男子400mリレーで日本銀メダル

★五輪=男子400mリレーで日本銀メダル、
 ジャマイカ3連覇

 ロイター 2016年 08月 20日 12:08
 
http://jp.reuters.com/article/olympics-athletics-mens-relay-idJPKCN10V04T?feedType=RSS&feedName=topNews&utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter


リオデジャネイロ五輪は19日、
陸上競技の男子400メートルリレー決勝を行い、
山県亮太、飯塚翔太、桐生祥秀、ケンブリッジ飛鳥で
臨んだ日本はアジア新記録の37秒60で2位となり、
過去最高の銀メダルを獲得した。


1走の山県は
「予選より良いスタートを切れた。
 夢は実現できると証明できてよかった」
とコメント。
2走の飯塚は
「桐生に向かって突っ走った」
3走の桐生は
「思い切り出て(ケンブリッジ)飛鳥さんに
 より良い位置で渡すことだけを考えていた」

とそれぞれ語った。

アンカーのケンブリッジは
3人が完璧な位置で
 (バトンを)持ってきてくれたので、
 メダル目指して走った
と振り返った。

ウサイン・ボルトがアンカーを務めたジャマイカが
37秒27で優勝し、3大会連続金メダル。
ボルトは100メートル、200メートルと合わせて
3大会連続三冠を達成した。

37秒62で3着に入った米国は失格となり、
カナダが37秒64で銅メダルとなった。

(引用ここまで)




★日本の銀「驚き」
 男子400mリレーで欧米メディア

 NHK 8月20日 14時32分
 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160820/k10010643841000.html?utm_int=news-international_contents_list-items_001
リオデジャネイロオリンピック、陸上の男子
400メートルリレー決勝の結果について、
ロイター通信やニューヨークタイムズの電子版など
欧米の主要メディアは、ジャマイカのボルト選手が
この大会で100メートルと200メートルに続く3個目の
金メダルを手にしたことを大きく報じました。

それとともに、日本がアジア新記録でこの種目過去最高の
銀メダルを獲得したことを、そろって「驚きだ」と評しました。

アメリカのAP通信
日本は100メートルで10秒を切る選手はいないものの、
 バトンの受け渡しの正確さが有利に働いた
と分析し、
「日本のバトンの受け渡しは常にスムーズだ」
というボルト選手のレース後の談話
も伝えました。
また、
日本のアンカーを務めたケンブリッジ・飛鳥選手の
父親がジャマイカ出身であることを紹介し、
「ジャマイカ生まれのケンブリッジ選手の活躍が
 日本に銀メダルをもたらした」という見方を示しました。


(引用ここまで)




AP通信の記者さん、
自国チームが失格になったから悔しいのかもしれないが
日本は第1走者の山県のスタートも良いし
飯塚のバトンの対応もすこぶる良く、
桐生がケンブリッジ飛鳥にバトンを渡す時点で
ジャマイカとほぼ同時
なんですよ。




だから、
ボルトのスポーツマン精神に則った
称賛の言葉が出てくる。




★バトンパス錬磨 歴史つくった男子400リレー
 日本、ジャマイカに次ぐ「銀」
.
 日本経済新聞 2016/8/20 13:50
 http://www.nikkei.com/article/DGXMZO06310650Q6A820C1UUB000/


★「日本は超人的に勇敢だった」
 「日本が上だった」 
 対抗心メラメラの中国も
 日本リレーに脱帽

 http://www.sankei.com/rio2016/news/160820/rio1608200063-n1.html



中国チームも頑張っていたよ!

身体能力の違いをどう補うのか。
長年のバトンパスの研究の研磨と
このチームの練習の努力が実った結果。


そして、やはりコレ
団結力ですよね。




卓球男子団体も、体操団体も、競泳団体も・・・
そして、レスリング女子も
吉田沙保里に憧れ、彼女を目指し研磨した結果。
「団結力」って大切。





銅メダルを獲得した競歩の荒井広宙選手。
45キロを過ぎてエバン・ダンフィー(カナダ)に追い越され、
抜き返そうとした際に接触、
レース後にカナダ側が荒井による妨害行為を主張し、
審判長がカナダの抗議を受け入れて
一旦は失格を宣言されるのだが・・・




日本チームは失格の裁定に納得せず、
再審理を要求する上訴。
(選手やチームの関係者が試合の判定に
 納得ができない場合、
 正式結果が出てから30分以内であれば、
 試合の審判長に対して口頭で抗議できる。)

日本チームは処分を不服として、
国際陸上競技連盟に抗議
競歩の日本代表チームによると、
今回のケースでは上訴審判は
国際陸連の5人の理事で構成される。
上訴審判は多数決で審判長の判定を
支持するか、却下するかどうかを決める



★荒井の銅を取り戻した陸連の“速攻” 
 日本から映像入手、理詰めで主張

 http://www.daily.co.jp/olympic/2016/08/20/0009407286.shtml
レース30分後にカナダ陣営の抗議が認められ、
一度は荒井の失格が確定したが、
日本側はすぐに上訴。
スタッフが日本からレース映像を手に入れ、
時系列ごとに問題点を洗い出し、
日本側の主張を文章にして提出した。

カナダのダンフィーのヒジが先に荒井に接触して
いること、接触に関係のない場面でダンフィーが
よろめいていることなどを特に強調し、訴えた。


 上訴審議終了後、
陸連スタッフの携帯にショートメールで荒井の3位が
確定したというメールが届いた。
レース終了後から3時間半が経過していた。
天国から地獄に突き落とされ、そして天国へと
舞い戻った荒井は
陸連の方々が諦めずに対応してくれてよかった
と、感謝していた。

(引用ここまで)



★競歩・荒井、接触選手から
 「謝ってきてハグした」 
 選手間に問題なし

 http://www.daily.co.jp/olympic/2016/08/20/0009407137.shtml


陸連スタッフが
速攻で映像を入手し分析、適切に理詰めで抗議。

外務省の官僚や政治家達に
このような即時対応能力があれば
現在の数々の歴史問題は、
違う方向に持って行けたのでは?と思ってしまう・・・




政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

競歩の3位。陸運のお手柄ですね。
>外務省の官僚や政治家達にこのような即時対応能力があれば現在の数々の歴史問題は、違う方向に持って行けたのでは?と思ってしまう・・・

過去に他の競技でも、国政の場面でも!起きた可能性があります。
思うと悔しい思いをした損をかぶって泣き寝入りさせられた日本人に同情したいです。大戦の被害者と通じる構造を感じます。

ボルトは王者の風格。敢闘した下位者を評価し労うのは、王者の権限だし、義務を感じるのかなと思います。
柔道のリネールは、王者じゃない。
プロフィール

あや

  • Author:あや
  • 韓流に嵌った母と義母の為に
    韓国情報を調べていたら・・・
    韓流ブームに仕掛けられた
    怪しい罠に気付いてしまった。
    韓流の闇と、利権や陰謀
    仕掛け人を徹底研究!
ランキング
ランキングに参加しています!
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索