日本キリスト教協議会小橋孝一議長が慰安婦問題で談話発表「悔い改めろ!」

★「『少女』の人生の傷は
  これでは癒されない」
 NCC議長が慰安婦問題で談話を発表

 Christian Today 2016年8月31日
 
http://www.christiantoday.co.jp/articles/21900/20160831/ncc-moderator-remark-comfort-women-wounds-not-healed.htm
日本キリスト教協議会(NCC)は31日、
小橋孝一議長の名で、慰安婦問題について
「『少女』の人生の傷はこれでは癒されない」
と題する談話を発表した。

小橋議長はこの談話で、1992年1月8日に
ソウル日本大使館前で始まった、
日本軍『慰安婦』問題解決のための水曜デモが
2011年12月14日に千回を迎えるに当たって
「平和の碑」(少女像)が建立されたことに触れ、
「今も毎週、『慰安婦』被害女性たちを囲んで、
 若い女性や市民が集まり、
 被害女性たちが受けた人生の傷が癒され
 問題が真実に解決されることを求めて、
 心からの叫びをあげ続けている」と述べた。

また、
「2015年10月14日、
 韓国教会協議会の計らいで、
 私も矢萩新一副議長と共にこの集いに参加し、
 発言の機会を得た
が、
 集う人々の真実の叫びに心を打たれた」
と回想。
その一方で、
「日本大使館は門を固く閉ざし、
 全く応えようとしない。
 それはこの問題に対する日本政府の態度を
 そのまま表していた」
と記した。

「そして今、日韓両政府の合意によって
 進められようとしている『和解・癒し財団』に
 10億円支出することによって、
 この『少女像』の移転・撤去を迫っている」とし、
「しかもこの10億円は、被害女性一人ひとりの『要望』を
 調査して支給するのだという。
 そして『もうこれでこの問題は打ち切りにする』と言うのだ」
と付け加えた。

その上で小橋議長は、
 「しかしこれで生涯苦しみ続けている被害女性たちの
 人生の傷が本当に癒されるだろうか。
 そして両国民の真実の和解が成るだろうか」
と疑問を呈した。さらに、
「『合意』に反対する韓国の被害者、
 更にフィリピン、台湾、中国、インドネシア、東ティモール、
 朝鮮民主主義人民共和国、オランダなどの被害者の
 意志は全く無視されたままである
」と指摘し、
 「現政府の『札束で相手の頬を打つ』手法が
 ここにも表れている。
 『少女像』に込められた被害女性たちの
 人生の傷がこんな方法で癒されるはずがない。
 それどころか益々傷を深めることになるであろう」
と強調した。


最後に小橋議長は、
「『和解・癒し』を実現し、未来を志向したいのであれば、
まず我国が犯した罪を認め、被害者に謝罪し、
神と世界の前で悔い改めて、出直すことが必要である

と、キリスト教の観点から訴えた。
(引用ここまで)




日本キリスト教協議会(NCC)の小橋孝一議長ら
キリスト教左派は、日本人慰安婦を完全に無視する。
昭和9年の東北大飢饉で、韓国慰安婦のように
親に売られたり、女衒に騙された女性達も多い。
ましてや、この手の人達は
戦後の日本女性達に起きた残酷な人生の傷に対しては
一切、言及しようともしない!完全無視である。

★混血児はどうして生まれたのか
 日 米 混 血 児 の 母
 澤田 美喜みき (中)  ヨハネ 皆川尚一

 http://christ-ch.or.jp/5_torinashi/back_number/2008/2008_12/2008_12_report.html


韓国教会協議会の計らいで参加した
2015年10月14日の水曜集会で
「日本大使館は門を固く閉ざし、
 全く応えようとしない」

と、言っているのだが・・・

特定アジアニュースさんが早速、を暴いています。


★日本キリスト教協議会
 「水曜集会に集まった人々の真実の叫びに
  日本大使館は門を固く閉ざし、
  全く応えようとしなかった」ニダ!

 http://specificasia.blog.jp/archives/1060674154.html






★人ひととき 小橋 孝一さん
  「伝道に熱くなる」NCCを目指して

 2012/05/05
 http://uccj.org/newaccount/7288.html
1937年生まれ。日本キリスト教協議会議長。
教団常議員、東京教区常置委員、新島教会牧師。
(中略)
現在は、在日韓国朝鮮人連帯特設委員長、
在日大韓基督教会との歴史共同研究委員などを
務めている。


(中略)
日本キリスト教協議会(NCC)との関わりは、
今まで一度総会に出た程度で、殆ど縁がなかったが、
この度の総会でいきなり議長に選出され
いささか面喰らっている。

(引用ここまで)




★異教徒との戦い2 赤い宗教家達
 http://blog.livedoor.jp/aryasarasvati/archives/27804991.html
(引用開始)
96条改憲反対します 宗教者共同呼びかけ
笠井氏あいさつ一点で力合わす
 憲法96条改定反対で宗教者が共同することをめざし、
「『96条改定に反対し、憲法9条を守ろう①』
 宗教者共同声明 発足集会」が29日、
東京都千代田区のニコラバレ修道院で開かれました。

 呼びかけ人は、
宮城泰年(聖護院門跡門主)②、
谷大二(カトリック正義と平和協議会会長)③、
小橋孝一(日本キリスト教協議会議長)
の各氏を代表とする
仏教、カトリック、プロテスタントの計25人です。

来賓あいさつした日本共産党の笠井亮衆院議員
は、マスコミの世論調査でも96条改定反対が
多数となっていることを紹介し、
「宗教者のみなさんをはじめ、多くの国民の運動、
 声が改憲勢力を動揺させています。
 96条改定反対の一点でともに力を合わせ、
 世界の宝9条を守り抜きましょう」とのべました。
しんぶん赤旗2013.5.30
(中略)
④小橋孝一
  ch05fa9b46.jpg

日本キリスト教協議会役員総入れ替え、新たにスタート
聖書の御言葉を基盤にこれまでの活動を継続発展へ
 3月26日から27日にかけて日本聖公会アンデレ教会
(東京都港区)で第38総会期が開かれた。
今総会期では、役員が全員入れ替わり、
新しい顔ぶれでのスタートとなった。

 議長には
日本基督教団常議員、新島教会牧師の小橋孝一氏④、
副議長には
日本バプテスト連盟栗ヶ沢バプテスト教会牧師の吉高叶氏、
日本聖書協会の渡部信氏、
書記には日本YMCA同盟の有住航氏、
日本福音ルーテル教会の平岡仁子氏、
総幹事には日本基督教団牧師の網中彰子氏が任命された。

(全文はリンク先で)


★日本共産党と宗教団体
 2013年8月24日
 http://blog.livedoor.jp/soemon/archives/54590183.html
(引用開始)
仏教会とキリスト教団は、
おしなべて左翼にシンパシーが有る。

数年前だが、日蓮宗新聞のコラムで、
憲法9条は仏さまからの贈り物
という語句を読んだ時は思わずのけぞったものである。

(引用ここまで)



★韓国の反日の裏にいる
 仏教団体・曹渓宗

 http://blog.livedoor.jp/aryasarasvati/archives/30392442.html


★新日本婦人の会、笠井会長
 「日本の若者は分かっていない」

 http://ianfukangaeru.blogspot.jp/2014/03/blog-post_5.html


先日紹介した、福岡市の共産党系市民団体
「平和のための戦争展ふくおか」を成功させる会」
の石村善治運営委員長も
http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-4387.html
韓国教会や共和国の朝鮮基督教徒連盟とも連携し
朝鮮半島の和解と統一のためにも祈るという
キリスト者政治連盟の常任委員
で、
SEALDsの奥田愛基君の父・奥田知志牧師と同じ
日本バプテスト連盟の福岡国際キリスト教会の
木村公一協力牧師が立候補した市長選挙に
共産党下部組織「新日本婦人の会」と一緒に
支援するなど・・・繋がりが深いようですね。




★NCC議長、沖縄キリスト教協議会の
 辺野古基地建設阻止求める声明に
 「心から賛同」

 Christian Today 2015年4月22日
 http://www.christiantoday.co.jp/articles/15900/20150422/okinawa-henoko-nccj-moderator-comment.htm


★赤い十字架
 http://blog.livedoor.jp/aryasarasvati/archives/26629944.html





日本キリスト教協議会(NCC)の小橋孝一議長は
在日韓国朝鮮人連帯特設委員長、
在日大韓基督教会との歴史共同研究委員
などを
務めているそうだが・・・


★聖ケ丘教会 主任牧師 朴壽吉
 現代の風景 - 随想 吉祥寺の森から
 2015年01月08日
 http://blog.livedoor.jp/mediaterrace/archives/52565137.html
朴壽吉(박수길、Pastor Park)。
31年前に朝鮮半島から
「日本の宣教活動、福音伝道のため」に来日。
在日大韓キリスト教会総幹事を経て、
日本基督教団聖ヶ丘教会の主任牧師。
(中略)

朴寿吉(박수길)もまた
性犯罪や暴行、拝金で失脚した
金圭東(ヨハン早稲田キリスト教会)と親しく繋がっていた
日本基督教団の数少ない牧師の一人
であり、
以前からヨハンで説教を担当してきた経緯がある。
ヨハンがカルトであることは10年以上前から広く知られ、
深刻な問題として認識されていたことであるが、
同じコリアン繋がりであることからヨハン教会を
支援する間違いを犯している。

(中略)
この朴牧師は韓国系ではなく北朝鮮系のコリアン
本部ビルの強制競売でニュースにもなった
朝鮮総連の幹部扱いの要人であり、
6.15南北共同実践委員会にも名前を連ねる。
また、李仁夏(東京神学大卒、在日大韓基督教会・
川崎教会・名誉牧師、青丘社・理事長)は
日本キリスト教協議会の議長であった時、
朴寿吉が副議長だった。
 

在日大韓基督教会の総幹事だった朴牧師は、
1990年から8回、朝鮮基督教連盟代表を招待。
「祖国の平和統一宣教に関する会議」を共催。


在日大韓基督教会は「宗教交流」という名目で
朝鮮総連や北朝鮮当局と直接交流を持つ。

2006年8月に、
日本の政府は朝鮮宗教人協議会の入国を拒否
した
ことがあるが、この時の拒否理由は、
彼らは宗教者ではなく北朝鮮政府の公務員・工作員
であったためということであった。
北朝鮮は宗教者を装って日本に入り活動を続けている。


朝鮮基督教連盟(朝鮮宗教人協議会)とは
北朝鮮系コリアンの政府機関の影響下にあり、
宗教を隠れ蓑にしながら活動を続け、
それらが時折表に出てくることがある。
実際、日本基督教団では教会内部にこうした人物が
紛れ込んで引っかき回したことによる分裂や内紛が多発し、
それらが北朝鮮系の工作員だったり、
韓国・文鮮明の統一協会のスパイだったりしたことがある。

(中略)
有名なところではかつて
新宿百人町事件」という事件があった。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E5%AE%BF%E7%99%BE%E4%BA%BA%E7%94%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6

牧師になりすました北朝鮮スパイ事件であり、
拉致の実行犯だった辛ガンスを釈放した康成輝も、
朝鮮宗教人協議会と祖国統一運動に関わっている。
 


(全文はリンク先で)

へえええ・・・
日本キリスト教協議会という組織は
李仁夏
1925年韓国・慶尚北道出身。父親は朝鮮総督府下の警察官。
1941年、中学生のときに京都に留学したという李仁夏牧師。
http://www.blhrri.org/old/jiten/index.php?%A1%F6%CD%FB%BF%CE%B2%C6
http://www.jca.apc.org/ncc-j/oikumene/no35/i-inha.html
”私の母方、父方のおじとも
 北朝鮮の女性と結婚したので、
 北にいとこが6人います。”
http://www.jinken.ne.jp/kyousei/lee/index_b.html

北朝鮮系宗教人に牛耳られていた
 ch05fa9b46.jpg
赤い組織だったのですねぇ・・・

キリスト者の内部告発情報は詳しいな。


★北朝鮮とキリスト教
 http://blogs.yahoo.co.jp/mikaeru0628/38291146.html


★カトリックの中の北朝鮮
 http://www.nomusan.com/archive2012.07.08/~essay/index-essay_16.html











★京都 原田文雄事件 
 高地敬主教に辞職勧告

 現代の風景 - 随想 吉祥寺の森から
 2016年08月24日
 http://blog.livedoor.jp/mediaterrace/archives/52633907.html
1980年代、日本聖公会京都教区の牧師、
原田文雄が複数の子どもに対して性暴力を
行っていた「京都事件」

すでに30年以上の問題となっている。
この事件は被害から期間が経ってから訴えが
出てきたこと、当初、謝罪文を被害者に書き送って
事実を認めていたはずの原田が、
後に訴訟になってからは一転して全面否定に転じ、
被害者を狂言呼ばわりするなど徹底抗戦に出たりした
影響で深刻な紛争となり、
教区の主教自ら隠蔽に加担したこともあって

真相と責任の追及が大きく遅れることになった。
(中略)

京都事件は、日本聖公会京都教区の原田文雄が、
教会に通っていた女性が
小学校4年から中学生だった1980年代の数年間、
性的虐待を行っていた事件。
女性が2001年に、PTSDや精神的不安を受けたとして
慰謝料を求め、奈良地裁に民事提訴した。

 控訴審の2005年3月、大阪高裁判決で、
牧師の性的虐待によって女性がPTSDになった
ことなどを認め、

「被告が
 牧師として女性から尊敬されていることを
 奇貨として、女性が小学校4年から中学校を
 卒業するまでの長期間にわたって、
 教育的な意味を持った行為であると偽って、
 自らの性欲のはけ口として性的虐待を加えた
 という極めて陰湿かつ悪質な事案である」


(中略)
京都事件では、高地敬主教が教区主教として
被害者に対して二次加害を行ったことや、
その後も十分な対応をしなかったことが理由になったが、
これと同じ構図の事件は古今東西、数多く存在する。

(略)
日本の九州では、日本基督教団の熊本白川教会で
粟津安和牧師が、教会内の教職にあたる
キリスト教教育主事補佐として働いていた
十代の女性職員に対してセクハラ行為を行い、
この女性が退職後、精神の失調となり民事提訴した
事件がある。この事件も最高裁まで争われたが、
粟津の全面敗訴で確定。
その後、九州教区から辞職勧告を受けたが、
粟津牧師は未だに主任牧師、付属の王栄幼稚園の
職にしがみついたまま。
事件当時、日本基督教団の議長だった山北宣久が
直接、粟津牧師からの聴き取りも含めて調査したが、
牧師資格の停止や除名などの処分はないままになっている。


(中略)
プロテスタント、カトリックを問わず、
性犯罪やお金にまつわるこれらの「不祥事」は、
一般の市民社会における法秩序に照らし
合わせれば、疑問の余地がない明白な犯罪であって、
宗教組織のそれであれば
一般社会よりもより厳しく、
迅速で誠実な対応が当然であるところ、
現実にはそれと全く逆を行く
みっともない事態が続いている。


(引用ここまで)


あなた方も
神と世界の前で悔い改めて、出直すことが必要では?

穏やかな信仰心で生活しているキリスト者にとっては、
神の名において過剰な政治活動を行う指導者の
キリスト教共産主義やキリスト教社会主義は
どのように感じているのだろう?

内村鑑三も
「キリスト教と社会主義とは
 似てしかも最も非なるもの」

と言っているのだが・・・



★キリスト教と社会主義
 http://daruma3.cocolog-nifty.com/nh/2010/05/post-a4a0.html




政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

神国に牙をむく「カルト神国」

宗教にも民主主義はある。ただし信者のみが有権者で「平等」。なんか共産主義っぽくなります。
経済もある。貨幣価値は司祭が決める。物流も司祭が握る。武力も必要になります。
そうして、(それぞれの)神が元首の王国が成立する・・・というんでしょうね。小さな小さな王国が。自主独立権は放棄しない。

彼らの信奉する(させる)神と王権神授の「司祭」。信者が国民で祭祀は官僚テクノクラートです。
彼らの神の敵、天敵が天皇というところでしょうか。アベが日本で司祭のように振る舞うのは許せないはずです。自分の立場がないから。俺たちが上だと言いたい意識がどこかにある。

護国仏教ってなかったっけ、と検索してみると「新羅」の護国仏教は、戦争肯定の護国でした。国を守るためならサツ人も許すとか。朝鮮キリスト教は、すたれたお釈迦様の代わりにキリストという権威を持ってきただけではなかろうか。御姿はてきとーですもの。
>1941年、中学生のときに京都に留学したという李仁夏牧師。
怪しすぎます。戦争まっただなかに「留学」はないですね。そのまま定住しているわけで。

日本の鎮護国家や国家仏教とはニュアンスが違いました。近代日本では、より日本らしく仏教ではなく神道が前面に出てきた。一部の仏教者には神道は敵に見える事情もほの見えました。

キリスト者を自称するのはやめなさい

この人たちは、本当にクリスチャンなのでしょうか。ーー愛も謙遜もまったく見られません。神様に自らが懺悔なさるのは、みずからの心の問題ですが、それを他人に強要するのは暴力でしかありません。慰安婦の問題は日韓両国の首脳会議で完全に解決しています。それを、また蒸し返すつもりですか。そもそも、今の日本人の大部分は戦争を知らない世代です。戦争を知らない子供たちは、戦争や戦時中に行われたことについて責任を負う義務はありません。もちろん、謝罪する義務は一切ありません。戦争を知らないこどもたちに、戦争責任をおわせたり、いわれのない罪悪感を抱かせるのは、同胞を愛する行為ではありません。同胞愛のない偽キリスト教にだれが共感するでしょうか。
私が子供のころ通っていた日曜教会学校の牧師先生は、『あなたがた、戦争を知らない幼子は本当にしあわせですね。どうか、自由にのびのびと、思いきり羽根をのばしてはばたいてください。神様があなたがたを祝福していますよ』とおっしゃっていたことを覚えています。むろん、いろんな受け取り方はできますが、クリスチャンにふさわしい言葉であることはいうまでもありません。

慰安婦問題とキリスト教

慰安婦問題は、条約上でも、度重なる謝罪もし、金額も拠出し、決着済みであり、それを云々するということは、韓国の”たかり”行為に加担するものである。

慰安婦として働くこととなった女性には、同情を覚えるが、1944年のアメリカ軍による尋問調書では、売春婦以外の何物でもないと結論付けている。
中佐クラスの高給をもらい、嫌な相手は拒否でき、買い物等自由だったという待遇で、姓奴隷とはかけ離れた実態だった。
当時は、法律上でも売春は認められていて、非難を受ける理由は何もない。

その後の朝鮮戦争やベトナム戦争でも、同様の慰安婦制度が運営され、多くの私生児が生まれる等、はるかに悲惨な事態をもたらしている。
世界中どこでも同様のことがあったのに、なぜ日本だけが非難されなければいけないのか?納得いくように説明すべきである。

NCCは、それなりに人権を尊重して接していた日本の先人の尊厳を、踏みにじるものである。

そもそも、キリスト教が、他者の人権を云々することが、間違っている。
汝隣人を愛せよと言いながら、今でも他宗教と殺し合いを行っている。
だけでなく、キリスト教内でも、争いを繰り返してきた。

こんな殺し合いをやめられないなら、他者のことを云々する立場になれないことを肝に銘ずべき。

No title

>日本キリスト教協議会

日本と韓国キリスト教会が辺野古移設阻止で共闘している。両者共日・韓・米安保条約破棄と在日・韓米軍基地追放を掲げている。その主張にどちらも民族自尊心主義思想を導入している、民族自尊心は事実を捻じ曲げる最良の方法で、どんなに真面な学者でも事実認定に民族自尊心主義思想を導入すると、学者がみんな勝手に事実認定をやってしまう脆弱性が在る、嘘と誤解が蔓延する社会に為る。

そして、その民族主義を利用する政治家も出て来る。また、世論がその誤った主張に迎合仕出すと、ちゃっかり便乗する学識経験者や政財界セレブや有名小説家も出て来る、そうすることで文筆やTV等メディアの仕事=注文が増えるので儲かるからだ。そう言う時勢に相容れない批評をする文筆業者は、仕事が着実に減る事に為る。

そうすると、世論が益々民族主義一色に成り、大衆迎合主義政治家は民意を利用したはずが、いつの間にか自分が民意の虜囚に陥ってしまう危うさが出て来る、それが韓国の伝統的な誤った民意尊重為政の正体であり、国際条約も国内法よりも何故か民意が韓国の裁判所で優先すると言う、非法治民主主義体制の国に為っている。

日本の日米安保条約破棄と自衛隊・在日米軍基地追放を主張する反政府・反米勢力も同じで、一番の事例が翁長沖縄知事だ「沖縄は日本に組み入れられた、沖縄は先住民族で独自の伝統文化と言葉を持つ、沖縄は唯一の地上戦で捨て石にされた、沖縄は内地から差別されている、沖縄は在日米軍基地の74%が集中している、沖縄は自治権を」の発言例で、一つ一つ洗うと事実誤認や恣意的な民族自尊心表現でねじ曲がった被害妄想史実を対立演出で政府と沖縄県民に説いている。

翁長沖縄知事が為政に民族自尊心主義を導入して、被害妄想詭弁で県民を煽っている。翁長知事が沖縄で大衆迎合主義を演出している、何故なら翁長知事の本心は超が付く現実主義者で在り、狙い目が沖縄利権の独占で在り、実際に翁長知事一座が主要ポストを独占している。

それを可能にしたのがリベラル政党で在り日本共産党で、沖縄米軍基地反対しか能が無いリベラル議員達なので、議員本来の職務である行政監視や執行の能力がまるでないので、翁長一座が行政の裏方仕事を一手に担い、沖縄米軍基地反対民意を翁長知事一座が沖縄利潤追求に利用してるのが、沖縄政財界の為政実態だ。

問題は、沖縄県民の創られた民意を反政府行為に利用する野党(日本共産党・社民党・日本共産党と共闘の民進党)の存在だ。日本共産党は、国際条約である日米安保条約で在日米軍基地が日本政府の要請が無い限り海外に撤収が出来ない事を承知しているので、安心して在日米軍は日本から出て行けと、沖縄で依然と主張して党の支持率集めに邁進して、実際に実利がちゃんと獲れている。

また、沖縄に来ている内地の極左は反自衛隊・在日米軍基地運動を通じて、日本国体の社会暴力革命に虎視眈々としてる。その両者共危ない思想を未だに捨てていないので警察庁が365日24時間の動静を監視している。2016年春の予算委質疑で、日本共産党が再度、警察庁が日本共産党を365日24時間動静を監視している事を止めて貰いたい旨を質したが、政府の答弁は当然にNOだった。

事実は、警察庁が監視している日本共産党と内地の極左の2者は、在沖縄米軍基地由縁の社会問題にストレスが溜まった沖縄県民に同情して義心より県民の不満解消に来ているのではない。2者は自分達の行動指針達成の為に在沖縄米軍基地を利用しているだけなのだ。

そう言う視点で今の高江と辺野古の騒動を観れば、沖縄の反自衛隊・在日米軍基地運動勢力は4種類存在して、実態が4種類の呉越同舟だから、いずれにしても運動体の分裂が今後は避けられない。

その症状が出たのが2016年8月の高江の暴力行為デモだった、行き過ぎた日本共産党と内地の極左のデモの有様に沖縄県民が腰を引いた。つまり、4種類の内の一つの最大勢力県民が誰も高江に寄り付かなく為った。その県民不在デモの有り様を、反対指導層四銃士の1人である沖縄出自の目取真芥川賞氏がブログで「県民が誰も来ないのが情けない」と吐露していた、沖縄で浮いている反基地運動の存在が内地から来た辺野古移設阻止急進派で在る事を分って下さい。

その阻止派の最高司令官が内地から来た正体不明の自称土木技術者である北上田毅氏で、人脈作りが上手で沖縄県庁の職員研修役迄担っている。その北上田毅氏の人脈になぜか日本や韓国のキリスト教会の方が多い、暴力行為で逮捕された内地のキリスト教会神職が居た。また、沖縄のキリスト教学院教授等と密接行動執っている、そして沖縄と内地のキリスト教会で度々講演会を催している、反政府行為にしては珍しいオウムの様な宗教的な出来事だが(オウムも警察庁が365日24時間の動静を監視している)、北上田毅氏も被害妄想詭弁で煽っているのは韓国と共通している。

その構図とは、①親中國・親北朝鮮勢力 = ②在日在韓米軍追放勢力 = ③日米韓安保条約破棄勢力 = ④反日本政府・反自衛隊・反米勢力 = ⑤或る種の日韓キリスト教会勢力 = ⑥釜山慰安婦少女像建立勢力 = ⑦沖縄に便乗した自衛隊・米軍反対勢力 = ⑧沖縄で独立思想を説いてる沖縄本島2紙と沖縄選出リベラル派国会議員 = ⑨在日米軍追放主張の日本共産党で在り、最終目的とするところが北朝鮮寄りの朝鮮独立を推し進めて中國の勢力圏に韓国も治めたいとする勢力そのもので、裏で操っているのが中國共産党政府の図に成っているのは、公安調査庁の言う通りだ。



プロフィール

あや

  • Author:あや
  • 韓流に嵌った母と義母の為に
    韓国情報を調べていたら・・・
    韓流ブームに仕掛けられた
    怪しい罠に気付いてしまった。
    韓流の闇と、利権や陰謀
    仕掛け人を徹底研究!
ランキング
ランキングに参加しています!
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索