「とと姉ちゃん」の戦時中の描写が ワンパターンだ

★「とと姉ちゃん」の戦時中の描写が
 ワンパターンだ

 小林よしのり 2016年06月29日
 
http://blogos.com/article/181512/
「とと姉ちゃん」が戦時中を描いている
戦時中の家族はひたすら戦争の犠牲者として描かれる。
とと姉ちゃんの会社の同僚がすべて徴兵されて、
戦地で死闘を繰り広げているかもしれないのに、
主人公は
「戦意高揚の雑誌は作りたくない」などと言い出す。

この家族は日本が負けてしまっても、
戦争さえ終わればいいのだろうか?
日本の国に勝ってほしいとは思わないのだろうか?
「公的」な感覚がすっぽり抜けて、「私的」な感覚のみに
なっているのが不思議だ。

一方、戦意高揚派の区長や国防婦人たちは、悪意を
持って描かれる。

確かにいちいち風紀まで注意する愛国者は
ウザいとは思う。
戦時中だからユーモアも自粛しろと言われたら、
わしは反発するかもしれない。
自粛の強制は
今も地震のときなどに流行るが、大嫌いだ。

卑小な自我を国家大に肥大させて、
他人を売国奴か反日に認定すれば、
自分が上位に立てると勘違いするような馬鹿も
大勢いたのだろう。
自粛や不謹慎を強制するのはそういう現在の
ネトウヨ的な体質の連中だ。

だが、
一旦、国が戦争を始めたら、あとはもう勝利を
願うしかないのも事実だ。
まさか「我が国負けろ」「外国に占領されろ」
「この国は消滅しちまえ」と思う者などいないだろう。


とと姉ちゃんたちは、国が行っている戦争について、
どう考えているのだろうか?
こういうドラマを見て、シールズ嬢ちゃんは
「家に帰ればお母さんが毎日、ご飯を作ってくれる幸せ」
のために、安保法制反対で―――ちゅと叫ぶんだろう。
奴隷の平和に安住した幼児脳が増えるだけの
戦時中の描き方しかできないものなんだろうか?

戦時中の庶民の描き方は、
なんでいつもワンパターンなのだろうか?

わしが描いたらこんなに単純じゃなくなるのだが。

(引用ここまで)


★『とと姉ちゃん』視聴率好調も
 「惰性で見てるだけ」
 「ひどい脚本」と批判の声

 http://otapol.jp/2016/06/post-7044_entry.html











「 戦前~戦後のレトロ写真」さんの写真をお借りして

昭和12年から始まった日中戦争。


昭和13年


昭和14年
米の配給量を節約しビタミン B-1などの栄養供給に
資するために、米穀搗精(とうせい)等制限令公布。




昭和15年 
「ぜいたく夫婦よ、さようなら」
0001_20160630213614cc1.jpg
saad79e77_201606302144252e9.jpg




昭和16年



昭和17年



昭和18年





昭和19年





昭和20年、終戦


終戦から1年後・・・昭和21年




★写真特集:戦時下の「衣服」 
 節約、代替の中にも見える
 工夫とおしゃれ

 http://mainichi.jp/graph/2012/07/19/20120719org00m040003000c/001.html


★戦争中は言論統制が厳しかった、
 という嘘。

 http://ameblo.jp/franny-the-cat/day-20120306.html
戦時中、「大本営発表」をそのまま垂れ流し、
戦争を煽りつづけた朝日新聞。


戦後、朝日新聞はこうした責任を
軍の規制や国民世論に転嫁して
一切の責任追及を免れました。

でも、本当に戦時中は朝日が言うように、
まったく政府や軍部を批判できないほど
「言論弾圧」が凄まじかったのか?

(中略)
信濃毎日新聞、昭和18年8月11日の社説では
防空演習の無意味さをちゃんと指摘しているし、
昭和19年2月23日の毎日新聞の記事には
こんなことが書かれております。

「敵が飛行機で攻めて来るのに、
 竹槍をもっては戦い得ない」


当時は戦時であるから、
確かに「言論規制」があるにはあったけれども、
このぐらいの「批判記事」を書く「言論の自由」は
あったのでした。

こちらは朝日の「戦意高揚記事」
 o0316046011835666833.png
「(竹槍で)武装せよ銃後女性」と煽っております

(続きはリンク先で)


★朝日の戦争責任
 http://www.kenjya.org/sensousekinin.html
●支那事変が泥沼化すると、マスコミは
 その原因を米英の援蒋活動に求め、
 こぞって反英キャンペーンを展開し、
 各紙とも英国と一戦を辞さずといった
 強硬な論調を張った。
 これは軍部の覚悟をも上回る勇み足だった。
 当時のマスコミは政府に弾圧されてというより、
 積極的に迎合し戦争熱を煽っていたのだ。
 そして敗戦に狼狽したマスコミは、
 自らの責任を軍部に転嫁するのに躍起となった。

            《稲垣武 諸君!2003/7月号》

(中略)
●マスコミの責任も大きい。
 世論をアジテートして軍部をイケイケドンドンにさせた。
 その理由は、戦争反対というと売れなくなるから。
 弾圧があって戦争反対と言えなかったというのはウソ
     《田原総一朗 「日本はなぜ負ける戦争をしたのか。」》


第二次大戦中、いちばん戦争を煽ったのはマスコミ、
 当時では新聞だった
。軍の厳しい制約があったが、
 もっとも大きな旗を振ったのは新聞・ラジオだった。
 戦犯第1号として新聞を挙げる論者もいる。
            《尾川正二 「戦争虚構と真実」》


新聞はみんな裏返ったけど、
 「文芸春秋」をはじめとする雑誌は
 裏返らなかった。「中央公論」・「改造」と、
 みんなまだ反戦平和主義だった。


●政府も軍部もまだ
 本気で連盟脱退を考えていない時、
 新聞が率先して脱退せよと政府の尻を叩いた。
            《半藤一利 「昭和史の論点」》

(中略)

●朝日は紙面だけで戦争を煽ったわけではない。
 満洲事変に関する講演会や映画上映を頻繁に
 行ったのである。特派員による満洲事変報告
 演説会は東日本で70回開かれ、
 聴衆は合計60万人、映画班による事変の
 ニュース映画の上映は、1501ヵ所で4002回
 公開され、1千万人の観衆が訪れたという。

(略)
言論統制下でも、
 公然と軍・政府に異議を唱えた新聞社はある。

 中でも当時の新聞界のもう1つの雄、
 毎日新聞社が起こした「竹槍事件」は、
 厳しい言論統制下でも新聞社が抵抗の姿勢を
 示した事件として知られている。

 敗色濃厚となってきた昭和19年2月、
 戦争の見通しを危ぶんだ毎日新聞は発禁処分を
 覚悟して検閲を通さずに、戦局悪化の事実と
 戦争指導のあり方への批判を内容とする記事を
 掲載した。これが東條首相の怒りを買い、
 毎日は廃刊の危機にさらされたのである。
 (内閣内で、「大新聞をあのくらいの記事で
  廃刊ということになると、世論の物議をかもす。
  ひいては外国から笑われる」
  ということで廃刊にはならなかった。


●福岡日日新聞(現西日本新聞)、
 信濃毎日新聞なども軍批判を行った。

(続きはリンク先で)


戦後、朝日新聞やNHKが
戦時下の軍部や兵士がワンパターンの
国民を弾圧する極悪非道という描き方

終始するのは、自分達の戦争責任をごまかす
洗脳工作なのではないかと思う。




女性は弱かったのか?






元祖沖縄左翼の皆さん




さて、今朝の金属類回収令の供出のシーン。

私の祖父の一番下の妹である大叔母は、
戦中も戦後も横須賀に住んでいました。
私が小学6年生の時のお正月、
毎年恒例の母の実家に親戚30人ほどが集まり
おせち料理を食べていた時の事。
大叔母の翡翠の帯留めが話題になりました。
5cm×4cm位の見事な翡翠の帯留め。
大叔母によると、戦前から
祖父のすぐ下の弟が、中国の青島(チンタオ)で
古美術商をしていたのですが
帰国する度にお土産を持って帰って来て
大叔母の結婚祝いにプレゼントしてくれた品だとか。
泰久兄さんに頂いたものですもの、
 供出になんか出しませんよ。
 子供のオムツの中に結婚指輪と一緒に
 隠していましてね、
 子供がお尻が痛いのか大泣きしてたら
 泣き止むまで外に行ってなさいって言われて
 供出せずに済んだのよ。(笑)
 和生兄さん(私の祖父)たら、馬鹿正直だから
 何でもかんでも供出しちゃって、ねぇ~
 泰久兄さんが下さった色々な貴金属を、
 み~んなお国に差し出しちゃったのよね。
 私はちゃんと持っていたから、ほら
 この帯留めになったってワケ♪  うふっ


この大叔母さん、
東京の親戚の家に下宿して女学校に通い
早稲田の学生さんと恋愛結婚しましてね、
親の許しも得ずに、勝手に
相手に合わせてプロテスタントに改宗しちゃった
クリスチャンなんですよwwww
映画の「少年H」のような悲壮感も無く
今日のとと姉ちゃんとも随分イメージが違うでしょ。

それから、父の兄・一郎さんが
昭和20年4月に召集令状がきた時の話では
前日、祖父が漁師さんから鯛を買ってきて
しっかり食べさせて送り出したそうです。
その後、一郎さんから
訓練が終わって1週間後に南方に出征するという
ハガキが届いたので、祖母と伯母が急いで
闇屋に行って小豆とお砂糖を手に入れて
一郎さんの大好きなおはぎを作って
汽車に乗ったそうです。
一郎さんは、一足違いで戦地に出発してしまって、
おはぎを食べさせてあげられなかったそうです。
祖母の心残りは、あの時
フィリピンの小島で戦死した一郎さんに
お重に詰めたおはぎをお腹いっぱい食べさせて
やれなかった事だと、伯母から聞きました・・・

「戦中も闇市が有ったの?」と聞くと
戦後の市場みたいにオープンではないけれど
配給だけでは到底足りないから、
山を開墾して野菜を作ったりしていたけれど
お上に隠れて、口コミで闇屋を教えて貰って
かなりお金を出せば、何とか手に入ったと・・・
で、そのお金はどうしたのかと聞くと、
山梨の祖母の親戚が馬車で甲州街道を降りてきて
干物や塩を入手するついでに、炭を分けてくれて
それを売って貯めておいたのだとか。
おいおい、
うちの婆ちゃんもこっそり闇屋をやってたんかい!

いつの時代も、
危険を冒してでも儲けたいという
図太い人はいたのさ。恐るべし!



★闇物資・・・ごちそうさん110話
 http://honjitumorakuten.girly.jp/archives/4337




「とと姉ちゃん」は、
脚本や戦時中の描写のワンパターンよりも
美のカリスマである大地真央女王様
d1d437b11863e52669368f9db00205deb_7202.jpg

女優根性など一切無視して
娘役の木村多江さんよりも数段若々しいまま
 tae160519.jpg
とと姉ちゃん達の祖母役を
ミュージカルのセリフ回しのまま大袈裟に演じ
「絶対女王」として皺一つない輝かしい美肌を
誇らしげにお茶の間に届けている光景を
NHKの演出家が一切クレームを出せない状況を
突っ込むべきだろうwww
共演の秋野陽子が、大地真央女王に嫌味のように
これでもかと色黒シワシワメイクで、まつげも白くし
立ち振る舞いも下町婆をノリノリで演じきった
a68a9ab96d45ec890a937da2eddd55040_154.jpg
女王様vs女優対決の醍醐味こそツッコミ所だ!

しかも、この番組の見どころはこれから・・・
a20160629-00000216-sasahi-000-1-view.jpg

本物の、暮らしの手帳・編集長の花森安治氏は
ハードルが高い・・・

  h51fdd624.jpg




政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

戦時中だった為に、戦意を失墜させるような言論や敵国を利するような言論に対しての規制があった事は事実だが、戦後言論人が述べるような熾烈な言論弾圧があったわけではない。

また、よく悪法と言われる治安維持法も、本来は、当時、ソ連から端を発し、世界中で血の革命の恐怖を煽る「共産主義」の国内での拡大を防ぐ目的であった。

当時は、国内にもソ連のスパイが多く存在しており、無垢な若者を洗脳し、共産革命の駒として利用しようとしていた為、治安維持上やむを得ない措置だったと推測される。

冤罪もあったが、共産主義の恐ろしさを知らずに、治安維持法が殊更悪法であるかのように語る戦後の言論にも違和感がある。

NHKを初めとして、いい加減戦前が暗黒社会であったかのように語る戦後レジームにはうんざりですね。

BSプレミアムの映画

孫という方のツイート「まるで選挙直前の洗脳みたい、NHKは放送日を計算してる?ドラマのプロバガンダです」

NHKは(選挙後の8月放送分ではありますが)BSプレミアムで放送する映画もそんな感じがします。
毎年8月は戦争映画って決めてる んでしょうね。

同感です。今じゃ内容を推察して心して見るようになりましたよ。
密告制度みたいなストーリーは、日本は北朝鮮か旧東ドイツのような国だった、アベがそういう時代に戻そうとしているという洗脳だと思います。
本当に卑劣。
それと、空襲から逃げてきたおりょうさんが、胡座をかいて座っていたのは違和感ありありです。
学校へ行けない境遇で字も読めない設定ですが、胡座かく女性っていたのかな?韓流ドラマではよく見るけど。
お母さんが膝を崩していたのも違和感。正座でしょ。
選挙に合わせた…私も直感しましたよ。

「花子とアン」でも、お父さんが労働運動みたいな事をしていた時の幟に「格差社会反対」のスローガンが書かれていましたが、昔はそんな概念ないわ!と思いました。
マスコミが言い出した言葉でしょ。

大阪局の作る朝ドラの方が面白いです。

大地さんと秋野さん、確かに…笑かしてもらいました。宝塚優遇でしょうか?
プロフィール

あや

  • Author:あや
  • 韓流に嵌った母と義母の為に
    韓国情報を調べていたら・・・
    韓流ブームに仕掛けられた
    怪しい罠に気付いてしまった。
    韓流の闇と、利権や陰謀
    仕掛け人を徹底研究!
ランキング
ランキングに参加しています!
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索