韓流研究室

ARTICLE PAGE

中国最大手の映像制作会社が北海道に撮影所建設計画

★中国最大手の映像制作会社 
 北海道に撮影所計画

 北海道新聞 7月18日(月)7時30分配信
 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160718-00010000-doshin-cn

映画、ドラマ量産へ
【北京今川勝照】
中国民間最大手の映像制作会社・
海潤メディアグループ(北京)が
5年以内に札幌市かその近郊に
撮影所の建設を計画していることが分かった。

同社初の海外撮影拠点となり、
北海道を舞台にした映画やドラマを量産する考え。
今月下旬には札幌など道内で初めて
連続テレビドラマを撮り、年明けにも健康と食を
テーマにした十数回の生活情報番組を
道内で撮影する計画で、これら撮影経験を踏まえ、
撮影所の場所や規模を検討する。
.

映画で北海道観光がブームに

 同社を創業した劉燕銘会長(52)が
北海道新聞の取材で明らかにした。
中国では2008年、道東で撮影した映画「非誠勿擾」
(邦題「狙った恋の落とし方。」)が公開され、
北海道観光がブームになった。
道内を舞台にした映画やドラマなどが
中国で数多く放映されれば、
中国人観光客の増加につながることが期待され、
道内の自治体や観光業者の注目を浴びそうだ


 劉氏は
「北海道は北京や東京など
 大都市にはない独自の魅力がある。
 特に自然の景色を撮影するのに絶好の場所だ。
 土地も安価で投資しやすい

と述べ、撮影スタッフや俳優の交通の利便性を
踏まえた場所に撮影所を建設したいとの意向を示した。

 同社は現在、中国江蘇省宜興市に
面積約1万5千平方メートル(札幌ドーム屋内
アリーナは1万4460平方メートル)の
新たな撮影所を建設中で、今月中に稼働させる。
宜興市の撮影所の運営が軌道に乗れば、
北海道について具体的な検討に入る。
規模は宜興市の撮影所よりも多少小ぶりになる
という。北海道に建設すれば同社にとって
2カ所目で、初めての海外撮影拠点となる。

(引用ここまで)




関連記事

★中国の富裕層に広がる
 日本の不動産ブーム 
 都内の億ション・北海道の別荘が人気

 大紀元 2010/07/17
 http://www.epochtimes.jp/jp/2010/07/html/d61359.html


★北海道リゾート、大家は中国人
 日経ビジネス 2010年9月16日
 http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20100910/216195/?rt=nocnt


★道内ゴルフ場買収に動く中国マネー
 リアルエコノミー 2010/06/18
 http://hre-net.com/keizai/golf/1586/


問題ないという人もいるが・・・
★「中国人が“北海道”を買っている」
 の実相

 19.JUL.11
  http://www.shakaidotai.com/details7008.html


★外国資本による「不透明な森林買収」 
 高橋北海道知事「何としても阻止」

 J-castニュース 2012/10/18
 http://www.j-cast.com/2012/10/18150561.html?p=all


★中国資本、日本で森林漁り!
 “領土買収”の実態 
 「土地ごと」購入のウラ

 ZAKZAK 2013/06/15
 http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20130615/dms1306151457009-n1.htm


★中国企業が小樽市張碓町に
 リゾートマンションを建設

 2013-03-27
 http://doumin.exblog.jp/18429757/


★どうなる日本の土地!?
 購入しまくっている
 中国人投資家の実態とは!?

 東京ドームの40倍以上もの土地が、
 昨年1年間で外国資本に購入されている!

 執筆者:楽待新聞 2014年8月16日
 http://www.rakumachi.jp/news/archives/58463


★有名温泉地、中国資本に呑み込まれ
 中国人だらけ? 
 北海道は高級外資系殺到の異常事態

 ビジネスジャーナル 2015.12.11
 http://biz-journal.jp/2015/12/post_12819.html


★【北海道】中国人が観光施設“爆買い”で
 進むチャイナタウン化→
 住民に危機感
 「第二の中国人街ができてしまう」

  2016年05月10日
 http://seikeidouga.blog.jp/archives/1057092343.html





地方自治体の首長が、サヨク思考か
目先の事しか考えられないと・・・
こんな事が起きる。


★NY州にチャイナシティ!
 「中国テーマパーク」建設に
 地元住民は猛反発

 韓流研究室 2014-01-23
 http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-2873.html
2014年1月21日、米ニューヨーク州に
中国テーマパークを建設する計画があるが、
猛反発を受けているという。

(中略)
その大胆な計画とは、
60億ドル(約6300億円)を投じて、
中国をテーマにした文化・商業・レジャーの
複合行楽施設を建設するというもの。


このいわゆる「中国テーマパーク」の建設予定地
であるキャッツキル山地は、ニューヨーク市から
車で2時間の距離に位置する自然にあふれた保養地だ。

(中略)
このプロジェクトの開発者は、
雇用創出と経済活動を発展させると主張している。
しかし、批評家は中国移民の流入は
国内のセキュリティ上の問題を作ると言う。

NY州の南東部地域に、中国人投資家集団による
「アメリカのチャイナシティ」プロジェクトが
提案されたのは2010年。
人口約12000人程度の、炭鉱が有った小さな田舎町に
500,000ドルを投資すると市民権やグリーンカードを
与える移民プログラムを利用する中国人富裕層を
誘致するための「チャイナシティ」。

当初、町の経済発展や雇用を産むだろうと
この町の住民(白人が90%以上)は楽観視していた


(中略)
中国人による、
中国人のためだけの
米国のチャイナ・シティ。

静かな田舎町に、中国そのままの町が造られる・・・

(全文はリンク先で)
 



★「米軍基地なくせば観光収入が増える」。
 沖縄の富川教授が分析。

 みそパンNEWS 2016年07月19日
 http://blog.livedoor.jp/misopan_news/archives/52038906.html


★中国人投資家が
 注目し始めた沖縄リゾート
 
 JBpress 2011.12.8
 http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/31639


★沖縄の米軍軍用地の20%が
 すでに中国に売られている?

 2013-06-20
 http://blog.goo.ne.jp/kanayame_47/e/c73e827645606620f30db70b245edd87


★「尖閣のみならず、
  沖縄も日本の領土でない」 
 中国共産党機関紙・人民日報が記事掲載

 J-castニュース 2013/8/16
 http://www.j-cast.com/2013/08/16181665.html


★翁長知事、経済交流で中国へ出発
  「企業投資など話したい」

 琉球新報 2016年4月10日
 http://ryukyushimpo.jp/news/entry-254239.html


★沖縄)リゾート地だから? 
 中国企業が沖縄に進出検討

 沖縄タイムス 2016年4月15日
 http://www.asahi.com/articles/ASJ4G5T7PJ4GUEHF010.html




★中国不動産マネーが日本に大流出 
 富裕層は母国を見切り
 資産のリスク分散
(1/3ページ)

 ZAKZAK 2014.04.30
 http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140430/frn1404301810008-n1.htm


★東京を買う中国マネー
 ~不動産爆買いと“投資移民”~

 クローズアップ現代 2015年12月2日
 http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3742/4.html


★日本の伝統旅館まで
 爆買いする中国資本

 朝鮮日報  2016/07/17
 http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/07/15/2016071501730.html?ent_rank_news
山梨県笛吹市の川辺にある旅館「やまぶき」は
中国人が経営している。

3年前に日本人オーナーが経営難で廃業後、
中国人実業家が昨年買い取り、営業を再開した。
その後、旅館の主な宿泊客は
日本人ではなく中国人観光客となった。


 この旅館は夕方ともなると、両手に荷物を
いっぱいに抱えた中国人観光客でロビーが
ごった返す。
30分間でチェックインした中国人客は50人余り。
従業員も大半が中国人であり、
室内には中国語で書かれた案内文が掲げられていた。
まるで中国のホテルにでもやって来たような錯覚に
陥るほどだ。地元観光案内所の関係者は
旅行会社経由で中国の団体客ばかり受け入れるため、
 最近は日本人の客足は途絶え
たようだ」
と話した。


 最近日本を訪れる中国人客が増え、
日本の伝統文化の一つである旅館を
買収する中国資本が増えている。

中国人の観光パターンが大都市のショッピングから
地方の温泉や文化財へとシフトし始め、
中国の不動産投資家が日本の伝統旅館にも
手を伸ばし始めているからだ。
客は大半が中国人観光客だ。
温泉で有名な笛吹市では、やまぶきのように
過去1年間に中国人が取得した旅館や温泉ホテルが
6カ所に達する。


 不動産研究機関の都市未来総合研究所
によれば、
昨年外国資本による日本の旅館・ホテルの
売買件数は46件で、前年より3倍近く増えた。

観光客の増加で客室料金が上昇すると、
地方の旅館も有望な投資先の浮上したのだ。
研究所関係者は
「中国資本による旅館買収規模は
 正確には把握できていないが、
 相当数が中国による買収だ」
と指摘した。

 笛吹(山梨県)=崔仁準(チェ・インジュン)特派員



★韓国リゾート飲み込む中国マネー(上)
 2014年12月17日
 http://dailynk.jp/archives/30454


★豪州で中国人が住宅物件を買い占め、
 「まるで大地を食い尽くすイナゴだ!」と
 中国でも批判―中国メディア

 Record China 2014年9月29日 1時47分
 http://news.livedoor.com/article/detail/9301406/


★中国人が
 オーストラリアの土地を買い占め 
 家のオークションも中国人ばかり?

 ZUU online / 2016年5月5日
 http://news.infoseek.co.jp/article/zuuonline_105628/


★カナダ政府:
 中国人による不動産買い占めを警戒

 フィスコ 2016年03月25日(金)
 https://news.minkabu.jp/articles/urn:newsml:www.fisco.co.jp:20160325:bed9ff385037a9c7af9d9a2022deef9d
カナダ大手銀行カナダ・ナショナル銀行が発表した
最新データによると、2015年に成約した
バンクーバーの不動産のうち、
3分の1は中国人オーナーによる取引だったという。
中国人オーナーの成約額は計127億カナダドル
(約1兆541億円)となり、全体の33%に相当する。


また、不動産バブルのリスクが懸念されている
トロント市では、中国人オーナーが2015年に
約90億カナダドル相当の不動産を購入し、
同市全体の成約額630億カナダドルの14%
占めたとも報告された。

こうした状況を受け、
カナダ財務相ビル・モルノー氏が今週22日に発表した
2016年度と17年度の予算の中で、
外国人による国内の不動産取得の調査費用として
50万カナダドルを統計局に割り当てる方針
を示した。

(続きはリンク先で)



政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 1

西

支那の自称民間企業は、ほぼ共産党系企業なので注意

支那の映画会社は、民間企業ではなく、中国共産党傘下の企業ですね。

支那においては表現の自由などはなく、当局を風刺する映画は取り締まられますから、普通の民間会社が自由な映画を作る事は不可能です。

支那国内では、基本的に抗日戦争映画ばかりが大量に上映されています。

外国資本以外の企業は、単なる民間企業ではなく、ほぼ共産党の息がかかっています。

この映画会社も、恐らく共産党の対日工作活動の一貫なのだろうと思いますね。

道内に撮影所を造るというのは、単なる投資以外の何か別の意図がありそうですね。

最近懸念されている、支那資本による国内の不動産買占めなど、あからさまな移民侵略を行おうという動きが加速していますね。

外国資本による土地の買い占めを規制する法律を早急に制定しなければ、非常に危険だろうと思います。

2016-07-20 (Wed) 20:12 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply