靖国神社と沖縄の護国神社

★共産党・
 小池晃書記局長の新宿演説
 「靖国神社は侵略戦争を
  アジア開放の戦争だと
  美化している神社だ」
 「改憲は絶対に許さぬ!」

 産経新聞 2016.8.15
 
http://www.sankei.com/politics/news/160815/plt1608150052-n1.html
共産党の小池晃書記局長は15日、
終戦の日に合わせて東京・JR新宿駅前で街頭演説し、
靖国神社について
「日本軍国主義による侵略戦争を自存自衛の戦い、
 アジア開放の戦争だと美化している神社だ」
などと述べた。演説の全文は以下の通り。

「終戦記念日にあたっての
 共産党の街頭からの訴えを
 この場で行わせていただきます。
 今日は、全国各地で共産党の議員や
 党員の皆さんが宣伝に取り組んでいます。


(以下略)







共産党ってのは、終戦の日に限らず
元旦でも初詣客で混雑する神社周辺で
大音量で「改憲は絶対に許さぬ!」と
街宣する政党なんですけれどね。

戦没者に手を合わせて祈るより
街宣活動の方が大事なのか・・・


日本共産党は、一体誰の為に、
靖国神社批判をしているのやら・・・



まあ、志位委員長のように
「職業軍人でありながらロシアのスパイ!」
という家系なのだから、
戦没者を静かに慰霊する心なんて
全く持ち合わせていないのでしょうね。

小池さん、
靖国神社を訪れる国民の中には
このような方もいるのですよ。






★自民・小泉進次郎氏が靖国神社を参拝
 http://www.sankei.com/politics/news/160815/plt1608150020-n1.html




>境内は平穏なのに到着殿のところだけ
 カメラマンがぎっしり。
 到着殿に入ろうとすると、
 カメラのフラッシュの一斉放射。
 平穏に参拝させてもらえないものだろうか。














さて、自称「オール沖縄」の皆さんが
琉球独立だのと騒いでいる昨今・・・
沖縄の「護国神社」についての記事



★沖縄の護国神社(1)
 http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/08/1-20_1.php
二〇一六年の正月、
那覇市奥武山(おうのやま)の
沖縄県護国神社には初詣の長い列が伸びた。

 護国神社といえば、県民には
「あの初詣がすごく多いとこ」で知られる。
だが沖縄の初詣が賑わう現象は、実はわりと新しい。
その証拠に、参拝者はなぜか文字通りの
「長蛇の列」を作る。
三、四人ほどの細い幅でずらりと並ぶのである。
境内のずっと外から始まった細い列は参道の中央を
長い時間をかけて進み、ようやく拝殿前に達した先頭が
おもむろに柏手を打つ。
神社仏閣と観光客がひしめく京都から来た筆者は、
どんどん進んで射程距離に入ったら
賽銭を投げればいいのにと思って眺める。
飲食店の順番待ちのような並び方は初詣らしくない。

 それにしても、なぜ異なる宗教文化の沖縄で、
こんなにも初詣が賑わうのか。
しかも、
戦没者を祀る「地方版の靖國神社」が
アメリカ占領下で復興され

今や誰もそんな歴史を気に留めないほど
市民生活に溶け込んでいる。なぜだろうか。

 それは、人々が護国神社の復興に
「祖国日本」という夢を重ねてきたためではないか

と筆者は考えている。

(続きはリンク先で)


★沖縄の護国神社(2)
 http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/08/2-35_1.php


★沖縄の護国神社(3)
 http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/08/3-36.php




吉永小百合さんが
「戦争反対を言えない空気」
危機感を表明・・・というのだが





誰もが
戦争は反対だと思いますよ。
でもね、
共産党のようにわーわー街宣活動するよりも
靖国神社なり、全国各地にある護国神社なり
各地域にある、
戦後に御遺族が建立した忠魂塔に刻まれた
戦没者お一人お一人のお名前を噛みしめながら
慰霊した方が、よっぽど大東亜戦争について
深く考えられると思うのです。

>「憲法9条は絶対に変えさせない」と戦闘宣言

吉永さんなどサヨクさんが感じている
「戦争反対を言えない空気」とは、
二度と、あんな戦争はしたくないと思う国民と
9条を守ることだけが主目的になってしまった人達との
心の乖離だと思う。





「戦争反対」と叫ぶだけで
戦争をしないためにはどうすれば良いのか
「思考停止状態にある人達の声を
 聞かなくなってきた空気」なのだと思う。
一体、誰と闘っているのか疑問視する空気・・・



9条信者の人達は、
こんな事を言うと激怒すると思うけれど
「9条さえ守っていれば、平和が守られる」という発想は
「竹槍の練習をして、敵機を撃ち落とす」に似ている。

戦後、71年
サヨク集団だけでなく、このような、
一部の「軍装隊」というコスプレ集団も要らない。
静かに慰霊する日にして欲しい。





右も左も、保守もリベラルも関係なく
きちんと慰霊して
冷静に「終戦の日」を考える事が大切。















政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あや

  • Author:あや
  • 韓流に嵌った母と義母の為に
    韓国情報を調べていたら・・・
    韓流ブームに仕掛けられた
    怪しい罠に気付いてしまった。
    韓流の闇と、利権や陰謀
    仕掛け人を徹底研究!
ランキング
ランキングに参加しています!
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索