




舌の根も乾かぬうち・・・
掌返しは、民主党の伝家の宝刀!
記憶喪失なのか???







★水戸出身の零戦パイロット・
 杉浦茂峰兵曹長 ご神体、
 あす台湾から里帰り

 東京新聞 2016年9月20日
 http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/list/201609/CK2016092002000148.html



>ミャンマーのセイ・ウィン国防相は
 「日本軍の独立支援にいつも感謝している」
 と大東亜戦争の日本軍への
 謝辞を惜しまなかった。


日本の反日政治家は、
安保法で、口先だけ「自衛隊員が心配」と言うが
今回のように、
365日24間日夜! 緊張感の中で
日本の領土や領海、領空の警備に当たっている
海上保安庁、警察、自衛隊の皆さんに敬意を払おうと
拍手をしただけで、異常という。
本性が解る!

一方、他国の政治家は
戦時中の事を覚えていてくれて謝辞を惜しまない・・・

昔から「先生と呼ばれるほどの馬鹿でなし」
議員など、おだてられていい気になっている人を
皮肉る川柳が流布されるほどですが、
もう本気で、
アホな議員は「先生」と呼ばない方が良いと思う。

こんな「社会実験」をしてみるのも一考かと・・・


★病院内で患者に「様」をつけて
 呼びはじめたら
 どんどん態度が横柄になっていった...
 怖い社会実験みたいな話

 http://togetter.com/li/1027710



国防を考えず他国の政府の言いなりの国会議員は
議員の資格なし!

つい最近まで外国籍を持っていた党首は反省無し・・・







政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply