韓流研究室

ARTICLE PAGE

宮内庁、FRIDAYに「記事のような事実は一切ありません」

★「FRIDAY」(平成28年8月19・26日合併号)
 の記事について

 宮内庁 平成28年9月6日
 http://www.kunaicho.go.jp/kunaicho/koho/taio/taio-h28-0906.html
「FRIDAY」(平成28年8月19・26日合併号)
掲載された
「生前退位「天皇の意向」を受けとめた
 秋篠宮の覚悟」
と題する記事の中で,
秋篠宮殿下に関わる以下の誤った記載が
ありましたので,その点をお伝えいたします。


宮内庁の内情に詳しい人物が明かす。
 「陛下は皇太子殿下,秋篠宮さまと定期的に
  食事の機会を持ち,生前退位についても
  話されていましたが,
 陛下の意向を汲んだ秋篠宮さまがA氏を媒介に,
 NHKと接触したんです。NHKの記者は宮邸で,
 宮さまに直接面談取材した。」

「事の重大さに,記者は後日上層部を伴って
 再度宮邸に赴き,最終確認も行った」」,
「秋篠宮は覚悟を秘めた表情で,
 「お上のご内意をいただいて申し上げることですがー」
 と切り出したという」
と記載しています。

秋篠宮殿下には,
これまでも情報の取扱いについては
極めて慎重な対応をしておられる
ところであり,
また,入門や参邸の記録を確認しても,
NHK記者や上層部の人が取材のために宮邸に伺った
という記録はなく,記事のような事実は一切ありません。

なお,記事の中で「A氏」とされている宮内庁幹部にも
確認しましたが,そのような事実は全くありませんでした。

国民の皆さんに不要な心配をかけないためにも,
宮内庁ホームページを通じ,お伝えすることにいたしました。

(引用ここまで)


ゲスでお馴染みのFRIDAY妄想記事
http://friday.kodansha.ne.jp/archives/84698/




天皇陛下の「お言葉」を巡って、
勝手な解釈やスクープが続く。

先日の「そこまで言って委員会」の田嶋陽子氏のように
「陛下は仕事がきついっておっしゃっているんだよ。
 だから早く辞めさせてあげなきゃ!」
などと頓珍漢なコメントを言い
「陛下はそんな事は一言も仰っていない!」と
ゲスト出演者から一斉に批判を浴びたのだが
「あなた達、
 あのお言葉の裏の意図も読み取れないの?
 文学を勉強した事無いのぉ???」

はぁぁ???????だった・・・

NHKが「生前退位」番組で賞を獲った様だが
「生前退位」という言葉を創作したのもNHK・・・


昔から、「FRIDAY」だけでなく
”皇室をよく知る関係者によると”だのと
いい加減な記事を書いては金儲けに走ろうとする。

子供の頃、毎週日曜日の早朝は
祖母と二人で【皇室アルバム】を観るのが習慣だった。
祖母は、この番組をいつも楽しみにしていたので
放送時間の前に子供部屋に来ては
「ほらほら、始まっちゃうわよ♪」と、私を起こしに来た。

TVで流れる、昭和天皇陛下のご公務の様子や
東宮御所の、皇太子殿下だった今上陛下ご一家の日常に
祖母は
「まあ、浩宮さまはご立派になられて♪」とか
「礼宮さまは、ヤンチャで逞しいわねぇ♪」とか
美智子皇太子妃殿下とおままごとをして遊ぶ光景に
「まぁ♪ さ~やちゃんは可愛いこと♪」などと、
毎週、まるで親戚のおばちゃんのように目を細めて、
お三方のご成長の様子を楽しんでいた。

だからなのか、
昨日の悠仁親王殿下のお誕生日の報道など
aki0169850_20411342.jpg

皇室のこうしたお姿を拝見するたびに、
テレビの前でちょこんと正座していた祖母を思い出し・・・
あの日の事を懐かしむ。

印象に残ったのは、悠仁様の昨年の夏休みのご旅行。
山形県遊佐町で重要無形民俗文化財に指定されている
神楽「杉沢比山」を鑑賞され、
http://www.town.yuza.yamagata.jp/ou/kyoiku/bunka/8206.html
悠仁様は同世代の子供達が舞う姿を真剣に見入る。
町の方から、神楽の太鼓の叩き方を教わっている父君。
テケ・・・なかなか上手くお出来にならない。
すると、父君に
akighhkjl.jpg

「違うよ。そうじゃなくてぇ」と言ってばちを受け取り
父君よりも上手に叩かれる悠仁様。
テケ、トントン!
aki39a797b4cf57ccb6e93f8ff1bfad3dc5.jpg

aki800623.jpg

ご家族の、仲睦まじい日常が垣間見られる。

今年の夏休みは、新潟県津南町の
「農と縄文の体験実習館なじょもん」を訪れて
縄文文化について学ばれ、土器作りも挑戦されたそうだ。
 aki2016080301001387_-_-_CI0003.jpg
https://www.minpo.jp/globalnews/detail/2016080301001344


akiimg_9.jpg

秋篠宮殿下のご一家は
皆さま、本当に笑顔が自然で和まされる。
両殿下は、お子様方に
日本の伝統文化や、戦争の歴史などを
機会あるごとに体験させていらっしゃる。
地方公務では、地元の神社仏閣をご参拝される。

2010年8月に宮崎県で開催された
全国高等学校総合文化祭の開会式に出席された
秋篠宮両殿下と佳子様は、
高千穂町の天岩戸神社などもご訪問されていた。
http://www.amanoiwato-jinja.jp/

マスコミ報道がないのであまり知られていないが、
両殿下はたびたび沖縄をご訪問されている。
1997年には眞子さま、佳子さまもご訪問されたという。

aki8a279cde.jpg

7歳の悠仁様にも
沖縄戦で亡くなった24万人の名前が出身地別に
刻まれている平和祈念公園を訪れ、
戸籍が消失してしまい名前がわからない329人について
秋篠宮殿下は丁寧に説明なさったそうだ。

「象徴天皇とはどうあるべきか・・・」
今上天皇陛下のお言葉。

それは、
「日本がどうあるべきか」と同じ事だと思う。





政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 1

日本女性

No title

>子供の頃、毎週日曜日の早朝は
祖母と二人で【皇室アルバム】を観るのが習慣だった。

うわあ、私の家でもそうでした! 懐かしい。
うちは母親が観ていて、一緒に観せられた記憶があります。当時は白黒テレビで、しかも床の間に置いてありました。わけもわからず観たことが今の保守の私をつくったと思っています。

2016-09-08 (Thu) 21:02 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply