国民統合の象徴としてのお務めについての陛下のお気持ち

★天皇陛下がお気持ちを表明(全文)
 NHK 8月8日 15時00分
 
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160808/k10010626811000.html
 

象徴としてのお務めについての
天皇陛下お言葉(全文)


 戦後70年という大きな節目を過ぎ、
2年後には、平成30年を迎えます。
 私も八十を越え、体力の面などから様々な制約を
覚えることもあり、ここ数年、天皇としての自らの歩みを
振り返るとともに、この先の自分の在り方や務めにつき、
思いを致すようになりました。

 本日は、社会の高齢化が進む中、
天皇もまた高齢となった場合、どのような在り方が望ましいか、
天皇という立場上、現行の皇室制度に具体的に触れることは
控えながら、私が個人として、これまでに考えて来たことを
話したいと思います。

 即位以来、私は国事行為を行うと共に、
日本国憲法下で象徴と位置づけられた天皇の望ましい
在り方を、日々模索しつつ過ごして来ました。
伝統の継承者として、これを守り続ける責任に深く思い
を致し、更に日々新たになる日本と世界の中にあって、
日本の皇室が、いかに伝統を現代に生かし、
いきいきとして社会に内在し、人々の期待に応えていくかを
考えつつ、今日に至っています。


 そのような中、何年か前のことになりますが、
2度の外科手術を受け、
加えて高齢による体力の低下を覚えるように
なった頃から、これから先、従来のように
重い務めを果たすことが困難になった場合、
どのように身を処していくことが、国にとり、国民にとり、
また、私のあとを歩む皇族にとり良いことであるかにつき、
考えるようになりました。
既に八十を越え、幸いに健康であるとは申せ、
次第に進む身体の衰えを考慮する時、
これまでのように、
全身全霊をもって象徴の務めを果たしていくことが、
難しくなるのではないかと案じています。


 私が天皇の位についてから、ほぼ28年、
この間私は、
我が国における多くの喜びの時、また悲しみの時を、
人々と共に過ごして来ました。
私はこれまで天皇の務めとして、何よりもまず
国民の安寧と幸せを祈ることを大切に考えて来ましたが、
同時に事にあたっては、時として人々の傍らに立ち、
その声に耳を傾け、思いに寄り添うことも大切なことと
考えて来ました。
天皇が象徴であると共に、国民統合の象徴としての
役割を果たすためには、天皇が国民に、天皇という
象徴の立場への理解を求めると共に、
天皇もまた、自らのありように深く心し、国民に対する
理解を深め、常に国民と共にある自覚を自らの内に育てる
必要を感じて来ました。

こうした意味において、日本の各地、とりわけ遠隔の地や
島々への旅も、私は天皇の象徴的行為として、
大切なものと感じて来ました。
皇太子の時代も含め、これまで私が皇后と共に行って来た
ほぼ全国に及ぶ旅は、国内のどこにおいても、
その地域を愛し、その共同体を地道に支える市井の人々の
あることを私に認識させ、私がこの認識をもって、
天皇として大切な、国民を思い、国民のために祈るという
務めを、人々への深い信頼と敬愛をもってなし得たことは、
幸せなことでした。

 天皇の高齢化に伴う対処の仕方が、
国事行為や、その象徴としての行為を限りなく縮小して
いくことには、無理があろうと思われます。
また、天皇が未成年であったり、重病などにより
その機能を果たし得なくなった場合には、
天皇の行為を代行する摂政を置くことも考えられます。
しかし、
この場合も、天皇が十分にその立場に求められる
務めを果たせぬまま、生涯の終わりに至るまで
天皇であり続けることに変わりはありません。

天皇が健康を損ない、深刻な状態に立ち至った場合、
これまでにも見られたように、社会が停滞し、
国民の暮らしにも様々な影響が及ぶことが懸念されます。
更にこれまでの皇室のしきたりとして、
天皇の終焉に当たっては、重い殯(もがり)の行事
連日ほぼ2ヶ月にわたって続き、
その後喪儀に関連する行事が、1年間続きます。
その様々な行事と、新時代に関わる諸行事が同時に
進行することから、行事に関わる人々、
とりわけ残される家族は、非常に厳しい状況下に
置かれざるを得ません。

こうした事態を避けることは出来ないものだろうか
との思いが、胸に去来することもあります。

 始めにも述べましたように、
憲法の下、天皇は国政に関する権能を有しません。
そうした中で、のたび
我が国の長い天皇の歴史を改めて振り返りつつ、
これからも皇室がどのような時にも
国民と共にあり、相たずさえて
この国の未来を築いていけるよう、
そして象徴天皇の務めが常に途切れることなく、
安定的に続いていくことをひとえに念じ、
ここに私の気持ちをお話しいたしました。
 
 
国民の理解を得られることを、切に願っています。








陛下のお言葉を拝聴させていただきながら
陛下が、全身全霊をもって
国民の安寧と幸福を祈り続け
国民統合の象徴としての「天皇の務め」を
果たされてこられた事に、
改めて深い感銘を覚えました。

特に、殯(もがり)の行事に言及された事に
注目をいたしました。
昭和天皇のご病状の悪化からご崩御
その後の殯(もがり)の行事が思い出されます。

陛下は2013年に、火葬のお気持ちを表明され
宮内庁が「今後の陵と葬儀のあり方」を発表しました。


★火葬導入、陵を縮小 両陛下御葬儀、
 御意向受け 宮内庁発表

 http://ef81hokutosei.way-nifty.com/blog/2013/11/post-c645.html
東京大学・小堀桂一郎名誉教授

 天皇、皇后両陛下が、
御陵造営や御葬儀にあたって
国民に負担がかからないようにとのお気持ちを
お示しになり、御自身の崩御後についてまで
国民を念頭においてお考えになっておられることは、
誠に畏れ多い。


 天皇と国民との絆のあり方に深く思いを致され、
東日本大震災直後、ビデオメッセージで
国民へ直接呼びかけるなど、
「国民のために祈る」との
お姿を行動で示されてきた両陛下だからこその
意向の御表示ではないか。

 本来は、江戸時代初期以来、一貫して続いてきた
土葬という従来の形が守られていくことが望ましい。
しかし一方で、
国民のために、なるべく葬儀を簡素化するという
「薄葬(はくそう)」の思想もまた、皇室の伝統である。
なにより、お二方の御意向に沿うことが最も大事だ。
国民は重みを持って受け止めなくてはなるまい。

(続きはリンク先で)


★大喪の礼
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%96%AA%E3%81%AE%E7%A4%BC


2か月間連日続く、重い殯(もがり)の行事とは

★昭和天皇崩御  昭和から平成に
 http://blogs.yahoo.co.jp/naojyi/21799505.html


★皇太后様の葬儀関連行事
 http://www.asahi-net.or.jp/~ds9c-bb/ninna-rekishi3.htm




昭和天皇の崩御の際には
社会の停滞だけでなく
このような混乱や不穏な動きがありました


★平成2年 警察白書
 第7章 公安の維持

 http://www.npa.go.jp/hakusyo/h02/h020700.html
昭和天皇の崩御に伴い、
平成元年2月24日大喪の礼が執り行われた。
 
大喪の礼に対し、極左暴力集団は、
「大喪の礼爆砕」を主張して爆弾事件等を引き起こした。
日本共産党は、天皇批判キャンペーンを繰り広げた。
また、右翼は、街頭宣伝活動を自粛する一方で、
大喪の礼の執行方法に関して、
政府に対する活発な要請活動を展開したほか、
日本共産党の天皇批判活動等をめぐって暴力事件を
引き起こした。

こうした情勢下において、大喪の礼警備は、
過去最大のものとなったが、全国警察が総力を挙げて
推進した結果、無事に終了した。

 極左暴力集団は、大喪の礼粉砕闘争以降、
これまでの成田闘争重視の路線から
皇室闘争中心の路線に転換し、成田闘争等あらゆる
闘争と絡めながら、即位の礼、大嘗祭粉砕闘争を山場に
「テロ、ゲリラ」戦術で闘いを展開する方針を固めた。
こうした中、中核派は、4月28日
「三番町宮内庁宿舎自動車爆弾事件」を引き起こし、
一層過激な闘争を志向した。
また、成田闘争をめぐっても、空港建設工事の進展に
伴う危機感から対決姿勢を強めており、
公共用地審議会の会長代理宅に対する爆弾事件や
千葉県職員の個人住宅への放火事件等個人テロの
色彩の強い「ゲリラ」事件を引き起こした
ほか、
「新東京国際空港の安全確保に関する緊急措置法」
(以下「成田新法」という。)に基づく現地団結小屋に対する
除去処分に籠(ろう)城戦で抵抗するなど、
緊迫した情勢となった。

 一方、右翼は、「テロ、ゲリラ」への志向を一層強め、
「中曽根元首相に対するテロ企図事件」、
「山口社会党書記長襲撃事件」等悪質な事件を敢行した
のをはじめ、左翼勢力の天皇批判活動やリクルート問題
をめぐって「ゲリラ」事件を引き起こした。
なお、右翼による拡声機騒音に対しては、積極的な取締り
が行われたほか、石川県において条例が制定されるなど
諸対策が推進された。

  t0261.gif

(続きはリンク先で)




陛下は、あの時のような
混乱や「政治利用」が起きることを
憂いているのではないでしょうか・・・

今の状況を考えると、
昭和天皇御崩御の際の混乱の事態が
充分に予想される・・・

今日のお言葉は、
公務がきついからではなく
象徴天皇として公務を勤め続ける際に
お勤めが不可能になる事態を予測し
摂政をおいて形だけの天皇でいることをよしとせず
「象徴としての務めを
 充分に果たせる者が
 天皇の位にあるべき」

昭和天皇が皇太子時代に、
大正天皇の摂政を勤めた先例を鑑み、
その難しさを痛感しているのでしょう。




早速、
陛下の「お気持ち」を政治利用する輩達




陛下は、憶測が駆け巡り
この様な政治利用を望んではいないからこそ
ご自身の「お言葉」を国民に
直接、届けて下さったのだと思います。

陛下が、
周囲の方々に直接「生前退位」というお言葉を
使ったのかどうかはNHKの特番を観ても解らない。
「譲位」というお言葉だったのかも解らない。
ただ、真摯にお気持ちを明らかにすることで
「国民統合の象徴」という「天皇の在り方」を
スムーズに次世代に引き継ぐことを
国民と共に考えていきたいというお気持に感じた。

一番、懸念されておられることが
突然に「天皇の終焉」を向かえて国民の社会生活に
影響を与えたくはないという強いお気持ちに思えた。



敢えて、生前に「譲位」することで
これまでのしきたりに則った
「大喪の礼」も「重い殯の行事」も、
ご自身の御代で簡素化して
国民に負担を掛けたくはない!
というお気持ちに思えた。

それら諸々の事を
決して「政治利用」してはならず
あくまでも「国民」が理解して欲しいと・・・


>憲法の下、
 天皇は国政に関する権能を有しません


陛下が最初と最後に、
こんなお言葉を発したのは
SEALDsの兄貴分のサヨク学者などが
「政権批判のメッセージ」などという政治利用に
繋がることを望んではおられない証拠!

陛下のお気持ちに、
勝手な解釈は一切必要ない!




>天皇が象徴であると共に、
 国民統合の象徴としての役割を果たすためには、
 天皇が国民に、
 天皇という象徴の立場への理解を求めると共に、
 天皇もまた、自らのありように深く心し、
 国民に対する理解を深め、
 常に国民と共にある自覚を
 自らの内に育てる必要を感じて来ました。


ご高齢の陛下のご公務に関しては、
以前、御顔のむくみが酷く
体調が万全では無いにも拘らず
周囲の方々の準備を考慮なさって
ご無理をされているのだと心配になった事が
多々ありました。

私の父も、生前、陛下のようなむくみが見られ
そのような日には、
平熱ではあるけれども、やはり体調が悪く
無理はさせられないと安静にさせていたものです。
真面目な陛下は、そのような場合にあっても
周囲に気遣いしてしまうのでしょう・・・
ご公務が大変であろうからと、公務を減らす気遣いを
周囲にさせてしまう事こそが
陛下のポリシーに反する事なのだと・・・

「政治利用」されない形での
国民統合の象徴としてのお勤めを
「我が国の長い天皇の歴史を
 改めて振り返りつつ、
 これからも皇室がどのような時にも
 国民と共にあり、相たずさえて
 この国の未来を築いていけるよう、
 そして象徴天皇の務めが常に途切れることなく、
 安定的に続いていくことをひとえに念じ」
た、お気持ち。

ロイターのニュースタイトルの
「象徴天皇の務めが安定的に続くこと念じる」
最も適切な報道姿勢だと思った。









先程のNHK特番でも
テレ朝・報道ステーション御用達の憲法学者
木村某が頓珍漢なコメントをしていましたが


だから、政治利用するなっての!



政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

日本万歳

テレビに出ている「解説者」のたぐいが、憲法があるから天皇がいる、まず憲法ありきというニュアンスで語るのは、戦後しか見えない「サヨク」でして、公共の電波で解説させても底が知れてますね。
やっつけ仕事の英文を魔翻訳して変な日本語になったケンポーをベースに、いくら理屈つけても、おかしな解説にしかなりえないと思います。

また、まず数千年の歴史のある天皇陛下と日本国民がいて成立すべき憲法ですから、それを踏まえずに戦後だけで「天皇」を語っても、つまらない空理空論に毛の生えたものにしかなりません。

不敬極まりない

生前退位という表現自体も不敬ですけど、普段は、天皇陛下を政治利用する事を批判している連中が、この場に及んで目一杯政治利用する二枚舌は、一体、お前ら何様のつもりなのかと思います。

陛下自身が「譲位」の御意向を示されたわけでもなく、マスゴミが「生前退位」を否定していないかのように書き立てた為、陛下が態々国民の前に御出ましになったに過ぎません。

一連の騒動は、所謂「天皇制否定」の為に起こした反皇室の連中の仕業だろうと思います。

戦前ならば「不敬罪」で死刑となるところですが、現代では存在しないのが悔やまれます。

憲法改正議論と共に、不敬罪の復活を望みます。
プロフィール

あや

  • Author:あや
  • 韓流に嵌った母と義母の為に
    韓国情報を調べていたら・・・
    韓流ブームに仕掛けられた
    怪しい罠に気付いてしまった。
    韓流の闇と、利権や陰謀
    仕掛け人を徹底研究!
ランキング
ランキングに参加しています!
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索