蓮舫議員の国籍問題と「内閣総理大臣」の資格

蓮舫代表代行「18歳で日本人を選んだ」
二重国籍疑惑を否定

産経新聞 2016.9.3 11:04
http://www.sankei.com/politics/news/160903/plt1609030015-n1.html
民進党の蓮舫代表代行は3日午前の読売テレビ番組で、
司会者から台湾と日本との「二重国籍」を疑う指摘
あることを問われ、
「台湾籍を抜いている」と述べ否定した。

 蓮舫氏は
私は生まれたときから日本人だと説明。
「高校3年で、18歳で日本人を選んだ」と述べた。
また、「今、そういううさわが流布されるのは
正直悲しい」とも語った。

(引用ここまで)






文字起こし
辛坊 二重国籍で台湾籍をお持ちなんじゃないか
    という話があります。これについては。
蓮舫 あのー、今そういう噂が流布されるの
    本当に正直悲しいんです。

辛坊 はい。
蓮舫 あのー、国連のね、
    男女差別撤廃条約を日本が批准して・・・・

辛坊 あのー、一言違うという話であれば
    それだけの話なんです。
蓮舫 私は生まれた時から日本人です
辛坊 日本国籍で。
蓮舫 はい。
辛坊 二重国籍で今台湾籍は?
蓮舫 籍抜いてます。

辛坊 籍抜いてます。・・・いつですか。
蓮舫 あの、高校3年で18歳で日本を選びました。
辛坊 わかりました。
    これに関してはデマだということは
    お伝えしておきたいと思います。




>「私は生まれた時から日本人です。」
 
 日本国籍で?

 「はい」


これは、大きな間違い!で
彼女の「国籍法」の認識がおかしい。





★「二重国籍」問題についての整理
 池田信夫 2016年09月03日
 http://agora-web.jp/archives/2021232.html










「改正国籍法の施行後の85年、
 高校生のときに日本国籍を取得した」

ということは、既に2010年の時点で公表している
事の繰り返し。

http://www.j-cast.com/2010/01/18058146.html

いや、もっと前から公表されている。

★天声人語(朝日新聞、97.10.1)
 http://www.han.org/a/half-moon/hm041.html
 先日のサッカー日韓戦に、日本人として出場した
呂比須ワグナー選手は、十数年前なら別の姓名を
名乗っていたのかもしれない。
一九八四年ごろまで、一部の法務局は、
日本の国籍を申請する人に、日本式の姓名を名乗るよう
指導していたからだ
  
台湾人を父にもつタレントの蓮舫さんは、
十九歳のとき日本の国籍をとった。
日本名は日本人の母の姓と、本名の「蓮舫」で申請した。
すると、「本当にいいんですか、日本人じゃないことが
名前でわかりますよ」と言われた。
「何が悪いのですか」と言い返したが、一生忘れない言葉だ、
と語っている。


▼国籍を変える事情はさまざまだろう。
ただし、国籍が変わることと、民族の意識が変わることが、
一致するとは限らない。そもそも名字と名前は、
「自分が何者であるのか」という、個人のよりどころと
深く結びついている。
  
▼日本式に変えた姓名を、韓国・朝鮮式に戻したいという
訴えが八〇年代になって起こり、裁判所が次々に認め始めた。
それは、「個人」を尊重した結果にほかならない。
「帰化」という言葉を使わない人もいる。
君主の臣下になるという意味があるからだ。
いまは人名に使える漢字、ひらがな、カタカナなら、
自由な姓名で申請できる(以下省略)。




今回の問題は、差別とは関係ない。
何故なら、台湾の法律では、


★日本と台湾 二重国籍問題
 October 17, 2007
 http://ameblo.jp/summersnow727/entry-10046890712.html
(引用開始)
周りの台湾人に聞くと答えがばらばら・・・汗
台湾のネット上では台湾は二重国籍OKという
意見が多かったので真相を調べるべく、
内政部のHPで国籍法を調べました。

ところが明確に二重国籍を承認するとも
しないとも書かれてません


決め手となるのは第20條!

ここでは
「中華民国(台湾)の人で外国籍を取得している人」
という表現で職業制限についてふれています。


二重国籍者は
国の重要ポストに就くことができない、
そのような職に就くなら
外国籍を放棄するべし!


というような内容。

(全文はリンク先で)



当然ながら、台湾は
二重国籍者も外国籍単独の者も
国の重要ポストに就くことができないと
「職業制限」が法律に定められているのですね。

移民国家アメリカの憲法も
アメリカ大統領になる資格として、
・年齢が35歳以上、
・生まれながらにアメリカ市民(アメリカ国籍)であること
 ・アメリカに14年以上在住していること

という三つの条件がある

つまり、移民の帰化1世は大統領にはなれない。
オバマ大統領が、2011年に
ハワイ生まれであることを証明する出生証明書を
ようやく探し出して、国民に公開したのは
共和党や、今話題のトランプ氏の批判からだと思っていたが
それ以前に、米民主党の側から
この問題を指摘されていたのである。


★え? オバマはアメリカ生まれの
 アメリカ市民じゃない? 
 よって大統領の資格なし!?

 October 13, 2008
 http://biglizards.net/strawberryblog/archives/2008/10/post_773.html
(引用開始)
アメリカ市民として生まれるというのは、
アメリカ生まれでなくてはならないという意味ではない。
片方の親がアメリカ市民で出生時にすでに
アメリカ市民と認められていれば
、生まれた場所が
アメリカ国外であっても大統領になる資格はある


ところが今になって、実はバラク・オバマは
アメリカ市民として生まれていない、
だから大統領になる資格はないと主張する
人物が現れた。
フィリップ・バーグというペンシルベニアの弁護士が
その人で、ずっと民主党支持で民主党員として
地元選挙に立候補したこともあり、
民主党関係の委員会で会長を勤めていたこともある
バリバリの民主党員。


このバーグ氏が8月、
オバマはアメリカ大統領としての資格をもたない
と訴訟を起こした。

(中略)
バーグ氏によるとケニア人であるオバマの父方の祖母が、
オバマが生まれた1961年にケニアで生まれた時に
立ち会っていたと誇らしげに触れ回っているという。
ところがオバマの異母姉はオバマはハワイのある病院で
生まれたと証言しているが、オバマ自身は別の病院で
生まれたと語っているという。


(中略)
しかしオバマが実際にケニアで生まれていようと
アメリカで生まれていようと問題ではないとバーグ氏は語る。
何故ならばケニア人の夫と離婚したオバマのアメリカ人の
母親がインドネシア人と再婚してインドネシアに移住した時点で、
オバマはアメリカ市民権を放棄しているからだ
とバーグ氏は言うのである。

その証拠として、
オバマがインドネシアに住んでいた4年間、
オバマは学校に通っていたと自叙伝に書いているが、
当時のインドネシアではインドネシア市民以外は
教育を受けることが出来なかったという。
ということはオバマのまま父はオバマを養子として迎えるか
実子として認知するかしなければならなかったはずだ。
となればオバマはその時点でインドネシア市民となった
ことになる。
当時のインドネシアでは二重国籍は認められなかった
のでオバマがインドネシア市民となるためには
アメリカ市民権を放棄しなければならなかったはずなのである。


後にオバマが
アメリカに帰って来た時に移民局を通して
再び市民権を取ったとしても、
それは外国人がアメリカに帰化したことになり、
帰化人は大統領としての資格はもたない。

たとえ生まれた時にはアメリカ市民でも市民権を放棄して
後に帰化した場合は
アメリカ生まれのアメリカ市民としては
認められないはずだというのがバーグ氏の理屈だ。

オバマはこの件について書類手続き上の問題だとして
取り合っていない。
バーグは法律上オバマには書類を提供しないまま
訴訟却下の申し入れをする権利があるのだという。

しかし訴訟上の手続きがどうあれ、
こういうくだらない言いがかりを即座に解消してしまうには
出生届と生まれた病院での記録を
さっさと公開してしまえば話は済むことである。


(中略)
オバマが
現在の憲法の元で大統領として立候補した以上、
法律上合法にその資格があることをはっきり提示する
べきである。それがオバマを支持している有権者への
責任というものだろう。


当然ながら、マケインの市民権の問題では
大げさに取りざたした主流メディアは
オバマの件については全くの沈黙を守っている。


(引用ここまで)



今回の大統領選でも、同じ問題が起きた。

★【米大統領】共和党2位の
 クルーズ候補に資格なし? 
 「カナダ生まれだ」と提訴

 2016.1.16
 http://blogs.yahoo.co.jp/seiki21nonihonn/68585180.html
米南部テキサス州の弁護士が、大統領選の
共和党指名争いで支持率2位のクルーズ上院議員
について、
カナダ生まれのため米大統領の資格要件を
満たしているか疑義があるとの立場から
司法による確認を求める訴えを
同州の連邦地裁に14日起こした。

ロイター通信が15日報じた。

(中略)
米憲法は大統領の要件として
「出生による合衆国市民」と規定。
クルーズ氏は母親が米国市民のため
自分も米国市民だと主張し、
出生地がカナダでも問題はないとしている。

(引用ここまで)



・・・と、
国家の最重要ポスト、大統領になる資格に
国籍問題はとても重要視されていて
当然ながら
帰化人への差別でも何でもないのですよ。
大統領という立場にある人が
国家への忠誠心が無くては困るし
国籍による他国の内政干渉を防ぐ目的でしょう。

あのシュワちゃんが、
政治的影響力があるケネディ一族の女性と結婚しても
州知事になれても、大統領にはなれない。
憲法に規定されているからだ。
アメリカ大統領は就任の式典で
「アメリカ合衆国の憲法を守る」と宣誓式を行う。
だから、憲法にある「大統領になるための資格」に
違反していれば、宣誓は無効なのだよ。

ところが・・・
日本には、その「資格」規定すらない。
蓮舫議員が民進党の党首となり、
選挙で過半数以上を獲得した場合、
自動的に「日本国内閣総理大臣になる」という問題。
今回、たまたま蓮舫議員だっただけで
自民党総裁選挙でも起こりうる問題なのだ。

重国籍者だけではなく帰化1世でも、
国家の最重要ポスト「内閣総理大臣」になることが可能な
現行のシステムは、コレで良いのか?という問題。
ましてや、
「定住外国人に参政権を差し上げましょう」
という勢力が存在し、
鳩山由紀夫のように「被参政権も差し上げたい!」
という他民族優先主義が横行するとどうなる?

この問題、
差別問題にすり替えるべきではないし
毎度のことながら、
有耶無耶にして先送りしてしまう事でもない。

蓮舫議員が党首選挙に立候補したお蔭で
問題点が浮上しただけの事!

ついでに言えば、
オバマ大統領は就任前の「身辺調査」で
資産内容や、彼に献金していた人物・団体だけでなく
PCや携帯の通話記録まで調べられている。
これは本人だけでなくミシェル夫人も、
娘2人のPCや携帯の通信記録まで提出するのだ。

今回の大統領選挙では共和党・ヒラリー候補が
批判を浴びているのもココ!

如何に、日本がいい加減なのかが解るでしょう?


★ハーフについて考えよう
 法律について(国籍)

 http://half-sandra.com/column/2011/12/30/581.php


曖昧な文言と罰則が無いせいで
多重国籍でもOKだと思っている人がいる・・・





蓮舫議員が、この問題で
煮え切らない態度を取り続けるのは
日本国籍を取得した華僑の票田を意識し
次の衆院選鞍替え選挙の得票数に影響するから?

彼女は鳩山政権時代にこう述べている。
「華僑の一員として、
 日中両国の友好と協力の推進に
 力を尽くすつもりです。」


★国会目指す『新華僑』~
 「十年かかっても、二十年かかっても
  私たちの代表を国会に送り込みたい」

 2010年01月11日
 http://blog.goo.ne.jp/think_pod/e/1cfbd42ee2bd63a90af36326ae0e285d
東京新聞記事
http://www.tokyo-np.co.jp/hold/2010/joushiki/list/CK2010010802000085.html

昨年十二月下旬、東京・池袋で開かれた
華人参政支援協会の第一回研究会。
来日二十一年の蘇霊さん(51)が力強く訴えると、
同席した中国人数人がうなずいた。
いずれも一九八〇年代以降に来日した
「新華僑」と呼ばれる人々だ。

協会は日本国籍を取得した人を
国会に送り出すことをはじめとした
中国人、中国出身者の政界進出を目的に
昨年九月に設立された。


呼び掛けた段躍中会長(51)は
「日本で中国人は、芥川賞作家はじめ上場企業の社長、
 大学教授など多くの分野で活躍している。
 唯一の空白地帯が政界だ」と語る。

 きっかけは昨年六月に出席した参院総務委員会。
日中関係の書籍出版などを手掛ける段さんは、
在留外国人の代表として外国人政策への提言を求められた
しかし、参政権を持たないため、陳情するしかない
「お客さん」の立場に歯がゆさを感じた。

われわれ(新華僑)の仲間が国会議員にいてくれたら」

 昨年の政権交代で、
外国人の地方参政権付与に前向きな民主党が
政権についたのを機に協会を立ち上げた。

参政権を“与えられる”のを求めるだけでなく、
日本国籍を持つ中国出身者が国会に進出し
「主役」として政治参加することもにらんでいる。


在留外国人は二〇〇八年末時点で約二百二十二万人
、十年間でほぼ一・五倍に増えた。
特に中国人はその三割を占め、三年前に韓国・朝鮮を抜き
出身地別で最多に。
法務省によると、日本国籍を取得した中国人も
累計約十一万人に達し、韓国・朝鮮の約三十二万人に次ぐ。


 しかし台湾出身の父親を持ち国政に進出した
蓮舫参院議員(民主)は日本で生まれ育っており、
新華僑ではない。

協会は当面、勉強会やインターネット雑誌の発行などで
機運を盛り上げつつ、他の外国人団体との連携も模索する。
段さんは
「いずれは松下政経塾のような
 政治家育成組織もつくりたい」と意気込む。

ただ反発も根強い。
昨年十一月末、東京・渋谷で開かれた外国人参政権の
法制化に反対する街頭集会では
「祖国の運命すら決定したことのない中国人に
 なぜ参政権を与えないといけないのか」などと、
在日中国人は批判の矢面に立たされた。

 在日コリアン出身の白真勲参院議員(民主)も
「アイデンティティーは尊重するが、
 日本の国益を考えるべきだ」と「華人」にこだわる姿勢に
違和感を示す。
戦前から横浜・中華街に住む「老華僑」の二世も
「われわれは『日本に住ませてもらっている』
 という意識がある」と、
新華僑の性急さに危うさを感じるという。

 しかし、蘇さんは力説する。

「外国人に参政権を認めることは、
 日本の国際化にもつながる」


 彼らが投じた一石は
「日本人の定義を見つめ直す時期にきている」
(白氏)
兆しかもしれない。

(引用ここまで)


これだから、
旧民主党は信用できないのだ・・・・







政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

在日朝鮮人の特別永住資格にしろ、日本政府が外国人の管理をしっかりとしていないことが問題。移民問題を語る前に、帰化人の処遇を検討し明確にするべきである。同一民族帰化、定住の定数制限も中国人を念頭に検討、議論するべきである。

台湾2重国籍

父親が日本人で母親が台湾人の20歳の女性が言うには、「台湾は国として日本では認められていないので、台湾籍を選んで日本籍を放棄することは日本で認められていない」そうです。それは日本人が将来無国籍になることを怖れての措置で、日本側からただ日本国籍除籍は認めないといった証書が出されてそれを台湾側に提出すれば、実質日本国籍はそのままで台湾籍は抜く必要が無いと。だから彼女は当然のように2重国籍をそのまま持ちながら台湾で生活しています。

そもそも台湾が国として認められてないからできる抜け穴らしいですね。

レンホウさんはうまく言い逃れしているようにしか思えませんが、日本では父親が日本人でなければ日本国籍を取得できなかった時代に関しては微妙に異なるかもしれません。難しい問題です。

国籍と名前(蓮ホウ)

蓮ホウ(検索ではホウは舟偏に方)は日本式だと蓮が姓でホウが名になる。蓮ホウが名前ならば姓は何かが問題である。名前の蓮ホウだけで国会議員になったのなら問題ではないか。山田蓮ホウとも鈴木蓮ホウとの可能性が出てきて本人の特定が不確定になる。山田蓮ホウと鈴木蓮ホウは明らかに違うと認識できるが蓮ホウだけだと不確定な人にんる。
選挙でこのことが可能かおしえてほしい。   
                           by古事記

そんなにすごくないグローバリズム

日本では、「国際化」や「グローバリズム」が、なにかすごい未知の来たるべき状態であるかのように喧伝され刷り込まれています。それに乗っかってビジネスしている人(メディアで紹介されるのは白人系、そして中国系)は新人類であるかのようです。

しかし、それをグローバリズムの肯定面と結論づけるのは早計ですね。移住移民を前提にしなければならないとものであるのなら、グローバリズムなど不必要だと思います。
歴史的には、科学文明について先進地域から未開地へのなし崩しの移住が前提なのだと私は認識しています。

アメリカ大陸のグローバリズムは、ピルグリムが北米全体に居住していたネイティブのインディアンから生活物資を救援されておきながら、数的優位をつくって相手の意表を突くかたちでほぼ全滅させて乗っ取ったことが発端です。

これを敷衍すれば、日本のグローバリズムは、日本人が外国人にやさしくしてあげて、やがて裏切られて恩をあだで返されることが必然に思えてきます。
在日華僑のような国籍にこだわらない通商者や在日コリアンのような祖国棄民を優遇することが前提になるのかと考えます。
日本人は、まるでみずから自分たちの民族浄化や、外国人に自分の国の乗っ取りを歓迎するかのようです。

選挙で、むらた蓮舫と本名を書いたら無効票なんだろうか。立候補する時に、本名と作家やタレントは通名を使う手続きもするそうですが。

本名や履歴を名乗れない人間など公人として信頼できません。日本国を大事に思うかどうか、歴史伝統をどう思うかを積極的に発言する政治家を信頼したいものです。

プロフィール

あや

  • Author:あや
  • 韓流に嵌った母と義母の為に
    韓国情報を調べていたら・・・
    韓流ブームに仕掛けられた
    怪しい罠に気付いてしまった。
    韓流の闇と、利権や陰謀
    仕掛け人を徹底研究!
ランキング
ランキングに参加しています!
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索