韓国民団「光復節」記念式典で、共産党小池書記局長が韓国語で祝辞

★韓国民団「光復節」記念式典での
 小池書記局長あいさつ

 しんぶん赤旗 2016年8月16日(火)
 
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-08-16/2016081604_01_0.html
こんにちは、日本共産党の小池晃です。
今日は、
日本帝国主義による植民地支配からの解放を
記念する韓国の大事な式典
への招待、
ありがとうございます。

日本共産党を代表して心からお祝い申し上げる
とともに、この日にあたり、
日本の侵略戦争で犠牲となった2000万を超す
アジアの人々を追悼し、過ちを二度と繰り返させない
決意を新たにするものです。
また今年は民団の創設70周年とうかがいました。
在日韓国人の権利の擁護と向上
日韓両国の友好のために長年心血を注いでこられた
皆さんの活動に、心からの敬意を表するとともに、
さらなる発展を願っています。
おめでとうございます。
(以上韓国語)

 ヘイトスピーチ対策法が国会で成立しました。
人間としての尊厳を深く傷つける差別扇動行為を
一刻も早くなくしてほしいという、
在日の方々をはじめとした市民の強い声と運動で
実現しました。国会での超党派の取り組みによる、
画期的な成果です。川崎市では、6月に計画されていた
ヘイトデモが、新たな法律を踏まえた市の対応と
市民の抗議により、中止に追い込まれました。
新しい法律を力にしながら、
ヘイトスピーチの根絶と共生社会の実現に向け、
さらに前進していきましょう。

 日本軍「慰安婦」の問題については、
昨年末に両国政府の合意が結ばれ、その後さまざまな
取り組みがおこなわれてきました。
言葉に尽くせない被害を受けた元「慰安婦」の方々
一人一人の思いをくみ取りながら、人間としての名誉と
尊厳が回復され、問題の根本的な解決が図られるよう、
両国政府の努力を求めたいと思います。

 領土をめぐる問題については、
日韓とも緊張を高めるような行動は自制し、
あくまでも歴史的事実と国際法上の道理にもとづき、
冷静な話し合いで解決をはかるべきだと思います。

 こうした課題に取り組み、
これからの両国民の本当に心の通った友好を
発展させるうえで何が必要でしょうか。
私は、日本側としては、
過去の歴史に正面から向き合い、
過ちを真摯(しんし)に反省し、
未来への教訓としていく―この姿勢をしっかりと
土台に据え、堅持し続けることが、
何よりも大事だと考えます。
そしてその国際公約ともいえる日本の憲法を守り、
いかしていくことが、今こそ求められていると思います。

 日本共産党の先輩たちは、
戦前、朝鮮における独立のたたかいと連帯し
過酷な弾圧をうけながらも、
日本軍国主義による侵略戦争と植民地支配に
反対を貫きました。
私たちはそうした党として、
日韓の友好と北東アジアの平和のため、
皆さんとの交流・協力を大事にしながら、
引き続き頑張りたいと思います。
カムサハムニダ
(ありがとうございます)。













a0072616_1531180.jpg


★「日本共産党史」から消された
 「朝鮮総連」結成秘話

 ジャーナリスト 林 玲
 http://hogetest.exblog.jp/5636070/


★戦後の共産党と朝鮮総連の前身の
 在日本朝鮮人連盟、
 在日朝鮮統一民主戦線との秘話

 http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n118672


★朝鮮戦争と
 日本共産党武装闘争の位置づけ(1)

 朝鮮戦争に参戦した統一回復日本共産党
 http://www2s.biglobe.ne.jp/~mike/busotoso1.htm


★日本共産党は朝鮮戦争に参加していた!
 日本共産党の豊富な資金の理由とは

 http://brief-comment.com/blog/news/38808/


★朝鮮総連大会始まる
 志位委員長が来賓あいさつ

 2001年5月26日付「しんぶん赤旗」
 http://www.shii.gr.jp/pol/2001/2001_05/O2001_0526_1.html


★志位氏
 西大門刑務所歴史館館長と交流
 戦前の「赤旗」を手渡す

 しんぶん赤旗 2006年9月6日
 http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-09-06/2006090602_03_0.html


★共産党系大阪府知事候補と
 プロ市民が朝鮮独立運動家の
 子孫に謝罪

 2012-04-11
 http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-1756.html


★『異国の丘』とソ連・日本共産党(第2部)
 シベリア抑留問題から見た
 逆説の戦後日本共産党史

 http://www2s.biglobe.ne.jp/~mike/siberia2.htm


★GHQの中にも
 ソ連の工作があったのではないか

 http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-332.html?tag=%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%85%B1%E7%94%A3%E5%85%9A
ウィロビーの回顧録を読み進むと、
わが国の「公職追放」に関するニューズウィーク紙
(1947年1月27日付)の
「日本の公職追放の裏側――米国軍人の対立」という
論文の一部が引用されている。そこにはこう書かれている。

「公職追放を財界へも及ぼしたため、
 日本の財界人は5千人から2万5千人がその職を追われ、
 その上三親等までその職に就けないから、
 犠牲者は約25万名にのぼる。

 これによって日本の全経済機構の知能が
 取り除かれてしまった。
 当然の結果として、有能で経験と教養をもった階層、
 いつもアメリカと協力しようとしていた階層が
 切り離されてしまう。
 多くの占領軍将校は日本人と同様当惑しており、
 ある者は米国の資本主義原則が、
 どうして米占領軍当局の手でぶちこわされようと
 しているのか調査すべきだと考えている。
 GSには限られた分野での理論的専門家は大勢いたが、
 専門以外のことについては無知で、
 自分たちのもっている巨大な力に少しも気づかず、
 結果がどうなるかについてもまったく気にとめない
 ありさまである。」
 (『知られざる日本占領 ウィロビー回顧録』p.160-161)

(中略)
 東京にいる多くのアメリカ人たちは、
 GSのなかにいる共産党シンパや、もっと悪質な者が、
 そのイデオロギーを追放のなかに注ぎ込んでいる

 と信じている。
」(同上書 p.161-162)

(中略)
例えば教職員の追放について調べていくと、
渡部昇一氏はこう解説しておられる。
「昭和21年(1946)3月に
 アメリカの教育使節団がやってきて、
 5月には教職員追放令が公布された。
 そして教職員適格審査というものがはじまった。
 当時の教職員は70万人くらいいたが、密告が増え、
 その結果、5200人が追放になった。
 そして、それを見ていて密告されるのを嫌がった
 人たちなど、約116千人が教職を去った。
 戦前から教育を担っていたまともな教師が
 70万人のうち、12万人もいなくなったのである。
 この教職を去った人たちは、
 だいたいが師範学校の卒業生だった。…
 …12万人がいなくなった後を埋めたのが左翼だった。
 教職を左翼が埋めて、日本がよくなるわけがない。
 しかもその時、教育界に影響を及ぼすような教授や
 知識人はコミンテルン、共産党に関係し、
 戦前は帝国大学から追放されたよう人たちだ。

 彼らがカムバックしてきて
 『戦前は悪かった』と唱えた。
 自分たちにとって悪い状況だったから
 そういうのは当然だろう。
 そして現在の左派の先生たちは、
 彼らから徹底的に教育を受け、
 反日思想をよく勉強したのである。
…」

(『戦後混迷の時代に』 渡部昇一日本の歴史7戦後編P.100-101)

(中略)
終戦直後にGHQが矢継ぎ早に実施した施策には、
「公職追放」以外にも、
ソ連や共産主義者が喜ぶようなことが多いのである。
CIC(対敵防諜部隊)のキャップであったエリオット・ソープ准将は、
特高(特別警察)を全面的に解散させ、
日本共産党の幹部やゾルゲ諜報団の一味を含む政治犯を、
ちゃんとした監視体制もとらないまま、
いきなり釈放してしまっている。

(中略)
当時の日本共産党の徳田球一、志賀義雄らが
終戦直後に執筆し、党のその後の運動を決定づけた
という論文『人民に訴う』を紹介するが、
多くの方が次の文章を読んで驚かれるのではないだろうか。
論文の冒頭にはこう書かれている。

ファシズムおよび軍国主義からの、
 世界解放のための連合国軍隊の日本進駐によって、
 日本における民主主義革命の端緒がひらかれた
 ことに対して、われわれは深甚の感謝の意を表する

http://www.mcg-j.org/mcgtext/undousi/undousi.htm

また昭和20年(1945)11月7日付の
赤旗再刊2号にはこう書かれている。
「連合国軍が軍国主義、専制主義から
 我々人民を解放し、民主主義革命の端緒を
 開きつつあることは我々が今眼前に見るところである。
 我々自身が獄から解放されたのも、
 天皇とその政府によってではない。
 連合国と最高司令部からの命令によってである。
 我々は天皇制を打倒し、
 人民共和国を樹立する為に、
 この連合国解放軍と
 協力することができる


また昭和21年2月に行われた第5回日本共産党大会で、
この「解放軍」規定が敷衍化された占領下平和革命論
当面の綱領的方針として採択されている。

このように日本共産党は
終戦直後は占領軍を「解放軍」と考え、
GHQの施策を歓迎していたのである。


(全文はリンク先で)





なるほど・・・だから、
人民共和国を樹立を目指す共産主義者達は
「(アメリカの解放軍が創った)憲法守れ!」
と必死に叫ぶのか・・・




戦前も戦後も、他国から資金と指令を受けて
活動する日本共産党・・・
日本人の戦没者慰霊よりも、
朝鮮民族独立を祝う日本共産党・・・

本当に、この政党は日本に必要?







★大分県が
 『韓国産ヒラメ』を抜き打ち検査 。
 1グラム当たり『170万匹』の
 寄生虫が発見される。

 http://snjpn.net/archives/7815



政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あや

  • Author:あや
  • 韓流に嵌った母と義母の為に
    韓国情報を調べていたら・・・
    韓流ブームに仕掛けられた
    怪しい罠に気付いてしまった。
    韓流の闇と、利権や陰謀
    仕掛け人を徹底研究!
ランキング
ランキングに参加しています!
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索