韓流研究室

ARTICLE PAGE

<沖縄で覚醒剤600キロ>水際対策の危機、外国船急増で人員足りず

★<沖縄で覚醒剤600キロ>
 水際対策の危機、
 外国船急増で人員足りず

 沖縄タイムス 6月26日(日)10時5分配信
 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160626-00000012-okinawat-oki
那覇市の海の玄関口・那覇ふ頭に停泊した
外国籍のヨットから、
覚醒剤の国内最大押収量となる約600キロが
見つかった密輸入未遂事件。

台湾人の男女6人(うち船長ら4人を覚せい剤
取締法違反の罪などで起訴)が乗ったヨット

当初、石垣港へ入国したが、
現地で税関や海保による密輸監視の目をくぐり抜け、
書類審査で3日間停泊した。
外航クルーズ船の急増などで離島の監視体制は
人員不足が深刻。捜査関係者は
「密輸摘発は氷山の一角。
 水際対策は不十分」
と危機感をあ
らわにする。(社会部・山城響)

 ヨットは石垣港から那覇港に入港した際、
船内検査で麻薬のケタミンが見つかり、
その後の捜査で覚醒剤も押収された。
石垣を「通過」したことについて、沖縄地区税関の
担当者は24日の記者説明会で、
石垣では入港尋問にとどまり、船内検査は
実施しなかった
と認め
「那覇に向かうことも把握し監視の範囲内だった。
 石垣で取り逃がしたという意味ではない」。
船内捜索実施の判断については、
「どこで取り締まり、検査するかは
 人員配置も含めたこちらの事情もある」
と説明した。
検査の実施基準は「取り締まりの手法に関わる」
と回答を避けた。

 違法薬物の密輸取り締まりや通関業務を担う
沖縄地区税関の職員は約220人。
対象は、空港や港の旅客旅具に国際郵便物など
多岐にわたる上、近年、海外観光客が急増する
離島も抱える。

同税関は密輸取り締まりに従事する監視艇
「しまかぜ」で薬物の洋上取引にも目を光らせて
いるが「限界がある」(税関幹部)と認める。

県は観光客数1千万人を目標に掲げる。
県内に入港する外航クルーズ船は2011年に
年間82隻だったが、昨年は202隻。
ことしは400隻超と倍増するとみられる。
平良港は昨年の13隻から100隻超へ激増する見込みだ。

 同地区税関の安井猛税関長は
「ここ1~2年で明らかに変化した」と強調。
先島地域のクルーズ船増加には、本島から職員を派遣し
「どうにかやりくりしている」(税関幹部)のが現状だ。
他地区の税関から出向などで10人を緊急増員するも、
捜査関係者は
「当然、手薄になる状況も出てくる」と明かした。

<薬物密輸で検挙>近年まれに見るハイペース

 沖縄県警暴力団対策課のまとめでは5月末現在、
薬物密輸の検挙数は8人で、昨年の7人を上回り、
「近年まれに見るハイペース」(捜査幹部)という。
薬物事犯の発覚するケースの大半が税関検査で、
国際郵便物を含む密輸対策も課題となる。
税関関係者の中には、国境を接する台湾での
覚醒剤製造拠点
を指摘する声もある。

個人や組織で増加する薬物密輸に
どう立ち向かうのか。

捜査関係者は
水際対策の人員を増強しないと、
 物理的に追いつかない。
 捜査機関全体に言える
と警戒感を強めている。
.



【関連記事】

★ヨットに覚醒剤600キロ 
 県内最大、末端420億円

 琉球新報 2016年5月19日 10:09
 http://ryukyushimpo.jp/news/entry-281892.html


★国内最大の押収量 
 覚せい剤600キロ公開 
 沖縄【動画あり】

 沖縄タイムス 2016年6月24日 12:27
 
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=174938

(引用開始)
第11管区海上保安本部と沖縄地区税関などの
合同捜査本部は24日午前、
沖縄県の那覇港那覇ふ頭に停泊した
マレーシア船籍のヨットから押収していた
国内過去最大量の覚せい剤約600キロ
公開した。末端価格は約420億円

那覇港湾合同庁舎で公開されたのは、
覚せい剤597・01キロ、ケタミン631・76グラム、
麻薬など(MDMAなど)66錠など。

(中略)
 捜査関係者によると、
ヨットは4月30日に台湾の高雄港を出港。
東シナ海で国籍不明船から覚せい剤を積み替え、
5月6日に石垣港に入港。
10日に那覇港に入港した際、ケタミンを所持した
として緊急逮捕され、
その後の捜索で覚せい剤が見つかった。

(全文・動画はリンク先で)




