韓流研究室

ARTICLE PAGE

民進「蓮舫代表」計画、高野孟(中国&北朝鮮)→マダム朴→統一協会→モンゴル→有田芳生ルート

★「蓮舫代表」無投票選出を企む
 民進“A級戦犯”5人組の思惑

 日刊ゲンダイ 2016年8月6日
 
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/187286
岡田代表の後任を決める民進党の代表選
(9月15日投開票)に、
岡田氏側近の蓮舫代表代行(48)が
一番乗りで手を挙げた。5日の会見で
富士山から飛び降りる覚悟だ」と
眉間にシワを寄せて決意を語った
が、
代表選は行われず、蓮舫氏の「無投票選出」が
すでに既定路線になりつつあるからドッチラケだ。
水面下では蓮舫氏への一本化に向け、
切り崩しが進んでいるというのである。


 代表選をめぐっては前原誠司元外相(54)や
細野豪志元環境相(44)などいつもの面々の名前が
挙がっており、若手の玉木雄一郎国対副委員長(47)
も意欲を見せている。

「岡田代表が代表選への不出馬を表明した
 前日の7月29日、
 岡田代表、野田元首相、枝野幹事長、安住国対委員長、
 蓮舫代表代行の5人が集まり、
 その席で
 ポスト岡田体制について〈蓮舫代表―安住幹事長〉で
 一致したという話が広がっています。
 5人組はライバルの立候補を封じ、無投票で蓮舫氏を
 代表にするつもりだとみられています」
(民進党関係者)

それにしても、
岡田、野田、枝野、安住、蓮舫の5氏は
政権転落の“A級戦犯”。

それが、政策論争も経ずに順送りでトップの座を
牛耳ろうなんてヒドイ話だ。
しかも、その思惑もセコイのなんの。

「対抗馬といい勝負になれば、
 たとえ蓮舫代表代行が勝っても
 相手陣営を幹事長などで処遇しなければ
 ならなくなる。
 どうしても幹事長になりたい安住国対委員長が
 出馬の目を潰そうと動き回っているんです」
(別の民進党関係者)

 政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏は言う。

「今回の代表選は大きく
 二項対立の構図が固まっています。
 野党共闘路線を維持する執行部系と、
 理念を練り直そうという保守系の争い
ですが、
 蓮舫代表代行はウイングが広いですし、
 今春から準備を進めてきた。
 結果的には蓮舫代表で決まりでしょう。
 ただ、
 無投票選出ではマスコミは取り上げないし、
 世間の関心も高まらない。
 国民に民進党の存在をアピールする
 せっかくのチャンスをフイにするなんて
 自殺行為です」


 民維合流から4カ月。
 なーんも変わっちゃいないのか。

(引用ここまで)




1番乗りで手を挙げて先出ジャンケン
「富士山から飛び降りる覚悟だ」

完璧に、小池百合子都知事の丸パクリ。

但し、
「蓮舫代表」計画は、ずっと以前から練られてきた。




★民主党「韓国が女性大統領だから、
 うちも代表は蓮舫に!」

 韓流研究室 2012-12-23
 http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-2214.html



↑上記のように、2012年にも指摘したが、
蓮舫議員の党代表→総理を目指す計画は、
民主党結党以来の目標なのだろう。
中国共産党指導部が、日本共産党幹部を
説得して入党させた親中派高野実の息子である
民主党結党以来の中国共産党の子飼いの
政治ゴロ・高野孟が、
自分の子分の村田信之と蓮舫を結婚させたのも
ren4DSCN4322.jpg
田原総一朗・高野孟、左奥に蓮舫夫・村田信之
早稲田で学生・社会人赤化するための
「大隅塾」メンバー
http://www.waseda.jp/student/weekly/contents/2005a/065i.html

田原総一朗を塾頭に
高野孟・岸井成格などのジャーナリストを講師に
蓮舫夫・村田信之は補佐
次世代の主導者、ネクスト・リーダー養成を目的とした。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%9A%88%E5%A1%BE

新婚の蓮舫夫妻を二人揃って
「北京大学に留学」させたのも高野孟。

全ては、
「蓮舫代表→政権交代→中国系総理誕生」の、
高野孟自身も父親時代からの長期計画か?
高野孟の父高野実は、
中国共産党指導部によって画策された「日本赤化計画」

http://blog.goo.ne.jp/tsubasa99/e/302cf52f2292951c448c0c96a1b4eaed
”隠れ共産党員として、1950.7の総評結成に参加、
 事務局長役を得て、総評組織を急速な
 左旋回にミスリードした。
労農党結成(1948.12)に潜り込み、社共両党との
 統一戦線を画策した(隠れ共産党員)松本健二事務局長
 とともに戦後の組織潜入の赤化政治工作として
 特筆される両人である。”

労働運動では、とくに高野実がとびぬけていた。
http://www014.upp.so-net.ne.jp/senku/06-8higuchi.html

53年に朝鮮戦争が米韓・中韓両陣営の痛み分け停戦
になるや、高野は「日中両国労働者がアジア不戦の誓い」
をたて、北京でアジア各国の労働組合の代表者とともに
アジア労組会議を開こうということを、総評の名で
提案した(「高野さんにおける労働運動と党」
 ―高島喜久男『高野実追悼録』1975年7月)。

「60年安保闘争のさいには
 高野さんは北京にいて
 総評と総工会と朝鮮労働党総同盟の
 三者のあいだで、
 アメリカ帝国主義をアジアから駆逐するまで
 共同して闘うという共同声明の作成に
 努力している」



蓮舫の父親は、国会でも問題になった
「「黒い霧の台湾バナナ」事件の主役一族・謝哲信。
祖母、父親、叔父たちが、政治家に働きかけ、
台湾バナナの輸入で暴利を貪り、
儲けた金を脱税するためのペーパカンパニーを
数社も作っていた。

こうして築いた資産の一部は、
台湾国民党政府だけではなく、
中国共産党幹部にも流れていた。

そもそも、蓮舫の祖母・陳杏村
日本軍にすり寄った二重スパイ疑惑のある
「外省人」のような台湾出身者「半山仔」なのだ。
台湾人たちは、
大陸のことを「長山(トンスウア)」と呼び、
大陸から戦後わたってきた外省人を
「阿山仔(アースウア ア)」(山の人)と呼び、
彼らについて帰ってきた台湾人のことを
半山仔(ボアスウア ア)」(半分、山の人)と呼んだ。



高野孟のスポンサーは
マダム朴こと朴敬允(パク・キョンユン)
東京都麻生十番にある「金剛山国際観光」の
オーナーにしてジャーナリスト。


★共産圏とのつながりを深める統一教会
 http://blog.livedoor.jp/champ1414/archives/3029811.html
九〇年代近くになると、文鮮明は
それまでの『勝共思想』に代わって、
『頭翼思想』を唱え出す。

(中略)
統一教会は九十年代に入って、
旧ソ連を中心とする共産圏、北朝鮮との
つながりを密にする。

(略)
文鮮明、金日成会談と同時期に、
統一教会は経済面からも北朝鮮に進出している。
一九九三年(平成五年)、統一教会は、
平壌の普通江ホテルを買い取っている。
この際、統一協会側は、
朴敬允(パクキョンユン)
(マダム・朴として知られる)なる女性を介して
北朝鮮側と連絡をつけたと言われる。


(引用ここまで)




★モンゴルと北朝鮮・
 拉致問題のいくつかの接点

 特定失踪者問題調査会副代表 岡田和典
 http://araki.way-nifty.com/araki/2014/03/post-603c.html
(引用開始)
福留さんは高知県立山田高校卒業後、
綜合警備保障に就職し、五反田のTOCビル4階を
担当します。
同じ階に、高敬美さん・剛さんを拉致したとして
国際手配されている、木下陽子が働く
ユニバーストレーディング社が入居していました。
1976年に出国した福留さんはその後消息を絶ち、
20年後、よど号犯岡本武の妻として新聞報道されます。

失踪時、モンゴル渡航のオンリーワン企業がS社です。
失踪前、福留貴美子さんも訪ねています。
北朝鮮との繋がりも強く、1991年5月に名古屋から
平壌に民間として初めてチャーター便を飛ばしています。
この企てを実質的に仕切ったのが、
マダム朴こと朴敬允(金剛山国際観光オーナー)です。

猪木議員を最初に北朝鮮に紹介したのが
マダム朴と言われています。
猪木議員は訪朝から帰国後、執拗に家族会に
「北朝鮮に来ないか」と誘っていたようです。

(中略)
S社のビルに事務所を設けたのが
北朝鮮での墓参と遺骨収集を目指す
「北遺族連絡会(前身「全国清津会」)」
です。
連絡会結成集会には横田滋さんも出席し、
連絡会の事務局長であるO女史から
「一緒に訪朝してほしい」と再三要請されます。


 このO女史、寺越友枝さんと同じ金沢市に
住居を構え、兄と共に経営する会社は、
モンゴルの道路工事に関係します。
この連絡会には事務員として、よど号犯田中義三
(日本で受刑中に死亡)の娘も働いています。
「小坂浩彰さんにお世話になってます」
が赴任の挨拶でした。

 小坂浩彰氏とは、
帰国した拉致被害者5人の子供たちが未だ
北朝鮮に残っている時、子供たちに接触し、
TVに度々登場して、当時の家族会事務局長であった
蓮池透氏と激しく争った、北朝鮮支援者の一人です。
子供たちが帰国後、
蓮池透氏の発言が変化するのですが、同時期以降、
蓮池透氏・小坂浩彰氏・寺越友枝さんご一緒の姿が
目撃されます。
また、蓮池透氏は横田さんに北朝鮮で、
お孫さんと会うことを進言します。

この辺りのことについては17日の朝日新聞に
掲載されています。

モンゴルと北朝鮮・拉致問題の不思議な接点
そして怪しげな人々。

(全文はリンク先で)





★遺骨利権の代理人有田芳生 
 日朝協議と並行して始まった
 民間の遺骨収集に「怪しい親北日本人」の影

 http://blog.livedoor.jp/aryasarasvati/tag/小坂浩彰
(引用開始)
北朝鮮が日本人の遺骨返還に
熱心になったのは今春からだ。

 中井洽元拉致担当相が
宋日昊・日朝国交正常化担当大使と一昨年来、
秘密接触するなかで、

「今年はじめから北朝鮮側は、
 『遺骨』『遺骨』になった」(交渉筋)①という。
5月には「戦没者の遺骨取材に応じる」と言いだし、
6月、日本メディア2社に平壌市内の埋葬地2カ所を
公開した。
(中略)
「『北遺族連絡会』の支援者には、度々訪朝しては
 朝鮮労働党高官や、よど号犯と面会している
 池口恵観氏②や右翼団体幹部が名を連ねており、
 資金的にはNGO『レインボーブリッジ』代表代行の
 小坂浩彰氏③が支援しているとみられます。

 いずれも親北で逮捕歴のある、曰くつきの人物ばかり。
 北に発生する『遺骨利権』という甘い蜜に、
 遺族支援を名目に群がろうとしている姿が、
 ありありと浮かんでくる」

先の結成会で『北遺族連絡会』から挨拶を依頼された
横田滋氏は、同連絡会の大西るみ子事務局長から
「一緒に訪朝してほしい」と再三要請されたという。
滋氏はこれを断ったが、公安当局者は
「拉致被害者さえも広告塔に使おうとする。
 許しがたい神経だ」
と憤る。

(全文はリンク先で)


★鳩山由紀夫の隣に、
 猪瀬前東京都知事と徳洲会を
 仲介した一水会の木村三浩

 http://blogs.yahoo.co.jp/novice14sight/13037258.html


★【全文】鳩山由紀夫元首相
 「世界平和のため、
  行かずにはいられなかった」
  ニコ生でクリミア訪問の真相を語る

 http://logmi.jp/43986
鳩山由紀夫元首相がウクライナ南部のクリミアを
訪れたことで、激しいバッシングを受けている。
なぜ鳩山氏はクリミア半島を訪問したのか? 
鳩山氏と同行したジャーナリスト・高野孟氏も同席し、
マスコミ報道では伝えられないクリミア訪問までの
経緯、さらにはクリミア半島の現状について語りました

(続きはリンク先で)




  Cke3LKUXAAA3K37.jpg

dc3c51af.jpg


何だか、いつも背後に
蓮舫夫妻の媒酌人、高野孟がいる・・・








政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply