韓流研究室

ARTICLE PAGE

左翼の好きなスラップ訴訟

★左翼の好きなスラップ訴訟
 池田信夫 2016年07月21日 19:05
 http://agora-web.jp/archives/2020435.html
tori1dac4336-s.jpg

鳥越俊太郎氏が刑事告訴した、
話題の週刊文春の記事を読んでみた。
話は2002年夏で、強姦未遂事件とすれば
時効になっているが、
証言しているのは被害者の夫で、
事実関係も詳細で具体的なので、
鳥越氏側のいうように「事実無根」とは考えられない。
これが事実であれば、選挙妨害も成立しない。
週刊誌もバカじゃないから、
事実無根の話を告示後に出したりしない。


強姦しようとしたが拒否されてキスをしただけ
ということなので、大した話ではなく、
示談ですませた形跡もあるので、
それならいったん和解した話を持ち出す夫にも
問題があるが、それなら事前に話し合えばいい。
和解金で折り合えなかった可能性もあるが、
それなら告訴は成り立たない。

そもそも
この程度の話で告訴というのが異常である。
たぶん他にもたくさん「前科」があって、
他の週刊誌が追いかけるのを牽制しようという
スラップ訴訟だろうが、
高市総務相の発言に対して
「国家の言論弾圧だ」と抗議した人物が、
警察権力の介入を求めるのはどういうことなのか。

このように自分の言論については、
ありもしない「政権の圧力」を騒ぎ立てるくせに、
他人の言論には国家の介入を求めるのが、
左翼の常套手段だ。
おかげで私も被害にあっているが、
ほとんど私が勝っている。
それより彼らにとっては
「私は潔白だから裁判を起こした」という
アリバイづくりが重要なのだ。

これが
左翼の得意なダブル・スタンダードである。
共産党の書記局長も、私を訴訟で脅してきた。
反安保のデモをするときは国家は諸悪の根源なのに、
こうして自分が弾圧するときは国家は全知全能だ。
スターリンや毛沢東などが殺した人数は
1億人を上回る。

こういう下らない訴訟が頻発する背景には、
日本の裁判所が名誉毀損に甘すぎるという
問題がある。
アメリカでは、明白な事実誤認がないかぎり、
名誉毀損は成り立たない。
合衆国憲法修正第1条に定める表現の自由は、
最優先の権利だからである。

今回の事件については、
警察もまともに捜査しないだろう。
はっきりしたのは、
鳥越俊太郎は、
知事どころか
ジャーナリストを自称する資格もない
人間のクズだということである。


(引用ここまで)



>これはもともと
 「鳥越レイプ事件」として
 週刊新潮が取材し、
 未遂とわかって記事にしなかった話。
 それならそう釈明すればいい。
 「事実無根」は嘘だ。


レイプは未遂だったけれど、
60代爺が20歳の女学生に強引にキスした事は
強制わいせつ罪でしょう?
キスじゃなくても、無理矢理触っただけでも・・・





【鳥越俊太郎候補「淫行」文春報道】
 「左翼・リベラルであれ、
  男性社会の住人だ」
 ノンフィクション作家の立石泰則氏が投稿
 「被害者のほうが『責められる』
  理由が分からない」

  産経新聞 7月21日(木) 14:49:07
 http://www.sankei.com/affairs/news/160721/afr1607210024-n1.html
 東京都知事選に野党統一候補として
立候補しているジャーナリスト、
鳥越俊太郎氏(76)=民進、共産、社民、生活推薦=
について週刊文春が「『女子大生淫行』疑惑」と
題する記事を掲載したことを受け、
ノンフィクション作家の立石泰則氏が
自身のツイッターに投稿した。

 7月21日午前11時55分に
「文春が報じた鳥越氏の『淫行疑惑』。
 このケースに限らないのだが、
 加害者よりも被害者のほうが
 『責められる』理由が分からない。

 古い話だとか、
 事件にもなっていないとか、
 自分から秋波を送ったけど
 相手にされなかった腹いせだろうとか、
 ひどいもんだ。
 左翼・リベラルであれ、
 男性社会の住民だ
と書き込んだ。



(引用ここまで)



立石さんが怒っているのは、
コレでしょうね。



この事案って、
鳥越氏が上智大の講師をしていた時に
教え子にしでかした
アカデミックハラスメント&セクシャルハラスメント
当時、
上智大で騒ぎになって週刊誌も嗅ぎ付けて
フリー記者が取材していたら恫喝・・・
当事者と示談して騒ぎを収めたのだろうけれど。

元日本テレビの反原発活動家のブログでは
今回文春に出てくる被害者の夫ではなく
鳥越氏を上智大に招いた人?が
「あんな奴を一度は信用して
 入れたばかりに
 あんなことになってしまった。
 今も(当事者に)
 申し訳ないという思いがある。」


左翼のダブルスタンダードは、
舛添氏の過去の女性関係も大々的に報道し
「こんな品性下劣な人間が都知事なんて許せない」
とキャンペーンをしたわけで・・・

鳥越さんのタチの悪さは、
アカハラも追加されているのに
「名誉棄損で告訴したから事実無根」
という、フェミ団体が噛みついてもいいような
”爺の逃げ口上”なんだよね・・・





★鳥越俊一郎氏の「上智某重大事件」
 http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-4319.html
















>鳥越氏の報道の自由とは、
 オレは報道する自由があるが、
 オレを報道したら訴えるぞ








鳥越陣営やパヨクの皆さんは、
今回の報道を「自民ガー」としたいらしいが
文春が
自民の依頼で記事にするようなタマだったら
山尾志桜里を追求しなかったり、有田ヨイショ記事は
民進党の依頼って事ですかねぇ?

普段、反自民の週刊誌が一斉に
鳥越女性スキャンダルを報道するのって
単に彼が、業界の人達に
もの凄く嫌われているんじゃないだろか・・・

今回報道されたスキャンダルは
このような処分を下されるべきだったのでは?



10年前に報道していれば、
鳥越さんの”今の立場”は無かったわけで・・・





政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 2

西

鳥越は説明責任を果たせ

一連の凌辱行為の告発者は、被害女性の現在の夫であるという事なので、「デマ」である可能性は非常に低いであろうと思います。

「デマ」であるとすれば、被害女性の発言に「嘘」が含まれているという事になるだろうと思いますが、それならば、鳥越氏がその事を公で説明して疑惑を晴らせばいいだけです。

しかし、それもせずに「名誉棄損」として「訴訟」を起こすのは、何かもっとヤバい問題を抱えているからなのではないかと思います。

そういえば、鳥越氏は以前、公安部に監視されていると話していたようなのですが、監視されるような人物という事は、北朝鮮か極左過激派とのつながりが深い人物だという事を自ら証明している事に他なりません。

池田氏が説明している通り、左翼が頻繁にスラップ訴訟を起こすのは、彼らは元々裁判で勝てない事は分かっているのですが、政敵の活動を牽制、疲弊させる為に、こうした行為を頻繁に繰り返しているのですね。

だから、スラップ訴訟というのは、「法的」に被害者救済を求めるものでは無く、「政治的」に、政敵を攻撃する為に司法制度を政治利用されているのだと考えるべきで、本来ならば「違憲行為」だろうと思います。

パヨク界隈が「ジミンガー」「アベガー」と、安倍政権や自民党陰謀説を荒唐無稽に主張していますけど、甘利大臣に関する記事(記事には不審な点が多いのですが)、青山氏に関するデマなど、普段は基本的に反自民なのに、こういう時だけ陰謀論を考えるのは、相当頭がイカレていますね。

そもそも、今回の記事は鳥越氏の自業自得でしょうに。




2016-07-22 (Fri) 01:11 | EDIT | REPLY |   

F.Y

'slap' かと思いきや'SLAPP'なんですね

slap=平手打ち
ではなく、
SLAPP=恫喝訴訟

鳥越氏の場合、小者だしどこぞが小っさそうなボケ老人だから、
「slap訴訟」でも良さ気ですが。


そういえば、終戦時20歳のボケの件、
まーあれは20年と言うべきところを20歳と「言いまつがい」をしたのかな~と生温かい眼で見ていたのですが(と言っても訂正しないのは問題)、空襲体験も疑問らしいですね。
5歳まで居住していたといわれる地区での空襲体験は有り得ないそうで。
とはいえ、たまたま出かけていた所で空襲に合ったということなら有り得るので、もし体験が本物ならどこで体験したのかも語っていただきたいところです。

2016-07-22 (Fri) 11:13 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply