韓流研究室

ARTICLE PAGE

もしも蓮舫議員の二重国籍問題を蓮舫議員が追及したとしたら

もしも蓮舫議員の二重国籍問題を
蓮舫議員が追及したとしたら


 

あまりにも、上手く出来ているので
民主党誕生時の「鳩山vs鳩山」よりも上手い!
内容をシンプルにして再投稿します。
この動画を観れば、
蓮舫議員の人間性がよく解りますよね。



★蓮舫二重国籍の重大新事実!
 日本国籍を選択してなかった!

 アゴラ 2016年09月24日
 
http://agora-web.jp/archives/2021617.html
蓮舫さんの本日の記者会見についての
産経新聞の詳報によると、
蓮舫さんは二重国籍のうち
日本国籍の選択をそもそもしていなかったようだ。

蓮舫さんこと
従来の中国名:謝蓮舫(日本名:村田蓮舫)さんによると、
台湾から国籍喪失手続き完了の書類が届いたので、
それをもって目黒区役所(?)に
日本国籍選択を23日に届けたようである。

これまで謝蓮舫さんは1985年1月21日に日本国籍を
合法的にゆるされた二重国籍として取得したあと、
22歳までにいずれかの国籍選択をすることと、
もう一方の国籍を放棄することをする法的義務があった。
すでに、9月13日に台湾からの国籍離脱をしておらず、
二重国籍状態にあることは認めていたので、
私もたびたび、日本国籍選択の日付けを
明らかにするように求めていた(参照;9月21日のアゴラ記事)。

しかし、
そもそも日本国籍選択はされていなかった
ということのようだ。
日本国籍選択にはふたつの方法があって、

①台湾の籍を抜いたことを届ける

国籍選択宣言を区役所でして
 あとで台湾籍を抜く
である。


従来は②をしたようなこといっていたので
それはいつかを示せといっていたが、
そもそも、新聞記事を見る限り
なにもしてなかったということらしい。
少なくとも。新聞記事からはそうとしか取れない。

まさかとは思ったが
上記アゴラ記事で第三の可能性として指摘していた
最悪のケースである。
記者会見の完全なやりとりではないので、
正確さを留保しなくてはならないし、
法律的検討を十分する時間がないものの、
とりあえず問題提起させてもらう。

(引用ここまで)







国籍法について、擁護していた側だった
元検事のモトケンさんも・・・呆れてしまうレベルか。

蓮舫さんは、日本国籍を取得後
2重国籍解消の努力をしてきたと言い張るが


周囲に
「台湾に選挙に行く」と言っていたのですから
これは嘘ですねぇ。


成人しても台湾国籍のままでいた事を自認している。

この事案は、
山尾志桜里議員の事務所の、隣のガソリンスタンドの
ゴミ箱を漁って他人のプリペイドカードの領収書を使い
地球7周分のガソリン代を請求していて
発覚してもとぼけたままの行為よりも、更に悪質です。


しかも、都合の悪い画像がどんどん削除される・・・
朝日新聞は、↓の記事を著作権法違反で削除主張。








蓮舫さんは
小池都知事にあやかろうと媚びているが

小池都知事のしたたかさは、
経験値からくるもので
蓮舫さんには、その経験値がまるで足りない。
「したたか」は、策略家としての誉め言葉。

蓮舫さんの方はあざとい
抜け目がなく貪欲で、悪辣、思慮が浅い。
他者を恫喝する時は威勢がいいが
守りに入ると、嘘と作り笑いで逃げようとする。
小池知事と並ぶと、器の違いが明確になって
不利なのに・・・時の人に媚びたいのだろうね。
小池都知事が弱みを見せたら
蓮舫さんは、途端に豹変して恫喝するのでしょう。

民進党初の「女性党首」という看板だけ掲げても
実力の無い女性では、単なる看板で終わってしまう。






日本では、騙す方が悪い。
中国では、騙される方が悪い・・・

http://matometanews.com/archives/1716865.html


また一つ、嘘がバレた・・・




政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 4

マザー

つまり・・・

つい先日までずっと、レンホウ氏は在日台湾人であって、
台湾のパスポートを見つけたのではなく
台湾のパスポートしか持っていなかったということなんでしょうかね。

2016-09-25 (Sun) 00:02 | EDIT | REPLY |   

あや

Re: つまり・・・

> つい先日までずっと、レンホウ氏は在日台湾人であって、
> 台湾のパスポートを見つけたのではなく
> 台湾のパスポートしか持っていなかったということなんでしょうかね。

「台湾に選挙に行く」と言っている事から
在外台湾人向けの投票権か?

今回、台湾政府に返還した”子供の頃”取得のパスポートの
渡航記録を公表されたらマズイと思う。
5歳の時に取得した台湾パスポート期限は5年間。
14歳から10年間の期限になるから、この時期に更新していると
少なくても24歳までは使用可能。
日本国籍のパスポートは、国籍法改正で”日本国籍”で申請できるけれど
日台2つのパスポートを使い分けていた可能性があると台湾からの情報。
議員になってからは議員パスポートが使える。

外務省のHPだと、22歳までに国籍選択し離脱していないと督促。
(実際は罰則がないけど)
22歳を過ぎても離脱の努力義務を怠っているどころか
日本と台湾で参政権を駆使?という疑惑。
お父さんは台湾籍のままなので、死亡時の除籍手続きや、
父親が経営していたバナナ輸入商社の資産相続など
財産相続時の疑惑もあると台湾情報。

2016-09-25 (Sun) 23:07 | EDIT | REPLY |   

弓取り

あほう vs あほうブーメラン 書きお越し

ご紹介の動画。傑作でした。まあ、はっきり言って、これまで露見していないのは、与党も身内の者もおかしいです。もちろん、ジャーナリストもね。
蓮舫は、敵のイメージダウン策略でしかないネチネチした問い詰めが建設的ではありません。慇懃無礼な演技が軽薄で不愉快な奴です。
それに違和感を感じない有権者もまずかったのですね。

以下、大笑いした発言。不快感も思い出しますけど。動画の発言の正確な書き起こしって大変ですね。長くなっちゃいましたけど。

まあ、いいじゃん、で済む問題でしょうか?
他人にまかっせきり・・・ですか。
認識の薄さに愕然としました。
いつ?いつ確認しましたか?
違法行為ではないでしょうか。
笑ってる場合じゃありませんよ!
(溜め息、はぁ)。私は、ほんとうに呆れています、絶望レベルです。
あのぉ、法律を自分の都合の良いように解釈しないでもらえませんか。
認めているじゃないですか。ご自分が違法だと認めることになりますね。
説明が二転三転して、まったく整合性が取れていません。
一度リセットされて、ご自身で整理されたほうがよいと思います。
これで国民の理解を得られると、100%理解を得られると思いますか。
(「悲しい」「残念」などと)情緒的な表現をされても困るんです。
まったく納得できないと思いますが、いかがですか。
うそつきだろ、おめーは。とんでもねえよ。(合唱:うーそつき、うーそつき。)
(自分の「認識」だけで)法的に適している。
矛盾しています。
誠実に正直にお話しするつもりです。(いつですか?どこでですか?)
党として調査して、党として処分する。それが筋ではないですか。
今からでも、貴党の議員の違法行為には議員辞職勧告を出すべきです。
よくわかりませんが、「辞任せよ」とは言われないのですか。
その意識でよろしいんでしょうか。
責任は感じるだけでなく、取ってほしい。
私は、ここは「ケジメ」をつけたほうが良いと思います。
引責させるべきだと思いますが、いかがですか。

台湾当局の手続きが終われば、この問題は解決です。(ふざけるな)
まったく納得できない!ということを申し上げます。
私は特段おかしいとは思っていない!(居直るな)

自分が事業仕分けして、スパコンで日本が二位に落ちて目論みどおりの成果で嬉しかろうに、どの国が一位になったかシラを切り続けているのも醜い根性が露骨ですね。
小泉「なぜ蓮舫さんが人気があるのかわかりませんね。」

蓮舫氏が、日本人とは思えない感性であることは、かなり周知されたことでしょう。
ありがとうございます。

2016-09-26 (Mon) 00:32 | EDIT | REPLY |   

名無しさん

No title

法改正で母親が日本人の場合も出生時に日本国籍が与えられることになったときに、すでに日本人の母親から生まれている子供については付則で3年以内に(1)法務大臣に届け出て日本国籍を取得できる。
すると二重国籍になるので、
(2)22歳までに日本国籍選択必要。
これを怠ると
(3)法務大臣に届け出たが催告する。
(4)催告から、1ヶ月以内に国籍選択をしないと、日本国籍を失う。

蓮舫議員は(1)しかやってなかった。
法務大臣は催告をしなかった。

これが事実だから、二重国籍者が、選択をせずに、日本国籍喪失にもならずに
今まで来た。今回台湾国籍離脱書類を提出してやっと(2)の選択が行われ、二重国籍が解消された。

だから催告をせずに、国会議員選挙に立候補したり大臣に就任させてきた歴代法務大臣の怠慢が大きい。催告はすべきではなく、できるなので法務大臣の裁量の余地が大きい。どういう理由で催告しない裁量を発揮したのか、説明責任が求められる。憲法や法の精神からして、異常な裁量権の行使だ。

2016-09-26 (Mon) 13:39 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓流研究室 All Rights Reserved.