日本赤軍の「シンガポール事件」解決に尽力したナザン前大統領を弔問した安倍総理

首相 今月死去の
シンガポール前大統領を弔問

NHK 8月25日 21時35分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160825/k10010654251000.html
安倍総理大臣は、TICAD=アフリカ開発会議に
出席するため、アフリカのケニアに向かう途中、
経由地のシンガポールで、今月22日に死去した
ナザン前大統領の弔問に訪れ
リー・シェンロン首相や遺族に哀悼の意を伝えました。

安倍総理大臣は、ケニアで開かれるTICAD=
アフリカ開発会議に出席するため、25日午前、
政府専用機で日本を出発し、夕方、給油に立ち寄った
シンガポールで、今月22日に92歳で死去した
ナザン前大統領の弔問のため、
シンガポール議会を訪れました。
そして、出迎えたリー・シェンロン首相や遺族に対し、
ナザン前大統領が2009年に国賓として日本を
訪れたことに触れ、

広島で原爆被害者に会われた
 初めての外国元首でもあり、
 日本国民はこのことを決して忘れない

と述べました。
そして、
安倍総理大臣は、安置されたナザン前大統領の
遺体の前で黙礼し、哀悼の意を示しました。

ナザン前大統領は親日家として知られるほか、
1974年に日本赤軍などのメンバーが
シンガポールの石油精製施設を爆破し、
従業員を人質に取った「シンガポール事件」では、
人質の解放と引き換えにみずから身代わりとなり、
事件の解決に尽力しました。


弔問を終えた安倍総理大臣は日本時間の25日夜、
シンガポールを出発し、26日の朝、
ケニアのナイロビに到着する予定です。

(引用ここまで)




★シンガポール前大統領死去 
 日本赤軍事件を担当

 デイリー東北 2016/08/23
 http://www.daily-tohoku.co.jp/news/main/20160823/2016082201002202.html
 PN2016082201002211_-_-_CI0003_size0.jpg
 2009年5月、首脳会談前に麻生首相(左)と
 握手するシンガポールのナーザン大統領
 =東京・元赤坂の迎賓館




★海外「さすが兄弟国だ」
 安倍首相夫妻の振る舞いに
 シンガポール人が大感激

 海外の反応パンドラの憂鬱 
 http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-2047.html
第6回アフリカ開発会議(TICAD6:日アフリカサミット)に
出席するため、今日の夜までケニアのナイロビに
滞在されていた安倍総理ですが、
ケニアに向かう途上に立ち寄ったシンガポールでは、
8月22日に逝去されたシンガポールの前大統領、
ナザン氏を弔問するため、
ご遺体が安置されていたシンガポール議会を
昭恵夫人とともに訪問されました。


このことはシンガポール各紙が大きく報じており、
弔問に同行したリー首相も
ご自身のフェイスブックにて取り上げています。
他国の首脳によるナザン氏の弔問は
初めてだったことも相まって、
お二人の弔問に大きな感銘を受ける方が相次いでいました。


  abe.png

*以下抜粋
>よかった、日本の首相も弔問に来てくれたんだね。
  ナザン元大統領は、
  シンガポールで暮らす日本人のために、
  長いこといろいろと動き続けてたんだよね。

>超大物、アベ首相が弔問に来てくれた。
  ナザン氏は日本語を流暢に話せたんだよ。
  海外の超がつく大物の中で
  弔問に訪れてくれたのは、
  今のところアベ首相だけだ

>アベサン、目まぐるしいスケジュールの中すみません。
  リー・クアンユー元首相の葬式の時にも、
  あなたはシンガポールまで来てくれましたね。

(全文はリンク先で)



昨夜、
TVで日本赤軍の番組をやっていたらしいが
忙しくて観ていない。
戦後日本の過激派が国内だけでなく
国際社会にどれだけ過激な事件を起こしたか・・・
その残党や支援者たちに
「極悪日本は侵略戦争を反省し~~~」
などと言われましてもねぇ・・・

1974年1月31日、
バセル・エル・コーバイシ隊と名乗る
パレスチナゲリラと日本赤軍の混成部隊4名
日本赤軍2名 和光晴生、山田義昭と推認)が、
「ベトナム革命戦争との連帯」作戦として
シンガポールのシェル石油製油所に侵入し、
施設の一部を爆破、フェリーボートを乗っ取り
乗員を人質にして脱出のための飛行機を要求した事件。


★シンガポール事件
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%AB%E4%BA%8B%E4%BB%B6


★日本赤軍史その1
 http://www.marino.ne.jp/~rendaico/gakuseiundo/dainijibundco/nihonsekigunco/history.htm
(引用開始)
重信の「わが愛わが革命」(講談社)は
次のように記している。
「67年の羽田闘争のあとだったと思う。
 泥まみれになって帰った私に、父が言った。
 房子、今日の闘争は良かった。だけど、あれには、
 人を殺す姿勢がないな
』。

 私は驚いて、酒の盃を手にしている父を見つめた。
 その日が、はじめてで、そして終わりであつた。
 父が、自分の青春時代の話をしてくれたのは。
 父は、昔、血盟団に加わっていて西田税やなんかと
 一緒にやっていたという。理科大かなんかに行っていて、
 東京に絶望して、九州へ帰ったのだという。
 父は、鹿児島の出身であった。

 父は続けた。2.26事件にしても、血盟団にしても、
 歴史は、あとで右翼だとか何だとかいうが、
 我々は正義の為にやったのだ。
 政治家が腐敗していたから、我々が権力を変えて、
 もっと人民が潤える社会にしたいと思ってやったのだ。
 房子は、いま左翼だといわれているけれども、
 とにかく、自分が正しいと思うこと、これが正義だと
 思うこと、それだけをやれ! 
 『物知りにだけはなるな』。ものごころついたころから
 よく聞かされた父の言葉である」。


*家庭環境とは恐ろしい・・・
■血盟団事件
 https://ja.wikipedia.org/wiki/血盟団事件

(中略)
【板橋事件】

 2005.1月、元メンバーが、東京都板橋区内の
スーパーマーケットでサキイカ2点、1200円相当を盗み、
取り押さえられた事件。
この事件によって、
元日本赤軍のメンバーでありながら
生活保護を受けていたことが明るみになり、
日本中を震撼させた。

なお、この事件で逮捕された元メンバーは逮捕当時、
別件で執行猶予中であった。

(引用ここまで)




板橋のスーパーで
さきいかを万引きした元日本赤軍・山本万里子容疑者
2000年3月、他のメンバー3人とともに
レバノンから強制送還された。
日本赤軍の奥平純三容疑者(55)=国際手配中=を
日本から出国させるため、
1974年に他人名義で奥平容疑者の旅券を申請、
交付させたとして有罪判決を受け、執行猶予中だった。


★元赤軍派が平然と
 生活保護を受けているとは

 私の主張・ひとりの日本人として
  2005年02月01日
 http://blog.goo.ne.jp/threeforest2014/e/2c901c902de7dbbdc5a7e1648e057d48









政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あや

  • Author:あや
  • 韓流に嵌った母と義母の為に
    韓国情報を調べていたら・・・
    韓流ブームに仕掛けられた
    怪しい罠に気付いてしまった。
    韓流の闇と、利権や陰謀
    仕掛け人を徹底研究!
ランキング
ランキングに参加しています!
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索