韓流研究室

ARTICLE PAGE

舛添都知事が会見、私的流用疑惑「違法性ない」

★舛添都知事が会見、
 私的流用疑惑「違法性ない」

 TBS 06日17:42
 
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2790899.html
(長いので一部抜粋)
調査は、一連の疑惑について
違法性はない」としたものの、
一部について不適切だった

との結論を出しました。

Q.違法でなければ辞職はしない?
 「不適切であることを数多く指摘されたので、
 しっかりと対応を考えたい」(舛添要一 東京都知事)

 一連の疑惑の発端となったのが
神奈川県湯河原町にある温泉付き別荘へ
公用車を使って通っていたこと。
その別荘について・・・
「これからも私が湯河原に行くことがあれば、
 さらに皆さまに無用の心配をかける。
 この際、湯河原の施設は
 第三者に売却することでけじめをつけたい」

(舛添要一 東京都知事)

(中略)
政治資金で購入していた「書籍代」も
公私混同と指摘されていました。

「『クレヨンしんちゃん』が含まれておりますが、
 福岡県出張に家族を同伴しておりまして、
 その際に、これらの図書が購入されている
 ことから、平成21年に購入した時代小説、
 ミステリー小説というのがあります。
 舛添氏は江戸時代の風俗研究のために
 時代小説を購入していたというようなことを
 おっしゃっておりまして、
 この説明に合理性がないとまでは言えないものの、
 娯楽性の強い小説でありますことから、
 政治資金を用いてこれらの小説を購入したことが
 適切であったとは言い難いと考えております。
 もちろん違法ではありませんが・・・」

(元検事、佐々木善三 弁護士)

購入したクレヨンしんちゃんと時代小説については
不適切と指摘。しかしこれについても、
違法性はない”と判断されました。


また、ヤフーオークションを通じて美術品を
大量に購入していた疑惑については・・・

「合計金額も多過ぎるというようなことを
 検討いたしまして、政治資金の使途に法律上の
 制限がないことから違法ではないものの、
 政治資金の支出としては不適切であった
 と言うほかないという結論を出しております」
(元検事、佐々木善三 弁護士)

 これも“不適切”としながらも、
 “違法性”はないと判断しました。


「上海を訪れた舛添知事は政治資金の中から
 およそ14万円を消耗品として支出していますが、
 使用した先は、こちらの空港の中の店舗でした」(記者)

舛添知事が政治資金から支出し上海で購入した
“消耗品”。何を買っていたのでしょうか。

「シルクの男性用中国服2着、
 合計価格3万5000円程度で、
 筆、すずり、墨などの書道用品」
(元検事、佐々木善三 弁護士)

海外の人物との政治交流のため必要だと判断、
不適切ともいえないとしました。

 一方で、政治資金収支報告書の是正を
求められた部分も・・・。
「家族旅行」と疑われていたのは、
 正月の千葉県木更津市のホテル宿泊。
 代金は37万円でした。
 家族を同伴したものの
 家族が宿泊していた部屋で会議をしていたと説明。

「家族同伴で行っていること、
 支援者との会合というものが娯楽施設で
 行われていたという事実に鑑みますと、
 主たる目的は家族旅行であったと、
 こう解するのが合理的でございますので、
 政治資金を用いたことは適切であった
 と認められない」
(元検事、森本哲也 弁護士)

「会議費」などとして支出したホテルや旅館の
宿泊6件については、是正が必要と指摘、
舛添知事は個人資産から
返金することを明らかにしました。


「まず宿泊費や飲食費の支出について、
 そういう指摘を受けましたんで、
 これは返金をいたしたいと思います。
 その返金につきましては、
 私の個人資産から返金をいたしたいと思います」
(舛添要一 東京都知事)

一方、家族などとの私的な利用も指摘された
飲食店の領収証については、
別荘近くの回転寿司店や自宅近くの天ぷら店、
イタリアンなどを含め合わせて
14件に是正の必要があるとされました。

「返金したい。
 返金は個人資産から。
 私には関係のない
 慈善団体に寄付したい。
 法律に抵触しないよう専門家に
 相談しているところ」

(舛添要一 東京都知事)

(引用ここまで)








★実演して説明…
 「書道で筆がスムーズに滑る」ので
 上海で購入の中国服は「不適切でない」 
 中華、天ぷらは
 「私的な食事の可能性高い」

 産経新聞 2016.6.6
 http://www.sankei.com/premium/news/160606/prm1606060021-n2.html
佐々木氏
「シルクの中国服を2着も購入した理由について、
 書道の際に着用すると
 筆をスムーズに滑らせることができる
 ということでした。
 実際に行為で示していただいたところ、
 説得力のある説明でした。
 なお、同じものかは定かではありませんが、
 舛添氏の所有する中国服には
 墨汁の汚れがあったことを確認しています。
 書道については舛添氏の趣味であるものの、
 政治活動にも役立っているものと
 認められるから、衣服や書道用品の購入に
 政治資金を使用したからといって
 不適切とは言えないし、違法でもありません」

《調査報告書の別表には4団体35項目の
 支出についての記載が並ぶ。
 「キッチンマット」「目覚まし時計」などの品目もある》

「4(調査報告書の記載=ブリュッセルの百貨店で
 3万8627円で購入した「衣料品」)、
 5(同=ストックホルムの民芸品等販売店で
 5万5164円で購入した「民芸品」)、
 6(同=ストックホルムのホテル内の売店と
 思われる店舗で1万9563円で購入した
 「土産物の可能性が高い備品代」)については、
 舛添氏が必ずしも記憶を有していなかったので、
 政治資金で購入するものとしては
 不適切と判断しました」

(引用ここまで)



Q今回の説明で、あなたは納得できましたか?

 納得できた 2.9%

こんな人も含まれているのかな?
①舛添氏が途方もなく黒だと納得した。
②どんな依頼人でも擁護する弁護士は
 こじつけが上手いと納得した。
③政治資金規制法はザル法だと納得した。
④舛添夫人「納得した」


ところで・・・
これは違うでしょう?


>返金したい。
 返金は個人資産から。
 私には関係のない
 慈善団体に寄付したい

http://www.sankei.com/premium/news/160606/prm1606060022-n2.html
舛添氏
「しかし、私は自民党を離党いたしまして、
 平成22年4月に新党改革を結成して
 代表として就任した当時は、
 政党助成金以外の政治資金が少ない
 ということがあったり、
 それから自民党時代のような
 政党助成金内部チェックシステムも
 ございませんでした。
 また、自分自身が党の代表であるという
 慢心もあったと思います。
 今回の調査で(政治資金の)使い道が
 必ずしも適切ではないということにつきまして、
 心から反省をいたしております」

http://www.sankei.com/premium/news/160606/prm1606060022-n3.html
舛添氏
「まず、宿泊費や飲食費の支出について、
 これは返金したいと思います。
 返金につきましては私の個人資産から
 返金したいと思います。
 そして、私とは全く関係ない慈善団体に
 寄付したいと思います。

 ただ、公職選挙法上、寄付禁止行為と
 いうのがありますので、
 それに抵触しないよう、寄付先について
 どのように寄付するか、
 関係の専門家に相談しているところです」


http://www.sankei.com/premium/news/160606/prm1606060022-n4.html
《インターネットのオークションサイト「ヤフオク!」
 で美術品を落札し、
 政治資金などで支払っていた
 ことについても釈明した》


 舛添氏
「美術品などについては、弁護士さんから
 公私の区別を明確にせよという勧告を
 いただきました。常に申し上げてきましたが、
 これを財テクとして買ったつもりはありませんし、
 政治活動のツールとして利用することを
 考えておりましたので、
 私が政治団体を解散するときには、
 それらを必要としてくれる美術館などに
 寄付したいと思っております。

 また今何ができるかということですが、
 美術品は知事室、廊下などに
 たくさん展示しております。
 それに加えまして、東京都の病院や
 福祉施設で活用いただけるところがあれば、
 ぜひお願いしたいと思います」

政治資金の私的流用分は
国庫に返納するべきです。
都民の税金で私的流用した分は
都庁に返納するべきです。
ヤフオクで購入した美術品は
ヤフオク購入金額を国庫に返納した後で
私人となった際に、寄贈すれば良いのでは?


政治資金は国民の税金です。
舛添氏が、全く反省していないのは
この発言に尽きます。
ガラクタの美術品を返納されて、
官庁のオークションに出品しても二束三文。
きちんと、個人資産で国庫に返済して下さい。




政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 2

弓取り

「おらの政治活動だぞお」の巻

>(舛添え)私には関係のない慈善団体に寄付したい。
素直に都民に返せ。ぜったい怪しい。

一般市民だって、日常生活と政治はつながっている。(これ本当)
ボクの趣味だっても政治活動だぞお。(こじつけです)

2016-06-06 (Mon) 22:55 | EDIT | REPLY |   

F.Y

ホテル会議の相手

本当に存在するならやはり、奥様の伝手の関係者でしょうかw
元聖ナンチャラ新聞記者で第三ナンチャラ社社長という方がいらっしゃいますが。
ttp://alcornavi.com/1978.html

公明党は相手について、つっこんでいましたっけ?

2016-06-08 (Wed) 14:54 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply