韓流研究室

ARTICLE PAGE

村田蓮舫夫妻の北京大学留学手続きの際の中国公安部の審査は?

蓮舫の在北京的妊娠生活



>1997年の雑誌CREAのインタビュー記事で
 自分は台湾籍だと発言していた!


 CrrnHd0UMAERTUK.jpg


実際には日中国交回復で
日本政府は中国政府の言いなりになって
台湾出身者は「中国籍」にされてしまった・・・

★「在日台湾人の国籍記載について」
 http://www.ritouki.jp/wp-content/uploads/2015/02/20010930.pdf


★日本の在留カード、台湾人の国籍地域欄が
 従来の「中国」から「台湾」と表記へ :
 報道と台湾正名運動

 投稿日:2012年7月11日
 http://freeasia2011.org/japan/archives/1510




1994年に結婚した村田信之&蓮舫夫妻は
1995年10月〜 北京大学漢語中心に語学留学 して
中国語や中国の文化、政治経済を勉強
出産ぎりぎりまで現地に滞在し
1997年2月に、出産のため予定を半年短縮して帰国。
4月2日に出産。

この時のパスポートは、
蓮舫さんは帰化しているので日本国のパスポートのはず。
しかし、二重国籍だった場合には
中国人民共和国は、台湾を中国の一部としているので
厄介なことになっていたはず
だから
今日の今日まで確認しないと解らないってことは
有り得ない。

しかし、妊娠中の北京でのインタビュー
蓮舫さんは「自分の国籍は台湾」という発言は
前後の文章から日本国籍取得前の事を言っているのかな?
だとしたら、過去形になるはずだけど
当時から、曖昧な認識だったのね・・・

この記事の背景には、こんな事が有ったらしい。






★台湾同胞が中国大陸に行く際の手続き
 http://www.china-embassy.or.jp/jpn/lsfu/hzqzyw/t940254.htm
中国大陸へ行かれる台湾の方で,
有効な「台湾居民往来大陸通行証」(略「台胞証」)
お持ちでない方は,
「中華人民共和国旅行証」の申請が可能です.
必ず申請者本人が管轄地域の中国大使館,各総領事館
に赴いて申請して下さい.

(引用ここまで)


★台胞証の件で質問です。
 http://www.china-embassy.or.jp/jpn/lsfu/hzqzyw/t940254.htm
はじめまして。
私は日本生まれ日本育ちの台湾人です。
現在、日本の大学から中国に留学に来ています。

ところで、同胞証とは何でしょう?
最近初めて耳にしました。
両親に聞いても
「あんたは日本生まれだから台胞証なんてないよ。」
と言われました。
しかし、こっちで銀行の口座を開くには
絶対に台胞証が必要なようです。


回答欄より
>中国に入国したときに使用したのは
 日本のパスポートですよね。
 それならば中国国内において活動する場合は
 台胞証ではなく日本のパスポートで十分です。
 もし仮に
 僕みたいに中国国内において仕事する場合は、
 日本国籍と台湾国籍どちらが良いかと言うと、
 それは台湾国籍のほうがよいです。
 なぜならば、中国国内で仕事に従事している人に
 課せられる税金の比率が台湾人と日本人とで違います。
 そして中国国内において台湾国籍の方が
 いろいろな面で活動しやすいのは確かです。

>台胞証はいわゆる台湾人が
 中国国内に居る時の身分証明書!
 パスポートみたいな物です!

 俺も昔中国に行ったとき、横浜中華街の
 中国系の華僑総会に取りに行きました!

 特に必要な証明書はなしで、
 写真と台湾パスポートだけですよ!
 身分証明書は形だけな物です!(T_T)

>台湾国民であれば皆全て台湾の身分証を
 持っているはずです。
 ちゃちゃさんの場合は日本のパスポートを
 持っていないという事はどの様にして
 中国に入国したのでしょうか?
 台胞証とは要するに
 台湾人が中国に渡航する為にのみ使うものです。
 なぜならば
 中国は台湾を国家として容認していない為に
 台湾のパスポート(国籍証明)自体の存在を
 認めていません。

 そのために台湾人は中国に渡航する場合は
 台胞証がないと中国に渡航できません。
 中国入国管理書は台胞証の中に
 「台湾居民来往大陸ビザ」なるものをはります。
 その登録をしないといけませんし、
 台湾から中国に出国するときチェックインのときに
 必ず台胞証の有無を聞かれるはずですが・・・。
 台湾ー中国はどのルートで来たのですか?

>俺は将来の事を思って、帰化しませんでした!
 と言うのは、将来の養老は”台湾”で過ごすつもりです!

 今の日本で年金生活は無理あります!
 台湾と中国は物価安いし、
 台湾に帰る時は”台湾人出口”で出ます!
 日本に帰って来る時は”日本人出口”で出ます!
 便利です!


 今は永住で不便はありません!
 まあ、日本人と違いは”選挙権”がないだけですね!
 年金も払ってますし、貰えます!

 色々考えてから”帰化”した方が良いと思います!

(引用ここまで)

という事で、
中国人民共和国は「中華民国」を認めていないので
蓮舫議員が台湾籍を離脱していなかったら
普通は、留学手続きの時点で気が付くはずですね。
国籍法を管轄する中国公安部は審査しなかったかな?

そんな事はあり得ませんね。
蓮舫議員の父親・謝一族は、
戦中は祖父母は旧日本軍と深い係りがあり
(中国側のスパイ説もあるが)
戦後は政界に進出したり、政財界に影響力がある一族。

台湾バナナの対日輸入の際には
日本政界との癒着も国会で取り沙汰されている。

そんな一族の娘夫婦の北京大学留学に、
中国公安部が調査しないとは考えられない。

夫婦の媒酌人である高野孟氏は
日中国交回復前に、中国共産党から招待されて
両親と弟の一家4人で香港経由で中国入りしている。
父親の病気療養のために、
両親が中国共産党幹部の豪華保養所に滞在している間
高野孟兄弟は、中国共産党職員の案内で
中国各地をドライブ旅行するという特別待遇を受けていた。


中国公安部が、
蓮舫夫婦の北京留学を許可したのは、
高野孟氏の部下だった村田信之と蓮舫の夫妻は
”特別”な留学生だったのでは?




さて
中国人民共和国の国籍法を確認すると


★中国国籍法
 http://www.officelee.jp/visa_data/law05.html
第一条
中華人民共和国国籍取得、喪失及び回復は、
すべて本法を適用するものとする。

第二条
中華人民共和国は他民族による統一国家で、
各民族に属するものはすべて中国国籍を有する


第三条
中華人民共和国は中国の公民が
二重国籍を持つことをみとめない。

第四条
父母の双方又は一方が中国の公民で
本人が中国で生まれた場合は中国国籍を有する。

第五条
父母の双方又は一方が中国公民で、
本人が外国で生まれた場合は中国の国籍を有する。

ただし、父母の双方又は
一方が中国の公民であるとともに外国に定住し、
本人が出生と同時に外国の国籍を取得している場合には
中国の国籍を有しない。


(中略)
第九条
外国に定住している中国公民で、
自己の意思によって外国の国籍に入籍し
又は取得した者は自動的に中国国籍を失う。

第十条
中国の公民は次の条件の一つを備えた場合には、
申請、許可を経て中国国籍を離脱することが出来る
1.外国人の近親であること
2.外国に定住していること
3.3その他正当な理由があること

第十一条
中国の国籍離脱を申請して許可された者は
中国の国籍を失う。

(中略)
第十六条
中国国籍の入籍、離脱および回復に関する申請は、
中華人民共和国公安部がこれを審査し、許可する。
許可された者は、公安部が証明書を交付する。

(引用ここまで)




>一方が中国の公民で、
 本人が外国で生まれた場合は
 中国の国籍を有する。
 ただし、父母の双方又は
 一方が中国の公民であるとともに
 外国に定住し、
 本人が出生と同時に
 外国の国籍を取得している場合には
 中国の国籍を有しない。


蓮舫夫妻の双子の子供達は
蓮舫さんが”中国籍”を保持したままだったら
出生時に日本国籍を取得しない限りは
中華人民共和国の国籍取得が可能だったのかな?

蓮舫議員が二重国籍状態だったと仮定して
子供達を二重国籍保持者にして
20歳になったら国籍を選択させればよい?

全ては中華人民共和国公安部次第か・・・
高野孟さんのコネが有ったら可能かも?

双子の、琳(りん)君、翠蘭(すいらん)さんが
出生時に、中華人民共和国にも
二重国籍状態だった蓮舫さんの「謝蓮舫」という立場で
届け出をしていたとしたら
「謝 琳」&「謝 翠蘭」と、中国国籍でも通用する
命名をした可能性がある?

まあ、そんな面倒くさい工作をしていたら
高野孟氏と蓮舫さんの「台湾見学ツアー」なんて企画は
台湾政府が許可しなかっただろうから
有り得ないけれどね。



日本名:金子 陳 美齢(かねこ チャンメイリン)の
アグネス・チャンさんのお子さん達は
計画的現地出産で、それぞれ国籍が違うと
ネット上では言われている。

アグネスさんは「イギリス国籍」
英国海外市民(British National Overseas、BNO)
http://www.j-cast.com/2014/10/14218335.html?p=2

返還前に属領地市民から英国に帰化した。
イギリスのEU離脱の際には
「私はイギリス国籍…
 もうEUじゃないなんて悲しい」

などと呟いていましたが・・・

ネット上では
http://up-to-you.me/article/758
 af1.jpg
実は息子さん3人の出産場所が異なるため、
ファミリー全員が違う国籍だそう。

・夫の金子力さんは「韓国国籍」
・長男の金子和平(かずへい)さんは「カナダ国籍」
・次男の金子昇平(しょうへい)さんは「アメリカ国籍」
・三男の金子協平(きょうへい)さんは「中国国籍」


夫の金子力さんの「韓国国籍」というのは推定情報だし
去年の秋からスタンフォード大学に通っている
三男の金子協平さんは中国で出産したとしても
アグネスさんがイギリス国籍を取得しているので
中国の国籍法では「中国国籍」になれないから
おそらく、イギリス国籍を選択していると思うけれど
まあ、本当の所は判らないが
自分の都合の良い国で生きる華僑的発想の
国籍選択術ですね。



蓮舫さんのような問題が起きるのも
日本の「国籍法」の曖昧さが原因!




玉井教授、
日本国籍を取得した在日台湾人の方が
ネット上で台湾国籍離脱証明を公開している例があるから
「台湾政府が頑なで国籍離脱を許さない」
という事は無いと思いますよ。




中華民国(台湾)の国籍法をみると・・・
帰化1世とその妻・子供に対する規定がある。


http://www011.upp.so-net.ne.jp/cnf/kakkoku_kokusekihou/china.html
第9条
第2条の規定により、
中華民国の国籍を取得した者および
ともに帰化することにより、
中華民国の国籍を取得した妻および子は、
左に掲げる各号の公職に就くことができない
 (1) 国民政府委員、各院院長、各部部長および委員会委員長。
 (2) 立法院立法委員および監察院監察委員。
 (3) 全権大使および公使。
 (4) 海軍、陸軍および空軍の将官。
 (5) 各省区政府委員。
 (6) 各特別市市長。
 (7) 各級地方自治職員。

② 前項の制限は、
第6条の規定により帰化した者については、
国籍を取得した日から満5年の後、
その他の者については、国籍を取得した日から
満10年の後は、内政部は国民政府に呈請して、
これを解除することができる。

(引用ここまで)


国籍法第20条では
二重国籍保持者の規定も、ちゃんとあり
上記の公職に就く場合には、外国籍を放棄しろと・・・




日本の国籍法が、
如何に不備だったかが解りますよねぇ。
各地方自治体が、自由勝手に
「国籍条項」を外して地方自治職員に採用できる
日本とは違いますね。

中国政府も二重国籍を認めていないけれど
重国籍を容認している国は結構存在し

罰則を設けないと、
帰化した人達は二重国籍保持を続けそう・・・
日本の選挙権を手にしても、
実質外国籍も持っているという人がいるという事。


しかし、
日本の総理を目指す政治家の「国籍問題」
一般の人とは絶対に違うと思う。





まあ、蓮舫さんが「心が折れるほど」叩かれるのは
旧民主党のブーメラン体質も原因なんだよね。








民進党の執行部が、
ずっと前から蓮舫を党代表にしたかったのは
この政策を推進させたかったからか?

政権交代当時の民主党の政策集

INDEX 2009には
重国籍容認へ向け
 国籍選択制度を見直します






政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 2

弓取り

ム ラ タ だ!

ムラタだ。名乗りたくないが、日本風のムラタだ。

ファミリーに日本国籍者はひとりもいないのが自慢だが、
アグネスと同じで、稼ぎ場だけは「日本」あるよ。

INDEX 2009には 「重国籍容認へ向け国籍選択制度を見直します」
外国人のまま在日してカネ儲けしやすくしたかった。今さらながら、それを応援する「日本人」が異様にいたんですね。
それも、もう二度とない。あってはならない。

2016-09-07 (Wed) 22:50 | EDIT | REPLY |   

  

No title

他重国籍を認めたとしてもその場合は、日本国籍を持っていても選挙権・参政権不可、国政・行政・防衛等の職には付けない旨の要件が絶対必要だよね。

2017-06-05 (Mon) 09:01 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply