韓流研究室

ARTICLE PAGE

【朝鮮日報】日本はいくら侮辱し続けても韓国の友好国であり続けるのか

★【寄稿】日本はいくら侮辱し続けても
 韓国の友好国であり続けるのか

 朝鮮日報  2016/09/11
 
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/09/09/2016090901844.html
国際社会を自らの希望・期待で眺める韓国人

韓国は国際情勢に対して非常に敏感にならざるを
得ない宿命を抱えている。
米国、中国、日本、ロシアなどの大国に囲まれた
地政学的な位置はもちろん、経済的にも海外市場に
大きく依存するしかない地経学的な状況から考えても
そうだ。そのため国際情勢に対する客観的かつ
現実的な理解はもちろん、困難を乗り越える優れた
外交政策がどの国よりも必須になるのだ。

ところが実際は韓国人ほど周辺国についての
理解が乏しく、また国が直面する現実から
顔を背ける国もない。
「韓国人がどれほど裕福か
 韓国人が最も理解していない」
「北朝鮮の危険性を気にしないのは韓国人だけ」
「大国の日本を無視する国は世界で韓国しかない」
といった冗談めいた言葉も
単なる冗談には聞こえないのだ。

 しかし本当に深刻な問題は、
国際社会と周辺国に対する韓国人の独特な理解の
仕方が完全に固まっており、簡単には変わらない
という点にある。

国際情勢に対する客観的理解や分析は後回しにして、
われわれの希望や期待を前面に出すものの見方に
完全にはまり切る傾向が非常に強いのだ。
時には相手国の政策を何か「陰謀」のように受け取り、
これに簡単に納得してしまうこともある。
現実と懸け離れた非常に偏った考え方で
周辺国を理解しようとするわけだ。



 まず中国に対するわれわれの見方はぶれてばかりだ。
今や大国となった中国は、韓半島(朝鮮半島)では
北朝鮮と共に韓国を自分たちの側に引き入れようとしており、
また東シナ海では日本の優位を脅かそうとしている。
さらに南シナ海では人工島を建設してまで勢力を伸ばそう
としている。
このように中国は周辺国に対して非常に攻撃的である
にもかかわらず、われわれは中国を好意的に見る傾向が
非常に強い。これは北朝鮮との関係ばかりを軸に
中国を理解しようとするからだ。

そのため米中関係という観点から
米国の最新鋭地上配備型迎撃システム
「高高度防衛ミサイル(THAAD)」を理解する中国の反発に、
韓国は非常に当惑している。
「中国は北朝鮮側ではなく韓国側」という期待ばかりが
先立ち、結局は裏切られた形だ

国際情勢に対する中国の認識の根底には
「米国との戦略的競争」という発想があり、
その緩衝地帯となる北朝鮮を簡単に捨て去ることなど
あり得ない。ところが韓国人は
このような現実的な利害関係に対する認識よりも、
自分勝手な期待ばかりが先立っているのだ。

日本に対する見方も非常に単純だ。
日本を幅広い観点から理解するのではなく、
歴史の延長線上でばかり考えることに完全に
慣れ切ってしまっているのだ。


韓国人は
日本は韓国に対する加害者だから、
 韓国は日本に対して何を言っても
 やっても問題ない
と考えている。
また
「韓国と日本が現在、あるいは未来に
 何をどのように協力できるか」

といった考えも最初から後回しだ。
日本なしには韓国の安全保障や経済が動かない
という現実には最初から思いが至らない。

韓国は人口動態や社会・経済的状況など、
あらゆる面においておよそ20年遅れで
日本とほぼ同じ状況になっているが、
この事実についても韓国は顔を背けている。

日本が韓国にとって協力者であり、
また反面教師でもあることを理解するには
まだ多くの訓練が必要なのだ。

 米国に対する認識も非常に偏向している。
米国と自由貿易協定を締結する際には
「米国の牛肉を食べれば狂牛病(牛海綿状脳症、BSE)
 にかかる」と誰もが考えた。
しかし米国産牛肉を口にして健康を害したという話は
まだ聞いたことがない。
科学的な根拠などほとんどないにもかかわらず、
THAADと共に配備されるレーダーの影響で
農作物に害が及ぶという見方も定着している。
「米国が国を守ってくれるのは当然」と考える一方で、
同盟を強化するための方策には最初から反対する。


反米を高らかに叫ぶ市民団体も、
中国の圧力に対しては
なぜか声を上げないし、
また北朝鮮の核開発や
人権じゅうりんに対しても
抗議行動などは全くやらない。



 国際社会の流れを正確に読み取り、
周辺国の考え方をしっかりと把握できなければ、
韓国の運命は風前のともしびのようになってしまうだろう。

米国が未来永劫(えいごう)
われわれを守るという期待も、
また
日本はわれわれがいくら侮辱しても
友好国であり続けるという仮定も、

さらには中国はいつか北朝鮮を捨て
われわれの側につくという期待も、
全て一度立ち止まって考え直さねばならない。

国際社会はわれわれの希望どおりには
動いてはくれないのだ。


 国内問題ばかりに没頭し、
自分たちの利益ばかりを追い求めていられるほど、
韓国が直面する状況は安易なものではなく、
むしろ非常に危険で厳しいのが現実だ。


米国と中国、中国と日本が厳しく対立する転換期に、
韓国は自らの生存と繁栄をより確実なものとするため、
今後いかなる戦略を取るべきだろうか。
これは国際社会の動きを冷静に見据えた上で
判断しなければならないのだ。

パク・チョルヒ(ソウル大学日本研究所長、国際大学院教授)




確かに、今までの日本は

反米を高らかに叫びながら
中国の圧力に対しては
なぜか声を上げないし、
また北朝鮮の核開発や日本人拉致や
人権じゅうりんに対しても
抗議行動などは全くやらない
サヨク市民団体や学者達や
マスゴミ連中が一定数存在し、
「日本は韓国に対する加害者だから、
 韓国は日本に対して何を言っても」

日本は極悪卑劣な国だったのだから
ひたすら土下座をし続けて
国民の貴重な血税も、技術者の開発した貴重な宝も
全て差し上げて仲良くするべきだと
濃厚に主張する人々
による世論誘導がされてきました 。

それが未来永劫続くとは・・・思えません。

現実的な戦略が必要だと
サヨク的発想から脱して目覚めている日本人は
確実に増えています。





★近隣国に恵まれない日本…
 「国籍」「献金」
 外国への警戒心が薄過ぎる 9月10日

 産経新聞 2016.9.10
 http://www.sankei.com/column/news/160910/clm1609100004-n1.html









韓国が、
日本に嘘を付いているかの情報は
日本のメディアが報道しないでいても
簡単に入手できる時代です。
今までのように
「日本はわれわれがいくら侮辱しても
 友好国であり続ける」

などという妄想は・・・もう通用しません。







沖縄・高江に集結している活動家の正体も・・・
先日公務執行妨害で逮捕・釈放されたきむきがんさんは









蓮舫議員の報道に関しても、
メディアが事実を隠そうとすればするほど
過去に公開された情報が掘り起こされる。

既得権益の塊である老害メディアは、淘汰されていく・・・






以前、 ホテル日航金沢に宿泊した時
台湾からいらしたご一家と、
朝食の席が隣になったことがあります。
祖父母と両親と一緒に食事をしているお嬢さんの
一部の隙も無い「良家の子女」といった立ち振る舞いに
つくづく、お育ちの良いレディの品格を感じましたよ。
こちらは、
お嬢様育ちの人々には、想像もつかない
立ち振る舞いの女性・・・

品性って大切!



スケバンのような蓮舫議員が党首になった民進党の
将来の姿が予測できる光景。









★蓮舫さん 
 「自衛隊の装備・制服は中国に発注するべき」
  「尖閣には中国との間に領土問題が存在する」

 政経ch 2016/09/11
 http://fxya.blog129.fc2.com/blog-entry-30264.html?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter





★「朝鮮総連関係者を通じて
  日本のウラン濃縮技術流出」疑惑で
 国連が六ケ所村を現地調査しようとしたが
 日本政府が拒否していたニダ!

 特定アジアニュース 2016年09月09日
 http://specificasia.blog.jp/archives/1060903606.html
六ケ所村の核技術、北に流出疑惑、
日本の拒否で現地調査不発
 
(聯合ニュース 韓国語 2016/09/09)

(中略)
アメリカのシンクタンクは、
六ケ所村の施設の縮技術が在日朝鮮人団体の関係者
(在日朝鮮人科学者協会の科学者
(東亜日報))を
通じて北朝鮮に流れたという論文まで発表した。


これに対し、
国連の北朝鮮制裁委員会が専門家パネルに
調査を命じ、山本名誉教授らは技術の出処を探るため
日本側に六ケ所村での調査を認めてほしいと要請した。

日本政府は現地調査には同意せず、
聞き取り調査にだけ応じた。


結局、国連側は技術の流出疑惑を裏付ける
内容を確認できなかった。

(中略)
民主党政権:
2009年(平成21年)9月16日~2012年(平成24年)12月26日

(続きはリンク先で)






朝鮮日報が、今回こんな寄稿文を
日本語版に掲載したのは・・・
やはり、北朝鮮の核弾道ミサイル用の核実験で
現実的な「驚異」に慌てているからだろう。
中国と仲良くすれば、日本より優位に立って
「日本を侮辱し続けられる」と思っていたら・・・
頼みの綱の「韓流コンテンツ」は排除される始末。

日本だって、
北朝鮮にシンパシーを感じる市民団体や
学者・左翼メディアに支配されるスパイ天国

日本も韓国も、
もう、お花畑脳ではいられない・・・








政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 2

トマト

韓国って本当に空気を読まない民族ですよね 友好国ではないとあれだけ意思表示してるのに むしろ邪魔なのに

2016-09-12 (Mon) 05:40 | EDIT | REPLY |   

今更何言ってるの、朝鮮日報。遅いわ。

2016-09-16 (Fri) 09:23 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply