韓流研究室

ARTICLE PAGE

しばき隊界隈が安倍総理に中指立て「帰れ」コールのカウンター攻撃

しばき隊が
安倍総理に嫌がらせの「帰れコール」
大阪リンチ事件が発覚してから
もう、”反ヘイトをしばく”という偽装は
止めたようですねぇ・・・









http://www.honmotakeshi.com/archives/48888588.html#more
>吉祥寺駅前。写真では分かりにくいですが、
 安倍首相の街頭演説で、
 安倍首相を批判する人たちが
 正面を陣取っています。
 武蔵野市という感じです。





しかも、
暗殺を匂わせるツイート(削除済み)
単なるヤサグレた暴力集団ですね。


「吉祥寺にいるみんなで
 安倍総理襲えば
 人数的に○せるんじゃね?笑」


ふざけて呟いたとしても、怖い・・・
共産党とか野党が煽るから
アホな子が、何をしても許されると勘違いする。

 sBuA7CmxCAAAyRaF_20160619234441e0d.jpg

 sBuBANrZCUAEm84U_20160619234442828.jpg

sBuBCwM1CMAALinz_2016061923460724f.jpg




この人達が
アベノミクスの効果を感じないのは
まともに働いていないからでは???











自分達のお仲間が
「帰れコール」をしたのに自慢する・・・
憲法守れが聞いてあきれる。




その反レイシストの銀座デモではコレ




その一方で・・・



マスゴミが
持ち上げれば持ち上げるほど意味が悪い。

嫌いな人間は排除する。
そのためなら何をしても構わない?
”市民”の民主主義って何なのでしょう???

この人達が権力を握ったら、
総括や粛清されそうで怖い・・・



過激な思想に煽られると、
人間は恐ろしく残虐になる・・・


★加藤倫教『連合赤軍 少年A』
 http://www.kunio.sblo.jp/article/19128001.html
連合赤軍のメンバーには
加藤姓の三人兄弟が参加していた。
長男の能敬(よしたか)は山岳ベースでの
「総括」で殺されてしまう。

そのリンチに参加することを強制され、
目の前で兄を殺されてしまうことになる
次男・倫教(みちのり)と三男・元久は、
ともに未成年ながら、
最後のあさま山荘の籠城に加わり、
10日間の籠城戦を戦うことになる。
(中略)

倫教と元久は、当時未成年で、
元久にいたっては高校1年という若さなので、
長兄に連れられてわけもわからず
山岳ベースに参加したかのようにイメージして
いたのだが、それは誤解であった。
倫教は、高校時代から自分の意思で
デモや集会に参加し、
自ら学内に活動グループを組織し、
学内集会を開催もするといった活動家だったそうだ。


米国のベトナム戦争、米国に従属する日本のあり方
など、国内外の状況に対して憤りを感じての
純粋な行動だったようだ。
その後、兄が所属する革命左派の傘下に加わる。
元久のほうは、
倫教に誘われて、という感じだったようだが。

ただ、山岳ベースへの参加は、
自らの意思ということではなく、組織の上からの
指示だったという。
活動を続ける以上、
それに従うしかない状況だったようだ。

あさま山荘事件のニュース映像で、
籠城後に連行されていく犯人たちの姿があるが、
一人だけ無表情で前を向いて歩く人物が写っている。
それが倫教なのだが、そのときの気持ちを
彼はこう記している。
「自らの浅はかさ、未熟さを思い知り、
 自分を叩きのめしてやりたいほどの
 悔しさを感じていた。
 だから、逮捕され、引き立てられて行くことには
 何の感慨もなかった。
 ただ、せめて正義を実現する社会を夢みた
 志
だけには誇りを持ち、
 毅然と歩こうと考えたのだった。」
(p.186)

(中略)
倫教の兄・能敬が「総括」を受けるきっかけは、
恋人とキスしているところを永田に見つけられた
ことによるのだが、その際、永田は
「(二人が)新党結成の場を侮辱したのよ。
 皆起きて」と全員を起こし、
「この二人は総括を求められているのに
 キスしていたのよ」と騒ぎたてる。
その後、
全員で能敬を殴って総括を求めているその片隅で、
声を殺して泣いている弟二人(倫教と元久)を
永田が呼んで、兄を殴ることを求めるのだ。(p.135-137)

化粧していることなど永田に批判されたことから
「総括」が始まった遠山美枝子の場合は、
自分で自分の顔を殴るよう森に命じられ、
血まみれで腫れあがった顔となる。

その遠山に対し永田は鏡を見るよう命じて、
「あなたの綺麗な顔がこんなに醜い顔になった」
と言うのだ(p.150)。
ちなみに、その鏡の場面を目にした倫教は、
この段階で、永田はすでに
 明らかにおかしくなり始めた
」と回想する。

それと同時に
「しかし、私もその頃には、何が起ころうと
 もはや永田たちに盲目的についていく
 しかないという、半ば投げやりに近い気持ちに
 支配されていたのだ」という(p.150)。
(引用ここまで) 



リンチ事件を起こしたしばき隊も、
まさに・・・こんな状態・・・






政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 2

弓取り

運動員は考えない。悪い方に純化する。

運動をしているとき、ヒトは理性を抑えて頭の深層の生物的な情動まかせで体を動かす傾向はあると思います。
フロイトでいうと、誰でも自分の心理の底に「三人の暴君」が住んでいて、それぞれ不規則で不整合な要求を「自分」につきつける、それと折り合いをつけながら生きている、といいます。

スポーツ競技であれば、スペースと第三者がいるので、その抑制がそれなりに担保されますが、政治に名を借りた運動ともなると、冷静になる時間があっても、理性を抑える口実を自分に与えてしまうんでしょうね。こわいことです。


引用された関係者の証言
>「この段階で、永田はすでに明らかにおかしくなり始めた」と回想する。
これも優しい解釈です。とっくに、おかしかったとしか思えません。


それらを差し引いても、アベしねの発言や「運動」は、また別の性質も加わっていて、ただちに逮捕されて頭を冷やさせるべきです。
そのうちほんとうに、はねっかえりや勇みだった目立ちたがりなんかが、実行しかねないです。

2016-06-20 (Mon) 00:40 | EDIT | REPLY |   

マザー

取り締まらないんですかね?

吉祥寺でしばき隊がやった妨害行為は
公職選挙法の225条選挙の自由妨害罪にあたらないのでしょうか?

2016-06-20 (Mon) 08:35 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓流研究室 All Rights Reserved.