★沖縄覚せい剤大量密輸事件(上)
 http://homepage3.nifty.com/tetuh/033.html
2000年3月2日、沖縄県那覇市の民家で、
約200キロの大量の覚せい剤が押収された。
中国から洋上取引で密輸されたものである。
関係者が次々と逮捕され、8人が覚せい剤の密輸、
営利目的所持などで起訴された。
8人の中でも、佐々木栄二は主犯格の1人であった。
(中略)
 佐々木は生粋の日本人ではない。
台湾に古くから住む本省人と呼ばれる台湾人を両親に、
1931年、台湾で生まれた。父親は地方公務員で、
兄弟は7人、その長男だった。日本の統治下で育つ。
国民学校で日本語教育を受けた。
 戦後、中学を卒業し、国立の師範学校に進学する。
師範学校を選んだ理由は、兵役を免除される上、
こどもの教育にも関心があったからだ。
52年、卒業後、国民学校の教師になる。約10年勤務して、
副校長になったが、当時は蒋介石政権時代だった。
「戒厳令下で自由がない。日本に行きたい」
と教師をやめた。
 そのころ、結婚していて、こどもが3人いた。
佐々木が、「自由を求めて日本に行きたい」と
話したとき、家族は賛成してくれた。日本に行く前、
「少し商売の勉強をしよう」と、台湾にある日本の
製薬会社の代理店で働く。
 64年、佐々木は来日して、中華料理店で通訳の
ような仕事をする。そのかたわら、中華食材、
ウナギの輸入の仕事にも関与した。
その5、6年後、台湾から家族を呼び寄せ、
東京都大田区内に住む。
自分で中華料理店を開店した76年、日本に帰化する
(中略)
中華料理店の経営はうまくいっていたというが、
78年、佐々木は台湾に出かけ、
そこで事件を起こすのである。

 弁護人 78年、台湾に行って、
       反政府活動したというが、
       具体的には何をしたのですか。
 佐々木 戒厳令反対のビラをまきました。
 弁護人 1人でか。
 佐々木 ビラは私1人です。
 弁護人 ビラは何枚まいたのか。
 佐々木 何万枚。
 弁護人 それで、逮捕されるのか。
 佐々木 日本国籍を認めないで、生まれは
       台湾だからといって自由を失いました。

(中略)
79年4月18日、読売新聞は、
次のような共同電を掲載した。
「台湾の軍事法廷は、16日、
  『北京のスパイ』として、昨年10月以来
 摘発された男(54)ら15人に対する
 判決公判を行い、この男に死刑、
 その他14人に、2年から無期までの、
 いずれも禁固刑をいい渡した。
 判決によると、主犯のこの男は、
 在日中国大使館の指令を受け、昨年12月の
 立法院補欠選挙を利用して、
 反台湾活動を広げようと台湾に潜入した


「東京の信頼できる台湾関係筋が、17日、
 明らかにしたところによると、同事件に連座して、
 台湾訪問中に逮捕された日本国籍の帰化台湾人、
 中国料理店兼ホテル経営、佐々木栄二さん(47)は、
 『反乱罪』で無期の有罪判決をいい渡された」


(引用ここまで)



主犯のこの男は、
 在日中国大使館の指令を受け、
 昨年12月の立法院補欠選挙を利用して、
 反台湾活動を広げようと台湾に潜入した


選挙の際にには、
こういうスパイ行為が行われているのですねぇ・・・




★沖縄県・南大東島で覚醒剤密輸
 2012年09月27日
 http://camomilla.seesaa.net/article/294374525.html


★沖縄の裏社会:ヤクザ(アシバー)
 http://ameblo.jp/helios40-okinawa/entry-11010444232.html


★暴力団、金110キロ密輸疑い 
 那覇空港で押収 利ざや4000万円か

 琉球新報 2016年6月8日
 http://ryukyushimpo.jp/news/entry-293991.html




沖縄について、
本土のメディアは基地問題ばかり報道するけれど
沖縄県警や税関の苦悩がよく解る事件です。
人手不足なんですね・・・

清原や高知の覚せい剤事件で
「入手ルートを調べている」と報道しても
沖縄の離島から入って来るルートはあまり報道されない。
先日の、沖縄の過激派がケネディ大使の乗る車を
襲撃した事件も報道しない。
沖縄の反基地運動家が異常な行動をしているとは
報道できないのだろうか?







この反基地運動家たちの親玉は
社民党の福島瑞穂を応援する・・・



共産党は
こんな妨害行為を堂々とやっている・・・



沖縄の苦悩って、
基地問題だけではないのですね。
沖縄県警は、
本土からも大量に集結する反基地過激派の
警備もしなくてはならない。
離島を利用する覚醒剤密輸ルートの捜査も
人員を掛けたいのに・・・

離島防衛など、国民の安全を守る防衛予算を
「人殺しの予算」などという共産党。


この沖縄の現状は、全く無視なの???




★尖閣沖
 中国海警局の3隻が領海に侵入

 NHK 6月27日 11時43分
 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160627/k10010573371000.html




政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 1

マザー

中国様に怒られるんじゃない?

「沖縄タイムス」は「台湾人」と報道するのねえ。
社として「台湾=中国ではない」という方針?

2016-06-27 (Mon) 19:04 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply