秋篠宮眞子内親王殿下が私的行為にはエコノミー利用と目撃証言記事

★目撃証言あり!
 「皇室がエコノミークラスに乗っている」

 プレジデントオンライン 2016年7月1日 10時15分
 
http://news.livedoor.com/article/detail/11709537/
「びっくりしました。
 エコノミークラスに乗った私の真後ろに
 『眞子さま』が乗っていらしたんです」


と語るのは、霞が関に勤める官僚だ。
今年1月、イギリス行きの飛行機内での
出来事だという。

皇室に詳しいジャーナリストは、こう話す。

「それが事実かどうかはわかりませんが、
 秋篠宮ご一家ならありえます。
 私たちの生活に近いくらいの
 質素な生活を送っていらっしゃるのです」


冒頭の官僚が遭遇した時期は、
眞子さまが英中部レスターにあるレスター大大学院
の修了式の日程と重なる。

つまり、公務ではなくプライベートということで、
エコノミークラスに搭乗されていたことになる。

「長旅でエコノミーを利用するか否かは
 難しい判断ですが、東宮家と宮家では、
 予算に数倍の違いがあるのです。
 お母様の紀子さまは、
 皇族として正しい振る舞いかどうかを
 非常に意識されている方で、
 佳子さまも学食でメニューを吟味するなど、
 大学生活は質素。
 皇族費はもともと税金なので、無駄遣いを
 してはいけないことを教育されているのです
(同前)

イギリス王室のウィリアム王子も
プライベートの旅行で、エコノミークラスや
格安航空会社を利用する姿がたびたび目撃され、
写真入りで驚きとともに報道されている。
現代社会におけるロイヤルファミリーの在り方に
一石を投じるものだ。

翻って、日本の東京都知事はどうだろう。
辞任した舛添要一氏は、ファーストクラスを利用して外遊。
また、その舛添氏を批判する猪瀬直樹・元東京都知事も
舛添氏の一連の公私混同疑惑について批判しながらも
「セキュリティ上、そういうわけにはいかないのだ」として、
「飛行機でも新幹線でも出口に最も近い
 一番前の席に座ることになっている」ので、結果として
「ファーストクラス」「ビジネスクラス」に「座らざるを得ない」
と月刊誌「Hanada」で主張している。

なお、宮内庁に事実関係の確認や、
皇室がどのような基準で交通機関を選ぶか
について尋ねたが、
「事実関係を含めて、委細を承知していない」
との回答だった。
皇室と都知事、どちらのセキュリティが大事なのか。

(引用ここまで)

cc4ee88d.jpg




★眞子さま、英国で修了式 
 レスター大大学院

 産経新聞 2016.1.21
 http://www.sankei.com/life/news/160121/lif1601210033-n1.html
(引用開始)
眞子さまは2014年9月に英国に渡り、
昨年9月までの1年間、大学院の博物館学研究科
で学ばれた。宮内庁によると、留学中には講義を
受ける一方で博物館での実習も経験し、
展示品の調査やデータベースの作成にも携わられた。

 英語で執筆した修士論文では、イソギンチャクや
クラゲのガラス標本を題材に、博物館での展示方法の
可能性をご考察。
帰国後に大学院から合格の知らせが届いたという。
日本時間の25日午後に日本へ戻られる予定。


(引用ここまで)


★皇族費の各宮家別内訳
 (平成28年度)
 http://www.kunaicho.go.jp/kunaicho/kunaicho/pdf/kouzokuhi.pdf


竹田恒泰氏によると
http://www.fujitv.co.jp/takeshi/takeshi/column/koshitsu/koshitsu10.html
しかし、その歳費の約半分は人件費に当てられ
御子息の学費などもその中から支払うことになる
ので、決して絢爛豪華(けんらんごうか)な暮らしが
できるものではありません。
寬仁親王殿下が月刊誌のインタビューで
次のようにお話しになっていらっしゃいます。

「幸いに私には講演料や印税などがありますから、
 娘たちに栄耀栄華(えいようえいか)とまでは
 いかなくても、それなりの生活を送らせることが
 できますが、
 それがなければ本当にぎりぎりの生活でしょうね。」

(『文藝春秋』平成18年2月号)

 しかも、皇族には医療保険がありません
ですから、風邪で医者にかかったり、
虫歯で歯医者にかかったりすると、
診療費は十割負担で、歳費から支払わなければ
なりません。まして大病をなさり、手術が必要に
なった場合は、大変な負担になるのです。

(引用ここまで)

皇族の皆様の講演料や印税などの副収入は、
きちんと所得税を支払っていらっしゃいます。




★皇族方のお住まいと費用
 http://blog.livedoor.jp/remmikki/archives/4716186.html
(引用開始)
秋篠宮ご夫妻が結婚した当初は
赤坂御用地内の4LDKの職員住宅があてがわれた。
いくら二男坊とはいえ、
違いにびっくりしたことを当時覚えている。

  akicb657396-s.jpg
 
こちらは職員住宅を改築した新居の前で
ご成婚後の撮影。

  aki273d2c36-s.jpg

その後眞子さま、佳子さまがお生まれになっても
小さな増改築のみでずっと住まわれてきた。
秩父宮妃殿下が御遺言で
ご自分の宮邸を秋篠宮ご一家にお譲りになる
と残され、ようやく宮邸に引っ越された。


秋篠宮邸は,改修した旧秩父宮邸を
平成9年3月からご使用になっている。

(引用ここまで)




秋篠宮文仁親王同妃両殿下と
眞子内親王殿下並びに佳子内親王殿下の
御公務は多岐に渡り、本当にお忙しい。

http://www.kunaicho.go.jp/page/gonittei/top/3

このような激務の中でも、
プライベートでは


★PTA役員に立候補の紀子さま 
 運動会で黙々と玉入れの御準備

 2013.07.01
 http://www.news-postseven.com/archives/20130701_197023.html




さて、日本共産党埼玉県委員会によると
日本共産党は(えっらそうに・・・)
「天皇制を認めていない」ので
いずれ、「廃止にする」という。
しかし、それには憲法改正が必要だと・・・

http://jcp-sai.jp/fqa/q11
 日本共産党の綱領は、いまの天皇制について、
 「党は、一人の個人が世襲で『国民統合』の象徴
  となるという現制度は、
  民主主義および人間の平等の原則と両立する
  ものではなく」とハッキリ書いています。
 つまり、認めていません
 そして将来は
 「国民主権の原則の首尾一貫した展開のためには、
  民主共和制の政治体制の実現をはかるべきだ
  との立場に立つ」
 つまり、天皇制の廃止を方針にしています

 しかし、現在、多くの国民はいまの天皇制を
 容認しています。しかも、天皇の制度の改革は、
 憲法を変えなければならない問題です。

(引用ここまで)





「人間の平等の原則」と、偉そうに言いながら
日本共産党には
党員から徴収した党費を私用に使って
護衛や使用人、お抱えの専属シェフ2人を
1000坪もある元豪華別荘だった自宅に住まわせて
年収1億円レベルの贅沢三昧している
不破哲三さんがいますけど、
それは平等の原則からして矛盾していないのかしら???


★不破哲三の優雅なくらしは、
 倫理的節度は超えていない?

 http://kinpy.livedoor.biz/archives/51508195.html


★武富士元会長・武井宅と、
 日本共産党・不破宅を比較してみる

 http://kinpy.livedoor.biz/archives/51747900.html
(引用開始)
 fuwaf31d80de.jpg
津久井町青根、敷地面積1000坪、延べ床面積不明、
使用人宿舎兼事務所、図書館と
郷土玩具コレクション館あり


(中略)
宮本岳志先生のように、
当選したらBMWを買うような日本共産党員としては、
武井さまには及びもせぬが、
せめてなりたや不破さまにってとこですかwww

(引用ここまで)


★不破哲三の党財政私的流用が
 政治資金報告書に載っているようです。

 http://kinpy.livedoor.biz/archives/51767711.html
(引用開始)
党勢が減少の一途であるのは以前から
分かり切っていることだが、
取得不動産にこんな項目がある。

神奈川県津久井町青根字駒入原1274
建物、昭和61年取得、162平米、1090万円で取得


住所は不破哲三宅付近。
坪単価20万だからそれほど高価な建物でもない。
たぶん、リンク先地図の+のあたりにある
不破たんの召使い宿舎兼事務所だろう。

このあたりは以前文春の赤い貴族記事で
すっぱ抜かれていたのを実証するものだと思うが、
党のカネを私的に流用していると言われても
言い逃れはできないな

(引用ここまで)


★赤い貴族の山荘自慢
http://discharge13.cocolog-nifty.com/takezou/2009/02/post-5d02.html


★地区財政破綻政党+
 党資金横領常幹政党=?

 地区専従13年間で458人・33.2%リストラ
 +毎年6000万円横領常幹
 コミンテルン型共産党の党財政破綻テンポと
 トップ腐敗データ

 http://www2s.biglobe.ne.jp/~mike/zaiseihoukai.htm
(引用開始)
1、不破哲三社会科学研究所長留任後の
  党機関・党資金横領・腐敗犯罪


 そもそも、
社会科学研究所は、従来、代々木党本部内
の一室にあった。それを、党本部内から、
はるか遠く離れた神奈川県津久井の自宅敷地内
移動させ、その3階建建物1棟を新築させたこと自体、
党資金と党機関の自己お手盛り横領犯罪になる。
しかも、
運転手・護衛・料理人・ハウスメードなど
使用人5人×400万円=2000万円と、
自宅敷地内設置の社会科学研究所の私的秘書2人
人件費800万円を、党中央財政部から
全額・遅配なしで支出させている。

7人とも全員党本部専従である。

(中略)
(2)、7人を通勤でなく、常駐・宿泊させる宿泊施設・食堂・
   車庫、研究所事務所・研究室・パソコン数台・書庫が要る。
   代々木党本部からの通勤には、専用車で2時間かかる
   ので、宿泊施設がなければならない。
   その建物3階建ビル1棟新築せよ。新築費は、当然
   党財政部からの支出とせよ。固定資産税も同じである。
   当初費用として、
   鉄筋コンクリート3階建ビル1棟=8000万円が要る。

(3)、新築1棟分の敷地は、もともと党本部所有の
    989.72坪内にある。
   不破哲三は、1986年、津久井に転居した。
   その時点の新築住居費用は、彼の自己資金でなく、
   党本部が全額負担した。その決定的証拠として、
   日本共産党は、津久井の不破居宅を、
   党本部資産として、総務省に報告してある。


(続きはリンク先で)






http://ameblo.jp/nadesikorin-fight/entry-12149700010.html
「党職員こそ残業もボーナスも交通費も
出ないのに『赤旗』配達までやらされた
ワーキングプアそのものだった」
(元共産党議員公設秘書)


★共産市議が離党届
 「毎月の上納金で生活に支障」

 2013/11/14(木)
 http://next2ch.net/news/1384408422




共産党が、上から目線で
「天皇制を廃止して、民主共和制にする」と主張しても、
中国共産党と似たり寄ったりの
幹部クラスの贅沢三昧では不安です。

民主党結党メンバーで、蓮舫議員の媒酌人
現在は鳩山由紀夫氏のブレーンである高野猛氏は
自叙伝で、若かりし頃に中国共産党の別荘で
VIP扱いだった事を回想しています。

http://www.smn.co.jp/takano/who.html
親の高野実は、戦前からの職業的革命家・
労働運動指導者で、戦後は「昔陸軍、いま総評」と
言われた頃の総評事務局長。

(中略)
1964年6月……中国 への旅
 60年代に入ってずっと病気がちだっ た父親を
中国共産党指導部が
「ゆっくり療養にいらっしゃい。ご家族も一緒にどうぞ」
と有り難い招待をしてくれて

生まれて初めての海外旅行として中国を訪れた
(略)
父母は、最初は大連の幹部用別荘
後には杭州の温泉保養地にある迎賓館に逗留して
療養することになり

私と4歳下の弟は、中華全国総工会(中国の総評に当たる)
が派遣してくれた鄭さん という若い通訳と一緒に、
北はハルビンから北京、上海、広州まで、約2カ月間かけて
工場、人民公社、名所旧跡を訪ねる旅をした。
(引用ここまで)




秋篠宮眞子内親王殿下が
私的行為にはエコノミークラスをご利用になる一方
党の公務とはいえ・・・


https://www.facebook.com/permalink.php?id=100001551679795&story_fbid=1173456316049413
 青山繁晴さんの独立講演会で、
 共産党の志位委員長は、シンガポール航空で
 約300万円するスーパーファーストクラスを利用している。

 費用は共産党員の党費、赤旗新聞の売上と
 共産党員のカンパによるものと推測されます。
 皆様。裏切られた気持ちになりませんか?

 これは多分正しい。
 共産党を辞めて保守となった
 元共産党の筆坂さんが書いてたな~。
 「共産党の大会などでホテルに泊まるときは、
  幹部はスイートルームで宴席の料理の品数まで違う」

 共産主義を掲げてる政党でしょ?
 共産党員は平等にしたら?
 共産党が全ての個人所得も含め徴収し、
 平等分配しないと。

(引用ここまで)


「天皇制は廃止する」と主張する
赤い貴族の皆様は、
優雅な生活ですこと・・・







政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あや

  • Author:あや
  • 韓流に嵌った母と義母の為に
    韓国情報を調べていたら・・・
    韓流ブームに仕掛けられた
    怪しい罠に気付いてしまった。
    韓流の闇と、利権や陰謀
    仕掛け人を徹底研究!
ランキング
ランキングに参加しています!
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索