高等遊民「奨学金は返さなければ貰ったも同然!働かないでたらふく食べたい!反政府ビラを書いているのが好き」

★奨学金で借金6百万!
 「死んでも働いて返せ!」と学生追い込み、
 返済のため自衛隊入隊

 ビジネスジャーナル 2016.07.21
 林克明/ジャーナリスト
 
http://biz-journal.jp/2016/07/post_15971.html
  post_15971_kurihara.jpg
  東北芸術工科大学非常勤講師・栗原康氏

 本連載では、4月30日に早稲田大学で行われた
シンポジウム
学生と戦争 - 経済徴兵制をぶっ潰せ!
の内容をリポートしてきたが、
最後の講演者は、『学生に賃金を』(新評論)の
著者で東北芸術工科大学非常勤講師の
栗原康氏(専門はアナキズム研究だ。
自身も635万円の借金(奨学金返済額)を抱える
栗原氏は、
「借りたものは返せない」と言い切る。

 彼の話を聞いていると、
奨学金によって社会や大学が
“債務奴隷養成工場”になっていることが見えてくる。
(略) 
以下、栗原氏の講演を紹介する。

「借りたものは返せない!」でいい

 今回のシンポジウムのテーマ
「学生と戦争 - 経済徴兵制をぶっ潰せ!」
を語るうえで重要なカギとなっている奨学金ですが、
私は修士課程・博士課程の5年間奨学金を
借りていて
、借金の総額は635万円に上りました。

 卒業後は、本当に仕事に恵まれませんでした。
普通の就職活動をしたことがないので、
当たり前かもしれません。

一時期は年収が10万円ということもありましたし、
最近はちょっとがんばって働いているので
百何十万円になっています。

 奨学金を返すとしたら、
毎月3~4万円になりますが、
年収10万円で返済が月4万円というのは
無理があります。

 ある種、私は開き直っていて、
「もう返せない」「借りたものは返せない」という
スタンスでいこうと心に決めています。

こういう人が増えていけば、
人を債務奴隷にしている現在の奨学金の
おかしさが少しでも世の中に広まると思います。
返さないと決めれば、もらったようなものです。

-----------------------------------------
 本連載では、
「戦争と学生」をテーマとした4人の方の
講演を紹介し、借金漬けになっている学生、
の実態と、
奨学金返済のために自衛隊に入ったり
学費のために戦闘地域にいくアメリカ学生の
例など、いろいろな問題が指摘されました。
このままにしておくと、若者に未来などないのだと、
思い知らされます。

(中略)

死んでも借金を返せ、人を殺しても返せ

今の日本学生支援機構の奨学金は借金です。
学生、大学院生、研究者の約半数が
奨学金を借りざるを得ず、
借金漬けにされている実態があります。
借金を返済するのが社会の道徳であり、
「金を返せなかったら人でなし」
との烙印を押されます。

 奨学金は、学生を借金漬けにしておいて、
「借金は必ず返せ。返すために死んでも働け」 
と債務者を追い込むのです。
死んでも働けという言葉には、
ブラック企業に入っても耐えて働いて返せ
といった意味も含まれます。

 借金漬けにされた人は、
まるで奴隷のように扱われています。
借金を返すためにブラック企業で働く
という構図は、
「債務奴隷化」といってもいいでしょう。

 債務奴隷化もひどいですが、
それに加えていま問題となっているのは、
経済的に苦しい若者が自衛隊に入らざるを得ない
「経済的徴兵制」です。

「ブラック企業で働け」という言葉が
「死んでも働け」という意味なら、
経済的徴兵制は「人を殺しても借金を返せ」と
言い換えられるのではないでしょうか。

安全保障法制が施行され、自衛隊を紛争地に
派遣することが合法になったのですから、
リアリティのある話です。

「人を殺しても借金返済のために働け」などと、
人として絶対に言ってはならないことが
言われているのが現状だと思います。
 
 ここまでひどい状況に追い込まれている
のだから、多く人が声を上げることが大事だ
と思います。
ただ、奨学金というカネがからんでくると、
これをなかなか言えなくなってしまいます。
それは社会の道徳として、
「借りたものは返せ」という概念が
定着しているからです。

 最初は、
「借りたものは返さなければならない」と、
渋々返します。
がんばって返せば返すほど、
返していない人が憎くなってきます。
このような状況がさらに進むと、
「たくさん借りて返せる人が偉い」などと
歪んだ考え方が広がっていきます。
たとえば、定職を持ちマイホームを購入し、
35年ローンを毎月きちんと返すのは、
社会人として偉いとの評価を得ます。
しかし、これは債務を負っているだけです。

 人の思考というのは恐ろしく、
がんばって返済を続けていくと、
「金を借りて返すのは当然」と考えるように
なってしまうのです。
「それは社会の常識だ」と言われるかもしれません。
しかし、
そもそも圧倒的多数の人々が膨大な借金をし、
それを返済するために甚大な労力を費すという、
いわば社会全体が債務奴隷養成工場になって
いることは、おかしいと思いませんか。


(続きはリンク先で)

共産党と社民党系のシンポジウム?
 http://iwj.co.jp/wj/open/archives/300230
日本共産党の田村智子議員、
社民党の福島みずほ議員も駆けつけた




★「はたらかないで、たらふく食べたい」
 を書いた 栗原康(くりはら・やすし)さん

 北海道新聞 2015/06/07
 http://dd.hokkaido-np.co.jp/cont/books_visited/2-0026963.html
好きなように生きたくて

 こういう虫のいいことを訴える当人は
「大学の非常勤講師1コマと、
 就職予備校で教えて年収が80~90万円」。

一方で借金が635万円ある。
大学院で勉強するため日本学生支援機構から
借りた奨学金の返済が、ごっそり残った。
無利子だからまだいいんです。
 有利子の奨学金だったらやばい」。

そういう人が
「はたらかないで、たらふく食べたい」
と願うのも無理ないではないか。

 でも、その意図するところは、もう少し深い。

専門はアナキズム研究。
『大杉栄伝 永遠のアナキズム』などの著書もある。
アナキズムとは
 何者にも束縛されないということ。
 好きなように生きる。
 つまり、はたらかないで、
 たらふく食べたいってことに


だが現実は厳しく切ない。
将来が見えぬ低収入研究者とあって
交際していた女性に手ひどく振られた。


(中略)
「女を囲い込む家など蹴飛ばせ、
 と書いた高群さんにとても刺激を受けました。
 男だって今、企業に囲い込まれている豚。
 でも、人の生き方は
 何も賃金労働の論理に縛られなくたっていい。
 自給自足でも助け合いでも、方法はあると思う」


 ほぼ同時に『学生に賃金を』も出した。
高騰する大学の授業料、それに伴う奨学金という
名の借金地獄。
現代の学生生活の窮状を論じている。

大学は社会=企業の役にたつべきだ
という圧力が強まっている。
しかし
「大学生時代は人生の中で貴重な猶予期間。
 自由に勉強してもいい、遊んでもいい。
 その方が結局は将来、社会の役にたつかもしれない」

書名の意は
「学費を無償化し、生活費の支給も」
「なにを寝言を」と言われそうだが、
ヨーロッパでは基本的に無償、
私立は授業料が高い米国でも貸与ではない
給付型奨学金が充実している。
「学生がこんなに背負い込んでいるのは
 日本だけ」
だ。

 この論も基本的には
「はたらかないで」に通じる。
栗原さん自身は働かないで
「本を読み、人と話して触発しあい、本を書きたい」
のだという。


(引用ここまで)




■栗原康
1979年埼玉県生まれ。
早稲田大学政治学研究科・
博士後期課程満期退学。



★『はたらかないで、たらふく食べたい』
 刊行記念・栗原康インタビュー 

 http://tababooks.com/tbinfo/kurihara_int_1
(引用開始)
人が好きなことをやっていきたいというのと、
お金をかせぐことが一致する、
そういう幸せなときもあるけど、
大抵は一致しないと思うんです。
僕だったら文章を書くとか、本を読むとかという
好きなことをやって食べていきたい。
僕はごろつきみたいな友だちと
政府とか批判するメタメタな文章を書いて
ビラにして100枚刷ってデモでまいて、ようし!
なんて言ってるときがあるんですけど、
それが文章書いているときで一番楽しい。

でも文章でかせいで食べていきたいとなったら、
そんなことできないわけですよ。
(中略)

http://tababooks.com/tbinfo/kurihara_int_2
著者・栗原康インタビュー後編です。
「はたらかないで、たらふく食べたい」は、
高等遊民とつながる
—定職につかず、実家住まい、
研究にいそしむ著者はまさに
月9ドラマでも話題となった高等遊民。

(中略)
ーそれで「はたらかないで、たらふく食べたい」
  と言ってみると。たらふく…食べてます?


栗原 
 今実家なんで。
 最近は「いける本大賞」(注2)とかとったので、
 親の機嫌がよくなって。

ーご機嫌もよくなっておいしいものも。
  まさにタイトルどおり(笑)。

(中略)

栗原
いまお金になることをやらないでいると、
率直にあまえているとか、遊んでいるとか
言われたり、
いい歳をしてお金もかせげていないのに
恋愛とかをすると、無責任なやつとか言われる
のが現状だとおもいます。
だからこそ、あえてわがままになりきって、
おもうぞんぶん遊びたい、モテたい、楽しみたい、
うまいものが食いたいって、
声をあらげてみたいなと。

たぶん、
いまおなじような境遇にいる人たちって、
けっこうたくさんいますよね。
そのうち、一人でも二人でもいいんです。
この本をつうじて、だれかがすこしでも
生きやすくなってくれたら、
自分ももっともっとわがままに生きてやるんだって、
そうおもってもらえたらいいなとおもっています。


(引用ここまで)

*このインタビュアー、
 栗原氏の言葉を
 平仮名を多用して記事にしているのは
 何か意図的なものを感じるわwww


>そうおもってもらえたらいいなとおもっています 

  thOERT5LVP.jpg



>ヨーロッパでは基本的に無償、
 私立は授業料が高い米国でも貸与ではない
 給付型奨学金が充実している。
 「学生がこんなに背負い込んでいるのは
  日本だけ


何というもの知らずな甘ちゃん高等遊民だろう・・・
こんなんで東北芸術工科大学非常勤講師って
この大学は大丈夫なのか???


★アメリカの学費ローン破産
 Friday, January 20, 2012
 http://wholekernel.blogspot.jp/2012/01/blog-post_20.html

★【海外の反応】アメリカの学生の
 借金まみれっぷりが話題に。

 2014/06/11
 http://money-academy.jp/usa-scholarship1215/


アメリカの消費者団体専門誌
「コンシューマー・リポート」の調査より

★大学卒業生の45%が
 「学資援助を受けたことを後悔」 
 返済に苦しまないためには

 Forbes JAPAN  2016年7月4日(月)
 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160704-00012714-forbes-bus_all


*************************************************

★無料から有料、そして無料へ―
 ドイツの大学授業料が二転三転

 プレジデントFamily 2013年12月号
 http://president.jp/articles/-/11166
(引用開始)
高等教育への自由なアクセスが
国の発展の土台であるという考え方から、
ドイツの大学の大半を占める公立大学では
授業料は原則として無料だった。
だが2000年代、大学の運営を担う州政府が、
老朽化した建物や設備の改善、教職員確保のための
有償化
を主張。
激しい議論の末、2005年に州の裁量による
公立大学の有償化が認められ、
一時はドイツ全16州のうち8州、全大学のおよそ70%で、
年間1000~1300ユーロ(約13万~17万円)の
学費を徴収していた。

だが、学生や一般国民には当然のように不評で、
学費無償化を掲げた政党が州の選挙で勝ったり
住民投票で無償化派が多数を占めたり。

その結果、再び学費徴収を廃止する州が続出し、
最後に残った2州でも間もなく無償化されるとの
見方が強い。

とはいえ、
無償ならそれでいいのか
という指摘はドイツ国内にもある。

多くの大学では、予算不足から教育環境が急速に悪化。
「学費はタダでも中身は二流」
といった批判は絶えない。
名門フンボルト大学ですら、教授陣や学科の大幅縮小を
強いられている。大学関係者の間では、いずれ再度の
有償化は避けられないという声もあるが……。

(引用ここまで)


★ドイツの大学授業料、留学生も無料 
 卒業生4割が5年納税でペイ 
 少子化対策になる?

 NewSphere 2015年6月21日
 http://newsphere.jp/world-report/20150621-1/
(引用開始)
英BBCによれば、アメリカの大学の授業料は、
地元の公立大に進学した場合でも
年間9000ドル(約110万円)以上、
私立に至っては、5万ドル(約600万円)を超える
場合も珍しくない。
進学資金を借金に頼ることはやむを得ず、
今や全米の学生ローンの残高は、なんと
1兆3000億ドル(約160兆円)に到達している。
(中略)
ドイツでは、少子高齢化が深刻な問題となっており、
外国人学生を受け入れ、
卒業後もドイツで働いてもらうことで、労働力を補い、
起業を促し、活気ある社会を維持したいと考えている。
ベルリン市では、大学生1人につき、
年間で平均1万3300ユーロ(約185万円)を税金から投入。
総額で年間3億3000万ユーロ(約460億円)を
外国人学生のために支出している
が、
「もし40%の学生が卒業後5年間ドイツで働き
 税金を納めてくれれば
 十分埋め合わせは可能だ」

と市の関係者は述べる(BBC)。

◆卒業後の現実は厳しい
 一方ドイチェ・ヴェレ(DW)は、
外国人学生受け入れで労働力を確保しようとする
政府の方針が、うまく機能していないことを
報じている。

 ドイツの同化移民専門委員会(SVR)によれば、
多くの外国人学生は、卒業後ドイツで就職したい
と考えているが、仕事を見つけるのに
苦労しているらしい。
その最大の理由は、英語コースで学んできた
外国人学生が、ドイツ語をうまく話せないことだという。
(続きはリンク先で)



確かに、日本の大学生の
奨学金返済問題は本当に深刻です。
大学がレジャーランド化して
なんとな~く大学進学し、就職氷河期の時期が
長く長く続きました。

韓国でも、大学進学率を上げるために
誰でも彼でも大学に行かなければ就職できないと
借金を重ねても、実務に適応できる大学はごく僅か。
就職できずローン残高だけが残る事態。

アメリカでも様々な制度があり
返済しなくて良い給付型も充実。
でも、高校の成績が申請基準にあったり
無償の奨学金をGetできても
在学中に成績が極端に下がると取り消しとか
厳しいですよ・・・

そもそも、
教授が一方的に講義して、学生は聞いているだけ
なんて授業ではないから予習は必須だし
宿題のリポート提出も膨大だし、遊んでいたら
即、成績は下がり捲り(当たり前かwww)


★(Taichi)なぜアメリカの大学生は
 夏休みなのに遊ばないのか?

 http://blog.livedoor.jp/educationusa/archives/7295690.html
日本の大学生の夏と言えば、
バイト、サークルの合宿、バイト、海で花火、
バイト、海外旅行!
って印象ですが(笑)、

アメリカの学生はちょっと違います。

多くのアメリカの大学生は
夏休みをなんらかのキャリアアップに使っています。
(中略)
4. インターンや奨学金へ応募する

インターン、ボランティア、研究バイト、
こういった大学生向けのポジションが数多く
用意されているのはアメリカの特徴であり、
目指したい夢がある学生にはいいことばかり
のように思うかもしれませんが、
そこに辿り着く前には過酷な競争が待っています。
お金をもらって活動をするポジションは、
一般的にすでにボランティアなどの経験があり、
将来性がある学生が優先されるため、

インターンを1つするだけでも多く経験や書類作成など
準備が必要です。
毎年、夏休み前には
多くの学生から大学院生の自分にまで
推薦状を書いてくれと頼まれるぐらいです。

科学系の大学院(PhD program)は入学すると
自動的に奨学金(授業料免除+生活費)がもらえる
ことがほとんどですが、
ビジネス、法律、医学、獣医学、などの
プロフェッショナルスクールは自費というのが多いです。
奨学金はコスト削減できるだけでなく、
奨学金を勝ち取るという学生の能力も示すので、
履歴書にあるだけでも効果的です。
例えば、もし学生が研究に使える奨学金を
大学院出願時にもっていたら、
ほとんどの大学院に入学できるはずです
(大学側はお金がかからないので)。

(全文はリンク先で)


無償の奨学金は、能力で勝ち取るもの!

夫の従兄の長男も
サラリーマンの父親とスーパーのパートをしている
母親が必死でローン返済しているマンションに住み
「オヤジみたいな社畜にはなりたくない」
と馬鹿にしながら、その父親に養って貰ってる
東大大学院卒で、自分を正当に評価してくれる
職場が無いのは社会のせいと
昼は論文書きや趣味、夜は塾講師のバイトをする
29歳の高等遊民・・・。




うちの県では、医師不足対策に
卒業したら故郷に戻って働くことを条件に
医学部の授業料全額負担制度がある。
先行投資として
高い意識を持って、懸命に学ぶ優秀な学生には
給付型奨学金(授業料免除+生活費)は
充実させてあげたい。

但し
何者にも束縛されず自分のやりたい事だけやって
「はたらかないでもたらふく食べたい」
という高等遊民は、自分で選んだ選択のリスクは
自分で負って欲しいと思ってしまう。

まあ、
「なんとなく大学生」問題は学生だけの責任じゃない。






山本太郎議員など野党も
SEALDsや東北芸術工科大学非常勤講師
の栗原康氏のような高等遊民も
「就職できない人が入る自衛隊」
「貧しい人が入る自衛隊」 
「借金返済のために入る自衛隊」

彼らの根底に
「自衛隊を見下す」差別意識を感じてしまう。


アナキスト気取りの高等遊民では
自衛隊どころか予備自衛官の訓練にも
1日でも耐えられずに挫折するだろうさ・・・

そんな役立たずは、自衛隊には必要ない!

親にも国にも頼らず、
何者にも束縛されまいと、
貧困と抗いながら社会と闘うアナキストではなく
パパに養ってもらいながら
ママの作ったご飯をたらふく食べて
反政府デモをしてる妄想アナキストって・・・
カッコ悪いわwww

まあ、大杉栄も
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%9D%89%E6%A0%84
下半身は無節操な「ヒモ男」なんですけどね。






平和だ・・・




政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんなカスばっかになったら国は奨学金のシステム自体を停止すると思うけど

高等遊民とは、●ートの事

高等遊民https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E7%AD%89%E9%81%8A%E6%B0%91

これを見れば分かる通り、「高等遊民」とは、大学のような高等教育機関を卒業していながら、経済的に不自由が無い為定職に就かずに遊びほうけているような人物を指す言葉ですね。

現代で言えば、高学歴●ートと言った所だと思います。

そういえば、二十世紀に世界を圧巻した、「資本論」の著者であるマルクスも●ートでしたね。

>経済的に苦しい若者が自衛隊に入らざるを得ない「経済的徴兵制」

確かに自衛隊は公務員なので、「経済苦」に喘いでいる若者が入隊を希望して、家計を助けている側面はあるのでしょうけど、徴兵とはちょっと違うのではないかと思いますね。

そもそも、そんな消極的な気持ちで入ってきても、過酷な訓練に耐えきれずに、すぐに除隊する事になりますし、そもそも雇われない可能性もあります。

自営業でも、料理人でも、建設業でも、自衛隊以外の公務員でも、就職の道はあるはずなのに、そういう道を一切考えないで、どうして「仕方なく」自衛隊に入隊しなければならないと思うのか、彼らの思考が理解できません。

そもそも、仕事に対する姿勢が「消極的」なのが最も問題ではないか。そんなんじゃどんな仕事でもやっていけるわけが無く、●ートとしての生涯を送る事になるのも、無理はないでしょう。

勿論、産業構造や社会構造の問題上、お金儲けや所得云々で考えるべきではない仕事というのはありますし、気力があって、そういった道に進む人たちを、一人前になるまで経済的に支えてあげるべきだとは思います。

しかし、そういった道に進んでいても、彼みたいに、後ろ向きな姿勢で「国は生活を支援しろ」などと叫んでいても、「甘えているだけだ」と思われても無理はありませんね。

最近では、家計を助けながらも勉学に勤しむ、所謂「苦学生」の型はめっきり減って来たらしいのですが、彼はそういった「苦学生」のタイプなのか、単に学費は親が出す、奨学金の返済なんて後で考えればいいやで、大学で遊び倒していただけの「学生●ート」で、院卒後に現実の厳しさに気付いたのか、どちらか分かりませんが、発言内容からして後者だろうと思いますね。

いつまで経済的に自立しないつもりなのか。経済苦の責任の半分は、その事を承知した上で大学院まで進んだ本人の責任であるにも関わらずです。

似たような環境にいる院卒はそこそこ多いのですが、彼らは精力的に「研究職」などのポストを狙っていますし、弱音を吐くことはありません。

むしろ、まともではなく、国にお世話になっていながら、自分の責任(大変なのは知っていながら、院まで進んだ責任、自分の身の丈を知らない事)を国に押し付けて、高等遊民(●ート)の生活を満喫しているだけの愚か者には一ミリも同情する事は無いとだけ言っておきたいですね。

No title

もし国に責任があるとしたら、猫も杓子も大学へ通うべし、通いだかるべしと言う社会に蔓延している馬鹿常識を払しょくする事だと思います。
しかるべきビジョンもなしに、とにかく大学進学ありきだけでは駄目なのですよ。そう言う馬鹿どもはとっとと淘汰されるべきなのです。

No title

嘘ばかりだよね。こんなアホが自衛隊に入れるわけがないW
今は大卒でも難しい試験ウケないと無理。
中学出るか出ないかで陸士学校とか通ってようやく入隊だよ。
現代の少数精鋭でやってる軍隊にバカはいらなくなってる。
プロフィール

あや

  • Author:あや
  • 韓流に嵌った母と義母の為に
    韓国情報を調べていたら・・・
    韓流ブームに仕掛けられた
    怪しい罠に気付いてしまった。
    韓流の闇と、利権や陰謀
    仕掛け人を徹底研究!
ランキング
ランキングに参加しています!
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索