米中、北朝鮮の核開発支援疑惑で中国企業の摘発に動く

★米中、中国企業の摘発に動く 
 北朝鮮支援疑惑

 ウォール・ストリート・ジャーナル 2016年9月 20日
 http://jp.wsj.com/articles/SB10367111121010623688804582324113390571598

BN-PW631_nkorea_J_20160919100420.jpg
 丹東鴻祥実業発展と創業者の馬暁紅氏は、
 北朝鮮の核開発を支援した疑いで米中当局が
 捜査している(写真は会社資料の馬氏)

 【丹東(中国遼寧省)】
米中両政府が共産党員の率いる中国複合企業の
資金の流れを追っている。

米オバマ政権は、当地に本拠を置く丹東鴻祥実業発展と
創業者で最高幹部の馬暁紅氏が
北朝鮮核開発プログラムの支援に関与したとみている。

 米議会は今年、北朝鮮と取引する中国企業への
制裁などを盛り込む制裁強化法案を可決した。
中国企業を制裁対象にすることで、北朝鮮の動きを
封じようとする世界的取り組みの間隙を埋める狙いだ。

中国東北部・遼寧省の公安当局は15日、
長期的に「重大な経済犯罪」に関与した疑いで、
このほど鴻祥実業に対する捜査に着手したと明らかにした。
具体的な内容は説明しなかった。


 当局への提出文書などによると、
中国当局はここ数週間で鴻祥実業、馬氏、
馬氏の親戚や知人の資産を凍結した。


 米政府の関係者によれば、
米司法省の検事が先月2回にわたり北京に出向き、
馬氏と鴻祥実業の犯罪疑惑、とりわけ
北朝鮮の核開発と国際制裁の回避努力を
支援したとみられる証拠
について
中国当局に注意を促した。

 これら関係者によると、
司法省は早ければ今週にも
北朝鮮への資金支援が疑われる中国企業に
対する法的措置を発表する見通しだ。

具体的な容疑についてのコメントは避けた。

(引用ここまで)





遼寧省の人大代表、共産党員である
馬暁紅氏は架空の会社のCEOを務めて、
北朝鮮と違法な貿易を続ける
北朝鮮に売ったのは
ハッカー、航空、衛星、遠隔操作など技術






★「国連事務総長を10年やっても
  北の核問題を解決できなかった人物」

 韓国大統領選:
 潘氏出馬の動きに野党がけん制

 朝鮮日報 2016/09/20
 http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/09/20/2016092000823.html
与党セヌリ党の次の大統領候補として
有力視されている
国連の潘基文(パン・ギムン)事務総長が、
実際に大統領選挙に出馬する可能性が
非常に高まったとの見方が出始めたことを受け、
野党を中心に潘事務総長をけん制する発言が
相次いでいる。

(引用ここまで)




★チュチェ思想国際研究所の副理事長が
 国連事務総長に手紙

 2016年09月18日
 http://blog.livedoor.jp/tabakusoru/archives/65892780.html
【平壌9月18日発朝鮮中央通信】
チュチェ思想国際研究所のハリシュ・グプタ副理事長が
国連事務総長に手紙を送った。

 手紙は、チュチェ思想国際研究所の主催により8日、
平壌で行われた国際討論会に参加した
14カ国の代表である教授、博士、科学者、法律家、
人権活動家
が一致して
朝鮮に対する国連の経済制裁を早急に撤回する
ことを求めたことについて強調した。

 討論会の参加者が朝鮮の現実を体験し、
朝鮮の軍事力強化が国際平和と軍備削減を
破壊するという米国と南朝鮮当局の宣伝が
偽りであることを知ることになったと指摘した。

 朝鮮が国防力を強化するのは、
敵対勢力のあらゆる侵略策動を撃退して
国の自主権と保全を守るためであると強調した。

 国連の制裁は、朝鮮人民の生活に
否定的影響を与えており、これは国際法に
全的に違反すると指摘した。

 そして、最近、
北部地域が人的・物的被害を被った朝鮮を
援助すべき時点においても、朝鮮に対する
経済的制裁を中断していない国連安保理の立場を
人道的見地から検討すべきだと主張した。

 手紙は、国連を通じて
世界のすべての人々の良心に
米国とその連合勢力が広める
朝鮮民主主義人民共和国に対するデマ宣伝に
耳を傾けないことを訴えると強調した。

(引用ここまで)




チュチェ思想国際研究所に所属する14カ国の代表の
教授、博士、科学者、法律家、人権活動家とは
誰でしょうねぇ。
日本の代表は、この人達かな?


★チュチェ思想国際研究所初代所長
 「北朝鮮の政治は愛情の政治です」

 反日はどこからくるの
 http://blog.livedoor.jp/aryasarasvati/archives/46921029.html
(引用開始)
【北朝鮮に憑かれた人々―
 政治家、文化人、メディアは何を語ったか】

p136~138

北朝鮮ベタ褒め派の学者

 72年4月の金日成誕生六十周年に訪朝した
日朝社会科学者連帯委員会のメンバーは、
74年9月に前出の『チュチェの国 朝鮮を訪ねて』を刊行したが、
これは北朝鮮ベタ褒め派のアンソロジーともいうべきものであった。

 たとえば訪問団長だった安井郁法政大学教授は、
北朝鮮の政治は、
「抑圧的な権力政治ではなく、愛情の政治です」として、
こう書いている。

(続きはリンク先で)


★チュチェ思想の武者小路公秀と
 ドゥドゥ・ディエン

 http://blog.goo.ne.jp/taezaki160925/e/019623e6ea8e7c4ff4ced012e667e1d9


★チュチェ思想研究家と部落開放同盟と
 反差別国際運動(IMADR)と
 国連人権委員会と人権擁護法案と
 人権侵害被害救済・予防法案

 http://www.geocities.jp/houan74/cy-houan.html








★チュチェ思想新春セミナー
  “基地をなくして平和な沖縄を
 という北朝鮮の工作活動。

 http://chan75.hatenablog.com/entry/2016/03/09/000000
(引用開始)
東京都に事務局をもつ
チェチェ思想国際研究所
のHPによりますと、

” チュチェ思想は、人間中心の哲学思想であるため、
 徹底した革命哲学、政治哲学となります。”

”チュチェ思想は、民衆があらゆるものの主人であり
 すべてを決定する存在であるという観点 と立場から出発して、
 民衆の志向を反映し、民衆の闘争経験を一般化して定立し
 深化発展した 思想です。
 そのためチュチェ思想は、民衆の自主的要求と志向に
 全的に合致する絶対的な真理で あり、
 それゆえ民衆すべてが容易に理解することができ、
 闘争の武器とするようになります。”

(中略)
「チュチェ思想国際研究所」が東京に事務局を持つ事にも
驚いたのですが、
日本教職員チェチェ思想研究会全国連絡協議会
などの組織もあるようです。
主催者のお一人は沖縄大学名誉教授ですし、
教育現場にも いくらか浸透しているのでしょうね。

(続きはリンク先で)


★那覇市でチュチェ思想セミナー 
 沖縄から朝鮮半島を考える

 朝鮮総連機関紙・朝鮮新報 2011.2.2
 http://www1.korea-np.co.jp/sinboj/j-2011/05/1105j0202-00001.htm
沖縄チュチェ思想研究所連絡会主催
(チュチェ思想国際研究所後援)

「チュチェ思想新春セミナー」が1月8日、
那覇市の沖縄県立博物館・美術館で開催された。
セミナーには、
チュチェ思想全国連絡協議会の佐久川政一会長
(沖縄大学元学長・名誉教授)、
沖縄社会大衆党の島袋宗康元委員長、
日本キムイルソン研究会の田代菊雄会長
(ノートルダム清心女子大学名誉教授)、
沖縄大学の高良有政名誉教授、
チュチェ思想研究所の尾上健一事務局長をはじめ
沖縄の学者、社会運動家、
全国のチュチェ思想研究者約100人が参加した。


(引用ここまで) 


★朝鮮学校に高校無償化適用を 
 NGOが国連委に勧告要請

 http://blogs.yahoo.co.jp/houzankai2006/53013272.html






米司法省は、
北朝鮮への資金支援が疑われる日本の企業や団体も
リストアップしていて法的措置の準備をしているかもねぇ


★安倍首相、キューバ訪問で
 北朝鮮問題取り上げへ
 =自民政調会長

 ロイター 2016年 09月 20日
 http://jp.reuters.com/article/abe-cuba-idJPKCN11Q0O5?feedType=RSS&feedName=topNews&utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter




政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あや

  • Author:あや
  • 韓流に嵌った母と義母の為に
    韓国情報を調べていたら・・・
    韓流ブームに仕掛けられた
    怪しい罠に気付いてしまった。
    韓流の闇と、利権や陰謀
    仕掛け人を徹底研究!
ランキング
ランキングに参加しています!
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索